西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

良いお年を!

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国(サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)を統べる公爵でございます。

今年1年、本当にお世話になりました。
たくさんのご訪問、コメント、トラックバック、ありがとうございます。

来年もまた、皆様にとって良い年であることを祈っております。

では、また来年お会いしましょう!
ごきげんよう!

2005年12月31日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -
スポンサーサイト
  1. 2005/12/31(土) 18:56:54|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

在中国領事館職員自殺

在上海日本総領事館に勤務していた電信官が2004年5月に「国を売ることはできない」と遺書を遺して自殺した。自殺の原因は、中国公安職員を名乗る中国人男性から、電信官の知人の中国人女性が犯罪行為をしており、電信官も共犯として処罰すると脅迫され、外交機密関連情報などの提供を強要されたためと言われている。

この電信官は情報提供をすることに良心の呵責を感じて自殺したが、これは氷山の一角であると思われる。中国の工作員によって罪を着せられ、それをネタに脅迫され、情報提供をする日本人はかなり多いと思われる。

中国を訪問する政治家、官僚、マスコミ、ビジネスマンは中国が危険な国であることを理解して、十分に注意すべきであろう。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/29(木) 22:54:24|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:12
  4. | コメント:7

日本の褒章

日本の褒章について簡単に纏めてみました。
詳しくは以下のサイトにてご確認下さい。

日本の勲章・褒章(賞勲局)
http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/index.html

・紅綬褒章
 読み方:こうじゅほうしょう
 英語名:Medal with Red Ribbon

 <授与対象>
 自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した方

・緑綬褒章
 読み方:りょくじゅほうしょう
 英語名:Medal with Green Ribbon

 <授与対象>
 自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著なる方

・黄綬褒章
 読み方:おうじゅほうしょう
 英語名:Medal with Yellow Ribbon

 <授与対象>
 業務に精励し衆民の模範である方

・紫綬褒章
 読み方:しじゅほうしょう
 英語名:Medal with Purple Ribbon

 <授与対象>
 学術、芸術上の発明、改良、創作に関して事績の著しい方

・藍綬褒章
 読み方:らんじゅほうしょう
 英語名:Medal with Blue Ribbon

 <授与対象>
 公衆の利益を興した方又は公同の事務に尽力した方

・紺綬褒章
 読み方:こんじゅほうしょう
 英語名:Medal with Dark Blue Ribbon

 <授与対象>
 公益のため私財を寄附した方等

・飾版
 読み方:しょくはん
 英語名:Silver Bar/Gold Bar

 <授与対象>
 既に褒章を授与された方に更に同種の褒章を授与すべき場合に授与される
 (同種の褒章を2度目に授与された時には銀、3度目に授与された時には金)

  1. 2005/12/28(水) 12:10:07|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の勲章

日本の勲章について簡単に纏めてみました。
詳しくは以下のサイトにてご確認下さい。

日本の勲章・褒章(賞勲局)
http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/index.html

●大勲位菊花章
 読み方:だいくんいきっかしょう
 英語名:Supreme Order of the Chrysanthemum

 <授与対象>
 旭日大綬章又は瑞宝大綬章を授与されるべき功労より優れた功労のある方

 <種類>
 ・大勲位菊花章頸飾
  読み方:だいくんいきっかしょうけいしょく
  英語名:Collar of the Supreme Order of the Chrysanthemum

 ・大勲位菊花大綬章
  読み方:だいくんいきっかだいじゅしょう
  英語名:Grand Cordon of the Supreme Order of the Chrysanthemum

●桐花大綬章
 読み方:とうかだいじゅしょう
 英語名:Grand Cordon of the Order of the Paulownia Flowers

 <授与対象>
 旭日大綬章又は瑞宝大綬章を授与されるべき功労より優れた功労のある方

●旭日章
 読み方:きょくじつしょう
 英語名:Order of the Rising Sun

 <授与対象>
 功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた方

 <種類>
 ・旭日大綬章
  読み方:きょくじつだいじゅしょう
  英語名:Grand Cordon of the Order of the Rising Sun

 ・旭日重光章
  読み方:きょくじつじゅうこうしょう
  英語名:The Order of the Rising Sun, Gold and Silver Star

 ・旭日中綬章
  読み方:きょくじつちゅうじゅしょう
  英語名:The Order of the Rising Sun, Gold Rays with Neck Ribbon

 ・旭日小綬章
  読み方:きょくじつしょうじゅしょう
  英語名:The Order of the Rising Sun, Gold Rays with Rosette

 ・旭日双光章
  読み方:きょくじつそうこうしょう
  英語名:The Order of the Rising Sun, Gold and Silver Rays

 ・旭日単光章
  読み方:きょくじつたんこうしょう
  英語名:The Order of the Rising Sun, Silver Rays

●瑞宝章
 読み方:ずいほうしょう
 英語名:Order of the Sacred Treasure

 <授与対象>
 公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方

 <種類>
 ・瑞宝大綬章
  読み方:ずいほうだいじゅしょう
  英語名:Grand Cordon of the Order of the Sacred Treasure

 ・瑞宝重光章
  読み方:ずいほうじゅうこうしょう
  英語名:The Order of the Sacred Treasure, Gold and Silver Star

 ・瑞宝中綬章
  読み方:ずいほうちゅうじゅしょう
  英語名:The Order of the Sacred Treasure, Gold Rays with Neck Ribbon

 ・瑞宝小綬章
  読み方:ずいほうしょうじゅしょう
  英語名:The Order of the Sacred Treasure, Gold Rays with Rosette

 ・瑞宝双光章
  読み方:ずいほうそうこうしょう
  英語名:The Order of the Sacred Treasure, Gold and Silver Rays

 ・瑞宝単光章
  読み方:ずいほうたんこうしょう
  英語名:The Order of the Sacred Treasure, Silver Rays

●宝冠章
 読み方:ほうかんしょう
 英語名:Order of the Precious Crown

 <授与対象>
 現在は外国人に対する儀礼叙勲等特別な場合に限り運用されています

 <種類>
 ・宝冠大綬章
  読み方:ほうかんだいじゅしょう
  英語名:Grand Cordon of the Order of the Precious Crown

 ・宝冠牡丹章
  読み方:ほうかんぼたんしょう
  英語名:The Order of the Precious Crown, Peony

 ・宝冠白蝶章
  読み方:ほうかんしろちょうしょう
  英語名:The Order of the Precious Crown, Butterfly

 ・宝冠藤花章
  読み方:ほうかんとうかしょう
  英語名:The Order of the Precious Crown, Wistaria

 ・宝冠杏葉章
  読み方:ほうかんきょうようしょう
  英語名:The Order of the Precious Crown, Apricot

 ・宝冠波光章
  読み方:ほうかんはこうしょう
  英語名:The Order of the Precious Crown, Ripple

●文化勲章
 読み方:ぶんかくんしょう
 英語名:Order of Culture

 <授与対象>
 文化の発達に関し特に顕著な功績のある方

  1. 2005/12/28(水) 12:09:12|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

英国皇太子改名希望?

イギリスのチャールズ皇太子(The Prince of Wales)は、将来、国王に即位する際に、名前を「チャールズ」ではなく「ジョージ」に変更することを希望しているそうです。

Yahoo!ニュース - 共同通信 -  12月24日16時36分
即位後「ジョージ国王」に 英皇太子、改名を希望
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051224-00000088-kyodo-int
24日付の英紙タイムズは、チャールズ皇太子が国王即位に際し、名前を「ジョージ」に変更することを希望していると伝えた。

「チャールズ1世」(1600-49年)が斬首(ざんしゅ)されるなど王室の歴史でチャールズを名乗った君主が不運な生涯を送った例が多く、皇太子はそうした過去への連想を嫌がっているという。

「ジョージ」は国民から最も親しまれた国王の1人とされる祖父の「ジョージ6世」(1895-1952年)に敬意を表したもので、皇太子は、それを引き継ぐ「ジョージ7世」がお気に入りとしている。

過去にも英国君主が改名した例はある。即位後に開く枢密院で、新国王がどう名乗るか決めることになるが、決定に議会や首相の同意は必要ないという。
チャールズ皇太子のフルネームは、チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ(Charles Philip Arthur George)。私は、国王としての名前を必ずしも自分の本名に由来させる必要もないのではないかと思いますけど、これだけ名前があるのですからあえてチャールズにする必要も無いと思います。でも君主には

チャールズという国王は不運

というジンクスを打破する強さも必要ではないかと思ったりもします。でも失敗すると王室の存続に関わりますからね。「君子危うきに近寄らず」でしょうか?なお、チャールズ皇太子の現在の公式称号は以下の通りです。
His Royal Highness Prince Charles Philip Arthur George, Prince of Wales, KG, KT, GCB, OM, AK, QSO, PC, ADC, Earl of Chester, Duke of Cornwall, Duke of Rothesay, Earl of Carrick, Baron of Renfrew, Lord of the Isles and Prince and Great Steward of Scotland.

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2005/12/26(月) 09:54:57|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

アンヌ・ドートリッシュ

フランス国王ルイ十三世の王妃アンヌ・ドートリッシュ。アレクサンドル・デュマの「三銃士」にも登場する有名なフランス王妃です。ところで、この「アンヌ・ドートリッシュ」という名前、どういう意味かご存知ですか?

アンヌ・ドートリッシュ → Anne d'Autriche(フランス語)
Autriche(フランス語) → オーストリア

と言う訳で、

アンヌ・ドートリッシュ → オーストリアのアンヌ

という意味なのです。なお、アンヌ王妃はスペイン・ハプスブルク家の出身ですが、ルイ十三世がスペイン嫌いだったので、ハプスブルク家の本家オーストリア・ハプスブルク家にちなんで「ドートリッシュ」と呼んだそうです。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2005/12/24(土) 22:18:29|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サリカ法

王位継承に関する法典として引き合いに出されるサリカ法。サリカ法(サリカ法典、Lex Salica)とは、フランク王国を作ったフランク人サリー支族の部族法典です。本来は刑罰、訴訟、相続に関する法典ですが、相続に関する条項が後のヨーロッパの王位継承に大きな影響を及ぼしています。

サリカ法の主な特徴は「女子による王位継承の禁止」。

元々の趣旨は、軍役を勤められる男子にのみ土地の相続を許すというもの。それが後に、土地(領土)に付随する称号(王位、爵位)も男子のみ相続するものと拡大解釈され、その結果、女子による王位継承の禁止ということになったようです。また、王位継承者に男子がいない場合は、女系(女子の配偶者またはその子供)による王位継承も認められていたようですが、後にサリカ法を受け継いだ中部ヨーロッパの君主国(ドイツ、フランスなど)においては、王位継承について他家からの干渉を防ぐため女系による王位継承も否定し、王位継承は男系男子に限るとしたそうです。よって、王位継承についてサリカ法を採用している君主国においては、女帝や女王は誕生しません。

ただ、現実問題として男系男子の王位継承者がいなくなってしまった場合は、サリカ法を放棄して、女子や女系による王位継承をすることもあるそうです。有名な事例として、ハプスブルク家のマリア・テレジアが、オーストリア大公、ベーメン王、ハンガリー王などの称号を継承したことがあります。これはハプスブルク家の神聖ローマ皇帝カール6世に男系男子の継承者がいなかったので、娘のマリア・テレジアにハプスブルク家の広大な領土を相続させようと女子による相続を認める勅書を出し、周辺国に認めさせたためです。ただし、神聖ローマ皇帝位は女性は継承できないので、マリア・テレジアの夫であるロートリンゲン公がフランツ一世として神聖ローマ皇帝位に就いています。しかしその後、この王位継承に不満を持つ周辺国によってオーストリア継承戦争が勃発しています。

なお、日本の皇位継承についてもサリカ法の影響が見られます。江戸時代までは女性天皇(女系天皇ではなく)も存在したことがありましたが、明治時代以降は明確に男系男子とされています。これは明治時代、憲法をはじめとする法制度を整備する上で、明治政府がサリカ法を採用しているプロイセン王国の制度を参考にしたためであると言われております。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/24(土) 21:04:41|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Merry Christmas!

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国(サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)を統べる公爵でございます。

2005年のクリスマスを祝し、皆様へメッセージをお伝え致します。

西ブログブルク公国」の前身である「サウスアイランド公国ブログ自治領」を開設したのが昨年9月。それ以降、ブログを通じて皆様と交流させて頂き、1年3ヶ月が経過致しました。現在、我が連合公国は5つのブログを擁するまでになりましたが、これもこのブログをご覧下さる素敵な皆様のおかげでございます。この場を使って御礼を申し上げます。ありがとうございます。

皆様にたくさんの幸せが訪れることを祈っております。

Merry Christmas!

2005年12月24日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

テーマ:★★★クリスマス~!!★★★ - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/24(土) 08:42:32|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

天皇誕生日

天皇陛下は本日、72歳の誕生日を迎えられました。
お慶び申し上げます。

宮内庁ホームページ
 天皇皇后両陛下のご略歴
 http://www.kunaicho.go.jp/02/d02-01.html

宮内庁ホームページ
 天皇陛下のお誕生日に際しての文書回答とこの1年のご動静
 http://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h17.html

宮内庁ホームページ
 天皇誕生日一般参賀について
 http://www.kunaicho.go.jp/17/d17-01.html

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/23(金) 07:40:22|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワインの飲み方

今回も身近なところから帝王学を考えてみました。公爵流帝王学その2。
ワインは静かに飲む。
ワインを飲む時に、まるでソムリエのように音を立て、空気を含ませてテイスティングしたり、グラスを回す人がいます。

ソムリエはワインのプロフェッショナルとして、客に適切なワインをサービスするために様々な方法でテイスティングします。

しかし我々はソムリエではありませんし、サービスを受ける立場です。サービスするソムリエの真似をする必要はないのです。泰然とワインを楽しめば良いのです。

ワインは静かに味わい、食事や会話を楽しむようにしたいものです。

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/21(水) 22:25:44|
  2. 帝王学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画鑑賞「日本海大海戦」

2005年12月21日付 ブログブルクタイムズ紙
本日12月21日水曜日、公爵殿下は東京浅草にある映画館にて映画をご鑑賞になりました。ご鑑賞になった映画は「日本海大海戦」。公爵殿下は以前も同映画をご鑑賞になっており、かなりお気に召していると思われます。マナーの悪い観客に囲まれながらも、最後までご鑑賞になりました。
と言う訳で、本日は「日本海大海戦」を鑑賞してきました。

日本海大海戦

<主なスタッフ>
 製作:田中 友幸
 監督:丸山 誠治
 特技監督:円谷 英二

<主なキャスト>
 三船 敏郎
 加山 雄三
 仲代 達矢
 黒沢 年男
 松本 幸四郎

この映画、以前も同じ映画館で鑑賞しました。結構好きな映画です。特撮を使った海戦モノで、最近の戦争映画のように変に反戦メッセージが入っていない、程よくエンターテイメントとして楽しめる映画です。それでいて、明治の元勲たちの苦悩も読み取ることができます。

また、日本海海戦前、沖縄県宮古島の漁師がバルチック艦隊を発見したものの宮古島に無線がないため、無線のある石垣島へ必死に船をこいで行くシーンがあったり、日本海海戦後、島根県の漁師が浜に流れ着いたロシア兵の死体を葬るシーンがあったりと、結構庶民の頑張りも描いている所が好感持てます。

この映画で不満があるとすれば、海軍の名参謀秋山真之と陸軍の名参謀児玉源太郎が登場しないことくらいですね。あとは概ね満足です。かなりお勧めの映画です。でも、カップルで観るには適していないかも知れません(笑)。

<公爵の独り言>
それにしても、浅草の映画館は酷い。スクリーンは大きくて良いのですが、観客のマナーが最悪。ゴミは散らかす。煙草は吸う。床に痰を吐く。咳や呻き声が聞こえる。携帯電話の呼び出し音が鳴る。困った物です。

テーマ:戦争 - ジャンル:映画

  1. 2005/12/21(水) 20:42:40|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画鑑賞「ALWAYS 三丁目の夕日」

2005年12月21日付 ブログブルクタイムズ紙
去る12月17日土曜日、公爵殿下は東京上野にある映画館にて映画を鑑賞されました。同日公開となった「男たちの大和/YAMATO」をご鑑賞された後は別の映画館に移動され、「ALWAYS 三丁目の夕日」をご鑑賞になりました。
と言う訳で、12月17日は「男たちの大和/YAMATO」を観た後、「ALWAYS 三丁目の夕日」も観てきました。

ALWAYS 三丁目の夕日
http://www.always3.jp/

<主なスタッフ>
 原作:西岸 良平
 監督:山崎 貴
 主題歌:D-51

<主なキャスト>
 堤 真一
 吉岡 秀隆
 小雪
 薬師丸 ひろ子
 掘北 真希
 もたい まさこ
 三浦 友和

この映画の原作は、西岸良平の「三丁目の夕日」という漫画。昭和30年代の庶民の生活を描いた心温まる漫画です。コンビニの漫画コーナーでも販売されています。映画に登場する人物など、多少原作と変えられている所はありますが、なかなか楽しめました。家族の愛情の大切さを感じさせる映画だと思います。

ところで、今回も例によって一人で映画館に足を運んだのですが(悲)、この映画を観て、そろそろいい人を見つけて、家族を持ちたいなぁと言う思いが強くなりました。家に帰っても独り・・・。そんな生活に寂しさを感じる今日この頃です。

<公爵の独り言>
それにしても、映画の中で「ヒロミ」を演じている「小雪」は素敵ですね。
昔好きだった人に似ていて、ちょっと懐かしく思いました。
あの時、結婚しておけば良かった・・・orz。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2005/12/21(水) 10:10:27|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

万能ネギ収穫

我が公爵家御料農場にも冬が訪れましたが、万能ネギの成長は止まりません。スーパーで買ってきた万能ネギの根本をプランターに植えただけですが、非常に丈夫で成長が早く、既に2、3回は収穫しております。

最近、また万能ネギが伸びてきたので収穫しました。伸びすぎると途中で葉が折れてしまうので、15~20cm位になったら収穫しています。収穫した万能ネギは直ぐに刻んで、タッパーに入れて冷凍します。この冷凍した万能ネギがなくなる頃には、またプランターの方で万能ネギが伸びています。

こうして万能ネギは、我が公爵家の食卓に彩りを添えています。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2005/12/20(火) 13:50:41|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンビニのトイレ

帝王学カテゴリの記念すべき最初の記事です。まずは身近な事例を挙げたいと思います。公爵流帝王学その1。
コンビニでトイレを借りたら、必ず何か買い物をする。
多くのコンビニではトイレを貸してくれます。これは大変助かります。私もドライブに行った時など、何度もお世話になっております。でもコンビニにとってトイレを貸すことは直接の売り上げに繋がりません。それどころか、電気代、水道代、トイレットペーパー代、従業員によるトイレ掃除コスト、売り上げに繋がらないスペースを維持するコストが損失になります。しかし、それでも快くトイレを貸してくれる。

コンビニ側からすると、トイレを借りた人がそのまま立ち去ることに後ろめたさを感じて、商品を購入することを期待しているのだと思いますが、実際は無料サービスに近いのではないでしょうか。コンビニ側の思惑があるにせよ実際非常に助かるので、敢えてその思惑に乗ってでも、私はその心意気に報いてやりたいと思うのです。

良いサービスを継続して提供するための原資として欲しい。そんな思いで、コンビニのトイレを借りたら必ず買い物をするようにしております。

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

  1. 2005/12/20(火) 13:19:38|
  2. 帝王学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

帝王学

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国(サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)を統べる公爵でございます。

この度、新しく「帝王学」カテゴリを作りましたのでお知らせします。

このカテゴリは、公爵を僭称する私が勝手に考えた帝王学を書き連ねるものです。世間一般で言う帝王学とはかけ離れた「とんでも帝王学」になるかもしれませんが、適当にお楽しみ下さい。また、私が書いた帝王学の賛否に関するご意見も大歓迎です。

これからも連合公国を宜しくお願い致します。

2005年12月20日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -
  1. 2005/12/20(火) 03:42:20|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブータン国王が退位を表明

ブータン王国のジグメ・シンゲ・ワンチュク国王(50歳)は12月17日の国民向け演説で、2008年に総選挙を実施して民主化を進め、その後王位を退く方針であることを明らかにしたそうです。

ブータン王国はヒマラヤにある王国で、インドと中国に国境を接しています。宗教はチベット仏教。ブータン王国が実質の王国となったのは1907年。ウゲン・ワンチュクがラマ僧や住民に推され世襲藩王に就いたのが始まりです。ジグメ・シンゲ・ワンチュク国王はワンチュク家の4代目で、1972年に16歳で国王に即位し、今年で在位33年目です。

ブータン王国は前国王の時代に近代化政策を始めましたが、地方豪族の争いに巻き込まれ、1964年にジグメ・ドルジ首相が暗殺されました。そしてその次の首相が宮廷革命を計画したことが発覚したことから首相職は廃止され、それ以降国王による親政となっています。

現在のブータン王国の政体は君主制(王制)。ジグメ・シンゲ・ワンチュク国王はこれを立憲君主制にするために以前から民主化を推進しており、これまでも権限の一部を議会に委譲したり、成文憲法の草案を発表してきました。国民からの支持も非常に高く、退位を惜しむ声が多いそうです。

なお、ジグメ・シンゲ・ワンチュク国王退位後、ブータン王室がなくなるわけではなく、王位はジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク皇太子(25歳)が継承するそうです。

外務省Webサイト 各国・地域情勢「ブータン王国」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bhutan/data.html

ブータン王国情報サイト「タシデレ! ブータン王国」
http://www.tashidelek.com/

<公爵の独り言>
チベットのように中国共産党に侵略されないことを祈ります。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2005/12/20(火) 02:47:38|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画鑑賞「男たちの大和/YAMATO」

12月17日(土)に全国東映系映画館で公開された「男たちの大和/YAMATO」。さっそく12月17日に観て来ました。なかなかよく出来た映画だと思います。あまり詳しく書くとネタバレになるので、ちょっとだけ気になったことを書いておきます。

私が一番この映画で感心したところは、主役の一人である反町隆史(森脇庄八二等兵曹)を「主計科烹炊班員(飯炊き要員)」として描いたことです。どうしても戦争映画では、通常の戦闘を行う「兵科」に注目が集まりがちです。しかも実際、戦時中は「主計看護が兵隊ならば蝶々トンボも鳥のうち」と言われ、料理、備品管理、給与計算を担当する「主計科」と保健、衛生を担当する「看護科」は、兵科要員から馬鹿にされていたと言われています。その裏方とも言うべき主計科烹炊班員を主役として登場させたことはなかなか意義があると思います。

また、この映画の中心的人物である反町隆史(森脇庄八二等兵曹)、中村獅堂(内田守二等兵曹)、山田純太(唐木正雄二等兵曹)らは全員「下士官」であることも見逃せません。日本の軍隊はこの下士官が優秀であったため、精強であったと言われております。この映画では、下士官が現場のリーダーシップを取って、時には厳しく、時には思いやりを持って部下の育成をしている姿が描けていたのではないかと思います。

なかなかいい映画だと思います。皆さんも是非、映画館でご覧になって下さい。

テーマ:男たちの大和 - ジャンル:映画

  1. 2005/12/18(日) 10:49:28|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

JUVENIAの時計(11)

最近新たにオークションで購入したJUVENIA(ジュベニア)の時計。

JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)

例によって、ケース直付けメッシュブレス仕様ですが、今回は、白い文字板、ローマ数字インデックス、リーフ針のモデルです。今までこのタイプは持っていなかったので、コレクション用に購入しました。

なかなか綺麗な時計ではありますが、気になるところが少しあります。

1.文字板が少し汚れている。
2.プラスチック風防に擦り傷が少しある。
3.プラスチック風防がちゃんと固定されておらず、くるくる回る。
4.普通の駆動音は「チキチキ」と鳴るが、「キンキン」と高い音がする。

かなり古い時計なので仕方ないのかも知れません。
ちょっと普段遣い用には出来そうにありません。

それにしても、JUVENIAはエレガントでいいですね。たまりません!

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2005/12/17(土) 14:17:01|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偽装問題

最近、マンションやホテルの耐震強度偽装問題に関する証人喚問が国会で開かれ、テレビでも生中継で放送されている。

しかし、質問に立つ国会議員はどうでも良いことばかり質問して、国民が今一番知りたがっている肝心なことを質問していない! 質問する側にも、何か後ろ暗いところがあるのではないかと勘ぐってしまいたくなる状態である。我々国民が今一番知りたいことはただ一つ!

姉歯元建築士の頭髪はカツラかどうか?(笑)

耐震強度を偽装した姉歯元建築士。頭髪も偽装している可能性がある(笑)。証人喚問で是非解明して欲しいと思う(笑)。

<公爵の独り言>
どうしてもあの頭髪は気になります(笑)。
しかし斯く言う私も、昔と比べて額が広くなりましたorz。

テーマ:姉歯建築設計事務所 - ジャンル:ニュース

  1. 2005/12/16(金) 05:23:16|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:9

「語られなかった皇族たちの真実」発売

先日、旧皇族竹田宮家の末裔である竹田恒泰氏が本を出版しました。
語られなかった皇族たちの真実

著者:竹田恒泰
出版:小学館
価格:1,365円
発売日:平成17年12月12日
既に店頭にも並んでいると思いますが、一応、ここでも紹介させて頂きます。


女性天皇、女系天皇、女系皇族を認めるか否かという議論がされておりますが、一度この本を読んで、なぜ宮家というシステムが存在したのかを考えてみる必要があると思います。

なお、著者である竹田恒泰氏の祖父は「スポーツの宮様」として知られた竹田宮恒徳王。父は竹田宮恒徳王の三男でJOC(日本オリンピック委員会)会長の竹田恒和氏です。

<参考サイト>
竹の間―竹田恒泰のホームページ
http://www.takenoma.com/

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/16(金) 03:45:46|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

男たちの大和/YAMATO

今年、平成17年(2005年)は、太平洋戦争終戦から60周年の年です。その節目の年に、東映が大日本帝国海軍の巨大戦艦「大和」を舞台にした映画を製作しました。

男たちの大和/YAMATO
http://www.yamato-movie.jp/

<主なスタッフ>
 原作:辺見 じゅん
 監督:佐藤 純彌
 音楽:久石 譲
 主題歌:長渕 剛

<主なキャスト>
 反町 隆史
 中村 獅堂
 仲代 達矢
 鈴木 京香
 渡 哲也
 長嶋 一茂

男たちの大和/YAMATO」は明日、12月17日(土)から全国の東映系映画館で公開です。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/12/16(金) 01:04:00|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

外交団鴨場接待

毎年冬になると行われる外交行事に「外交団鴨場接待」と言うものがあります。これは、皇族方が駐日外国大使を宮内庁の鴨場(千葉県市川市の新浜鴨場、埼玉県越谷市の埼玉鴨場)で接待する行事です。

今年の外交団鴨場接待は12月13日に新浜鴨場で行われ、8ヶ国の駐日外国大使が招かれ、秋篠宮同妃両殿下が接待役を務められました。

この外交団鴨場接待、具体的に何をするかというと、鴨猟と会食です。まず、鴨猟についてですが、鴨を傷付けない、日本の伝統的技法で鴨を捕獲します。冬になるとシベリアから鴨が鴨場の池に渡ってきます。鴨場の池には餌付けしたアヒルが放してあります。その鴨とアヒルを一緒に池から水路におびき寄せ、飛び立ってくるところを大きな網で捕獲するのです。なお、捕獲した野生の鴨は鳥類保護のため、足に識別用の金属環を付けて再び放鳥されるそうです。ですから、その後の会食で供される料理は、鴨場で飼育した合鴨料理となります。

外交団鴨場接待は、世界中を代表する方々に日本の美しい自然、伝統、文化、歴史、そしてホスピタリティーを感じていただくのに絶好の機会となっているそうです。

<公爵の独り言>
てっきり捕獲した鴨を料理して接待するものと思っていました。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/14(水) 09:11:16|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

連合公国年代記(1)

我が連合公国の歴史年表です。

・2002年05月12日
 「公爵の応接室」を創設。

・2002年12月17日
 「公爵の応接室」を「The Dukedom of Ocean」に変更。

・2003年04月16日
 「The Dukedom of Ocean」を「Dukedom of Araba」に変更。

・2004年01月11日
 「Dukedom of Araba」を「アラバ公爵領」に変更。

・2004年04月05日
 「アラバ公爵領」を「サウスアイランド総督府」に変更。

・2004年08月24日
 「サウスアイランド総督府」を「サウスアイランド公国」に変更。

・2004年9月1日
 「サウスアイランド公国ブログ自治領」を創設。

・2005年4月12日
 「The County of Mangrove」を創設。

・2004年8月4日
 「アラバ辺境伯領」を創設。

・2005年9月23日
 「サウスアイランド公国ブログ自治領」を「ブログブルク公国」に変更。

・2005年9月23日
 「アラバ辺境伯領」を「アラバ公国」に変更。

・2005年9月23日
 「The County of Mangrove」を「The Duchy of Mangrove」に変更。

・2005年9月26日
 同君連合「連合公国」を構成。

・2005年9月30日
 「ネイヴァルランド公国」を創設。

・2005年11月8日
 「【連合公国】画像掲示板」を創設。

・2005年11月17日
 「ブログブルク公国」を「東ブログブルク公国」に変更。

・2005年11月17日
 「西ブログブルク公国」を創設。

・2005年12月7日
 「ヌカヅケ公国」を創設。

・2005年12月10日
 「ヌカヅケ公国」を廃止。
  1. 2005/12/14(水) 01:52:03|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連合公国アクセス状況(2)

連合公国を構成する全サイトのアクセス状況です。

<連合公国を構成するサイト>
・サウスアイランド公国
・東ブログブルク公国
・西ブログブルク公国
・The Duchy of Mangrove
・アラバ公国
・ネイヴァルランド公国
・【連合公国】画像掲示板

主なリモートホストのトップレベルドメインは以下の通りです。
(今回新たに確認されたドメインにはアンダーラインを引いています。)

at:オーストリア
au:オーストラリア
be:ベルギー
br:ブラジル
ca:カナダ
ch:スイス
cz:チェコ共和国
de:ドイツ
dk:デンマーク
do:ドミニカ共和国
ee:エストニア
es:スペイン
fi:フィンランド
fr:フランス
gr:ギリシャ
hk:香港
hr:クロアチア
hu:ハンガリー
ie:アイルランド
il:イスラエル
it:イタリア
jp:日本
kr:韓国
mx:メキシコ
my:マレーシア
nl:オランダ
no:ノルウェー
np:ネパール
nz:ニュージーランド
pl:ポーランド
ro:ルーマニア
ru:ロシア
se:スウェーデン
sg:シンガポール
th:タイ
tr:トルコ
tv:ツバル
tw:台湾
uk:イギリス
us:アメリカ
uy:ウルグアイ

biz:gTLD(ビジネス)
com:gTLD(営利組織)
edu:gTLD(アメリカ教育機関)
mil:gTLD(アメリカ軍事機関)
net:gTLD(ネットワーク組織)
org:gTLD(非営利組織)

<公爵の独り言>
次はどこの国からアクセスされるのか楽しみです。
  1. 2005/12/14(水) 00:41:46|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

メッキ

金属または非金属の表面に、金属の薄い皮膜をかぶせる技術をメッキ(鍍金)と呼びます。一般的には卑金属(主にステンレスや銅)に貴金属(主に金や銀)の皮膜を被せることを指します。

しかし実際は、貴金属にもメッキ処理がされています。酸化・腐食しにくく光沢も美しい貴金属がメッキされていることに驚くかもしれませんが、結構ポピュラーです。貴金属へのメッキには、主にロジウムというプラチナと同じくらい高価な貴金属が使われます。ロジウムはプラチナと同じような光沢を持ち、耐食性に優れています。

例えば、銀製品は空気中に放置すると酸化・硫化して黒ずんでくるので、ロジウムメッキを施して表面が空気に触れないようにしていることがあります。また、ホワイトゴールド(WG)製品は、いくら「ホワイトゴールド」と言っても元は「」なので、本来は多少黄色味のある色をしております。そこでロジウムメッキを施して、プラチナと同じような白銀の輝きを出すようにしております。またプラチナ製品もロジウムメッキを施していることが多いそうです。

ですから、現在のジュエリーはちょっと見た目だけではなのかホワイトゴールドなのかプラチナなのか、はたまたステンレスなのかアルミニウムなのか、判別することが難しい状態と言えます。今愛でているその輝きは、銀でもホワイトゴールドでもプラチナでもなく、ロジウムの輝きなのかもしれません。

人間もまた同じく、表面だけを見ては本質はわかりません。とは言え、その本質にはかなりの個人差がありますので、どれが良いとかは一概には言えません。金属も人間もそれぞれ個性があり、良さがあります。表面にとらわれず、本質の良さを味わいたいものです。

<公爵の独り言>
そんなにロジウムの輝きに人気があるのなら、初めからロジウム製のジュエリーを作ったらいいのにと思うのは私だけでしょうか?製造コストの問題ですかね?(2005年5月は1グラム約5,700円!)

テーマ:ジュエリー - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2005/12/11(日) 04:25:17|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

企業のノブレス・オブリージュ

先日、このブログの以下の記事

鉄鋼王カーネギー
http://westblogburg.blog37.fc2.com/blog-entry-681.html

において、日本の金持ちは社会貢献が足りない、ノブレス・オブリージュが出来ていないという意見を書いた。しかし、日本は個人に対する税制上の制約が厳しいため、個人ではなく企業の資産を使って社会貢献をしているケースが多い。そこで今日は日本の資産家・企業の名誉挽回のために、個人または企業が母体となって設立し、社会貢献を行っている主な財団を紹介したいと思う。

なお、本記事で紹介する財団は、Googleで「財団」を検索した結果、上位50ページに含まれる主な財団をピックアップしたものである。掲載順は順不同、「財団法人」は省略してある。

<個人が設立した財団>
・稲盛財団(京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が設立)
 http://www.inamori-f.or.jp/

・セゾン文化財団(元セゾングループ代表の堤清二氏が設立)
 http://www.saison.or.jp/

・藤原科学財団(元王子製紙社長の藤原銀次郎氏が設立)
 http://www.fujizai.or.jp/

・岩國育英財団(元セブン-イレブン・ジャパン顧問の岩國修一氏が設立)
 http://www.iwakuni.or.jp/index.html

・武田計測先端知財団(アドバンテスト創業者の武田郁夫氏が設立)
 http://www.takeda-foundation.jp/

・渋沢栄一記念財団(渋沢栄一とその一族、門下生が設立)
 http://www.shibusawa.or.jp/

<企業が設立した財団>
・トヨタ財団(トヨタ自動車が母体)
 http://www.toyotafound.or.jp/

・日本財団(日本船舶振興会(競艇)が母体)
 http://www.nippon-foundation.or.jp/

・東京財団(日本財団が母体)
 http://www.tkfd.or.jp/index.shtml

・笹川日仏財団(日本財団が母体)
 http://www.spf.org/ffjs/

・日本生命財団(日本生命が母体)
 http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/

・住友財団(住友系企業20社が母体)
 http://www.sumitomo.or.jp/

・三菱財団(三菱系企業44社が母体)
 http://www.dias.ne.jp/m_zaidan/

・旭硝子財団(旭硝子が母体)
 http://www.af-info.or.jp/index/index_j2.html

・ヤマト福祉財団(ヤマト運輸が母体)
 http://www.yamato-fukushi.jp/

・松下教育研究財団(松下電器産業が母体)
 http://www.mef.or.jp/

・キリン福祉財団(キリンビールが母体)
 http://www.kirin.co.jp/active/social/foundation/

・サントリー文化財団(サントリーが母体)
 http://www.suntory.co.jp/sfnd/

・サントリー音楽財団(サントリーが母体)
 http://www.suntory.co.jp/culture/smf/

・東日本鉄道文化財団(JR東日本が母体)
 http://www.ejrcf.or.jp/

・イオン環境財団(イオンが母体)
 http://www.aeon.info/ef/

・損保ジャパン環境財団(損保ジャパンが母体)
 http://www.sjef.org/

・ソニー教育財団(ソニーが母体)
 http://www.sony-ef.or.jp/

・スズキ財団(スズキが母体)
 http://www.suzukifound.jp/

・花王芸術・科学財団(花王が母体)
 http://www.kao-foundation.or.jp/

・アフィニス文化財団(日本たばこ産業が母体)
 http://www.jti.co.jp/Culture/Affinis/Welcome.html

・ソルト・サイエンス研究財団(日本たばこ産業他20機関が母体)
 http://www.saltscience.or.jp/

・三井住友海上文化財団(三井住友海上火災保険が母体)
 http://www.ms-ins.com/cultural/

・とうきゅう環境浄化財団(東急電鉄が母体)
 http://home.q07.itscom.net/tokyuenv/

・野村国際文化財団(野村ホールディングスが母体)
 http://www.nomuraholdings.com/jp/bunka-zaidan/

・武田科学振興財団(武田薬品工業が母体)
 http://www.takeda-sci.or.jp/

・たましん地域文化財団(多摩信用金庫が母体)
 http://www.tamashin.or.jp/

・伊藤忠記念財団(伊藤忠商事が母体)
 http://www.itc-zaidan.or.jp/index.shtml

・船井情報科学振興財団(船井電機が母体)
 http://www.funai.or.jp/

・りそな中小企業振興財団(りそなホールディングスが母体)
 http://www.resona-fdn.or.jp/

・東芝国際交流財団(東芝が母体)
 http://www.toshiba.co.jp/about/tifo/index_j.htm

こうしてみると、日本の資産家・企業もなかなか社会貢献していることがわかります。こういう財団を通して社会貢献する企業は応援したくなりますね。我々が生活する社会をより良くするために、これからも頑張って頂きたいと思います。

頑張れ、日本企業!

テーマ:経団連 - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/10(土) 19:54:45|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヌカヅケ公国廃止

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国(サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)を統べる公爵でございます。

先日、ヌカヅケ公国を創設して連合公国に加えましたが、支配領域が増えすぎて統治が困難となりましたので、ヌカヅケ公国は廃止することとしました。

よって、糠漬けの話題については従来通り、東西ブログブルク公国において扱うことと致します。

これからも連合公国を宜しくお願い致します。

2005年12月10日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

テーマ:漬け物 - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/10(土) 02:53:13|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

皇太子妃雅子殿下誕生日

本日12月9日、皇太子妃雅子殿下は42歳の誕生日を迎えられました。
最近は体調も回復しつつあるとのことです。
早く健康を取り戻して、皇太子殿下とともにご公務に就けるようになることを祈っております。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/09(金) 12:47:00|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

鉄鋼王カーネギー

19世紀のアメリカにある大富豪がおりました。その名はアンドリュー・カーネギー。アメリカの鉄鋼生産の約25%を支配し、「鉄鋼王」と呼ばれた人物です。

彼は初めから大富豪だったわけではありません。カーネギーは1835年にスコットランドで生まれ、1848年にアメリカに渡ってきた貧しい移民の子だったのです。しかし非常に利発で計算高い性格で、将来を見通す目を持っており、鉄鋼王と呼ばれる大富豪にまで上り詰めたのです。

まぁ、ここまではよくあるサクセス・ストーリーですが、カーネギーのストーリーにはまだ続きがあります。カーネギーは大富豪となるまで、お金を稼ぐことのみに専心し、金の亡者になっておりました。しかしカーネギーはこれではいけないと考えを改め、1億ドルの資金を投じてカーネギー財団を設立しました。カーネギー財団は様々な分野に莫大な援助をしており、有名なものでは、

・カーネギーホール
・カーネギー・メロン大学


を設立し、その他世界2811ヶ所に図書館を設立しております。このカーネギー財団による公共投資のおかげで、カーネギーの名前は永遠に残るものとなったのです。

・・・これに比べて、日本の金持ちのなんと情けないことか。まだ自分のことで精一杯なのでしょうか。多少のお金はあっても、まだまだ精神が貧しいってことですね。早く精神まで豊かになるといいですね。

<公爵の独り言>
ライブドアの堀江貴文社長、楽天の三木谷浩史社長、そろそろ何か残しませんか?

テーマ:経済批評 - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/12/08(木) 22:21:37|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヌカヅケ公国創設

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国(サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)を統べる公爵でございます。

この度、連合公国に新しい公国が加盟しました。

ヌカヅケ公国
http://nuka.seesaa.net/

これまで、東西ブログブルク公国において糠漬けの話題を扱って参りましたが、今後はヌカヅケ公国において扱うこととなります(過去の分はこのまま残しておきます)。糠漬けに興味のある方のご訪問をお待ちしております。

これからも連合公国を宜しくお願い致します。

2005年12月7日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

テーマ:漬け物 - ジャンル:グルメ

  1. 2005/12/07(水) 03:58:56|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。