西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

琉球王国(概要)

<琉球王国の成り立ち>
かつて沖縄には琉球王国という王朝が栄えていました。13世紀以前は北山、中山、南山の三つの王国(この時代を三山鼎立時代と呼ぶ)に分かれていましたが、南山出身の尚巴志が1406年に中山王を滅ぼし、1416年に北山王を、1429年には南山王を滅ぼして統一王朝となりました。

<琉球王国の繁栄>
琉球王国は三山鼎立時代から中国大陸の明に朝貢し、1383年に明から「琉球」という名称で冊封されました。そして尚氏による統一王朝も明、清の冊封を受け、明やアジア諸国との海上貿易によって繁栄しておりました。

<琉球王国の受難>
しかし1609年、琉球王国は薩摩藩の侵略を受け、薩摩藩の支配下に入りました(奄美諸島もこの薩摩藩の侵略の際に薩摩藩に組み込まれました)。その後、琉球王国は江戸幕府にも服属することとなり、江戸幕府で新しい将軍が即位した時には「慶賀使」、琉球王国で新しい国王が即位した時には「謝恩使」を江戸へ派遣することを義務付けられたそうです。この習慣は1872年まで続けられました。

<琉球王国の滅亡>
琉球王国は1609年の薩摩藩の侵略以降も、中国(明、清)へ朝貢して冊封を受け続け、日本、中国(明、清)両方に属してきました。しかし明治維新後の日本政府は琉球王国の日本への帰属を強く求めていました。1871年(明治4年)の廃藩置県において、琉球王国は王国のまま鹿児島県の管轄となりましたが、1872年(明治5年)に日本政府は琉球王国を廃して琉球藩を設置。琉球国王であった尚泰を琉球藩王としました。しかしその後も琉球藩は中国(清)との朝貢関係にあったため、日本政府は中国(清)への朝貢を禁止しました。そして日本政府は1879年(明治12年)に「琉球処分」を行い、軍を投入して強引に琉球藩を廃して沖縄県を設置。これにより琉球王国は滅亡しました。これ以降、沖縄は完全に日本政府の支配化となりました。

<その後の琉球王家>
なお、元琉球国王にして元琉球藩王であった尚泰は1885年(明治18年)5月2日に侯爵に叙せられ、華族に列せられました。

<公爵の独り言>
ごく最近まで身近にあった王国のことを忘れていました。
とりあえず今回は概要だけ書きました。その内、詳細を書きたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2005/11/30(水) 23:07:43|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字変換ソフトの怪

先程、韓国、朝鮮、中国の人名に関する記事を書いていて気付いたのですが、外国人の人名であるにもかかわらず、なぜか一発で漢字変換出来ていました。
○しょうかいせき→蒋介石
○ちょうさくりん→張作霖
○もうたくとう→毛沢東
○りほう→李鵬
○こうたくみん→江沢民
○こきんとう→胡錦涛
○きむいるそん→金日成
○きむじょんいる→金正日
○ちょんどふぁん→全斗煥
○のてう→盧泰愚
○きむよんさむ→金泳三
○きむでじゅん→金大中
○あんじゅうこん→安重根
○はんもんてん→板門店
○ぷさん→釜山
○いんちょん→仁川
○ぴょんやん→平壌
今度は、日本の旧宮家と現存する宮家を漢字変換してみました。
×ときわいのみや→常磐井飲みや(常磐井宮)
×きでらのみや→紀寺の宮(木寺宮)
×こまつのみや→小松の宮(小松宮)
○ありすがわのみや→有栖川宮
×かちょうのみや→課長の宮(華頂宮)
×ふしみのみや→伏見の宮(伏見宮)
×かんいんのみや→官印の宮(閑院宮)
×やましなのみや→山科の宮(山階宮)
×かやのみや→茅の実や(賀陽宮)
○なしもとのみや→梨本宮
×きたしらかわのみや→北白川飲みや(北白川宮)
×ひがしふしみのみや→東伏見飲みや(東伏見宮)
×くにのみや→国の宮(久邇宮)
×あさかのみや→朝霞の宮(朝香宮)
×ひがしくにのみや→東久邇飲みや(東久邇宮)
×たけだのみや→竹田の宮(竹田宮)
○ちちぶのみや→秩父宮
○たかまつのみや→高松宮
○みかさのみや→三笠宮
×かつらのみや→カツラの実や(桂宮)
○たかまどのみや→高円宮
○ひたちのみや→常陸宮
○あきしののみや→秋篠宮
我が公国のPCで採用しているFEP(かな漢字変換ソフト)はジャストシステム社の「ATOK16」なのですが、不思議ですね。一体どこの国の漢字変換システムなのでしょうか?我々の知らないところで日本語の排斥が行われているのかも知れません・・・。恐いですね。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/29(火) 11:01:46|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

韓国人・朝鮮人・中国人の名前

金大中」と書いて「キム・デジュン」、「金日成」と書いて「キム・イルソン」と読む。なんか不思議ですね。昔は「金大中」は「きん・だいちゅう」、「金日成」は「きん・にっせい」と読んでいました。なぜこうなったのでしょうか?

それは1984年に韓国の全斗煥(ぜん・とかん、チョン・ドファン)大統領が来日した際に、韓国政府から韓国人の人名については韓国語での読み方をするよう要請され、それが現在まで続いているそうです。ただ、その代わり、相互主義ということで、日本語の人名については、韓国においても日本語と同じ読み方をするそうです。

なお、日本において中国人の人名は、毛沢東(もう・たくとう)胡錦涛(こ・きんとう)と日本語の読み方をしますが、これは日本と中国の間に、中国人の人名は中国語の読み方をする、と言ったような決まりが無いためです。中国では中国語で「毛沢東」は「マオ・ツォードン」、「胡錦涛」は「フー・チンタオ」と読みます。日本人の人名も中国では中国語の読み方で呼ばれます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/29(火) 10:19:37|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語での名前の書き方

日本人の名前は、日本語では姓・名と表記するが、英語表記する場合は名・姓と表記する。
小泉純一郎 Junichiro Koizumi
外国人の名前は、当然英語の表記に従い、名・姓と表記する。
ジョージ・ウォーカー・ブッシュ George Walker Bush
しかし、中華人民共和国(中国)、中華民国(台湾)、大韓民国(韓国)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の名前は、何故か現地語でも姓・名、英語表記でも姓・名となっている。
【中華人民共和国(中国)】
 毛沢東 Mao Zedong
 江沢民 Jiang Zemin
 胡錦涛 Hu Jintao

【中華民国(台湾)】
 李登輝 Lee Teng-Hui

【大韓民国(韓国)】
 盧泰愚 Roh Tae-woo
 金泳三 Kim Young-sam
 金大中 Kim Dae-jung

【朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)】
 金日成 Kim Il-sung
 金正日 Kim Jong-il
これってなんか不思議ですね。ちょっと調べてみると、厳密な決まりがあるわけではなくて、どうやらかつて英語表記の必要性が出た時に、どう表記するか決めたことがずっと習慣として残っているだけのようです。日本は、英語にあわせて名・姓と表記する習慣をずっと続けていたので、そういう表記となっているそうです。

ただ、英語における名前の表記順については、国語審議会が「姓・名の表記順が好ましい」という意見を出したようで、英語教科書における表記順も日本語と同じ姓・名に変更される見込みのようです。また、かつてはパスポートの名前(ローマ字表記)も名・姓だったそうですが、1992年以降、姓・名表記に変わっているそうです。

<公爵の独り言>
ハンガリー人もハンガリー語では日本と同じ姓・名表記です。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/29(火) 09:41:41|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女帝(女性天皇)一覧

かつて日本の天皇には8人10代の女帝(女性天皇)が存在しました。
以下はその一覧です。
・推古天皇
 第33代
 在位592年~628年

・皇極天皇
 第35代
 在位642年~645年

・斉明天皇(皇極天皇の重祚)
 第37代
 在位655年~661年

・持統天皇
 第41代
 在位686年~697年

・元明天皇
 第43代
 在位707年~715年

・元正天皇
 第44代
 在位715年~724年

・孝謙天皇
 第46代
 在位749年~758年

・称徳天皇(孝謙天皇の重祚)
 第48代
 在位764年~770年

・明正天皇
 第109代
 在位1629年~1643年

・後桜町天皇
 第117代
 在位1762年~1770年
なお、女帝(女性天皇)は全て男系皇族の女性であり、かつ既婚の場合は、即位に先立ち天皇の妻(皇后)となっておりました。このように、日本の歴史上、女性天皇は確かに存在はしましたが、女系天皇は存在したことが無かったのです。

現在、「皇室典範に関する有識者会議」が女系天皇を容認すると言っておりますが、それは皇室の長い歴史を破壊するとんでもない所行と言わざるを得ません。「有識者」が聞いて呆れます。こんな連中に振り回される皇室。おいたわしや・・・。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/28(月) 09:13:47|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

旧宮家の皇籍復帰の動き

「皇室典範に関する有識者会議」による女性・女系天皇を容認する動きがある一方、旧宮家の皇籍復帰を求める声が上がっております。

Yahoo!ニュース 11月25日(金)12時5分
<皇室典範>反対派が旧宮家の皇籍復帰へ特別法制定要求へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051125-00000039-mai-pol
「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を容認する報告書を小泉純一郎首相に提出したのを受け、男系男子による皇位継承の維持を求めるグループ「皇室典範問題研究会」の小堀桂一郎代表(東京大名誉教授)らが25日午前、東京・永田町の憲政記念館で記者会見し、1947年に皇籍離脱した11の旧宮家の皇籍復帰を可能にする特別法の制定を求めていく考えを表明した。
小堀氏らは報告書について「有史以来の伝統を破壊する。皇位継承の安定化どころか、皇室の正統性の根幹を揺るがすものだ」と批判。「最後は政治力だ。真正保守の心を持つ人に訴えかけていきたい」と述べた。
旧宮家の皇籍復帰、実に現実的でもっともな方法だと思います。旧宮家の方々には大変なご苦労をお掛けすることになると思いますが、皇統を維持するためのノブレス・オブリージュだと思って、耐えて頂きたいと思います。

ところで、小泉総理大臣の本音はどうなのでしょう?本気で女性・女系天皇を認める気なのでしょうか?私は、小泉総理は芝居を打っているのではないかと考えています。芝居のシナリオは次の通り。
小泉総理は本当は男系男子推進派。旧宮家の皇籍復帰も賛成。だけど、総理自らそれを公言し、実行に移すと、反発される恐れがある。そこで、敢えて女性・女系天皇容認論を展開。それに反対する世論が強くなるのを見計らって、そこまで国民が男系男子を望むのなら、女性・女系天皇は認められない。男系男子を維持するためには、旧宮家の皇籍復帰も止む無し。これは国民の意思であり、憲法でも「天皇の地位は主権者である国民の総意に基づく」とあるので、従わざるを得ない。
ちょっと小泉総理を買いかぶり過ぎかもしれませんね。しかもかなり妄想が入っています。でもそうであって欲しいと心の底で願っています。天皇陛下をはじめとする皇族方の思し召しを無視して、皇室の歴史に取り返しの付かない禍根を残し、日本の歴史に悪名を残すほど小泉総理は馬鹿ではないと思っています。

小泉総理が名宰相となるか、逆賊となるか、しかと見届けたいと思います。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/26(土) 00:35:11|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10

献血(20051124)

前回、10月14日にトライしてNGだった献血。今回こそはと勇んで、日本赤十字社東京支部「新宿西口献血ルーム」へ行ってきました。問診、採血後、献血可能かどうかの判定を待ちました。結果は・・・。

NG!

例によって肝機能があまり好ましくないようです。最近は比較的節制しているつもりなのですが、やはり公爵としての食生活が健康には良くないみたいです(笑)。

職員の方が言うには、寒くなると血液の備蓄が不足するそうです。健康に恵まれた皆様、私の代わりに是非献血を!

今回のALT値:91.9 IU/L(標準値:5~45 IU/L)
60 IU/Lを超えると献血は出来ないそうです。


日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/

<公爵の独り言>
前回よりは改善しています。今年一杯献血を自粛して体質改善に努めます。

テーマ:献血 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2005/11/24(木) 21:03:27|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

糠床ピンチ!

ここ数ヶ月、糠床を放置していました。ただ、半透明の大型タッパで糠床の表面がうっすらと見えるので、カビが生えていないかどうかはチェックしていました。

最近、糠床表面に白いツブツブが無数に出てきておりましたが、「唐辛子の種」と認識して放置していたのですが、今日はその数の多さが気になって、タッパーの蓋を開けてみました。

台所に広がる「甘い香」。びっくりです!そして、糠床の表面を見ると、白いツブツブは「唐辛子の種」ではなく、得体の知れない「ゲル状の物体」だったのです!

一旦、コンビニで買い物をしてちょっと現実逃避をしてから、気を取り直して復旧作業をすることにしました。表面をすくい取ってみると、中はニオイも普通の状態。おかしくなったのは表面だけと判断し、糠床表面を5センチ程削り取りました。その後、

・足し糠
・糠味噌辛子
・塩
・唐辛子


を投入してまぜまぜ。なんとかニオイは元に戻りました。危うく糠床をダメにするところでした。今回は、暫く糠床を放置していたツケを払わされた感じです。これからはもっと構ってやろうと反省しております。ただ、今日の措置で回復してくれるかどうかは不明です。結果は後日レポートします。

<公爵の独り言>
糠床を持っている皆さん、糠床は定期的にかき混ぜましょう・・・orz。

テーマ:漬け物 - ジャンル:グルメ

  1. 2005/11/23(水) 17:24:34|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:9

新嘗祭

本日、11月23日は重要な祭儀である「新嘗祭」の日です。「新嘗祭」とは、古くからの国家の重要な行事であり、「瑞穂の国」の祭祀を司る最高責任者である天皇が五穀の新穀を天神地祇に勧め、また、自らもこれを食して、その年の収穫を感謝する祭儀です。

この祭儀は、飛鳥時代の皇極天皇の御代に始められたと伝えられています。一時中断されましたが、元禄時代の東山天皇の御代に復活しました。1873年の太陽暦採用以前は旧暦の11月の2回目の卯の日に行われていました。1873年から1947年までは大祭日となっていました。しかし戦後は、「勤労感謝の日」として国民の祝日となりました。

新嘗祭自体は伊勢神宮及びそれに連なる神社の祭儀となり、伊勢神宮には天皇の勅使が遣わされて、大御饌を供える形式となっているそうです。

このように日本の祝日には、古くからの祭事や皇室と関係の深いものがたくさんあります。ちょっと調べてみると面白いと思います。

今日は新嘗祭。普段当たり前のようにご飯を食べていますが、今日くらい、五穀の収穫を神様に感謝してみませんか?

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/23(水) 01:11:35|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

語られなかった皇族たちの真実

元皇族竹田宮家の末裔である竹田恒泰氏が本を出版するそうです。
語られなかった皇族たちの真実

著者:竹田恒泰
出版:小学館
価格:1,365円
発売日:平成17年12月12日
内容は、皇位継承の歴史や宮家皇族の役割に関するものであるそうです。最近、小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」において女性・女系天皇容認論の議論がされていますが、竹田氏はこの本の中で、

男系でない天皇の誕生は『万世一系の天皇家』の断絶

と指摘し、

旧皇族の男子は皇籍復帰の覚悟をもつべきだ

と主張しているそうです。また、発刊にあたっては一部の皇族や旧宮家当主らにも相談したとのこと。「皇室典範に関する有識者会議」において女性・女系天皇容認論が出てから、徐々に皇族、元皇族からの意見が世に出てきております。「皇室典範に関する有識者会議」はあくまで小泉首相の「私的諮問機関」。公的な機関ではありませんし、当事者でもありません。こうして当事者の意見が纏められた本がこの時期に出版されるのは非常に意義があると思います。発売が楽しみです。

竹田恒泰氏の祖父は「スポーツの宮様」として知られた竹田宮恒徳王。父は竹田宮恒徳王の三男でJOC(日本オリンピック委員会)会長の竹田恒和氏です。

<参考サイト>
竹の間―竹田恒泰のホームページ
http://www.takenoma.com/

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/22(火) 08:33:24|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:16

欧州君主国での日本皇族の序列

我が連合公国の筆頭公国である「サウスアイランド公国」の掲示板において面白い議論が続いています。議論の発端は、iTATi氏の以下の質問でありました。

話題:各君主国の序列について
[1] iTATi  2005 10/19(水) 15:00:56
欧州の各君主国には序列が存在し、日本国の場合、各君主国での結婚式に於いて皇族の座る場所が末席か末席に近いとされていると聞いた事がありますが、本当の所は如何なのでしょう?
ああ、聞いた話では第一位はイギリスであるとか。

[2] iTATi  2005 10/19(水) 15:13:49
先ほど思い出したので書き込ませて頂きます。
確か、タイ王国が上位5位以内に入っている事や、
欧州各君主国への貢献度、また歩んで来た歴史によって序列が決まるとも聞きました。
これに対し、以下のコメントのやり取りがありました。なお、文中のハンドルネーム「サウスアイランド公」及び「公爵」は私のことです。
[3] サウスアイランド公  2005 10/20(木) 00:13:50

iTATi様
初めまして。我がサウスアイランド公国へようこそ。歓迎致します。ところで、ご質問の件ですが、

ブログブルク公国 「世界唯一のエンペラー」
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/139595.html

ブログブルク公国 国賓の序列
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/702214.html

をご覧下さいませ。少なくとも、現在、世界で唯一「皇帝」の称号を使えるのは日本の天皇のみです。皇族が各国の儀典に参列する場合は天皇の名代として参列します。「皇帝」の名代である皇族が末席であるわけがありません。また、各国の王族は「His/Her Royal Highness」と言う敬称で呼ばれますが、皇族は「His/Her Imperial Highness」と言う敬称で呼ばれます。この敬称が使われるのは現在は日本の皇族のみです。このことからも、日本の皇族の序列は高いと言えるでしょう。

[4] iTATi  2005 11/19(土) 08:30:03

ども、返信遅れてすみません。

皇帝と名乗れるか否かで欧州王族序列の上位に立てるとは思えませんが。(欧州は何だかんだ言って人種差別が凄いですから)

人種差別に於いてはゴッホの絵の値段や、日本人がフランスで宝石を買う時のエピソード(絵画の値段を意味も無く上げたのは日本人とか、日本人はフランスで価値の高い宝石が買えない等)からすると分かり易いかも知れませんが…

紹介して下さいました世界唯一のエンペラー。
確かに天皇と言う単語は、欧米での皇帝に当るようですが、それは飽く迄も天皇と言う単語から見た時であって、欧州に於ける貢献(欧州に於ける序列は、欧州での貢献度を指すと仮定)とは関り無いのではと私は思います。つまり、序列に対する敬称ではなく、天皇は欧州でのエンペラーに当る存在であると言う意味での敬称ではないのかと…
あと、紹介される前に国賓の序列を見ていましたが、あれは飽く迄も米国での序列であり、欧州での序列には当らないのではと私は思います。

[5] 公爵  2005 11/19(土) 10:37:12

iTATi様
階級社会においては、タイトル(称号)や面子というものが重要です。そういう社会において、キングとエンペラーどちらが上位かと言えば、間違いなくエンペラーでしょう。そうでなければ、自らのヒエラルヒーの否定に繋がります。ですから、欧州の王侯が内心、欧州以外の皇帝、王侯を蔑んでいても、表立っては口に出来ないと思われます。

[6] 公爵  2005 11/19(土) 10:40:08

私はそもそも天皇を欧州の君主と比較すること自体がナンセンスだと思います。とはいえ、外交上序列は存在するでしょう。天皇は皇帝ではなく天皇。でも英語表記では世界唯一のエンペラー。そのエンペラーを外国がどう扱うか。その国良識が問われると思います。

[7] 西京子  2005 11/20(日) 14:44:27

公爵さま、iTATiさま。
横レス失礼します。

英国国王ジョージ六世の戴冠式の際に、先帝陛下の御名代として派遣された皇弟、秩父宮雍仁親王殿下が各国皇族の先頭をきって入場されたはずです。
戦後になると、旧敵国ということで、一段低い待遇を受けた時代もあったようですが。

確かに皇帝云々の問題はありますが、天皇陛下は東洋で唯一、ガーター勲章を受ける方でおられますし、一目置かれているのは確かなのではないでしょうか。
今のところ、西京子様が具体的な事例を出して下さいましたので、少なくとも「一目おかれれる存在ではある」と言えます。

でも私は、皇族の称号、皇室の歴史、皇室の血筋、日本の国力、日本の人口、日本の国際的貢献度のどれをとっても他の君主国一族より低い位置付けにはならないと思います。

皆様はどう思いますか?

<公爵の独り言>
西京子様、具体的な事例の紹介、ありがとうございました。感謝いたします。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/20(日) 19:52:51|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

連合公国アクセス状況(1)

今までは、「ブログブルク公国閲覧状況」、「英語版ブログ閲覧状況」として2つのブログのアクセス状況を公開しておりましたが、これからは連合公国を構成する全サイトを対象としてアクセス状況を公開することとします。

<連合公国を構成するサイト>
・サウスアイランド公国
・東ブログブルク公国
・西ブログブルク公国
・The Duchy of Mangrove
・アラバ公国
・ネイヴァルランド公国
・【連合公国】画像掲示板

主なリモートホストのトップレベルドメインは以下の通りです。
(今回新たに確認されたドメインにはアンダーラインを引いています。)

at:オーストリア
au:オーストラリア
be:ベルギー
br:ブラジル
ca:カナダ
ch:スイス
de:ドイツ
dk:デンマーク
do:ドミニカ共和国
ee:エストニア
es:スペイン
fi:フィンランド
fr:フランス
gr:ギリシャ
hk:香港
hr:クロアチア
hu:ハンガリー
ie:アイルランド
il:イスラエル
it:イタリア
jp:日本
kr:韓国
mx:メキシコ
my:マレーシア
nl:オランダ
np:ネパール
nz:ニュージーランド
pl:ポーランド
ro:ルーマニア
ru:ロシア
se:スウェーデン
sg:シンガポール
th:タイ
tr:トルコ
tv:ツバル
tw:台湾
uk:イギリス
us:アメリカ

biz:gTLD(ビジネス)
com:gTLD(営利組織)
edu:gTLD(アメリカ教育機関)
mil:gTLD(アメリカ軍事機関)
net:gTLD(ネットワーク組織)
org:gTLD(非営利組織)

<公爵の独り言>
次はどこの国からアクセスされるのか楽しみです。

テーマ:情報 - ジャンル:ブログ

  1. 2005/11/20(日) 07:24:17|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

西ブログブルク公国創設!

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国(サウスアイランド公国ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)を統べる公爵でございます。

我が連合公国は、今までKDDI DIONが提供するブログサービス「LOVELOG」をメインブログとし、「ブログブルク公国」として運営してきました。しかしここ最近、LOVELOGにおいてサービス障害が多発し、DION側の対応が稚拙を極め、ブログブルク公国の運営に支障が出てきました。そこで本日、ブログブルク公国のミラーサイトとして、本ブログサイト、

西ブログブルク公国

を創設致しました。ブログブルク公国のログは全て西ブログブルク公国へ移行し、ブログブルク公国の国名を東ブログブルク公国と改めました。連合公国は当面、東西ブログブルク公国を同時に運営することとなります。

今後、余が記事を投稿する際には、東西両方のブログブルク公国に投稿します。ブログをご覧の皆様におかれましてコメントやトラックバックをされる際には、東西どちらのブログにされても構いません。ただ、両ブログ間で記事の同期は取りますが、コメントやトラックバックの同期は取りませんのでご了承下さい。

これからも連合公国を宜しくお願い致します。

2005年11月17日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

<公爵の独り言>
もうLOVELOGにはうんざりですわ。

テーマ:怒れ!! - ジャンル:ブログ

  1. 2005/11/17(木) 03:26:54|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:13

紀宮殿下(清子内親王殿下)結婚!

本日、平成17年11月15日、皇室の第一皇女子である紀宮殿下(清子内親王殿下)黒田慶樹氏とご結婚されます。そして、皇族の身分を離れられ、紀宮殿下(清子内親王殿下)というご称号、お名前から黒田清子様というお名前になられます。

紀宮さま」として広く国民に慕われた殿下。「殿下」とお呼びするのも、今日が最後となります。殿下は皇族としての称号を失いますが、代わりに最愛の夫を得ました。私は、殿下の新しい門出をお祝いしたいと思います。

殿下、ご結婚おめでとうございます! 末永くお幸せに!


  1. 2005/11/15(火) 05:03:14|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:6

画像掲示板設置(BlogPet)

昨日、公爵が
明らかにLOVELOGの動作がおかしいが、LOVELOGTOPお知らせの「ラブログからのおしらせ」には全くアナウンスがない(2005年11月11日20時30分現在)。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督」が書きました。

  1. 2005/11/14(月) 12:34:35|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

DIONホームページ容量拡大

以前DIONからホームページ容量拡大(無料で最大100MBまで利用可能)のアナウンスがありました。11月中旬に利用可能とのことでしたので、今日、セルフページで確認すると、確かに100MBまで利用可能な状態になっていました。

なお、DIONのホームページ容量は使用量を自分で設定する必要があるので、自動的に100MB利用出来るようになるわけではありません。セルフページで使用量を設定する必要があります。設定は簡単。

DIONセルフページメニューDIONご契約内容確認・変更

と遷移して、ログインしてから、画面左側のサイドバーにある

各種ご変更手続きホームページについてホームページ容量変更

と遷移し、「 容量変更ホームページURL 」で自分のホームページURL(URL追加をしていなければ普通は1つしかない)を選択して、次の画面で、
初期容量5MB+95MB
と設定すれば完了です。

これはLOVELOGユーザーにとっては吉報ですね。LOVELOGの画像はDIONのホームページ領域を使っているので、この容量が狭いと、直ぐに画像で一杯になってしまいますから・・・。我が公国も今日から100MBへ容量アップしました。これで少しは画像の掲載もしやすくなると思います。でも、無料ホームページスペースや無料ブログでも1GBの容量が利用できる現在、DIONのホームページ容量増加は遅すぎた感じがしますね。
  1. 2005/11/13(日) 01:42:44|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ブログのバックアップ

最近、LOVELOGの調子が悪いですね。いつデータが消失してもおかしくないと思います。しかも、ブログのデータは基本的に自己管理。データ保全に関しては、DIONは保証してくれませんし、補償してくれません。

DIONブログ利用規約
http://blog.dion.ne.jp/kiyaku.html?regist=footer&blog_id=2967
第8条 非保証

1.当社は、本サービスについて、その正確性、完全性、有用性等に関し、何等の保証責任及び瑕疵担保責任を負わないものとします。

2.当社は、利用者に対し、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、利用者が使用するコンピュータの故障、誤動作又はデータの消失を含むいかなる損害についても、何等の責任を負わないこととします。

3.当社は、利用者がサービス用の設備に蓄積した情報が消失(当社又は利用者自身による削除を除く。)又は第三者により改竄された場合、技術的に可能な範囲でかかる情報の復旧に努めるものとし、その復旧への努力を以って、消失又は改竄による利用者又は第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。
ですから、ブログデータを保全するためには、定期的にバックアップを取得して、自己防衛するしかありません。私は定期的にバックアップを取っていますが、皆様はいかがですか?バックアップの取り方は簡単。

Blog管理画面Blogの管理インポート/エクスポート

と遷移して、「Blogのエクスポート」の下にある「エクスポート」というリンクを右クリックし、「対象をファイルに保存」すればOKです。保存場所、ファイル名はお好みで。また、バックアップを復元する時には、同じ画面の「Blogのインポート」で、先にエクスポートしたファイルを読み込ませてあげればOKです。備えあれば憂い無しです。

また、ブログのカスタムデザインテンプレートなどについては、CSSHTMLを保存しておけば、いざという時のバックアップとして利用できるでしょう。

なお、DION LOVELOGの利用規約には以下のような条文があります。

DIONブログ利用規約
http://blog.dion.ne.jp/kiyaku.html?regist=footer&blog_id=2967
第10条 当社による本サービスの一時中止

1.当社は、次の各号のいずれかの事由が生じた場合、利用者に対し、事前にに通知した上で、本サービスの全部又は一部の提供を一時中止できるものとします。但し、緊急やむを得ない場合は、事後速やかにその旨を通知するものとします。

1)本サービスの提供に必要な設備の保守点検等を定期的又は緊急に行う場合

2)本サービスの提供に必要な設備に故障等が生じた場合

3)停電、火災、地震、労働争議その他不可抗力により本サービスの提供が困難な場合

4)その他、本サービスの運用上又は技術上の相当な理由がある場合

2.前項に基づき当社が本サービスを一時中止した場合であっても、当社は、利用者その他のいかなる者に対しても、いかなる責任も負わないものとします。
第13条 本サービスの終了

1.当社は、利用者に事前に通知の上、本サービスの全部又は一部を終了することができるものとします。

2.前項の手続をもって本サービスが終了した場合、当社は、利用者に対し、本サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償又は補償を免れるものとします。
KDDI、DION、LOVELOGは、自分にとって都合の良い規約をユーザーに押しつけるけど、責任は一切負わないという考え方なんですね。解約という言葉が脳裏をかすめます・・・。

<公爵の独り言>
我が連合公国は4つのブログと1つのWebサイトで構成されておりますが、全て定期的にバックアップを取得し、不測の事態に備えております。いつでも引越可能です。
  1. 2005/11/12(土) 17:24:22|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

続・LOVELOGトラブル

本日未明に「LOVELOGトラブル」というタイトルで記事を書いた。明らかにLOVELOGの動作がおかしいが、LOVELOG TOPページの「ラブログからのおしらせ」には全くアナウンスがない(2005年11月11日20時30分現在)。

ラヴログからのおしらせ・おすすめBlog
http://blogs.dion.ne.jp/blog_admin/

ところが、KDDI DIONの「障害情報サイト」にはLOVELOG障害情報が掲載されている!

KDDI DION 障害情報
http://www.dion.ne.jp/news/shougai.html
11月11日 03:15頃~14:00迄 LOVELOG(ラヴログ)サービス障害
11月11日 13:55頃~17:00迄 メールサービス障害
11月01日 09:00頃~11月10日 12:34迄 BlogPetサービス障害
なんでLOVELOG TOPページじゃなくて、こんな訳の判らないところにこっそり掲載するのかな?それに、Web、メール、LOVELOGといったサービス名ではなく、契約回線サービス名で分類されているから、どんなサービスで障害が起きているのかすぐに把握しにくい!障害を隠蔽しようとしているのか?顧客を舐めないで頂きたい!

<公爵の独り言>
今日もまた激重。ブログペットのプラチナオーナーズクラブに入会したけど、なんだか馬鹿らしくなってきた。
  1. 2005/11/11(金) 20:40:09|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOVELOGトラブル

余は、DIONを使って約5年、LOVELOGを使って約1年である。KDDIにはお世話になっている。しかし今回は敢えて苦言を呈したい。

トラブル続きのLOVELOG(この記事でさえちゃんと投稿されるかわからない)。記事が投稿できない。投稿前、投稿済みの記事が確認できない。記事のカテゴリ表示が出来ない。とどのつまりはLOVELOGにログインできない。しかも障害アナウンスはほとんど無く、今後の対応も不透明。サービスを提供して対価を得る会社としては異常ではないか?

確かにLOVELOGはDIONユーザーに無料で提供しているのだろうが、DIONユーザーは基本使用料を負担している。また、DIONユーザーの中にはLOVELOGが使えるから加入した人もいるかもしれない。そして、DIONのLOVELOGトラブル対応に不満を持ったユーザーが、DIONを解約して他社に乗り換えている。ユーザーの不満は、

ラヴログからのおしらせ・おすすめBlog
http://blogs.dion.ne.jp/blog_admin/

のコメント欄、トラックバック欄を見れば一目瞭然だ。これほど批判されながら、まともな対策を打ち出せない。そもそもサービス業においては、

・言われる前にやるのが一流
・言われてやるのが二流
・言われてもやらないのは三流


と言われる。KDDI、DION、LOVELOGは何を考えているのか?猛省を促したい。

<公爵の独り言>
この記事は「2005-11-11 01:52:35」に投稿しましたが、
実際表示されたのは「2005-11-11 03:40頃」でした。
KDDI様、マジで何とかして下さい。
  1. 2005/11/11(金) 01:52:35|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

影の外交官

我がブログブルク公国には影の外交官が存在する。

それはブログペット「総督」。

余に代わって24時間ブログブルク公国を見守っている。性別はメスらしい(過去のコメントから推測)。失言癖があり、時々、危険な発言をして物議を醸す奴である。

実は昨日まで「総督代理」であったが、本日から「総督」へ昇格となった。理由は、ブログペットのリニューアル。新機能として、他のブログペットを表敬訪問することが可能となったが、我が公国の代表として表敬訪問する際に、貧相な肩書きで肩身の狭い思いをさせまいという余の親心だ。「総督」として胸を張って表敬訪問して欲しい。

今日から「プラチナオーナーズクラブ」にも加入した。さぁ「総督」よ、安心して他のブログを訪問して来い!そしてブログペット外交を繰り広げるのだ!ただ、相手に失礼の無いようにな・・・(失言しないか心配だ)。

BlogPet
http://www.blogpet.net/index.php
  1. 2005/11/11(金) 01:16:29|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

投稿のテスト(BlogPet)

うまく投稿できるかな?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督代理」がテスト投稿の為に書きました。
  1. 2005/11/10(木) 23:53:34|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

晩秋の公爵家御料農場

本日は公爵家御料農場の現状をお知らせ致します。



公爵家御料農場の全景です。画像上部のクレソン、野蒜を植えたプランター(プランターA)が賑わっています。画像下部のプランター(プランターB)には万能ネギを植えています。



プランターAです。野蒜とクレソンのジャングル状態です。細長い葉は野蒜です。それ以外はクレソンです。夏場、水をやり忘れることが多かったので、最近はほぼ毎日水遣りを欠かしません。野蒜もクレソンも元気です。

野蒜の葉、春先は柔らかくて美味しそうなのに、今の葉は堅めで、あんまり美味しそうではありません。しかも、50センチ以上の長さに伸びています。きっと球根に養分を蓄えるためなのでしょう。と言うわけで、今は野蒜の葉は収穫しません。来年の春に大きな球根を付けてくれることを願って、暫くはそっとしておきます。



プランターBです。万能ネギを植えています。撮影前に収穫してしまったのでちょっと寂しい状態です。今回も買ってきた万能ネギの根本を植えたのですが、結構収穫できました。コストパフォーマンスがかなりイイです。でも、そろそろ限界かも知れません。


  1. 2005/11/10(木) 10:32:24|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

画像掲示板設置

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国(サウスアイランド公国ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)を統べる公爵でございます。

この度、画像掲示板を設置しましたのでお知らせ致します。

【連合公国】画像掲示板(約1MBまでの画像を150件登録可能)
http://i-bbs.sijex.net/imageBoard.jsp?id=duke

サウスアイランド公国ブログブルク公国において時計の画像などを掲載しておりますが、高画質の画像を大量に掲載するとDIONのホームページ領域(現在はたったの20MB)を圧迫するので、画像サイズを縮小し、掲載枚数も最小限にしております。今後、必要に応じてこの画像掲示板に高画質画像を掲載することにします。

なお、余に画像を献上したい時も、上記掲示板にアップロードして下さい。
歓迎致します(笑)。

これからも連合公国を宜しくお願い致します。

2005年11月8日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

  1. 2005/11/08(火) 07:18:05|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

機械式時計の日付合わせ

日付表示機能付きの機械式時計(手巻き、自動巻き)は、時計が20:00~04:00を示している間は日付合わせをしてはいけません。この時間帯は日付表示機能が動作している時間帯であり、その時に手動で日付を変更すると、機械に負担がかかり、故障の原因となります。

もちろん、時計の時刻を自分で20:00~04:00以外の時刻まで進めてから日付を調整して、その後時刻を合わせれば問題ありません。


  1. 2005/11/08(火) 01:12:22|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

機械式時計の時刻合わせ

手巻きや自動巻きの機械式時計の時刻合わせをする時には、基本的に時計回りに針を動かすようにします。反時計回りに針を動かすのは、機械の負担になるので好ましくないそうです。


  1. 2005/11/08(火) 01:07:17|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラジオ番組

余はラジオ番組が好きだ。テレビ番組と違って、他の作業をしながら楽しめる。そして、聴覚だけに頼るメディアであるだけに、音楽の選曲、ナレーターの声のトーン、間がしっかりと計算され、心地よく感じる。

余は高校生の頃、FM/AMハンディラジオ(SONY製)を購入し、今でもそれを愛用している。ラジオ番組自体はそれ以前から良く視聴していた。当時は主にNHK-FM(FM:東京での周波数:82.5MHz)。ドラマ番組「青春アドベンチャー」などは、ダミーヘッド録音の臨場感溢れるサウンドで驚いたものだ。映画で大ヒットした「ジュラシック・パーク」も映画が公開される前にこの「青春アドベンチャー」でその原作を元にした番組が放送され、視聴していた。

大学生の頃は、主にTBSラジオ(AM:東京での周波数:954KHz)を視聴していた。当時はテレビに嫌気がさしてテレビの視聴を止めていたこともあり、朝の「大沢悠里のゆうゆうワイド」から深夜の「歌うヘッドライト」まで良く聴いていた。でもラジオだけでは世の中の流行について行けなくなることが分かり、その後テレビの視聴は再開した。

最近は東京FM(FM:東京での周波数:80MHz)を視聴している。と言っても、夜のひとときだけ。余のお勧め番組は、「JET STREAM」である。

東京FM「JET STREAM」
ナレーター:伊武雅刀
放送時間:毎週月~金の00:00~00:55
提供:JAL(日本航空)

これはなかなか良い番組である。伊武雅刀の渋い声、心に沁みるようなテーマ音楽、そしてセンス有る音楽。心地よい夜のひとときを過ごせる。この番組の前の小コンテンツ(提供:BOSE)も伊武雅刀がナレーターをしており、23:55頃から聴き始めるとちょうど良い感じである。今日もこの番組を聴きながら、眠りにつく・・・。


テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2005/11/08(火) 00:42:23|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MOVADO「The Museum Watch」(BlogPet)

きょう総督代理がここに公爵が時計は紹介しなかった?
しかし総督代理は公爵で購入しなかったよ。
またここに保有するはずだったの。

我が公爵家が保有する時計を紹介します。
いつかまた活躍させてやりたいものです。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「総督代理」が書きました。

  1. 2005/11/07(月) 12:42:55|
  2. BlogPet投稿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇族から女性天皇に疑問の声

髭の殿下」として知られる寛仁親王殿下(注:三笠宮である崇仁親王殿下の長男。まだ父親の三笠宮が存命中なので、三笠宮殿下とお呼びしてはならない)は、有識者会議における女性天皇容認に疑問をもたれているようです。

Yahoo!ニュース 11月3日(木)3時5分
三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051103-00000001-yom-soci&kz=soci
 三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのか」と、疑問を投げかけられていることがわかった。

 皇籍を離脱した元皇族の復帰や、元皇族を女性皇族の養子として皇位継承権を与えるなどの方法により、男系継承を守るべきだとの考えを示されている。小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は女性・女系天皇の容認を打ち出し、最終報告書の取りまとめに入ったが、この問題について皇族が考えを明らかにしたのは初めて。

 寛仁さまの意見が掲載されているのは、福祉団体「柏朋(はくほう)会」の会報。寛仁さまは「とどのおしゃべり―近況雑感」という題でエッセーを連載しており、その最新号で「政治問題で口出し出来ないのですが、会報は市販されておらず“身内”の小冊子と理解し『プライヴェート』に語るという体裁を取ります」と断って「女帝問題」を論じられている。

 寛仁さまはまず、「万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で続いて来ているという厳然たる事実」と強調。〈1〉皇籍離脱した元皇族の皇統復帰〈2〉女性皇族(内親王)に元皇族(男系)から養子を取れるようにし、その方に皇位継承権を与える〈3〉廃絶になった秩父宮や高松宮の祭祀(さいし)を元皇族に継承してもらい、宮家を再興する――などの方法を挙げられている。

 その上で、「陛下や皇太子様は、御自分達の家系の事ですから御自身で、発言される事はお出来になりません」とし、「国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一員として、二六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言をして戴(いただ)かなければ、いつの日か、『天皇』はいらないという議論に迄(まで)発展するでしょう」と結ばれている。

 天皇や皇族は憲法上、政治的な権能を有しておらず、有識者会議はその意見聴取をしていない。
ようやく当事者である皇族の意見が出てきました。あとは天皇陛下がどう思われているか知りたいですね。そもそも「皇室典範に関する有識者会議」は首相の私的諮問機関であって、何も法的拘束力はないんですよね。皇室のことは皇室が決めるのが一番だと思います。

首相官邸ホームページ 皇室典範に関する有識者会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/


  1. 2005/11/05(土) 20:34:02|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:17

MOVADO「The Museum Watch」

我が公爵家が保有する時計を紹介します。
これはMOVADO(モバード)のThe Museum Watch(ミュージアム・ウォッチ)です。

MOVADO(モバード)MOVADO(モバード)MOVADO(モバード)MOVADO(モバード)
MOVADO(スイス)
The Museum Watch(自動巻き)
平成17年(2005)11月3日購入

この時計は最近購入したばかりの時計です。黒文字盤の12時位置に金色のドットがあるだけのシンプルなデザインです。5分毎のインデックスや秒針がないので、正確な時間は分かりません。しかし、なかなか落ち着いた雰囲気で、趣があります。普通の時計は、時の流れを感じる「」の時計とするならば、この時計は「」の時計と言った感じです。なお、この時計のオリジナルモデルは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵されているそうです。

この時計はこれから、私の春・秋・冬のメイン時計として活躍することでしょう。

<公爵の独り言>
これで我が公爵家が保有する時計は全て紹介しました。
暫くは新規購入はしないでしょう。また新たに購入したら紹介します。
それにしても、黒文字盤の時計は「写り込み」するので撮影が大変です・・・。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2005/11/05(土) 05:21:20|
  2. 時計
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:6

ALBA「VIENT」

我が公爵家が保有する時計を紹介します。
これはALBA(アルバ)のVIENT(ヴィエント)です。

ALBA(アルバ)ALBA(アルバ)ALBA(アルバ)ALBA(アルバ)
ALBA(日本)
VIENT(手巻き)
平成17年(2005)2月2日購入

ALBAはSEIKOの若者向けブランドです。ですから、アルバの時計はほとんどがクォーツ式で、流行のデザインの物が多いのですが、意外にもこのような手巻き式の、クラシカルなモデルも存在します。価格もお手頃だったので購入しました。ケースはヘアライン仕上げ(艶消し)で、ベゼルはポリッシュ仕上げ(艶有り)。なかなか凝っています。ゼンマイの巻き心地も良く、軽く巻き上がります。精度もまずまず。さすがはSEIKOです。

この時計は現在も、私の春・秋・冬のメイン時計として活躍しております。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2005/11/05(土) 05:02:28|
  2. 時計
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。