西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

公爵家御料農場(北海道編)

我が公爵家が誇る公爵家御料農場(プランター)は2005年4月以降、我が公爵家の食卓に様々な野菜を供給し、公爵の栄養状態の改善と、連合公国の食糧自給率向上に貢献してきました。

2006年12月、連合公国は東京から北海道に遷都。その際、ハンダマと野蒜を植えた公爵家御料農場も東京から北海道に輸送し、公爵邸の庭先に設置したのですが、

雪に埋まって全て枯れてしまいました・・・。

雪国で家庭菜園を楽しむには、季節を選ばなければならないようです・・・。ハンダマは枯れてしまいましたが、野蒜の球根は土の中に残っているはず・・・。春に野蒜だけでも復活することを祈っています。

スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/18(日) 22:49:17|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

秋の公爵家御料農場(20061007)

我が公爵家の食糧供給拠点である公爵家御料農場。まぁ、仰々しい名称ですが、実態はベランダにおいてあるただのプランターです。今日は公爵家御料農場の近況を少しお伝えします。

我が公爵家御料農場は合計3つのプランターで構成されており、現在は2つを耕作用(プランターA、B)、1つを土造り用(プランターC)に使っています。

<プランターA>
8月に奄美大島に帰った時に持ち帰ったハンダマ(水前寺菜、金時草)を1本植えております。植えた時は枝が4本で葉が無い状態でしたが、現在はかなり成長して、もう収穫しても大丈夫なくらいです。挿し木でもどんどん増やせるそうなので、近々枝を切り取って挿し木にする予定です。

<プランターB>
奄美大島から送られてきたパッションフルーツ(時計草)。何個かカビが生えてしまったので、それをプランターに埋めておいたところ、大量に発芽してきたので、それを植えてあります。しかし、南国のフルーツは東京の冬を越せないと思いますし、蔓を伸ばすほどスペースが無いので、かわいそうですが暫くしたらプランターCへ混ぜ込むことになりそうです。

<プランターC>
固くなったご飯や野菜くず、落花生の殻、卵の殻などを混ぜ込んでおります。なかなか肥えた土になっている感じがします。暫くしたら、プランターA、プランターBへ土を分配する予定です。

<その他>
昔植えていた野蒜の球根がプランターに残っていたようで、最近、芽が出てきました。野蒜の生命力に驚いています。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/10/07(土) 15:03:34|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

夏の公爵家御料農場(20060812)

我が公爵家の食糧供給拠点である公爵家御料農場。まぁ、仰々しい名称ですが、実態はベランダにおいてあるただのプランターです。今日は公爵家御料農場の近況を少しお伝えします。

昨年、公爵家御料農場に紫蘇を植えましたが、エアコンの熱風と水不足のため枯らしてしまいました。夏のベランダはかなり過酷な環境のようです。そのため、夏に入ってからはあまり作物を植えておりません。枯れ葉や野菜屑、卵の殻を砕いた物をプランターに混ぜ込み、地力の回復に努めておりました。

また、プランターには数十匹のミミズを放してあり、シャベルで土を掘るとウジャウジャ出てきます。しかし土の水分が少なくなるとプランターから逃げ出し、ベランダで干涸らびて死んでしまうので、ミミズを死なせないために毎日プランターに水を撒いています。

最近は万能ネギを少々植えました。例によって、スーパーで買ってきた万能ネギの根っこの部分を植えただけです。結構成長が早いので、月末には1回目の収穫が出来そうです。月末が楽しみです。

<公爵の独り言>
消費期限の切れたサプリメント(マルチビタミン、カルシウム、亜鉛、マカ等)も土に混ぜ込んでしまいました。大丈夫かな?

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/12(土) 18:56:00|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の公爵家御料農場(20060418)

本日は公爵家御料農場の現状をお知らせ致します。最近、画像をあまり掲載していなかったので、今回は画像付きです。


公爵家御料農場

公爵家御料農場の全景です。画像上がプランターA、画像下がプランターB、画像右がプランターCです。昨日、全てのプランターを耕し、土の相互入れ替えを行いました。現在では全プランターに野蒜を植えております。


公爵家御料農場

プランターAです。こんな感じで野蒜を植えております。これから柔らかい葉が出てくるので、それを収穫して賞味する予定です。

公爵家御料農場(野蒜のムカゴの写真もあります)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/farm/photo1.html

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/04/18(火) 17:11:14|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

野蒜摘み

我が連合公国では、公国の有事に備えて食用に出来る野草の自生地を確保している。現在公国の状況は安定しているが、時期折々に君主自らその野草を食することで、平素の贅沢を戒め、君主自ら最前線で戦う覚悟を新たにする・・・。

何やら仰々しいことを書きましたが、今日は隅田川の近くで「野蒜」を摘んできました。野蒜は今が旬の野草で、葉はネギやニラのような香りがし、地中にはラッキョウやエシャレットのような球根が付いています。普通は主にこの球根を食べますが、葉も香りが高くてなかなか美味しいです。

隅田公園の辺りにも沢山生えていましたが、資源保護の観点から茎の太いモノだけを選んで摘んできました。山菜や茸、魚介類についても言えますが、末永くその恩恵を受けるためには、根こそぎ採取せず、必要なモノを必要なだけ採取することを忘れてはなりません。

結局、今日は約30本の野蒜を採取してきましたが、すぐに球根を食べてしまうのが惜しくなって、自宅のベランダにある「公爵家御料農場」に植えて、夏枯れするまでの間、葉を収穫して食べることにしました。この時期の野蒜の成長は早いので、古い葉を切っておけばすぐに新しく、柔らかな葉が伸びてきます。

そこで、公爵家御料農場のプランターAに昨年から植えてあった野蒜を一旦収穫し、プランターA、プランターB、プランターCの土を相互に混ぜ込みました。そして古くて固い野蒜の葉を切り取り、細かく刻んで土に混ぜ込みました。そうした上で、球根と若干の茎だけの姿になった野蒜を3つのプランターに植えました。

これで暫くの間、伸びてきた野蒜の葉を賞味できます。この後、花が咲いてムカゴが出来きたら、来年の栽培用にムカゴを収穫し、夏枯れの季節になったら、球根を賞味する予定です。これからの野蒜の成長が楽しみです。

公爵家御料農場(野蒜のムカゴの写真もあります)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/farm/photo1.html

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/04/17(月) 20:45:00|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の公爵家御料農場(20060413)

昨年4月に開設され、我が公爵家の食糧自給率向上に貢献している公爵家御料農場の近況についてお知らせします。

我が公爵家御料農場は合計3つのプランターで構成されており、現在は2つを耕作用(プランターA、B)、1つを土造り用(プランターC)に使っています。

<プランターA>
プランターAには野蒜と万能ネギを植えておりました。

万能ネギは先日収穫し、小口切りにして冷凍保存しました。残った根元の部分は抜き取って、肥やしにするためにプランターBの土に混ぜ込みました。

野蒜は昨年から丸1年間、このプランターを占有して栽培を続けてきましたが、収穫のパフォーマンスが悪いので、来週全て収穫して、プランターAを開放する予定です。1年育てた野蒜・・・。球根がどれくらい成長しているか楽しみです。

ところで、プランターAはこの1年、ずっと野蒜を植え続けていたので、土を混ぜることも新しく落ち葉などを混ぜ込むことも出来ませんでした。そのため、かなり地力が落ちていると思われるので、プランターAの解放後は暫く休耕地とし、落ち葉等を混ぜ込んで地力の回復を行う予定です。

<プランターB>
プランターBには万能ネギを植えておりました。

プランターAの万能ネギと同様に先日収穫し、小口切りにして冷凍保存しました。残った根元の部分は抜き取って、肥やしにするためにプランターBの土に混ぜ込んでプランターBを開放しました。

プランターBも最近土を混ぜていないので、土の状態が心配でしたが、昨年地力回復措置を行ったせいか、土は凄くふかふかしており、ミミズも元気な状態で生存しておりました。とりあえず、このプランターBも一旦休耕地とし、落ち葉等を混ぜ込んで地力の回復を行う予定です。

<プランターC>
プランターCは、土造り用に利用しておりました。

プランターCには他のプランターに生えた雑草や落ち葉、野菜屑、卵の殻、保温しすぎて固くなったご飯などを混ぜ込んでおりましたが、土よりも混ぜ込むモノの方が多い状態だったため「ゴミ溜め」と化しておりましたorz。

そこで今回はプランターBの土をプランターCへ移植、プランターCの土(生ゴミ?)をプランターBへ移植しました。後でプランターAが開放されたら、プランターA、プランターB、プランターC間でも土の移植を行う予定です。

<今後の予定>
来週には全てのプランターが開放状態になるので、まずは地力の回復を図ります。その後、成長が早く、コストパフォーマンスに優れている万能ネギをメインに栽培し、それに加えて紫蘇も栽培する予定です。しかし紫蘇は去年、エアコン室外機の熱風で枯らしてしまった失敗があるので、エアコン室外機の熱風が直接当たらないように対策を講じる予定です。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/04/13(木) 00:18:23|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

公爵家御料農場(20060201)

我が公爵家御料農場は合計3つのプランターで構成されており、現在は2つを耕作用(プランターA、B)、1つを土造り用(プランターC)に使っています。

<プランターA>
現在プランターAには野蒜とクレソン、プランターBは万能ネギ(根っこだけ植えたモノ)を植えておりますが、クレソンと野蒜が枯れてきました。さすがに寒さが堪えたようです。そこで、クレソンは抜去して肥やしにするためにプランターCへ混ぜ込みました。

あと、野蒜も枯れてきておりますが、球根が地下に残っており、春にはまた葉を茂らせるはずなので、一応残すことにしました。しかし、春にしか収穫できない野蒜のために1年もプランターを占有させるのは非効率です。わざわざ野蒜を栽培しない理由がわかったような気がします。ですので、今春、野蒜を収穫したら、プランターAは、プランターBと同様、万能ネギ用に転用する予定です。

ただこのプランターAは暫く肥料もやっていないし、耕してもいないので、野蒜の収穫が終わったら休耕地にして、地力を回復させる予定です。

<プランターB>
プランターBの万能ネギは順調に成育中。また15センチくらいに伸びてきたので、そろそろ収穫の時期です。あと、今日、追加で20本ほど万能ネギの根っこを植えました。万能ネギは成長が早く、何回も収穫できるのでコストパフォーマンスが高いです。おかげで公爵家の食糧事情が改善し、この冬は風邪をひいておりません。万能ネギ様々です。

<プランターC>
他のプランターに生えた雑草や落ち葉、野菜屑、卵の殻、保温しすぎて固くなったご飯などを混ぜ込んでおります。後日、この土をプランターAとプランターBに混ぜ込む予定です。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/02/01(水) 10:15:59|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

万能ネギ収穫

我が公爵家御料農場にも冬が訪れましたが、万能ネギの成長は止まりません。スーパーで買ってきた万能ネギの根本をプランターに植えただけですが、非常に丈夫で成長が早く、既に2、3回は収穫しております。

最近、また万能ネギが伸びてきたので収穫しました。伸びすぎると途中で葉が折れてしまうので、15~20cm位になったら収穫しています。収穫した万能ネギは直ぐに刻んで、タッパーに入れて冷凍します。この冷凍した万能ネギがなくなる頃には、またプランターの方で万能ネギが伸びています。

こうして万能ネギは、我が公爵家の食卓に彩りを添えています。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2005/12/20(火) 13:50:41|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公爵家御料農場(土造り)

我が公爵家御料農場は合計3つのプランターで構成されており、現在は2つを耕作用(プランターA、B)、1つを土造り用(プランターC)に使っています。まぁ、土造りと言っても大したことはしておりません。余った土にミミズを一杯放して、保温しすぎて硬くなったご飯や、野菜くず、卵の殻を砕いた物などを混ぜ込み、時々米のとぎ汁を掛けるだけです。

しかし昨日、移殖ごてでプランターCの土をかき混ぜたところ、土になるどころか、ただの腐敗ゴミになっていることに気づきましたorz。生ゴミ系を混ぜ過ぎたみたいです(ミミズは丸々と太って元気でした)。さすがにこのままではマズイと思い、街路樹(ポプラ)の落ち葉を大量に拾って来て、細かく砕いてプランターCに混ぜ込みました。これで腐葉土になってくれれば良いのですが・・・。

なお、現在プランターAは野蒜とクレソン、プランターBは万能ネギ(根っこだけ植えたモノ)が順調に生育しています。野蒜とクレソンは最近の寒さのせいでちょっと勢いが衰えた感じがしますが、万能ネギはいい調子で伸びています。暫く薬味には不自由しなくてすみそうです。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2005/12/03(土) 13:48:41|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩秋の公爵家御料農場

本日は公爵家御料農場の現状をお知らせ致します。



公爵家御料農場の全景です。画像上部のクレソン、野蒜を植えたプランター(プランターA)が賑わっています。画像下部のプランター(プランターB)には万能ネギを植えています。



プランターAです。野蒜とクレソンのジャングル状態です。細長い葉は野蒜です。それ以外はクレソンです。夏場、水をやり忘れることが多かったので、最近はほぼ毎日水遣りを欠かしません。野蒜もクレソンも元気です。

野蒜の葉、春先は柔らかくて美味しそうなのに、今の葉は堅めで、あんまり美味しそうではありません。しかも、50センチ以上の長さに伸びています。きっと球根に養分を蓄えるためなのでしょう。と言うわけで、今は野蒜の葉は収穫しません。来年の春に大きな球根を付けてくれることを願って、暫くはそっとしておきます。



プランターBです。万能ネギを植えています。撮影前に収穫してしまったのでちょっと寂しい状態です。今回も買ってきた万能ネギの根本を植えたのですが、結構収穫できました。コストパフォーマンスがかなりイイです。でも、そろそろ限界かも知れません。


  1. 2005/11/10(木) 10:32:24|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。