西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロシア貴族の発想法

今回は珍しくロシア貴族のエピソードを紹介します。

帝政ロシアの頃、あるロシア貴族の妻が黒海(もしかするとカスピ海かも)で船遊びをしていたところ、指に填めていた指輪を海に落としてしまったそうです。その指輪はロシア貴族の家に代々伝わる家宝で、その指輪を手放すと不幸が訪れるという言い伝えのあるものでした。

これを知ったロシア貴族、多数の潜水夫を雇って海中の指輪を探しましたが、当然見つかりませんでした。するとロシア貴族は驚くべき行動に出ました。

黒海沿岸部の買い占め!

黒海を自分の所有物にすれば、海に沈んでいる指輪も自分の物、という発想で、黒海沿岸部の土地を全て買い占めたそうです。なかなかグレートな発想です。その後、このロシア貴族に不幸が訪れたかどうかは定かではありません。

<公爵の独り言>
このロシア貴族の話、詳細をご存じの方がいましたら是非教えて下さい。


スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 09:09:44|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

十字軍国家

十字軍国家とは、十字軍によって建国されたキリスト教国家のことです。主に、聖地エルサレムを中心とする地域に建国されました。主な十字軍国家は以下の通りです。

<聖地4国>
・エルサレム王国(イェルサレム王国)
 建国:1099年 第1回十字軍によって建国
 滅亡:1291年 イスラム勢力によって奪回

・アンティオキア公国(アンティオキア公領)
 建国:1098年 第1回十字軍によって建国
 滅亡:1268年 イスラム勢力によって奪回

・エデッサ伯国(エデッサ伯領)
 建国:1098年 第1回十字軍によって建国
 滅亡:1146年 イスラム勢力によって奪回

・トリポリ伯国(トリポリ伯領)
 建国:1102年 第1回十字軍によって建国
 滅亡:1289年 イスラム勢力によって奪回

<その他>
・キプロス王国
 建国:1191年 第3回十字軍によって建国
 滅亡:1470年 王位継承者を欠いたことから断絶

・ラテン帝国
 建国:1204年 第4回十字軍によって建国
 滅亡:1261年 東ローマ帝国の亡命政権ニカイア帝国によって奪回

<公爵の独り言>
十字軍って、イスラム勢力や東ローマ帝国(ビザンツ帝国)にとってはいい迷惑ですね・・・。


  1. 2005/08/30(火) 14:11:21|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平和とは?友好とは?

平和」とは、相手に攻撃されても反撃しないことではありません。
友好」とは、相手の要求を無条件に認める事ではありません。
それは「服従」と言います。

平和」や「友好」を安易に口にする団体には注意が必要だと思います。
  1. 2005/08/30(火) 07:16:30|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

秘宝マトボッククリ

我がサウスアイランド公国には伝説の秘宝「マトボッククリ」がある。
マトボッククリは、古より「マトボッククリを支配するものは世界を制する」と
言われ、各国の王侯貴族が競って求めた伝説の秘宝である。

マトボッククリはその希少性と神秘性ゆえに、サウスアイランド公国でも君主権
の象徴として公爵位と共に代々継承されてきた。日本の皇室の「三種の神器」の
ようなものである。

またマトボッククリは、サウスアイランド公国最高の勲章として、勲功のあった
人物に下賜することもあるが、その例は極めて少ない。

よって、マトボッククリは門外不出とされることが多く、現在、マトボッククリ
を入手することは非常に困難であり、また、その姿かたちを見ることもほとんど
できない。サウスアイランド公国においても、公位継承時に着用するのみであり、
普段は厳重な警備の元に保管されている。

なお、以下のサイトでマトボッククリを入手できるようです。

Matobokkukuri Collections(マトボッククリ公式Webサイト)
http://www.matobokkukuri.com/

<公爵の独り言>
このネタ、わかる人いるかな?(笑)
  1. 2005/08/28(日) 20:54:51|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:3

チャールズ皇太子は健忘症?

ちょっと古い話になりますが、8月21日、イギリス・ロンドンにおいて対日戦争勝利60周年記念式典が行われました。この式典にイギリスのチャールズ皇太子も出席し、戦没者慰霊碑に花束を捧げました。そして、チャールズ皇太子は以下のような発言をしました。
「ヨーロッパ戦線とは異なり、アジアでは敵と間近に向きあって長く厳しい戦いが続いた。アジアの自由のために犠牲を払ったひとびとに心から敬意をあらわす」
当時イギリスは世界各地を植民地支配しており、アジアも植民地支配しておりました。そして、植民地から莫大な富を収奪していました。その植民地支配をしていたイギリスの皇太子が、

アジアの自由のために

と言っています。

どの口が言うか!

という感じですね。チャールズ皇太子、大丈夫でしょうか?健忘症になったのでしょうか?他国の事ながら心配になります(笑)。

The Prince of Wales(チャールズ皇太子の公式Webサイト)
http://www.princeofwales.gov.uk/news/index.php
His Royal Highness added: “These commemorations offer us, particularly my generation, the sons and daughters of those who gave the best part of their young lives to secure freedom in South East Asia, the opportunity to pay our deepest respect to all of them - the victims and survivors of what must have seemed an interminable campaign.”
<公爵の独り言>
このぐらい図太くないと王族は務まらないのかな?(笑)


  1. 2005/08/27(土) 23:04:06|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

24時間テレビ

日本テレビが毎年夏になると放送する「24時間テレビ」。

24時間テレビ
http://www.ntv.co.jp/24h/

この番組を通じて視聴者に募金を呼びかけ、その募金を社会福祉に役立てているようだ。放送局が放送枠を使って社会貢献をすることは評価に値すると思う。正に放送局のノブレス・オブリージュである。

しかし、番組のコンテンツにいまいち意味のよく分からないものが多い。「24時間マラソン」とか、何の意味があるのだろう?

あと、素朴な疑問なのだが、出演するタレントの出演料はどうなっているのだろうか?タレントが無償で出演し、出演料は社会福祉に利用する形になっているのなら大したモノだと思う。まぁ、無償で出演しても自分自身の売り込みにはなるわけですが・・・。

また、この番組のスポンサーからの広告料はどうなっているのだろうか?この番組で大規模な募金キャンペーンを展開しながら、スポンサーからの広告収入はしっかり自分の懐に入れているのなら、ただの視聴率稼ぎと思われてもしょうがないと思う。

スポンサーは宣伝できてウハウハ。タレントは出演料がもらえてウハウハ。自分の売り込みもできてウハウハ。日本テレビは広告収入が入ってウハウハ。視聴率が上がってウハウハ。ついでにイメージアップもできてウハウハ。損をするのは募金した人だけ。いくら社会福祉に役立っているとは言え、こんな構造だったらなんか嫌ですよね。やるなら徹底的にチャリティーに徹して欲しいと思う。

真相はいかに?

<公爵の独り言>
こういう穿ったものの見方は好きではないのですが・・・。
なんか私って嫌な奴ですね。


  1. 2005/08/27(土) 18:49:23|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

地方巡幸(20050826)

2005年8月26日付 サウスアイランドタイムズ紙
公爵殿下は8月26日、公妹殿下を伴って地方巡幸(ドライブとも言う)を行いました。神奈川県の江ノ島で名物のしらす丼に舌鼓を打たれました。また、鎌倉ではより多く市井の人々と触れ合おうと市内縦横に御料車を走らせました(道に迷ったとも言うw)。公爵殿下の御料車が通過する街道には、公爵殿下の姿を一目見ようと多くの市民が詰め掛け、小旗を振って歓迎し、公爵殿下も笑顔で手を振って応えておられました(嘘です)。
我が妹がドライブに連れて行けとうるさいので、徹夜明けの状態で台風一過の江ノ島へドライブに行って参りました。8月26日金曜日昼に出発し、同日夜に帰着しました。

今回の地方巡幸ルート
・浅草(出発)
・江ノ島(食事、散歩)
・鎌倉(迷走)
・中目黒(食事)
・浅草(帰着)

ところで、今回、江ノ島で食事をして参りましたが、以前、江ノ島での食事をかなり酷評した記事を書きました。

地方巡幸(20050526)
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/1171193.html

今回は、江ノ島の食事に汚名返上/名誉挽回のチャンスを与えんと考え、前回は神社の参道沿いの店で食事をしたので、今回は島の入口に近い店をチョイス。以下の店で食事をしました。

しらす料理専門店 とびっちょ
http://www.tobiccho.com

普通の定食屋よりもちょっと若々しい佇まい。店内に「しらす入りサーフボード」とか飾ってあって笑わせてくれます。台風後のためか、「生しらす」は品切れで「生しらす丼」はありませんでした。仕方がないので、「釜あげしらす丼」を食べました。でもこれがなかなかイイ!しらす、野菜など食材のバランスが良く、ボリュームもそこそこ。ちゃんと味噌汁付き。そして値段はリーズナブル。あと、「ながらみ」という小さな巻き貝を茹でたものを食べました。これもなかなかイイ!竹串を使って小さな巻き貝の身を取り出して食べるのですが、なかなかいい味。私の故郷でも似たような巻き貝を食べるので、故郷のことを思い出しました。今回の食事は大満足でした。上記のお店もお勧めです。

その後、江ノ島をちょっと散策。「千円工房」という何でも千円(消費税別)のお店で何故か甚平を買ってしまいました。そして今度は一路鎌倉へ。

鎌倉では、妹が行きたがっていたあるお店を探して車を走らせたのですが、結局、夜になってもお店は見つけられず、東京へ戻りました。

今回は、妹ではありますが同乗者付きのドライブで、結構楽しめました。

今回の御料車
車種:ダイハツ ムーブ ラテ
排気量:660cc
走行距離:174km
燃費:10.88km/L

今回のBGM
・魔女の宅急便 ~サントラ音楽集~
・魔女の宅急便 ヴォーカル・アルバム

<公爵の独り言>
次回は妹ではない女性とドライブしたいものです。


  1. 2005/08/27(土) 14:31:40|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

続々・公爵家献上(BlogPet)

総督代理が、沖縄で良いきゅうりなどを表書きして
公爵が、良い野菜など炒めにしました
と、公爵は考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督代理」が書きました。

  1. 2005/08/26(金) 10:04:03|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Google AdSenseの設定

我がサウスアイランド公国ブログ自治領ではアフィリエイトによる社会貢献をせんと、8月20日から広告掲載を始めました。

・amazon.co.jp アソシエイト・プログラム(8月20日承認)
・Google AdSense(8月21日承認


しかし、amazon.co.jp アソシエイト・プログラムはちゃんと表示されるのですが、Google AdSenseが全く表示されません。

・FC2ブログ
・Seesaaブログ
・DIONホームページ公開代理サービス


ではちゃんと広告が表示されるのに、LOVELOGでは公共サービス広告すら表示されません。サイドバー、記事本文両方試しましたがダメです。何かコツがあるのでしょうか?なお、サイドバーに表示する時には、以下のように設定しました。

<Google AdSenseの設定>
・広告タイプ:テキスト広告とイメージ広告の広告ユニット
・広告のレイアウト:ワイド スカイスクレイパー(超横長)(160*600)
・カラー パレット:Mother Earth
・代替広告の URL または色:カラーコード(白)
・チャネル:チャネルの選択なし
・フレーム構成のページ:チェック有り

<LOVELOGの設定>
・「フリーエリア」プラグインを使用
・Google AdSenseのコードを本文に貼り付け
・「改行を改行タグに変換しない」にチェック
・トップページの再構築

何か問題がありますでしょうか?ご存じの方、是非教えて下さい。宜しくお願い致します。

<追記>
Google AdSenseを表示させようとしているのは、左サイドバーの「広告」というところです。現在は代替広告としてamazon.co.jp アソシエイトを表示しています。
  1. 2005/08/24(水) 09:40:05|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

チャーチル首相の趣味

英国の名門貴族第7代マールバラ公爵ジョン・ウィンストン・スペンサー=チャーチルの孫であり、英国の首相であったサー・ウィンストン・レオナード・スペンサー=チャーチル(以下チャーチルと表記します)。彼も独特の趣味を持っておりました。彼の趣味は「レンガ積み」。チャーチルのレンガ積みについては、こんなエピソードがあります。

ある日、首相官邸の庭にあるレンガ壁が崩れました。チャーチルは喜んで、自らレンガを積んで補修しようとしたところ、レンガ工組合(ギルド)からクレームを付けられたそうです。

「レンガ工事を施工できるのはレンガ工組合に加盟している職人だけです。あなたが英国の首相であっても、この規則に従わなければなりません!」

仕方がないのでチャーチルは、その日のうちにレンガ工組合へ加入届を出し、自らレンガを積んだそうです。

<公爵の独り言>
なんとなく微笑ましいエピソードですね。


  1. 2005/08/23(火) 16:15:23|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

ルイ十六世の趣味

王侯貴族の趣味といえば、宮殿や城の建築や、美術品や宝飾品の収集
といった、その財力を使った趣味が多いという印象がある。

しかし、フランス革命で処刑されたフランス国王ルイ十六世は、庶民的な
趣味を持っていたことで有名です。ルイ十六世の趣味は、「錠前いじり」。
錠前と鍵について、非常に造詣が深かったそうです。

王妃マリー・アントワネットと結婚した後も、夜は錠前いじりに熱中していた
そうで、王妃マリー・アントワネットは自分の「錠前」に「」を挿してくれない
国王に不満を持ったとか(笑)。

<公爵の独り言>
お後がよろしいようで!


  1. 2005/08/22(月) 10:10:45|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:2

爵位の消滅

長い歴史と伝統を誇る爵位も消滅することがあります。
以下のケースはよくあるケースです。

・革命や政変により貴族制が廃止され、爵位を名乗ることが禁止された。
・君主によって爵位を剥奪された。
・爵位を相続すべき相続人がいなかった。


しかし、上記以外の意外な理由で消滅することがあります。
その理由は、王位継承(帝位継承)国王(皇帝)との婚姻です。

爵位はその領地と共に君主によって臣下に与えられます。ですから、以下のようなケースの場合、その爵位と領地はそれを与えた君主に戻されることになります。

・国王の臣下である有爵者が王位を継承した場合。
・女王の臣下である有爵者が王配として婚姻した場合。
・国王の臣下である有爵者が女性であり、国王と婚姻した場合。


このことを「王冠にマージされる」と言います。英語で書く場合は、

・Merged in the Crown
・Merged into the Crown
・Merged with the Crown


と色々な表記があるみたいです。なお、A国の爵位を持つ貴族がB国の王位を継承する場合は、その爵位を与えた君主が違いますので、爵位が王冠にマージされることはありません。

英国皇太子は様々な爵位を持っていますが、理論的には、英国皇太子が国王になると一旦その爵位は王冠にマージされ、新たに次の皇太子に与えられる形になります。しかし、本来ならばその爵位の代数(第○代○○公爵とか)は王冠にマージされた時点でリセットされるはずなのですが、王家の特権なのか、連続してカウントしているようです。

<参考リンク>
チャールズ皇太子(サウスアイランド公国ブログ自治領の過去の記事)
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/609497.html

The Prince of Wales(チャールズ皇太子の公式Webサイト)
http://www.princeofwales.gov.uk/

Duke of Cornwall(Wikipedia, the free encyclopedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Duke_of_Cornwall

<公爵の独り言>
Prince of Walesを君主と考えるならば、別に連続してカウントしてもいいのかもしれませんね。


  1. 2005/08/21(日) 15:43:43|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

社会貢献に関するお知らせ

Picture

皆様ご機嫌いかがですか。

サウスアイランド公国、サウスアイランド公国ブログ自治領、マングローブ伯爵領、アラバ辺境伯領を統べる君主であるサウスアイランド公爵ヒデ三世でございます。

平素よりこのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本日はこのブログをご覧の皆様に大切なお知らせがあります。

現在、私は1公国(Webサイト)、1自治領(ブログ)、1伯爵領(ブログ)、1辺境伯領(ブログ)を運営しております。私はこれらのサイトを使って、アフィリエイトを始めようと考えております。そして、アフィリエイトによる収益を公益性の高い組織へ寄付しようと考えております。概要は下記の通りです。

<アフィリエイト対象サイト>
・サウスアイランド公国
・サウスアイランド公国ブログ自治領
・The County of Mangrove
・アラバ辺境伯領

<参加アフィリエイト>
・Amazon.co.jp アソシエイト・セントラル
・Google AdSense

<収益の寄付先>
・日本赤十字社

<運用方法>
・収益を日本赤十字社に寄付する(郵便振替)。
・ブログにて寄付金の報告をする(郵便振替の控えの画像をUPします)。

このブログは、皆様のおかげでたくさんのアクセスやコメントを頂戴し、LOVELOGランキングの上位にランクされたりしてきました。このたくさんのアクセスを、少しでも社会に還元したいと考えております。これが、このサイトを使ってできる私のノブレス・オブリージュだと考えております。なお、リンクのクリックなどの強要は一切しませんのでご安心下さい。

これからもサウスアイランド公国ブログ自治領を宜しくお願い致します。


  1. 2005/08/20(土) 17:15:04|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

貴族を意味する英語

英語で貴族を意味する語を探すと以下の三つが出てきますが、それぞれ
ニュアンスが違います。

●Peerage
 貴族院などの政治機関の構成員。
 
●Aristocracy
 君主によって与えられた称号の保持者。
 大公、公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、准男爵、ナイト爵など。

●Nobility
 上記Aristocracyの内、世襲制の強い男爵以上の称号保持者。

一般に、日本語で貴族をというと Nobility を指します。
  1. 2005/08/20(土) 15:51:40|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本海呼称問題

最近、「日本海」のことを「東海」と呼ぶ馬鹿な民族がいます。

日本海」の呼称は17世紀頃から使用されはじめ、19世紀初頭には世界中に定着しました。それ以来、「日本海」の呼称は国連をはじめとする様々な国際機関によって正式に使用されています。

外務省ホームページ 日本海呼称問題
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nihonkai_k/

しかしながら、「日本海」は韓国の東にあるので、韓国人は「日本海」のことを「東海」と呼びます。そして、韓国人は日本が嫌いなので、「日本海」の呼称も嫌いです。故に、韓国人は、「日本海」の呼称を「東海」変更しようと陰謀を企んでいます。しかしながら、何百年間も世界中で使用されている正式名称を変えるのは馬鹿なことです。

全世界で「日本海」のことを「東海」と呼んでいるのは韓国人だけです。「日本海」のことを「東海」と呼ぶ人は、周囲から韓国人と思われること請け合いです(笑)。
  1. 2005/08/19(金) 12:29:56|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

英語版ブログ閲覧状況(4)(BlogPet)

最近の英語版ブログ「TheCountyofMangrove」
の閲覧状況です
(今回新たに確認しないみたい)
今回総督代理は、スウェーデンで広いドミニカ共和国es:
スペインhk:
香港hr:
クロアチアhu:
ハンガリーie:
アイルランドjp:
日本mx:
メキシコmy:
マレーシアnp:
ネパールpl:
ポーランドse:
スウェーデンで広い日本とかを教育すればよかった?
最近は、スウェーデンで広いドミニカで日本を教育しないみたい
今回は独り言とアメリカと、独り言をブログしたかったの♪
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督代理」が書きました。

  1. 2005/08/19(金) 10:05:44|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御前会議

御前会議とは、大日本帝国時代、天皇陛下が臨席し、国の重要な政策を閣僚・元老などと共に決定するために開催された会議の通称です。この御前会議で天皇陛下が決定したことは「聖断」と呼ばれ、高い権威を持っていたそうです。

御前会議は主に戦争遂行に関する決定をする時に開かれました。明治時代の日露戦争開戦の可否、太平洋戦争開戦の可否、そして太平洋戦争の終結(ポツダム宣言受諾)もこの御前会議で決定されたことです(もちろん他にもあります)。

このように書くと、御前会議の決定は絶対で、その御前会議の主催者である天皇陛下の意志が絶対であるかのように錯覚しますが、実はそうでもありません。大日本帝国はあくまでも立憲君主制であり、天皇陛下の意見が全て絶対という専制君主制ではないのです。ですから、いくら天皇陛下といえども、御前会議参加者である閣僚や元老の決議を覆す決定はできなかったのです。議会の可決した法案、政府の決定、大臣の任命、大本営の決定も拒否できませんでした。天皇陛下が法案を潰したとか、天皇陛下が大臣の任命を拒否したなんて話、聞いたことありませんよね?天皇陛下は、名目上は国家の主権者でありながら、実質は何も決定できない立場だったのです。そして戦争に負ければ、全ては天皇の決定だった、天皇が開戦を拒否すれば戦争は回避できた、天皇に責任があると言われる始末・・・。ちょっと可哀想ですよね。

天皇陛下が開戦を拒否すれば良かった、天皇陛下に戦争責任有りという立場の人は、実は天皇陛下による御親政(専制君主制)を望む極右なのかも知れませんね(笑)。

<公爵の独り言>
仕事で役職に就く時も、実際の権限があるかどうか要チェックですね!
責任だけ取らされたらたまりません!
  1. 2005/08/15(月) 08:12:03|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

玉音放送

天皇陛下の肉声を放送することを「玉音放送」といいます。しかし一般的には、1945年(昭和20年)8月15日正午にラジオ放送された大東亜戦争(太平洋戦争/ 第二次世界大戦)敗北の宣言を指します。

この玉音放送は「終戦の詔書」と呼ばれておりますが、正式には「大東亜戦争終結ノ詔書」と呼ぶそうです。以下のサイトに玉音放送の全文とその現代語訳がありましたので紹介致します。

狩猟社
http://www.shuryosha.net/

狩猟社 玉音放送全文
http://www.shuryosha.net/gyokuon.html

狩猟社 玉音放送音声(4.28MB)
http://www.shuryosha.net/mp3/gyokuon.mp3

終戦の詔書
 朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、茲に忠良なる爾臣民に告ぐ。

朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し、其の共同宣言を受諾する旨、通告せしめたり。

抑々、帝国臣民の康寧を図り万邦共栄の楽を偕にするは、皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々措かざる所、曩に米英二国に宣戦せる所以も、亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出て他国の主権を排し、領土を侵すが如きは固より朕が志にあらず。然るに交戦已に四歳を閲し朕が陸海将兵の勇戦、朕が百僚有司の励精、朕が一億衆庶の奉公各々最善を尽くせるに拘らず、戦局必ずしも好転せず。世界の大勢、亦我に利あらず、加之敵は新に残虐なる爆弾を使用して頻りに無辜を殺傷し惨害の及ぶ所、真に測るべからざるに至る。而も尚、交戦を継続せむか、終に我が民族の滅亡を招来するのみならず、延て人類の文明をも破却すべし。斯の如くむば、朕何を以てか億兆の赤子を保し皇祖皇宗の神霊に謝せむや。是れ、朕が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり。

 朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し、遺憾の意を表せざるを得ず。帝国臣民にして戦陣に死し、職域に殉し、非命に斃れたる者、及び其の遺族に想を致せば五内為に裂く。且、戦傷を負ひ、災禍を蒙り家業を失ひたる者の厚生に至りては、朕の深く軫念する所なり。惟ふに今後、帝国の受くべき苦難は固より尋常にあらず。爾臣民の衷情も、朕善く之を知る。然れども、朕は時運の趨く所、堪へ難きを堪へ、忍ひ難きを忍ひ、以て万世の為に太平を開かむと欲す。

 朕は茲に国体を護持し得て、忠良なる爾臣民の赤誠に信倚し、常に爾臣民と共に在り。若し夫れ、情の激する所、濫に事端を滋くし、或は同胞排擠互に時局を乱り為に大道を誤り、信義を世界に失ふが如きは、朕最も之を戒む。宜しく挙国一家子孫相伝へ、確く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きを念ひ、総力を将来の建設に傾け、道義を篤くし志操を鞏くし誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に後れざらむことを期すべし。爾臣民其れ克く朕が意を体せよ。

御名御璽
昭和二十年八月十四日
終戦の詔書(現代語訳)
 私は深く世界の大勢と日本の現状について考え、非常の手段によってこの事態を収拾しようと思い、忠義で善良な国民に通告する。

 私は日本政府に米国、英国、中国、ソ連に対してポツダム宣言を受け入れることを通告させた。

 そもそも日本国民の安全を確保し世界の国々とともに栄えることを喜びとすることは、先祖から行ってきたことであって、私もそのように努力してきた。先に、米国・英国に宣戦布告した理由も、日本の政治的・経済的自立と東亜の安定を願ってのものであって、他国の主権を侵害したり、領土を侵犯したりするようなことは、もちろん私の意志ではない。しかしながら、四年間の戦争で、われわれ陸海軍将兵の勇敢な戦闘や、官僚・公務員の勤勉、一億国民の努力、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦争における状況は芳しくなく、世界の情勢も我々には不利に働いている。それだけではない。敵は、新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使用して、何の罪もない非戦闘員を多く殺傷し、その被害はまったく図り知れない。それでもなお戦争を継続すれば、最終的には日本民族の滅亡を招き、そうして人類文明も破壊されることになってしまうだろう。このような事態になったとしたら、私はどうしてわが子とも言える多くの国民を保ち、先祖の霊に謝罪することができるだろうか。これこそが政府にポツダム宣言に応じるよう命令した理由である。

 私は日本とともに終始、東亜の植民地解放に協力した友好国に対して、遺憾の意を表せざるを得ない。日本国民で戦場で没し、職場で殉職し、悲惨な最期を遂げた者、またその遺族のことを考えると体中が引き裂かれる思いがする。さらに戦場で負傷し、戦禍にあい、家や職場を失った者の厚生については、私が深く心配するところである。思うに、これから日本の受けるであろう苦難は、いうまでもなく大変なものになる。国民の負けたくないという気持ちも私はよく知っている。しかし、私はこれから耐え難いことを耐え、忍び難いことを忍んで将来のために平和を実現しようと思う。

 私は、ここに国体(天皇制)を守り通して、忠義で善良な国民の真心を信頼し、いつも国民とともにある。もし、感情的になって争い事をしたり、国民同士がいがみあって、国家を混乱に陥らせて世界から信用を失うようになることを私は強く懸念している。 国民よ、どうか団結して子孫ともども固く、神国日本の不滅を信じ、道は遠いが責任の重大さを自覚し、総力を将来の建設のために傾け、道義心や志操を固くして、日本の栄光を再び輝かせるよう、世界の動きに遅れないように努力しなければならない。あなた方国民はどうか私の気持ちを酌んで理解してほししい。

天皇の署名と印璽(ぎょめいぎょじ)
昭和二十年八月十四日

  1. 2005/08/15(月) 07:11:07|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

終戦記念日

本日、8月15日は、太平洋戦争/第二次世界大戦の終戦記念日です。
1945年8月15日、日本は連合国のポツダム宣言を受諾し、無条件降伏
しました。

そこで、太平洋戦争/第二次世界大戦における日本の交戦国について
簡単にまとめてみました。日本に対して宣戦布告をした国は以下の通り。
■政権承認交戦国
・1941年(昭和16年)
 アメリカ(12/8)
 イギリス(12/8)
 オーストラリア(12/8)
 ニュージーランド(12/8)
 カナダ(12/8)
 南アフリカ連邦(12/8)
 コロンビア(12/8)
 エル・サルバドル(12/8)
 コスタリカ(12/8)
 ドミニカ(12/8)
 ニカラグア(12/8)
 ハイチ(12/8)
 グァテマラ(12/8)
 ホンジュラス(12/8)
 パナマ(12/9)
 オランダ(12/10)
 キューバ(12/10)
 ベルギー(12/20)

・1942年(昭和17年)
 メキシコ(5/22)

・1943年(昭和18年)
 イラク(1/17)
 ノルウェー(7/11)
 ボリビア(12/4)

・1944年(昭和19年)
 リベリア(1/27)
 フィンランド(9/22)
 ルーマニア(10/31)
 ブルガリア(11/7)

・1945年(昭和20年)
 エクアドル(2/9)
 ペルー(2/12)
 パラグアイ(2/13)
 ベネズエラ(2/14)
 ウルグアイ(2/22)
 トルコ(2/23)
 エジプト(2/26)
 シリア(2/26)
 レバノン(2/27)
 イラン(2/28)
 サウジアラビア(3/1)
 アルゼンチン(3/27)
 スペイン(4/12)
 チリ(4/12)
 デンマーク(5/23)
 ブラジル(6/6)
 ギリシャ(6/26)
 ソビエト連邦(8/9)
 モンゴル(8/9)
■政権未承認交戦国
 中華民国(重慶政権:南京陥落後の蒋介石政権)
 フランス(ド・ゴール政権:ドイツに降伏後の亡命政権)
 ユーゴスラビア(ドイツによる占領中)
 ポーランド(ドイツによる占領中)
 エチオピア(イタリアによる占領中)
 チェコスロバキア(ドイツによる占領中)
 イタリア(バドリオ政権:連合国に降伏後の政権)
合計52ヶ国
中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国大韓民国は戦後に成立した
国家/政権です。当然、日本とは戦争しておりませんし、戦勝国ではありません。
注意が必要です。

<公爵の独り言>
この戦争の全ての犠牲者のご冥福をお祈り致します。
  1. 2005/08/15(月) 02:58:07|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

続々・公爵家献上(BlogPet)

昼、味噌を表書きしなかった
きゅうりは、1本は糠漬けにしました
公爵たちが、きゅうり7本、なす4本、いんげん2本は味噌炒めにしました
公爵たちが、げんとかを一緒するかも
ちょび様からの献上品の画像です
なすの糠漬けです
22:00
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督代理」が書きました。

  1. 2005/08/12(金) 10:04:16|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

長崎原爆記念日

本日、8月9日は長崎原爆記念日です。

今から60年前の1945年(昭和20年)8月9日、アメリカのB-29戦略爆撃機「ボックス・カー号」が長崎にプルトニウム型原子爆弾「ファットマン」を投下しました。この核兵器による都市攻撃により、約14万人の市民が犠牲となりました。

原爆投下から60年経った現在でも、その後遺症に苦しむ人々がたくさんいます。核兵器は恐ろしい兵器です。私は、地球上からこの恐ろしい兵器が無くなることを願っております。

犠牲となった方々のご冥福を祈ります。
  1. 2005/08/09(火) 01:12:54|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

続々・公爵家献上

ちょび様からの献上品の画像です。

献上品の表書きです。
献上品の内訳は、きゅうり7本、なす4本、いんげん2本です。
なすです。鮮やかな紫色です。2本は味噌炒めにして、2本は糠漬けにしました。
きゅうりといんげんです。鮮やかな緑色です。きゅうりは、1本は沖縄産の塩を掛けてそのまま丸かじり。4本は糠漬けにしました。いんげんはなすと一緒に味噌炒めにしました。

きゅうりとなすの糠漬けです。昼の13:00頃に漬けて、夜22:00頃に食べました。

うちの糠床は鉄分を入れていないので、なすの色が落ちています。でも味はなかなか。ちょうど良い漬かり具合でご飯が進みました。野菜を献上して下さったちょび様に感謝です。


  1. 2005/08/09(火) 00:03:18|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

続・公爵家献上

先日ちょび様から献上された野菜を調理しました。
献上品の正確な内訳は以下の通りです。

・きゅうり:7本
・なす:4本
・いんげん:2本


たくさんの野菜を献上して頂き、本当にありがとうございます。
献上された野菜は、以下のように調理しました。

・丸かじり(きゅうり1本)
 よく冷えた一番大きなきゅうりを洗って、沖縄産の塩を掛けて丸かじり。
 結構大きかったので、食べ応えがありました。夏の味がしました。

・味噌炒め(なす2本、いんげん2本)
 フライパンに多めの胡麻油を引いて、刻んだ鷹の爪3本を炒めて香りを
 出し、細切りにしたなす2本といんげん2本を炒めてから味噌を絡めて
 出来上がり。どんぶりご飯の上に載せて、汗びっしょりになりながら食
 べました。マイウー!

・糠漬け(きゅうり4本、なす2本)
 現在漬け込み中。

残った献上品はきゅうり2本。これをどう調理するか考えるだけでも楽しい
ですね。野菜があると食卓だけでなく心まで豊かになる気がします。
野菜を献上して下さったちょび様には、感謝の気持ちを込めて、糠漬けを
下賜します。明日、発送する予定ですので、詳細は別途お知らせ致します。

<公爵の独り言>
美味しく漬かっているとよいのですが・・・。
  1. 2005/08/08(月) 22:11:18|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公爵家献上

先日、糠漬けの記事を書いたところ、いつもこのブログをご覧下さる「ちょび様」から、家庭菜園で採れた「きゅうり」を献上したいとのお申し出を頂きました。公爵家ではこの申し出をありがたく受け、本日、ちょび様からの献上品きゅうりなすが届きました。なかなか立派なものです。

ちょび殿、献上、大儀であった!

公爵を僭称して約3年が経過しますが、献上を受けたのは初めてです。ちょび殿の家庭菜園には「公爵家献上」の称号を許可します(笑)。

献上されたきゅうりなすは糠漬けにし、その一部をちょび様へ下賜する予定です。画像は近々UPします。お楽しみに。

<公爵の独り言>
ちょび様、この度はありがとうございました。
代わりに糠漬けを送ります。お気に召すと良いのですが・・・。
  1. 2005/08/07(日) 19:57:52|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

広島原爆記念日

本日、8月6日は広島原爆記念日です。

今から60年前の1945年(昭和20年)8月6日、アメリカのB-29戦略爆撃機「エノラ・ゲイ号」が広島にウラニウム型原子爆弾「リトルボーイ」を投下しました。この人類史上初の核兵器による都市攻撃により、約20万人の市民が犠牲となりました。

原爆投下から60年経った現在でも、その後遺症に苦しむ人々がたくさんいます。核兵器は恐ろしい兵器です。私は、地球上からこの恐ろしい兵器が無くなることを願っております。

犠牲となった方々のご冥福を祈ります。
  1. 2005/08/06(土) 23:16:00|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

きゅうりの糠漬け

昨夜、きゅうりを3本漬けました。2時間くらい漬けたところで1本味見。
やや薄味。きゅうりの、青い、夏の味がしました。
今日のお昼には食べごろでしょう。楽しみです。

あと、昨夜は2ヶ月漬けっぱなしだった蕪も食べてみました。
これは予想通り漬かり過ぎでした。水分もかなり減っていました。
やはり糠漬けは、新鮮な野菜を短時間漬けるのが旨いですね。
  1. 2005/08/06(土) 11:19:41|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

実験!(BlogPet)

公爵の独り言
さーて、どうなることやら・・・
大物が釣れるかな?(笑)
国家規模でアクセス規制でもしてくる可能性がありません
この記事に中国、韓国からのアクセスがありますがあるかどうか実験をします
これにより、どこの国からアクセスがありません
「サウスアイランド公国ブログではネット検閲をしてみたいと思います」
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督代理」が書きました。

  1. 2005/08/05(金) 10:03:46|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

糠床まぜまぜ!

我が公爵家では糠漬けを漬けており、サウスアイランド公国の特産品として内外に誇っておりましたが、6月1日のメンテナンスを最後に約2ヶ月も糠床を放置していましたorz。

しかし糠床の状態は、前回こうなることを見越して大量の塩を混ぜてあったので、ほとんど悪くなっていませんでした。平らにならした糠床表面からちょっと飛び出していた昆布の切れ端に白いカビがわずかに生えていただけ。カビの周囲をスプーンで抉り取って捨てました。

あとは足し糠と糠味噌辛子、唐辛子を混ぜ込んで終わり。ニオイも腐敗臭はせず、糠床のいいニオイがします。漬けてあった蕪3個も腐敗せず、ちゃんと原形を留めています。高い気温の中、2ヶ月も放置していたとは思えない状態です。

さすがは我が公爵家の糠床です(自画自賛)。

後で、2ヶ月漬けた蕪の糠漬けで夜食を食べて、明日はきゅうりでも漬けてみようと思います。

<公爵の独り言>
これからはもうちょっと糠床にかまってやらねば・・・。
その内糠床が拗ねてしまうかもしれない(笑)。
  1. 2005/08/04(木) 01:58:02|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

実験!

サウスアイランド公国ブログ自治領」および「The County of Mangrove」ではFC2アクセス解析を利用してアクセス状況を確認しています。これにより、どこの国からアクセスがあったか確認できます。

ブログ自治領閲覧状況(3)
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/1601848.html

英語版ブログ閲覧状況(4)
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/1601861.html

アクセス解析によると、多くの国からアクセスがありますが、不思議なことに中華人民共和国(以下中国と表記する)と大韓民国(以下韓国と表記する)からは一度もアクセスされた形跡がありません。このブログでは時々中国、韓国の話題を取り上げ、燃料を投下しているのに・・・(笑)。国家規模でアクセス規制でもしているのでしょうか?(中国ではネット検閲をしているそうです)

そこで、この記事に中国、韓国のWebサイトのリンクを張って、中国、韓国からのアクセスがあるかどうか実験をしてみたいと思います。以下のリンクをクリックしてアクセスすれば、中国、韓国のWebサイトのアクセスログのリファラーにこのブログのURLが記録され、そこからこのブログへアクセスしてくる可能性があります。よかったら皆さんもクリックしてみて下さい。後日アクセス状況を報告します。
<中華人民共和国(中国)>

中華人民共和国外交部 http://www.fmprc.gov.cn/

中華人民共和国公安部 http://www.mps.gov.cn/

中華人民共和国監察部 http://www.mos.gov.cn/

中華人民共和国文化部 http://www.ccnt.gov.cn/

中華人民共和国民政部 http://www.mca.gov.cn/

中華人民共和国司法部 http://www.legalinfo.gov.cn/

中華人民共和国財政部 http://www.mof.gov.cn/

中華人民共和国人事部 http://www.mop.gov.cn/

中華人民共和国教育部 http://www.moe.edu.cn/

中華人民共和国商務部 http://www.mofcom.gov.cn/

中華人民共和国科学技術部 http://www.most.gov.cn/

中華人民共和国最高人民法院 http://www.court.gov.cn/

中華人民共和国最高人民検察院 http://www.spp.gov.cn/

北京大学 http://www.pku.edu.cn/

上海大学 http://www.shu.edu.cn/

大連大学 http://www.dlu.edu.cn/
<大韓民国(韓国)>

大韓民国大統領府 http://www.president.go.kr/

大韓民国国防部 http://www.mnd.mil.kr/

大韓民国陸軍 http://www.army.mil.kr/

大韓民国海軍 http://www.navy.mil.kr/

大韓民国空軍 http://www.airforce.mil.kr/

国防大学校 http://www.kndu.ac.kr/

陸軍士官学校 http://www.kma.ac.kr/

海軍士官学校 http://www.navy.ac.kr/

空軍士官学校 http://www.afa.ac.kr/

大韓民国鉄道庁 http://www.korail.go.kr/

ソウル大学校 http://www.snu.ac.kr/

梨花女子大学校 http://www.ewha.ac.kr/

高麗大学校 http://www.korea.ac.kr/

延世大学校 http://www.yonsei.ac.kr/
<公爵の独り言>
さーて、どうなることやら・・・。大物が釣れるかな?(笑)
  1. 2005/08/04(木) 00:00:00|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

英語版ブログ閲覧状況(4)

最近の英語版ブログ「The County of Mangrove」の閲覧状況です。
主なリモートホストのトップレベルドメインは以下の通りです。
(今回新たに確認されたドメインにはアンダーラインを引いています。)

au:オーストラリア
de:ドイツ
ch:スイス
dk:デンマーク
do:ドミニカ共和国
es:スペイン
hk:香港
hr:クロアチア
hu:ハンガリー
ie:アイルランド
jp:日本
mx:メキシコ
my:マレーシア
np:ネパール
pl:ポーランド
se:スウェーデン
th:タイ
tw:台湾
uk:イギリス
us:アメリカ

com:gTLD(営利組織)
edu:gTLD(アメリカ教育機関)
net:gTLD(ネットワーク組織)
org:gTLD(非営利組織)

<公爵の独り言>
やはり英語記事はワールドワイドですね。
  1. 2005/08/03(水) 12:15:39|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。