西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネイヴァルランド公国創設

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか?
連合公国を統べる公爵でございます。

この度、新たな公国を創設し、連合公国へ加えましたのでお知らせ致します。

ネイヴァルランド公国
http://navalland.seesaa.net/

内容は、大日本帝国海軍に関する情報ブログです。
軍事、歴史、政治に興味がある方のお越しをお待ちしております。

これからも連合公国を宜しくお願い致します。

2005年9月30日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

<公爵の独り言>
領土拡張政策もこれで終わり。これからは内容の充実を図ります。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/30(金) 20:49:32|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

野蒜発芽!

本日、公爵家御料農場を視察したところ、新しい芽を発見しました。



細長い芽が2本生えてきていることが分かります。おそらく、今年の春に植えた野蒜だと思われます。野蒜は、夏は葉を枯らして、球根やムカゴの状態で夏を越します。そして秋になると芽を出して、葉を茂らせるそうです。



先の画像の手前の方に写っていた芽です。茎の根本の模様から、間違いなく野蒜の芽だと思われます。



先の画像の奥の方に写っていた芽です。秋風の吹く中、鮮やかな萌葱色を放っています。これからどんどん成長して、春に向けて球根が肥大することでしょう。来年の春が楽しみです。

このプランターの中には、野蒜の球根とムカゴが20個近く眠っているはずなので、これから一気に賑やかになることでしょう。

<公爵の独り言>
来年の春は野蒜食べ放題になりそうです。


  1. 2005/09/29(木) 22:43:24|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

携帯電話用URL

このブログの携帯電話用URLは以下の通りです。

http://blogs.dion.ne.jp/duke/m/

携帯電話から閲覧には、上記URLからアクセスして下さい。
宜しくお願い致します。


  1. 2005/09/29(木) 16:17:55|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

地方巡幸(20050928)

2005年9月28日付 ブログブルクタイムズ紙
連合公国を統べる公爵殿下は9月28日、友人のY嬢を伴って地方巡幸(ドライブとも言う)を行いました。神奈川県の江ノ島を訪問され、海の幸に舌鼓を打たれました。その後、江の島サムエル・コッキング苑(旧名称:江の島植物園)と江の島展望灯台を視察され、目の前に広がる景色を堪能されました。公爵殿下の御料車が通過する街道には、公爵殿下の姿を一目見ようと多くの市民が詰め掛け、小旗を振って歓迎し、公爵殿下も笑顔で手を振って応えておられました(嘘です)。
というわけで、今回は珍しく親族以外の女性を伴い、日本のモン・サン・ミッシェルと呼ばれる神奈川県江ノ島へ行って参りました。9月28日水曜日朝に出発し、同日夜に帰着しました。

今回の地方巡幸ルート
・浅草(出発)
・江ノ島(食事、観光)
・浅草(食事)
・埼玉
・浅草(帰着)

1.江ノ島での食事
前回のドライブでは「しらす料理専門店 とびっちょ」で食事をしましたが、今回は順番待ちの行列がかなり長かったので、別の店で食べました。定食などに関しては味はまずまず。しかし地物の蛤とサザエはなかなか美味しく、食べ応えもありました。

2.江ノ島観光
参道を歩いた後、「エスカー」と呼ばれる有料エスカレーター(登りのみ)を利用して江ノ島の頂上に向かいました。こんもりと緑色をした江ノ島の内部に、頂上へ登るためのエスカレーターがある・・・。なんだか秘密基地みたいです(笑)。途中、神社にお参りしたり、銭洗弁財天のようなところで硬貨を洗ったり、おみくじ、御守りを買ったりしました。おみくじの結果は末吉でしたorz。

頂上では、江の島サムエル・コッキング苑(旧名称:江の島植物園)をゆっくり見て回り、その後、江の島展望灯台に登り、オーシャンビューを堪能しました。沖合では巻き網漁船が網を仕掛けていたり、海上保安庁の巡視船「八島」が搭載ヘリコプターを飛ばして訓練か何かをしているのが見えました。

その後、帰るために人の流れに従って歩いたところ、江ノ島の裏側に出てしまいました。磯が広がり、それはそれで楽しめたのですが、そこからは元の場所に帰れないことが分かり、降りてきた山道をまた頂上まで登り、へとへとになって参道まで戻りました。頂上には地図があるので、ちゃんと現在地と帰り道を確認した方がよいでしょう。なお、江ノ島の裏側の御食事処は海に面した店が多いので、景色は最高です。次回は江ノ島の裏側で食事を楽しみたいと思います。

3.浅草での食事
浅草・吾妻橋の近くにアサヒビール本社ビルがあります。あの有名な「うんこが上に載っているビル」です(笑)。浅草から吾妻橋を渡り、そのビルの右手の方を見ると、「ぎょうざカフェ うつのみや亭」という小さな店があります。夜はここで食事を取りました。

この店は、私が近所のとんこつラーメン屋で食事中、隣にいた客がたまたまこの店の店主だったのが縁で行くようになった店です。特にお勧めしたいのが、「シーフード餃子」と「水餃子」。なかなかイケます。チャーハンもパラッと仕上がって良い感じです。思わずビールが飲みたくなりますが「家に着くまでがドライブです」。我慢我慢。

4.その後
浅草での食事の後、Y嬢を自宅の最寄駅まで送り届け、そこで別れました。その後、埼玉方面を軽く走った後、帰途に就きました。

5.今回の御料車
当初はホンダ・フィットを利用する予定でしたが、ちょっとグレードを上げてトヨタ・カローラにしました。久しぶりにカローラを運転しましたが、かなり静粛性が向上しています。アイドリング状態では、エンジンが掛かっているのか掛かっていないのか分からないくらいです。一般道でも高速道路でも加速性、安定性、静粛性に申し分ありません。かなり良い車だと思います。

今回の御料車
車種:トヨタ カローラ
排気量:1,500cc
走行距離:260km
燃費:16.25km/L

今回のBGM
・女子十二楽坊 「Beautiful Energy」
・カーペンターズ 「GREATEST HITS 20」
・シャンソン・ベスト・コレクション
・その他(Y嬢に補足を求む)

<公爵の独り言>
今回は女性にもご一緒して貰い、大変楽しいドライブでした。
是非またご一緒して頂きたいものです。


  1. 2005/09/29(木) 14:47:40|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:9

秋の公爵家御料農場

本日は公爵家御料農場の現状をお知らせ致します。



公爵家御料農場の全景です。往事と比べてかなり寂しくなってしまいました。紫蘇はエアコン室外機の熱風により全滅してしまいました。万能ネギは収穫し尽くして、最後には細くなって枯れました。クレソンは元々の株は全て枯れ、茎から増えた株が残っているだけです。この御料農場の惨状の原因は、エアコン室外機の熱風と、8月、9月は多忙だったため、水遣りを忘れたことによる水不足であると考えられます。

しかしこの御料農場、見方によっては中世ヨーロッパの三圃制の農場に見えますね。そうそう、これは元々三圃制のモデル農場を目指していたので、これで良いのです!決して失敗により作物を枯らしてしまったのではないのです!連合公国の君主たる公爵が失敗などするはずはないのです!(言っていて虚しくなってきました・・・)



これは元々は万能ネギを植えていたプランター(プランターA)です。現在はクレソンを植えています。スーパーで売られているモノと違ってかなり小振りです。最近はこまめに水を遣っていますが、これから大きくなってくれるのでしょうか?



クレソンを植えていたプランター(プランターB)です。クレソンの元株が枯れた後は、増えた株を隣のプランターに移植しました。現在は、卵の殻や落ち葉、米のとぎ汁などを混ぜて地力回復中。次の耕作時期を待ちます・・・。



紫蘇を植えていたプランター(プランターC)です。現在は、卵の殻や落ち葉、米のとぎ汁などを混ぜて地力回復中。次の耕作時期を待ちます・・・。

<公爵の独り言>
次は何を植えようかな。やはネギが手間いらずでいいかな?


  1. 2005/09/27(火) 17:38:03|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

糠床バックアップ取得

今日は、糠床のバックアップを取得しました。
糠床のバックアップとは、糠床をタッパーに入れて冷凍した物のことです。
糠床の乳酸菌などは、冷凍しても生きているそうで、万が一、糠床が悪く
なってしまった場合、新しい糠床に解凍した糠床を混ぜると、発酵が促進
され、早く糠床が復元できるのです。備えあれば憂い無しですね。

<公爵の独り言>
なんだかコンピュータシステムの話みたいですね(笑)。


  1. 2005/09/27(火) 16:38:49|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連合公国

Picture

皆様ご機嫌いかがですか。

サウスアイランド公国ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国を統べる公爵でございます。

サウスアイランド公国を中心とする同君連合について変更がありましたのでお知らせ致します。

サウスアイランド公国、ブログブルク公国、マングローブ公国、アラバ公国は、サウスアイランド公国の君主がそれぞれ独立した公国の君主を兼ねる人的同君連合(Personal Union)を組んでおりました。しかし今後は、各公国の連携をより一層緊密にした物的同君連合(Real Union)を組むことに致しました。

参考リンク:同君連合
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/1049968.html

よって、今後は、サウスアイランド公国、ブログブルク公国、マングローブ公国、アラバ公国で構成する物的同君連合を「連合公国」と呼ぶことにします。連合公国の概要は以下の通り。

<日本語名>
連合公国

<英語名>
The United Duchies(略称:UD)

<構成国>
・サウスアイランド公国
・ブログブルク公国
・マングローブ公国
・アラバ公国

<連合公国君主の称号>
Sovereign of the United Duchies

<君主の公式称号(日本語)>
連合公国君主にしてサウスアイランド公爵、ブログブルク公爵、マングローブ公爵、アラバ公爵、その他の領地の領主であるであるヒデ三世殿下

<君主の公式称号(英語)>
His Most Glorious Highness Hide the Third, Sovereign of the United Duchies, Duke of Southisland, Duke of Blogburg, Duke of Mangrove, Duke of Araba, Lord of His other Territories.

2005年9月26日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

<公爵の独り言>
単なる宣言だけで、実質何にも変わらないんですけどね。
公式称号はちょっと変わりましたけど。まぁ、言葉遊びです。
あと、各ブログを全て公国へ昇格させたのはこれの布石でした。
  1. 2005/09/26(月) 02:40:09|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

JUVENIAの時計(10)

最近新たにオークションで購入したJUVENIA(ジュベニア)の時計。

JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)

例によって薄型の手巻き。ケース直付けブレス仕様です。実はこの時計、以前購入した以下の時計と全く同じ物です。

JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)

私はJUVENIAの時計が大好きで10本持っております。本当は毎日使いたいところなのですが、ちょっとデリケートな時計であるため、汚損や故障を恐れて死蔵している状態でした。今回購入したこの時計は、普段使いにする予定です。

それにしても、JUVENIAはエレガントでいいですね。たまりません!

<公爵の独り言>
この秋冬はこの時計をメインにする予定です。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2005/09/25(日) 13:24:29|
  2. 時計
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

糠漬け(結果)

9月23日(9月22日深夜)に漬けた糠漬け(長芋1本、きゅうり2本)。
今日取り出しましたorz。結果は、やはり漬かり過ぎ。しょっぱい!
9月23日午前中に取り出すべきでした。失敗です。

<公爵の独り言>
水道の水も冷たくなってきました。もう秋本番ですね。
これからは気温が下がって、漬ける時間も長くなります。
それでも2日は漬け過ぎですね。


  1. 2005/09/25(日) 11:31:38|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語版ブログ閲覧状況(6)

英語版ブログ「The Duchy of Mangrove」の閲覧状況です。
主なリモートホストのトップレベルドメインは以下の通りです。
(今回新たに確認されたドメインにはアンダーラインを引いています。)

au:オーストラリア
ca:カナダ
ch:スイス
de:ドイツ
dk:デンマーク
do:ドミニカ共和国
es:スペイン
fr:フランス
hk:香港
hr:クロアチア
hu:ハンガリー
ie:アイルランド
it:イタリア
jp:日本
kr:韓国
mx:メキシコ
my:マレーシア
np:ネパール
nz:ニュージーランド
pl:ポーランド
ru:ロシア
se:スウェーデン
sg:シンガポール
th:タイ
tw:台湾
uk:イギリス
us:アメリカ

com:gTLD(営利組織)
edu:gTLD(アメリカ教育機関)
net:gTLD(ネットワーク組織)
org:gTLD(非営利組織)

<公爵の独り言>
次はどこの国からアクセスされるのか楽しみです。
  1. 2005/09/24(土) 10:01:47|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

ブログブルク公国閲覧状況(5)

ブログブルク公国の閲覧状況です。
主なリモートホストのトップレベルドメインは以下の通りです。
(今回新たに確認されたドメインにはアンダーラインを引いています。)

au:オーストラリア
br:ブラジル
ca:カナダ
ch:スイス
de:ドイツ
ee:エストニア
fr:フランス
hk:香港
hu:ハンガリー
il:イスラエル
it:イタリア
jp:日本
my:マレーシア
nl:オランダ
nz:ニュージーランド
ro:ルーマニア
se:スウェーデン
sg:シンガポール
th:タイ
uk:イギリス
tw:台湾

biz:gTLD(ビジネス)
com:gTLD(営利組織)
edu:gTLD(アメリカ教育機関)
mil:gTLD(アメリカ軍事機関)
org:gTLD(非営利組織)
net:gTLD(ネットワーク組織)

<公爵の独り言>
次はどこの国からアクセスされるのか楽しみです。
  1. 2005/09/24(土) 09:55:02|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ名変更のお知らせ

Picture

皆様ご機嫌いかがですか。

サウスアイランド公国サウスアイランド公国ブログ自治領マングローブ伯爵領アラバ辺境伯領を統べる君主であるサウスアイランド公爵でございます。

平素よりこのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本日は重大な発表があります。

本ブログ「サウスアイランド公国ブログ自治領」は現在まで「サウスアイランド公国」の一自治領という位置付けでした。しかし、創設より約1年が経過し、皆様のおかげで現在ではサウスアイランド公国本国を凌ぐアクセス数を誇るサイトに発展致しました。このような状況において、公国本国よりも格下の自治領という位置付けであることは、不公平感が否めません。そこで、自治領から公国へ昇格させることを決定しました。

本日、9月23日より、本ブログの名称を以下のように変更致します。

旧ブログ名:サウスアイランド公国ブログ自治領
新ブログ名:ブログブルク公国(英語名:The Duchy of Blogburg)

また、同君連合を組んでいる以下のブログも9月23日から全て公国へ昇格し、君主の称号も公爵となります。

旧ブログ名:The County of Mangrove(日本語名:マングローブ伯爵領)
新ブログ名:The Duchy of Mangrove(日本語名:マングローブ公国)
URL:http://mangrove.blog8.fc2.com/

旧ブログ名:アラバ辺境伯領(英語名:The Margraviate of Araba)
新ブログ名:アラバ公国(英語名:The Duchy of Araba)
URL:http://margrave.seesaa.net/

これからは「ブログブルク公国」を宜しくお願い致します。

2005年9月23日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

  1. 2005/09/23(金) 22:13:37|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:8

センパイ教えて♪(BlogPet)

総督代理はインタビュー♪
そしてここで公爵で確認しなかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督代理」が書きました。

  1. 2005/09/23(金) 10:07:17|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

糠床メンテナンス

8月、9月とリアル世界での仕事が多忙だったため、糠床をずっと放置していました。それでも我がサウスアイランド公国の誇る糠床「3式糠漬製造器12型」はカビひとつ生えず、腐りもしません。頑丈です(笑)。こうなることを予測して、塩と唐辛子を多めに投入していたことが幸いだったようです。

本日は以下の材料を投入し、糠床をかき混ぜました。

・足し糠
・塩
・唐辛子
・エビの素干し


そして、長芋1本きゅうり2本を漬け込みました。これが美味しく漬かったら、新たに野菜を買ってきて、以前家庭菜園の野菜を献上して下さった「ちょび様」のためにスペシャルな糠漬けを漬けて下賜する予定です。ちょび様、大変お待たせしました。
  1. 2005/09/23(金) 01:08:11|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルイ・フィリップ一世?

我がサウスアイランド公国ブログ自治領の以下の記事にて、興味深いコメントがありました。ただのコメントとして埋もれさせておくにはもったいないので、記事として書き下ろします。

Google AdSense広告(1)
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/1905406.html
はじめまして。初カキコさせていただきます。スレ違いではありますが是非公爵殿に質問したいことがあり、君主制度について色々と深い造詣を持っておられると見受けられる公爵殿ならば何かご存知なのではないかと思いまして、長文になることを承知の上でお聞きします。

欧州などをはじめ、歴史を通じ、世界の君主国の君主達は「~世」と称しておられる方を多く見かけます(公爵殿もそうですよね(笑))。私は君主制について興味を抱き、ネットなどで色々調べているうちに(その結果こちらのブログにもたどり着いたわけで・・・)気づいたことがあります。各国の歴代君主の系譜などを見ていると同名の君主がいる人物は普通に「1世、2世、3世・・・」と表記されているのに対し、そうでない君主については「~世」つまりは「1世」が付随されていないことが多いということです。「そりゃそうだろ。同名君主がいないのならわざわざ「1世」とかを付けて区別する必要がないのだから。」という声もあるかもしれませんが、私にはここがなんとも納得がいかないのです。

例えばフランス最後の国王ルイ・フィリップ1世はフランス語でしばしば「Louis Philippe Ier」と書かれ、在位当時に発行されたコインなどを見ても、しっかり「Louis Philippe I」と彫られていることなどからみて彼が当時、「国王ルイ・フィリップ1世」として扱われていたことは間違いないでしょう。にもかかわらず現在においてはたいていの場合、彼の名前は「国王ルイ・フィリップ」としか表記されておりません。結局彼を最後にフランスでは王制が廃止されてルイ・フィリップ2世以降の国王は出現しておらず、「元祖」ルイ・フィリップ国王に「1世」を付けてする区別する必要がなくなったから付けてないのだ、ということなのでしょうがそういうことではなく「~世」というのは君主であるからこそ名乗ることのできるいわば称号のようなものだと思うのです(厳密に言うと王制廃止後も彼の子孫は現在に至るまで王制の復活と王位継承権を主張しており、オルレアン公ルイ・フィリップ2世は自らを”国王ルイ・フィリップ2世”と称してはいたようですが・・・)。

まあ、例えば英国のヴィクトリア女王などは在位中も「ヴィクトリア1世」を名乗ってはいなかったようですから彼女の名前はほとんど「ヴィクトリア1世」とは表記されておりません。そういった場合はともかく、たとえ区別の必要がないからといっても正式呼称である以上、「1世」が付いているのであればきちんとそう呼ぶべきであり、安易に呼び名から「1世」を省略するべきではないのでは・・・、そして「1世」を略した名称があたかも正式名称であるかのような表記をするのは好ましくないと思うのですが・・・まあ2世や3世などの場合でも略されている場合はしばしばありますが・・・結局のところどうなんでしょうか?ただ省略しているだけなのでしょうか?そうだとしても「国王ヨハン」よりは「国王ヨハン1世」の方が重みのある呼び方だと思うのですが・・・・。

長々と書いてすみません。もしそのことについて何かご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?そしてできれば公爵殿ご自身のお考えもぜひお聞かせ願えないでしょうか?よろしくお願いします。Posted by PPPP
PPPP様、長文のコメントありがとうございます。なかなか興味深い質問だと思います。本件について、私の考えは以下の通りです。

まず、同名の君主が過去に存在しない場合は、一世、二世は付ける必要はないと考えます。各国の君主の一覧を見ると分かりますが、基本的に左記の法則で名前が付いていると思います。確かにPPPP様の仰るとおり、「国王ヨハン」よりは「国王ヨハン1世」の方が重みのある呼び方だと私も思います。ただ、世間の慣習では左記のように表記するようです。なお、君主の名前の表記でもっと気を付けなければならないのは、数字を使用しないことだと言われております。日本語で表記するならば、1世とか2世ではなく一世、二世と漢数字を使用し、英語、その他の外国語表記ならばIとかIIとローマ数字を使用するか、First、Secondのような表記するのが好ましいそうです。

あと、フランス王ルイ・フィリップについて言えば、ルイ・フィリップ一世という呼び方は稀なのではないでしょうか?ただ、コインにわざわざルイ・フィリップ一世と刻印したのは、フランス革命によってブルボン朝が倒れ、共和制、帝政、王政復古という流れで王位についたルイ・フィリップが、自分の名を継ぐ王が現れる→王政はこれからも続くということを世に知らしめるためにあえてルイ・フィリップ一世と刻印させたのではないかと推察します。

このように私は考えますが、皆様、いかがでしょうか?
詳しい方のご意見を賜りたいと思います。

参考サイト:世界帝王事典 称号保持者リスト
http://nekhet.ddo.jp/ruler/


  1. 2005/09/20(火) 23:38:55|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:9

Google AdSense広告(1)

Google AdSense広告は、そのサイトの内容を吟味し、サイトに関係のありそうな広告を配信してくる優れものである。最近、我がサウスアイランド公国本国サイトのGoogle AdSense広告に、気になる広告が出ている。

サウスアイランド公国
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/index2.html

広告その1
歴史歪曲に繋がる恐れ
日本は中国を中心とした国号 東京国立博物館遣唐使展のパネル説明
Ads by Goooooogle
広告その2
高級仕上げの叙勲額
勲記勲章額縁をお求め安いお値段で 格安の3割引きで販売中。
Ads by Goooooogle
凄く気になる(笑)。クリックして内容を確認したい広告だが、Google AdSense設置者が自らクリックすること(通称自己クリ)は禁止されているので見ることができない。残念である。

自己クリした場合、Google Adsenseを退会させられる事があるが、それはGoogle側で自己クリを検知する仕組みがあるからだろう。ならば、自己クリの広告報酬分のみ自動的に除外し、設置者本人も広告内容を確認できる仕組みにしても良いのではないかと思う。

あと、サイトの内容によってはGoogle AdSenseの広告が表示されないことがある。ご覧の通り、我がサウスアイランド公国ブログ自治領のGoogle Adsense広告はいつも代替広告(Amazonアソシエイト)になってしまう。これは、サイトの内容にGoogle側が好ましくないと思われるキーワードが含まれている場合、広告配信が停止されるためであるが、一種の検閲になってはいないだろうか?Google AdSenseのために、サイトの内容を変えるようなことはしたくないものである。
  1. 2005/09/18(日) 11:08:20|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

南京虫

南京虫とは、戦後に流行した女性用小型金側腕時計のことです。

<公爵の独り言>
害虫の話題と思ってご覧になった方、残念でした。


  1. 2005/09/18(日) 05:58:33|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

角金

角金とは、1940年代に流行した角形金側腕時計のことです。

<公爵の独り言>
将棋の話題と思ってご覧になった方、残念でした。


  1. 2005/09/18(日) 05:56:25|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計ブランドの中国語表記

時計ブランドを中国語で表記すると以下のようになります。
なお、日本語のフォントで表示できそうな物だけピックアップしたので、
ここに載せているのは極一部であることをご了承下さい。

ALFRED DUNHILL→登喜来
BAUME&MERCIER→明仕
Bell&Ross→柏菜士
CASIO→西欧
CARTIER→地亜
CHRONOSWISS→瑞宝
CITIZEN→西鉄城
CONCORD→君皇
ENICAR→英納格
GUCCI→古季
HERMES→愛馬仕
HUBLOT→恒宝
IWC→万国
JUVENIA→尊皇
LONGINES→浪琴
MIDO→美度
OMEGA→欧米茄
ORIENT→東方
PIAGET→伯爵
RADO→雷達
ROGER DUBUIS→豪爵
ROLEX→労力士
SARCAR→世家
SEIKO→精工

<公爵の独り言>
読み方に由来している物と、意味に由来している物がありますね。
しかし、中国語にするとイメージが変わるブランドがあるのが笑えます。


  1. 2005/09/18(日) 05:15:21|
  2. 時計
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ロレックスの裏蓋シール

ロレックスの腕時計を新品で購入すると、裏蓋にホログラムシールが貼られております。このホログラムシール、なぜか剥がさずに後生大事に残している人がいるようですが、あまりよろしくないようです。

CNN.co.jp 女性がロレックスを提訴、時計アレルギーで苦痛被ったと
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200509150025.html
香港──高級時計のロレックスを購入した香港の女性が、時計の裏側に張ってあったラベルが原因でアレルギーになり、精神的な苦痛を受けたとして、慰謝料を求め、ロレックスを提訴した。香港の英語紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが15日、伝えた。

同紙によると、女性は2004年8月に、ロレックスの「オイスター・パーペチュアル」を3866ドル(約43万5000円)で購入した。

購入した時計の裏側には、はがせるラベルが付いていたが、これをはがすとロレックスの製品保証を受けられないのではないかと恐れ、購入した状態で着用し続けたという。

その結果、腕に赤い発疹が出るなどのアレルギー症状が出て、長袖の服を着続けなければならなくなり、精神的な苦痛を受けたとして、6044ドル(約66万50000円)の慰謝料を求めている。

女性は、「ロレックスは、使用説明書や販売店で、購入者がラベルをはがすよう注意する必要があった」と主張している。

ロレックス側は、ラベルをはがしたからといってロレックスの信頼性が落ちたり、保証されないことはない、と反論。一般的に、ラベルは時計の裏側でほとんど見えないうえ、ほとんどの購入者は使用前にはがすものだとしている。
ホログラムシールを貼ったままだと、シールと裏蓋の間に汗や汚れが溜まって皮膚が炎症を起こします。裏蓋のホログラムシールは剥がして使用しましょう。

<公爵の独り言>
ロレックス社もいい迷惑ですね。


  1. 2005/09/17(土) 04:46:34|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

英語版ブログ閲覧状況(5)(BlogPet)

きょう、ドメインへ組織したかったの♪
しかもポーまでシンガポールとポーへネットワークみたいな教育ー!
しかもシンガポールで組織された。
しかも香港までタイが組織した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督代理」が書きました。

  1. 2005/09/16(金) 10:03:28|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傑作ジョーク!

皆さん、嘘だと思うかも知れませんが、今年は「日韓友情年」です。
外務省のWebサイトに書かれているので本当だと思います。

外務省ホームページ 日韓友情年2005
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/topics/j_k_yujo2005/index.html

<公爵の独り言>
全く実感のない友情年ですね。
  1. 2005/09/15(木) 18:58:05|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

マトボッククリ・コレクション

以前、我がサウスアイランド公国の秘宝マトボッククリについて記事を書いたところ、かなりの反響がありましたので、本日は特別に、我がサウスアイランド公国のマトボッククリ・コレクションを公開します。

<マトボッククリ その1>

<マトボッククリ その2>

<マトボッククリ その3>

<マトボッククリ その4>

<マトボッククリ その5>

見たまえ!これこそ、我がサウスアイランド公国の力の根元なのだ!

<公爵の独り言>
一部の環境では画像が表示されない可能性があります。ご了承下さい。
  1. 2005/09/14(水) 20:40:13|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:6

ODAメールサービス

外務省のWebサイトを見ておりましたら、面白いサービスを発見しました。

外務省ホームページ メール配信サービス
http://www.mofa.go.jp/mofaj/mailservice/index.html

現在利用できるメール配信サービスは以下の3種類です。

・新着情報メールサービス
・ODAメールサービス
・WTO新ラウンド交渉メールマガジン


私は「ODAメールサービス」に登録してみました。我々の血税がどこの国に援助され、日本の国益に沿った使用がされているかチェックしたいと思います。

<公爵の独り言>
日本からODAを受けながら、日本の国益に沿わない行動をする国があります。
そのような国へのODAは減額または廃止すべきでしょう。


  1. 2005/09/13(火) 04:10:54|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

センパイ教えて♪

Picture

皆様ご機嫌いかがですか。

サウスアイランド公国サウスアイランド公国ブログ自治領マングローブ伯爵領アラバ辺境伯領を統べる君主であるサウスアイランド公爵でございます。

平素よりこのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今日は皆様に報告がございます。

本日、9月12日より、DIONの「ホームページわ~るど」に私のインタビュー記事が掲載されました!

KDDI DION ホームページわ~るど センパイ教えて♪
http://www.dion.ne.jp/service/homepage/senpai/index.html

LOVELOGトップページ右側にある「ホームページわ~るど」という緑色のリンクからも確認できます。よかったらご覧下さい。

KDDI DIONからこのような栄誉を賜ることが出来ましたのも、私を支えて下さった皆様のおかげでございます。この場を使って、御礼を申し上げます。そして、インタビュー記事にも書いておりますが、これからもマイペースで頑張っていきたいと考えておりますので、これからもサウスアイランド公国ブログ自治領を宜しくお願い致します。

2005年9月12日 サウスアイランド公爵


  1. 2005/09/12(月) 13:30:44|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

秋篠宮妃紀子殿下誕生日

昨日、9月11日は秋篠宮妃(文仁親王妃)紀子殿下の誕生日です。
妃殿下は昨日、39歳となられました。

宮内庁ホームページ 文仁親王同妃両殿下のご略歴
http://www.kunaicho.go.jp/02/d02-06.html

遅ればせながら、お慶び申し上げます。

<公爵の独り言>
衆議院議員総選挙ですっかり忘れておりました。
  1. 2005/09/12(月) 05:13:51|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

白紙投票は紙屑

本日、9月11日(日曜日)は衆議院議員総選挙最高裁判所裁判官国民審査の投票日です。私も先程、雷鳴と大雨の中、投票してきました。

ブログを見ていると、結構たくさんの人が投票に行っているようですが、あるブログで気になる書き込みがありました。
投票したい人が居なかったら、何も書かなきゃ良いのです。
それは大間違いです!最高裁判所裁判官国民審査については、罷免したい人がいなければ白紙投票でOKですが、衆議院議員総選挙においては、小選挙区は候補者氏名、比例代表は政党名を記名しないとただの無効票になります。

「良い候補者がいないことの意思表示だ!」

としたり顔で言う人もいますが、それは大間違いです。そんな格好良いものではありません。選挙管理委員会の手を煩わせるただの紙屑でしかありません。

限られた選択肢の中で、より良い候補者を選ぶのが選挙です。
必ず、候補者名、政党名を記入しましょう。

<公爵の独り言>
良い候補者がいなければ、自分で立候補しましょう!


  1. 2005/09/11(日) 15:37:29|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

衆議院議員総選挙投票日

本日、9月11日(日曜日)は衆議院議員総選挙最高裁判所裁判官国民審査の投票日です。

我々日本国民は、普段は政治に関わることもなく、国政による福利を享受しております。それが可能なのは、我々日本国民が日本国の主権者として選挙権を持っているからに他なりません。これを持っているからこそ、国民が毎日、政治運動に明け暮れなくても、政治が国民に配慮するのです。

かつて王侯貴族が平時において贅沢をしても多少許されたのは、いざ戦いとなった時には真っ先に戦場に出陣し、率先して国を護るノブレス・オブリージュ(高貴なる者の義務)を負っていたためです。戦うべき時に全力で戦うからこそ、普段の平和を享受できるのです。

選挙は一種の戦いです。毎日の平和は、この戦いによって得られていると言っても過言ではありません。ですから、この戦いに参加し、犠牲(時間や手間)を払わない者には、毎日の平和と国政による福利を享受する権利はないと私は考えます。自分の支持する候補者が当選しても落選しても、戦いに参加したことが政治に対する圧力となります。選挙こそ「参加することに意義がある」行事の最たる物でしょう!

明日の平和と福利を享受するためには、今戦わなければならないのです。
さぁ日本国民の皆さん、投票用紙を持って、投票所へいざ出陣!

<公爵の独り言>
私は夕方、満を持して出陣します。


  1. 2005/09/11(日) 10:38:25|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:3

皇帝の語源(欧州)

ローマ帝国の基礎を築いたユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)。
カエサル自身は皇帝になることは出来ませんでしたが、彼の名前は後に
皇帝を意味する言葉となりました。

・ドイツ語のカイザー(カイゼル)
・ロシア語のツァー(ツァーリ)


は共に皇帝を意味する言葉ですが、カエサルが語源と言われております。
また、ローマ軍の最高司令官を意味するインペラトールも後に皇帝を意味
する言葉となりました。

・英語のエンペラー
・フランス語のランペルール


は皇帝を意味する言葉ですが、このインペラトールが語源と言われております。


  1. 2005/09/11(日) 01:21:56|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ホワイトバンド

最近、ブログなどでもよく目にする「ホワイトバンド」。

ほっとけない 世界のまずしさ
http://www.hottokenai.jp/

ノブレス・オブリージュをモットーとする我がブログ自治領でも、前々から記事として取り上げようと考えておりました。300円で販売されるホワイトバンド。きっと世界の貧しい人々を救うために使われるのだと考えておりました。しかし、実情はちょっとちょっと違うようです。詳しくは以下のページをご覧下さい。

ほっとけない 世界のまずしさ ホワイトバンドについての質問集
http://www.hottokenai.jp/faq/white.html

ホワイトバンドは中国で生産されています。貧しい国の経済的自立を促すなら、なぜ現地生産しないのでしょうね?しかも、生産・流通・宣伝のコストと利益はしっかり確保している。また、債務免除に賛成するということは、我々日本人の血税が無駄になるってことですね。すなわち、我々の税負担が将来に渡って益々大きくなるってことですよ。ホワイトバンドを購入する人は、このように国益に沿わない活動であることを理解した上で購入しているんですかね?この運動の趣旨をよく理解した上で購入すべきだと思います。

なお、本家イギリスやアメリカのホワイトバンド運動は日本とは違うようです。イギリスのホワイトバンドは中国ではなくアフリカで生産しているそうですし、アメリカのホワイトバンド運動は債務免除ではなく国家予算の1%を貧困とエイズのために使うことを目標に掲げているそうです。また、ホワイトバンドの価格も1ドル程度ともっと安いそうです。日本のホワイトバンドと欧米のホワイトバンドは別物と考えた方が良いでしょう。

蛇足ですが、以下のようなサイトもあります。

ほっときたい 世界のまずしさ
http://hottokitai.jp/

FrontPage - ホワイトバンドの問題点
http://whiteband.sakura.ne.jp/

<公爵の独り言>
私は募金関係については日本赤十字社救世軍しか信用していません。
  1. 2005/09/10(土) 03:37:27|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:11
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。