西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

UNIVERSAL GENEVE「懐中時計」

我が公爵家が保有する時計を紹介します。
これはUNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)の懐中時計です。

UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)
UNIVERSAL GENEVE(スイス)
懐中時計(手巻き)
平成18年(2006)1月28日購入

私はUNIVERSAL GENEVEの薄型時計が好きで、腕時計を2本持っております。本日、上野にあるアンティーク・ウォッチ店に行ったところ、この懐中時計を発見しました。UNIVERSAL GENEVEの懐中時計はあまり見たことがないので、ショーケースから出して貰ったところ、腕時計同様、非常にスリムでした。ゼンマイの巻き心地も非常にスムーズで心地よい・・・。気がついたら購入しておりました(笑)。

この懐中時計、懐中時計にしては凄く薄いです。私の持っている他の懐中時計の3分の2くらいの厚さです。「平べったい」という表現がぴったりです。昭和45年に販売された時計のようですが、状態も綺麗で、外箱、内箱、保証書、取扱説明書など全て揃っています。きっと前オーナーも大切にしていたのでしょう。私もこの懐中時計を大切に扱いたいと思います。

<公爵の独り言>
懐中時計の購入は8年ぶりです。今日はいい買い物ができました。

スポンサーサイト

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/01/28(土) 21:10:51|
  2. 時計
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

セレブ

セレブ」とは、「セレブリティ(Celebrity)」の略称で、本来は高い名声を得ている名士、著名人、有名人のことを意味します。また、美しく優雅で知的な女性を意味する用語として使われることがあります。

欧米では、大富豪、政治家、芸術家、ミュージシャン、作家、ファッションデザイナー、俳優、スポーツ選手、スーパーモデルなど、マスメディアに露出が多く、優雅な暮らしをしている経済的に裕福な著名人などを意味する言葉として多く用いられます。また、自家用ジェット機で世界を飛び回ることから「ジェット族」とも呼ばれるそうです。

しかし日本では、単なる金持ち高級ブランド品を身に付ける人など、金持ちでゴージャスでお洒落な人を意味する言葉として多く用いられています。なんだか日本における「セレブ」のスケールって小さいですね・・・。

<公爵の独り言>
私は、セレブにはある程度の財力と名声は必要だと思いますが、他人の模倣ではなく独自の価値観を持ち、そのライフスタイルに周囲が憧れ、模倣するような魅力がないと本物のセレブとは言えないと思います。

ところで、叶姉妹(叶恭子、叶美香)は「セレブ」と呼ばれていますが、一体どういう方々なのでしょう・・・?不思議です・・・。

テーマ:海外セレブ - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/01/24(火) 06:16:35|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バチカン市国スイス護衛兵創設500年

バチカン市国を守っているスイス護衛兵が創設500年を迎えました。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 1月23日10時12分
<スイス護衛兵>創設500年、ローマ法王が感謝の言葉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060123-00000020-mai-int
歴代のローマ法王を守り、「世界で最も小さな軍隊」として知られるスイス護衛兵が22日、創設500年を迎えた。法王ベネディクト16世は同日、サンピエトロ広場に勢ぞろいした兵員110人に、「500年の功労をありがとう」と感謝の言葉を贈った。創設時を再現するスイスからローマへの行進なども予定されている。
スイス護衛兵は1506年、ローマ法王ユリウス二世が「信頼できる身辺警護」を当時のスイスに求め、創設されました。1527年5月、バチカンが神聖ローマ帝国軍に侵攻された際には法王クレメンス七世を守るため147人の護衛兵が命を落としたというエピソードもあります。

現在のスイス護衛兵は、儀礼的警備や観光客の人込み整理、門番を主に行っています。青と赤と金色の縦じまの制服、鉾と槍を持つ古風な姿が特徴です。スイス護衛兵は、スイス軍役を経験した19歳~30歳、身長174センチ以上のカトリック教徒の独身男性が採用されているそうです。

ところで、スイスは現在、永世中立国であるため平和的国家と勘違いする人がいますが、軍需産業もあり、精強な軍隊を保有しております。また、かつては世界各国の王侯貴族の求めに応じて傭兵を貸し出し、外貨を稼いでいた歴史があります。そして、つい最近まで国民皆兵制度があり、各家庭に自動小銃が配備してあったと言われております。

バチカン市国は、このような精強な軍隊を持つスイスに守られています。

<公爵の独り言>
平和にはその裏付けとなる力が必要ですね。

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/24(火) 02:57:00|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐中時計の竜頭

懐中時計は、竜頭(ぜんまいを巻いたり時刻を合わせるための突起)の位置によって大きく2つに分けられます。12時位置に竜頭があるものを「レピン」、3時位置に竜頭があるものを「サヴォネ」と呼びます。

一般的に、蓋のない「オープンフェイス」タイプの懐中時計は12時位置に竜頭がある「レピン」、蓋のある「ハンターケース」タイプの懐中時計は3時位置に竜頭がある「サヴォネ」であることが多いです。

よって、「レピン」と「サヴォネ」は本来は竜頭の位置の違い意味しますが、「オープンフェイス」タイプの懐中時計のことを「レピン」、「ハンターケース」タイプの懐中時計のことを「サヴォネ」と呼ぶ人もいます。

テーマ:時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/01/23(月) 05:52:17|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇皇后両陛下シンガポールとタイを訪問予定

天皇皇后両陛下は6月にシンガポールとタイの2ヶ国を訪問される予定とのことです。

ご訪問は6月8日から約1週間の予定。今年はタイのプミポン国王の即位60年で、タイから両陛下に祝賀行事への出席招請が寄せられていたとのことです。

本訪問は、1月27日に閣議で正式決定される予定です。

<公爵の独り言>
このように、日本は「アジア」を非常に重視しています。天皇皇后両陛下のアジア諸国訪問は、日本とアジア諸国の友好に大きく貢献することでしょう。

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/22(日) 19:00:00|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

雲上ブランド時計

機械式腕時計において歴史が長く、品質、価格が飛び抜けて高いブランドのことを「雲上ブランド」と呼びます。一般的には、以下のブランドが「雲上ブランド」と呼ばれています(創業年が古い順に掲載)。

・BLANCPAIN
 読み方:ブランパン
 創業年:1735年
 創業国:スイス
 URL:http://www.blancpain.ch/

・VACHERON CONSTANTIN
 読み方:ヴァシュロン・コンスタンタン、バセロン・コンスタンチン
 創業年:1755年
 創業国:スイス
 URL:http://www.vacheron.ch/
 
・BREGUET
 読み方:ブレゲ
 創業年:1775年
 創業国:スイス
 URL:http://www.breguet.ch/

・PATEK PHILIPPE
 読み方:パテック・フィリップ
 創業年:1839年
 創業国:スイス
 URL:http://www.patek.com/

・A.LANGE&SOHNE
 読み方:ランゲ・アンド・ゾーネ
 創業年:1845年
 創業国:ドイツ
 URL:http://www.alange-soehne.com/

・AUDEMARS PIGUET
 読み方:オーデマ・ピゲ
 創業年:1875年
 創業国:スイス
 URL:http://www.audemarspiguet.com/

上記の内、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲは「三大雲上ブランド」と呼ばれております。また「三大雲上ブランド」にブレゲとランゲ・アンド・ゾーネを加えたものは「五大雲上ブランド」と呼ばれております。

<公爵の独り言>
雲上ブランド時計・・・。
欲しいけど、まだそれに相応しい人間になっていないorz。

テーマ:時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/01/22(日) 05:48:34|
  2. 時計
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

ウォッカ

ロシアの国民酒と言えば「ウォッカ」。ウォッカは現在、誰でも普通に飲むことができますが、ロシア帝国時代は皇帝や上流貴族しか飲むことができない特別の酒だったそうです。そしてウォッカの製造・販売は国家によって管理・統制され、高額な税金が掛けられていたそうです。

ロシアにおけるウォッカ製造は13世紀、モスクワ大公国時代に始まったと言われております。その後、ウォッカ製造はロシア帝国に受け継がれ、かの有名なピョートル大帝(ピョートル一世)もウォッカ蒸留器の改良に関わり、ウォッカを愛飲していたと言われております。

そのロシア王侯貴族の酒ウォッカが一般に広まる契機となったのは、1917年に勃発したロシア革命でした。ロシア革命により多数のロシア貴族が国外に亡命しました。それにより、それまで主にロシアでしか生産されていなかったウォッカが世界中で生産されるようになったそうです。

なお、ウォッカの有名ブランドである「スミノフ」は、現在はアメリカで生産されていますが、元々はピエール・スミノフが1818年にモスクワで創業したブランドです。スミノフは非常に評判が良く、1886年にロシア皇帝アレクサンドル3世から皇帝御用達の栄誉を賜ったそうです。スミノフのラベルにロシア皇帝の紋章が描かれているのはそのためです。その後、1917年のロシア革命でウラジミール・スミノフがフランスに亡命し、パリでウォッカを製造。そして1933年、アメリカに亡命していたロシア人ルドルフ・クネットに製造権と商標権を譲渡し、現在に至っているそうです。

今日は東京にも雪が降っています。こんな寒い日はウォッカを飲んで、かつてのロシア王侯貴族の栄華を想像してみるのもイイかも知れません。

<公爵の独り言>
とは言え、現在のウォッカのイメージは、「ロシアの王侯貴族」というより「ソ連の労働者」という感じがしますが・・・。

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/21(土) 14:20:58|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

働く人に感謝

今日は朝から東京も雪が降っている。寝室のカーテンを開け、窓から外を見下ろすと、屋根の上には10センチ程度雪が積もっている。サウスアイランド公国本国では雪はほとんど降らないため、物珍しさに惹かれてちょっとベランダに出てみる。寒い・・・。

余は本日休日であったので、こうして暖かい屋内から雪の降る外の景色を眺めている。しかしこのように寒く、雪が降る日でも、屋外で働いている人達がいる。また、屋内で働く人であっても、この雪の中、職場まで通勤している。寒くても、雪が降っても特別に手当が付くわけではない。そうして我々の快適な社会生活を裏方として支えている。

さっき、この雪の中、宅配便が届いた。余はこうして社会生活を支える、働く人に素直に感謝したいと思う。ありがとう。

<公爵の独り言>
余談ですが、さっき届いたのは「DION月月倶楽部」で当選した「スモークサーモンと生ハムのセット」でした。なかなかの美味です。

テーマ:おぼえておくべきこと - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/21(土) 12:09:29|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇太子妃殿下メキシコ公式訪問見送り

3月にメキシコで開催される第4回世界水フォーラムの開会式などへの出席と、メキシコとの友好親善のため

皇太子同妃両殿下がメキシコを公式訪問する予定

でしたが、

雅子皇太子妃殿下の訪問は見送り、皇太子殿下のみが訪問

することになるそうです。皇太子殿下は2003年に日本で開催された第3回世界水フォーラムで名誉総裁を務められ、今回メキシコで行われる第4回世界水フォーラムにおいては昨年8月、メキシコのフォックス大統領から

皇太子同妃両殿下宛の招待状

が送られていたそうです。それにしてもここ数年、病気を理由にした雅子皇太子妃殿下の公務欠席が目立ちます。そのため、皇太子殿下はいつもお一人で公式行事に参列されている・・・。皇太子殿下は内心どう思われているのでしょうか・・・。

雅子皇太子妃殿下は将来、皇后となる予定ですが、このような状態で皇后としての勤めを果たすことが出来るのでしょうか?天皇皇后両陛下は、ご自身の健康状態が良くなくても公式行事に参列しております。ご高齢で健康状態の良くない天皇皇后両陛下にできることが、まだ若い雅子皇太子妃殿下にどうしてできないのでしょうか?

皇族なら、皇族としての勤めを果たして頂きたい!
例え病気であっても公務に参列して欲しい!
その結果、公務中に倒れてもよい!
そこまでして公務に勤しむ皇族に、誰が文句を言おうか!
それが皇族、王族のノブレス・オブリージュであろう!
もっと国民を感動させて欲しい!


皇位継承者となる皇子も産まない。公式行事には参加しない。これで皇族の妃と言えるのでしょうか?それが出来ないのなら、皇太子妃の地位を降りるべきではないでしょうか?その方が雅子皇太子妃殿下のためにも、皇室および日本のためにも良いと思います。また、皇族の離婚が難しいならば、離婚出来ない代わりに側室制度を復活させても良いのではないかと思います。そうしないと、正室がどうしようもない人物の時に皇統が絶えてしまうでしょう。

皇太子殿下も、そろそろ決断する必要があると思います。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/21(土) 05:37:54|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本貴族協会

興味深いサイトを見つけましたので紹介します。

日本貴族協会
http://www.geocities.jp/japan_aristocrat_association/
私共日本貴族協会は、日本において文化的な貴族を創出することを希求する趣旨で結成されました。新時代における新貴族を創る新貴族制度の提唱を致します。

栄典制度の改革として、公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵 の五爵位の「呼称復活」を主目的とし特権を有さない『文化的貴族制度』の創設を真摯に提唱致しております。

日本は文化先進国として発展を遂げるため、公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵の爵位を持つ文化貴族の創出が必要であると考えています。

当協会は、ヨーロッパと日本における貴族についての思想と、文化的な理論及びヨーロッパ文化の思想体系の実践を活動の主体としております。

日本国は、爵位制度を取り入れるよう栄典制度の改革をすべきであると、当協会は主張致しております。
このサイトが提唱する貴族制度はなかなか面白いと思います。しかし最近は更新されていないようですし、サイト管理者の連絡先も掲載されておりませんので、現在も活動しているのかどうかは不明です。そもそもどういう活動をしているのかも不明ですが・・・。

なお、我が連合公国は日本貴族協会と関係はありません。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/01/20(金) 06:59:01|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連合公国アクセス状況(3)

連合公国を構成する全サイトのアクセス状況です。

<連合公国を構成するサイト>
・サウスアイランド公国
・東ブログブルク公国
・西ブログブルク公国
・The Duchy of Mangrove
・アラバ公国
・ネイヴァルランド公国
・【連合公国】画像掲示板

主なリモートホストのトップレベルドメインは以下の通りです。
(今回新たに確認されたドメインにはアンダーラインを引いています。)

at:オーストリア
au:オーストラリア
be:ベルギー
br:ブラジル
ca:カナダ
ch:スイス
cn:中国(中華人民共和国)
cz:チェコ共和国
de:ドイツ
dk:デンマーク
do:ドミニカ共和国
ee:エストニア
es:スペイン
fi:フィンランド
fr:フランス
gr:ギリシャ
hk:香港
hr:クロアチア
hu:ハンガリー
ie:アイルランド
il:イスラエル
it:イタリア
jp:日本
kr:韓国
lu:ルクセンブルク
mx:メキシコ
my:マレーシア
nl:オランダ
no:ノルウェー
np:ネパール
nz:ニュージーランド
pl:ポーランド
ro:ルーマニア
ru:ロシア
se:スウェーデン
sg:シンガポール
th:タイ
tr:トルコ
tv:ツバル
tw:台湾(中華民国)
uk:イギリス
us:アメリカ
uy:ウルグアイ

biz:gTLD(ビジネス)
com:gTLD(営利組織)
edu:gTLD(アメリカ教育機関)
mil:gTLD(アメリカ軍事機関)
net:gTLD(ネットワーク組織)
org:gTLD(非営利組織)

<公爵の独り言>
ついに中国からもアクセスがありました!
次はどこの国からアクセスされるのか楽しみです。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2006/01/19(木) 23:06:48|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

旧細川侯爵邸

かつての華族の邸宅を現在でも観ることが出来ます。
今回は「旧細川侯爵邸」を紹介します。

旧細川侯爵邸は、東京都文京区目白台にある洋館です。この邸宅は、細川家第十六代当主細川護立侯爵によって昭和11年(1936年)に建てられました。旧細川侯爵邸の建築様式は、旧前田侯爵邸と同じイギリス・チューダー様式。戦後は一時、連合国軍に接収されていました。

旧細川侯爵邸の敷地及び邸宅は昭和30年(1955年)に財団法人和敬塾(男子専用の学生寮)が購入し、旧細川侯爵邸は現在、和敬塾本館として利用されています。一般公開日には見学することも出来るようです(要予約)。

和敬塾本館 旧細川侯爵邸
http://www.wakei.org/honkan/

旧細川侯爵邸は、平成10年3月に東京都指定有形文化財の指定を受けました。なお、ご存じのことと思いますが、細川侯爵家は、細川藤孝(幽斎) を祖とし、江戸時代は肥後熊本藩を領する大名でした。熊本県知事や内閣総理大臣を務めた細川護煕氏は、この邸宅を建てた細川護立侯爵の直系の孫に当たります。また、細川護煕氏の母方の祖父は、戦前、内閣総理大臣を務めた近衛文麿公爵です。

<公爵の独り言>
細川護煕氏は世が世なら「殿様」か「侯爵様」ですね。

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/01/18(水) 17:11:40|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧前田侯爵邸

かつての華族の邸宅を現在でも観ることが出来ます。
今回は「旧前田侯爵邸」を紹介します。

旧前田侯爵邸の敷地は現在、東京都目黒区の駒場公園になっており、旧前田侯爵邸はこの駒場公園内にあります。この邸宅の主だった前田侯爵家は、前田利家を祖とする加賀百万石の大大名でした。この旧前田侯爵邸は、前田家第十六代当主前田利為侯爵が昭和4年(1929年)に本邸として建てたものです。

旧前田侯爵邸の建築様式はイギリス後期ゴシック様式を簡略化したイギリス・チューダー式と呼ばれるもので、欧州建築の粋を集めて建築され、当時東洋一の邸宅と称せられたそうです。なお、旧前田侯爵邸のその後は以下の通りです。

昭和17年 持ち主の前田利為侯爵(陸軍大将)が戦死
  ↓
昭和19年 敷地の一部を中島飛行機製作所へ譲渡
  ↓
昭和20年 連合国軍によって接収
  ↓
昭和28年 富士産業(旧中島飛行機製作所)の所有
  ↓
昭和31年 国が富士産業から敷地と和館を買収
  ↓
昭和32年 連合国軍による接収解除
  ↓
昭和39年 東京都が富士産業から敷地と洋館を買収
  ↓
昭和40年 東京都が国有部分を無償で借受
  ↓
昭和42年 日本近代文学館と都立駒場公園が開館
  ↓
平成03年 東京都有形文化財(建物)に指定

ぶらり重兵衛の歴史探訪 旧前田侯爵邸洋館
http://www.geocities.jp/bane2161/kyuumaedakousyakuteiyoukan.htm

<公爵の独り言>
なお、東京大学本郷キャンパスも元々は前田家の所有で、有名な赤門は加賀藩上屋敷の御守殿門です。

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/01/18(水) 15:03:14|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧島津公爵邸

かつての華族の邸宅を現在でも観ることが出来ます。
今回は「旧島津公爵邸」を紹介します。

旧島津公爵邸は、東京の清泉女子大学品川キャンパス内にあります。元々この敷地は仙台藩下屋敷として寛保3年(1743年)から明治6年(1873年)までの130年間、使われておりました。そして明治6年(1873年)に島津家の所有となりました。

島津家は元々、東京桜田に薩摩藩上屋敷を持っておりました。しかしこの敷地と屋敷を手に入れてからは、この地が「袖ヶ崎」と呼ばれていたことから「袖ヶ崎邸」として、 公式行事の開催場所に使用し、大正12年(1923年)の関東大震災後に本邸として利用しました。

袖ヶ崎邸は、当初仙台藩の木造家屋をそのまま使用していましたが、老朽化が進んだため、英国風の洋館を改築することを計画し、日本政府の招きにより来日していた英国人ジョサイア・コンドル(鹿鳴館の設計をした建築家)に設計を依頼し、大正6年(1917年)に落成披露が行われました。

島津公爵邸(袖ヶ崎邸)は広大な敷地を有するイタリアルネサンス風の壮麗な洋館でしたが、持ち主である島津公爵が昭和初期の金融恐慌で財政的打撃を受けたため、半分以上の敷地を売却。そして太平洋戦争の苛烈化に伴い、この大邸宅を維持することが困難となり、島津公爵邸(袖ヶ崎邸)は日本銀行に売却されました。

戦中、戦災を免れた旧島津公爵邸(袖ヶ崎邸)は、戦後昭和21年(1946年)1月にGHQの管理下に入り、駐留軍の将校宿舎として昭和29年(1954年)まで使用されました。そして接収解除後の昭和36年(1961年)7月に、清泉女子大学が日本銀行から旧島津公爵邸(袖ヶ崎邸)の土地、建物を購入し、昭和37年(1962年)4月に横須賀からこの地へ大学を移転して、今日に至っているそうです。

旧島津公爵邸は東京都選定歴史的建造物に指定されています。なお、旧島津公爵邸は一般公開されておりますので、詳しくは以下のWebサイトでご確認下さい。

清泉女子大学 旧島津公爵邸
http://www.seisen-u.ac.jp/shimazu/index.html

<公爵の独り言>
昭和の金融恐慌と戦争は華族に相当打撃を与えたようですね。
それでもこうして過去の邸宅が残っているのは幸いですね。

テーマ:史跡・歴史的遺物 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/01/15(日) 09:07:26|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上杉伯爵邸

かつての華族の邸宅を現在でも観ることが出来ます。
今回は「上杉伯爵邸」を紹介します。

上杉伯爵邸は、山形県米沢市にある邸宅です。上杉伯爵邸は明治29年、上杉茂憲伯爵の邸宅として米沢城二の丸跡に建てられました。敷地約5,000坪、建坪530坪という壮大な大邸宅でしたが、大正8年の米沢大火で類焼し焼失。大正14年に、胴板葦き、総ヒノキの入母屋づくりの建物と、東京浜離宮に依って造園された庭園が完成し、現在の形になりました。かつては「鶴鳴館」と称され、皇族の御宿所となったこともあるそうです。

上杉伯爵邸は太平洋戦争後、昭和20年から昭和25年まで米軍に接収され、その後、持ち主である上杉家から米沢市に寄贈されました。現在は「上杉記念館」として一般市民に公開されており、郷土料理の提供、資料展示などを行っております。

なお、上杉伯爵邸は国の登録有形文化財に登録されております。

上杉伯爵邸
http://www.omn.ne.jp/~uesugiyo/

<公爵の独り言>
かつての華族の邸宅は、戦後、主が替わってしまうことが多いようですね。

テーマ:史跡・歴史的遺物 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/01/15(日) 01:48:18|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小笠原伯爵邸

かつての華族の邸宅を現在でも観ることが出来ます。
今回は「小笠原伯爵邸」を紹介します。

都営大江戸線「若松河田」駅近くにある小笠原伯爵邸は、昭和2年(1927年)に小笠原長幹伯爵の邸宅として建てられました。小笠原長幹伯爵の父は、江戸時代小倉藩主だった小笠原忠忱伯爵。そして、小笠原長幹伯爵の三男は、門外不出だった礼儀作法「小笠原流礼法」を世に広め、小笠原流宗家となった小笠原忠統伯爵です。

この邸宅は、普通の洋館とはちょっと違う、スパニッシュ様式を取り入れて全体が構成されています。スパニッシュ様式とは、イスラムの影響を受けたスペイン風の建築様式で、旧スペイン領だったカリフォルニアやニューメキシコなどでよく見られる様式です。この様式の建物は日本では珍しく、極めて貴重な建築物であるそうです。

なお、小笠原伯爵邸は現在は小笠原家の所有ではなく、インターナショナル青和株式会社の所有となり、ブライダルパーティーレストランとして利用されています。詳しくは、以下の公式Webサイトをご覧下さい。

小笠原伯爵邸
http://www.ogasawaratei.com/

ついでに、小笠原流礼法の公式Webサイトも紹介しておきます。

小笠原流礼法
http://www.ogasawararyu-reihou.com/

<公爵の独り言>
戦後は大邸宅を維持することが困難だったのでしょうね・・・。

テーマ:史跡・歴史的遺物 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/01/15(日) 01:13:59|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マトボッククリ人気再燃?

最近、検索エンジン経由で我が連合公国を訪問する方が多い。その検索キーワードは、「マトボッククリ」。「マトボッククリ」をキーワードにしたアクセスが1月13日だけでも44件あった。

本来、マトボッククリは存在自体が公然の秘密とされ、滅多に有権者の話題に上ることがない。ましてや、マトボッククリを保有し、コレクションする有権者は日本人のごく一部である。それが最近、巷の話題になっている。しかも、マトボッククリ情報を必死になって収集しているのは外国人であるようである。なぜ外国人がマトボッククリに興味を持つのかは不明であるが、私はマトボッククリ保有者の一人として、この事態を大変憂慮している。

私は以前、このブログにマトボッククリの画像を掲載したことがある。もしかするとそれが外国人の目にとまり、このような事態を招いてしまった可能性があることも否定できない。悠久の昔から一部の日本人が密かに愛でてきたマトボッククリの情報を安易にインターネット上に公開してしまい、外国人の標的にしてしまったことは一生の不覚だったと思う。

最近、日本の防諜能力欠如を露呈する事件が多発している。このままでは、日本の最高機密「マトボッククリ」の情報も外国に渡ってしまうのではないかと危惧している。スパイ防止法の制定は急務であると思う。

日本国籍を持つ日本在住の方で、どうしてもマトボッククリが欲しい方は、以下の公式サイトで購入してみてはどうだろうか?会員になるためには厳しい審査があり、しかも値段も高めですが、間違いのない正規品のマトボッククリを手に入れることが出来るはずである。

Matobokkukuri Collections
http://www.matobokkukuri.com/

テーマ:誰かに聞いてほしいこと。 - ジャンル:ブログ

  1. 2006/01/14(土) 01:36:29|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

どんな種類の酒でも飲む!

公爵流帝王学その3。
どんな種類の酒でも飲む。
世界にはたくさんの種類の酒があります。日本酒、焼酎、泡盛、ビール、ワイン、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、テキーラ、ジン、紹興酒、茅台酒などなど。そして酒は社交の上で欠かせないものです。その日初めて会った人でも、一緒に酒を飲めば、すぐに親しくなれます。特に、同じ酒を一緒に酌み交わせば、更に親しみが湧くのは当然です。あらゆる世界・階層の人々と親しく付き合うためには、どんな酒でも飲めるようになっていた方が良いと思います。

テーマ:世界のビール - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/13(金) 02:44:50|
  2. 帝王学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風呂に浮かぶ糠床

今日、今年初めて糠床を混ぜました。例によって暫く放置していたのですが、腐敗はしていない模様。カビも生えていません。糠床の塩分が高いせいかもしれません。ただ、久しぶりにかき混ぜた糠床はとても冷たかった・・・。

と言う訳で、今日は糠床を風呂に入れて温めてやりました。風呂に湯を張り、糠床のタッパーを湯に浮かべる。我が公爵家の冬の恒例行事です。そもそも寒い冬は糠床の温度が下がって活動が低下するので、糠漬けには不向きなのです。しかしこうして糠床を温めてやると、糠床の活動が多少活発になります。何回かこれを繰り返し、足し糠をしてやれば糠床も元気になることでしょう。

週末は久しぶりに糠漬けをしようかな。

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/11(水) 23:33:41|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

友達は選んで付き合おう!

友達には良い友達と悪い友達がいます。子供の頃、親に

悪い友達と付き合ってはいけません!

って言われましたよね?良い友達と付き合えば、お互い良い影響を受けて成長します。しかし悪い友達と付き合うと、悪いことを色々覚えて良い友達が離れてしまい、ダメになってしまいます。友達は良く選んで付き合うべきなのです。

勝手に人の家に入り込んだり、盗みをしたり、ナイフで人を脅かすような友達と付き合う必要があるでしょうか?友達は選んで付き合わないと、大変なことになります。

国の外交も同じです。全ての友達と仲良くすることが外交ではありません。良い友達との友好を深めるのが外交です。無理して悪い友達と付き合い、小遣いまであげる必要はないのです。友達は良く選んで付き合う必要があります。

<公爵の独り言>
日本の周りには悪い友達が一杯いますね・・・。

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/09(月) 18:27:17|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

英国ウィリアム王子が陸軍士官学校入校

イギリスのチャールズ皇太子(HRH The Prince of Wales)の長男で、英国の王位継承権第2位のウィリアム王子(HRH Prince William Arthur Philip Louis)が1月8日、イギリス南部にあるサンドハースト陸軍士官学校に入校しました。ウィリアム王子は昨年6月に英国北部スコットランド地方のセントアンドルーズ大学を卒業。その後は銀行などで社会経験を積んでいた。

エリザベス女王の王配エディンバラ公フィリップ殿下やチャールズ皇太子は主に海軍で軍隊生活を送りましたが、ウィリアム王子は陸軍を選択。弟のヘンリー王子(HRH Prince Henry Charles Albert David)も昨年5月に同士官学校に入学し訓練を受けているそうです。

イギリスの王族男子は必ず軍務に就くようです。1982年にイギリスとアルゼンチンの間で発生したフォークランド紛争においても、アンドリュー王子(現在のヨーク公、エリザベス女王の次男、チャールズ皇太子の弟)が戦闘ヘリコプターのパイロットとして参戦して負傷しています。王族とは、こういう危険も侵さなければならない、大変な立場であることが伺えますね。

<参考サイト>

英国王室公式Webサイト
The British Monarchy
http://www.royal.gov.uk/

チャールズ皇太子(The Prince of Wales)公式Webサイト
The Prince of Wales
http://www.princeofwales.gov.uk/

<公爵の独り言>
戦前は日本の皇族も海軍兵学校に入学して海軍士官になったり、
陸軍士官学校に入学して陸軍士官になっていましたね。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/01/09(月) 17:18:41|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

ヴィスコンティ

イタリアの有名な映画監督ルキノ・ヴィスコンティ

ルキノ・ヴィスコンティは、イタリア・ミラノの名門貴族ヴィスコンティ家の出身です。ルキノ・ヴィスコンティは1906年にモドローネ公爵ジュゼッペ・ヴィスコンティの三男(次男との説もある)として生まれ、彼自身、伯爵の称号を保有していました。しかしルキノ・ヴィスコンティは名門貴族出身でありながら共産主義に傾倒し、「赤い公爵」と呼ばれたこともあったそうです。

ここで簡単にヴィスコンティ家のことを説明します。ヴィスコンティ家はイタリア・ミラノの名門貴族で、13世紀には一族のテオバルド・ヴィスコンティ(1210年~1276年)がローマ教皇グレゴリウス十世となり、ヴィスコンティ家は都市国家ミラノの実質的支配者となりました。そして1395年、ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ(1351年~1402年)が神聖ローマ皇帝ヴェンツェルからミラノ公の称号を得て、ミラノ公国に君臨しました。しかし15世紀にスフォルツァ家にミラノの支配権を奪われてしまいました。その後ミラノ公国はスペインの支配下となり、ミラノ公国は滅亡しました。

なお、ルキノ・ヴィスコンティの一族は、ミラノ公ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの直系子孫ではなく、ミラノ公になる前のヴィスコンティ家当主マッテオ・ヴィスコンティ一世(1250年~1322年)の弟ウーベルト・ヴィスコンティの子孫とのことです(ルキノ・ヴィスコンティは16代目の子孫)。

<ルキノ・ヴィスコンティの監督作品>
・郵便配達は二度ベルを鳴らす
・揺れる大地
・ベリッシマ
・われら女性
・夏の嵐
・白夜
・若者のすべて
・ボッカチオ'70
・山猫
・熊座の淡き星影
・華やかな魔女たち
・異邦人
・地獄に堕ちた勇者ども
・ベニスに死す
・ルードウィヒ/神々の黄昏
・家族の肖像
・イノセント

<公爵の独り言>
久しぶりの貴族ネタでした。私はヴィスコンティの映画はまだ観たことがありませんが、調べてみるとなかなか面白そうです。早速観てみたいと思います。

テーマ:映画ネタ - ジャンル:映画

  1. 2006/01/08(日) 00:46:22|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐中時計の蓋

懐中時計には蓋の無い「オープンフェイス」と呼ばれるものと、蓋のある「ハンターケース」と呼ばれるものがあります。元々懐中時計はオープンフェイスが主流でした。しかし、オープンフェイスでは懐中時計を落としたり、落馬した際に風防ガラスが割れてしまうので、風防ガラスを保護するために蓋が付けられたと言われております。

懐中時計で時刻を確認する仕草は、懐中時計の魅力のひとつだと思います。ポケットから懐中時計を取り出し、蓋を開けて時刻を確認し、蓋を「パチン」と閉める。しかしここで注意しなければならないのは蓋の閉め方。「パチン」と押し込んで閉めると、蓋の留め金が磨耗して、蓋が閉まらなくなります。ですから、蓋を開けるボタンを押しながら「そっと優しく閉める」のが正しい閉め方です。

私も懐中時計を3個持っていますが、全て蓋の無いオープンフェイスです。ハンターケース式の懐中時計をお持ちの方は、時計を長持ちさせるためにも蓋の閉め方には注意しましょう。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/01/07(土) 22:12:50|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UENO CLUB

私の給料日の楽しみは、上野にあるバー「UENO CLUB」でコニャック(ブランデー)を飲むことである。自分への御褒美としてマーテル(MARTELL)コルドン・ブルー(CORDON BLEU)を飲む。これが実に旨い。そして気持ちよく酔える。ヘネシーやレミー・マルタン、オタールも好きだが、マーテルが一番相性が良いようだ。

月末、UENO CLUBのカウンターでマーテルを飲んでいる紳士がいたら、それは私かも知れない。もし見かけたら、気軽に「殿下?」と声を掛けて欲しい(笑)。もし私だったら、お近づきの印に何か一杯ご馳走しよう。

<公爵の独り言>
別に給料日でなくてもUENO CLUBで飲んでますけどね。昨日はポール・ジロー(コニャック)とオールド・パー18年(スコッチ)を飲んできました。ここは酒の種類が豊富で、値段もリーズナブル。いいお店です。

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/01/07(土) 21:48:41|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寛仁親王:女性天皇に異議

三笠宮殿下(崇仁親王殿下、昭和天皇の弟)の長男である寛仁親王殿下が2005年12月18日、東京赤坂にある寛仁親王邸で毎日新聞のインタビューを受け、その内容が1月3日に公開されました。今日はその内容をここに転載します。

毎日新聞 2006年1月3日(火) 19時58分
寛仁親王:「一度切れた歴史はつなげない」女性天皇に異議
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060104k0000m040054000c.html
 昭和天皇が自らの神格性を否定し、後に人間宣言と呼ばれた「新日本建設に関する詔書」が発表されたのは、終戦翌年の1946年1月1日だった。4日後に生まれた昭和天皇のおい、寛仁親王殿下が毎日新聞の単独インタビューに応じ、皇室の歩みや将来像などについて語られた。殿下は「(詔書について)昭和天皇ご自身は『自分は戦前から何も変わっていない』とおっしゃっていた」と明かすとともに、皇室の役割を「光の当たっていないところに光をあてるもの」との考えを示された。

 皇室典範改正問題についての質問にも応じ、「政治を超えた歴史の問題」との認識のうえで、男系による皇位継承の伝統を踏まえ、「一度切れた歴史はつなげない。腰を据えて議論すべきだ」とした。「皇室典範に関する有識者会議」が出した「女性・女系天皇の容認」の結論に異を唱えた形だ。

 殿下は既に福祉団体の会報のエッセーで、元皇族の皇籍復帰や女性皇族に養子を取ることを認めることなどによる男系男子継承方法を示しているが、「過去にはこうした方法で、皇位継承の危機をたびたび回避してきた」「先人が築き上げた貴重な財産(方法)にならって、できるだけの手を尽くしていくべきだ」とした。

 「人間宣言」については、「戦前・戦中と戦後を区別し、新しい日本に向かうという意味があった」と位置づけた。また、皇室のあり方について「日本民族の知恵が権力を持たせないようにしてきた。国を守っていくために必要な存在」とした。【大久保和夫】

◇インタビューの要旨

 昭和天皇の「人間宣言」の4日後に生まれた寛仁親王殿下。その生い立ちは戦後の皇室の歩みと重なる。皇室の「来し方行く末」を、内側から語られた。要旨は次の通り。

■人間宣言

 終戦の御前会議で陛下(昭和天皇)のご意見をと奏上し、そこで陛下が「平和を望む」とおっしゃったことが、後に「ご聖断」となった。人間宣言も同じで、用語自体はメディアが勝手に作ったものだ。

 人間宣言が、戦前・戦中と戦後を区別した新しい日本に向かうという詔書であるのは事実だが、陛下とお話ししたとき、戦前・戦中・戦後を通して、ご自身は「何も変わっていない」とおっしゃっていた。現人神というのもみんなが勝手に言っていたことだ。

■昭和天皇のこと

 皇族のあり方について、2度じっくりとお話をうかがう機会があった。その際、ご自身の意思で発言・行動されたのは、2・26事件と終戦の決断の2度だけだとおっしゃっていた。2・26事件では内閣が機能しなくなって、終戦では御前会議で意見が割れたからで、どうしても判断されなければならなかった時だ。

 このご発言には大変驚いたが、後に記者会見でご自身で語られたので安心して今、このように話せる。立憲君主というお立場を十二分にお分かりになってのことだったと思う。

 そして、公平無私であられた。いろんな方の話を聞かれて、よく事情をご存じだった。戦前、戦中、戦後を通じて多くの人に会われて話を聞き、激動の時代を生きてこられたわけだから、陛下には勝てない。

 しゃべり方は、「あ、そう」が多くてお上手とは言い難いが、パーティーなどでも部屋にお入りになれば、みんなの視線が自然と集中してしまう、そういうすごさがおありになった。

■皇族のあり方

 皇室は、一部の例外を除いて権力を握ることがなかった。権力を持つところと、皇室を分けてきたのは、大和民族の知恵だと思う。国を守っていくためにそういう形になった。外国の王族の中には、パワーの論理が働いて権力を握ったりしたから、その後つぶれたケースもある。

 皇室は悠久の歴史の中で常に受動態であった。突き詰めると、存在することに意義があるということだ。政治や営利にも関与できないし、ある意味「ニッチ(すきま)産業」だ。

 政府や行政も、国民のためにいろんなことを展開していくが、足らざるところはある。皇族がそれを補い、光が当たっていないところに光を当てる。それぞれの皇族が、国民の要望、希望に沿っていくことが大事だ。

■皇室典範改正

 皇室のあり方に関する問題を有識者会議による1年、三十数時間の議論で決めてしまうことに素朴な疑問を抱く。この問題は、政治を超えたものだ。多くの国民が歴史を理解したうえで大いなる論議がわき上がって、国会で、審議に審議を重ねて結論が出ればと思う。男系で継いできた歴史は、一度切ってしまえばつなげないことを分かってほしい。

 皇位継承をめぐってはいくつかの危機があったが、これまで回避してきた。10親等ぐらい離れた傍系から皇女に婿入りしたり、宇多天皇のように臣籍降下したのに復活して皇太子になり、その後天皇になったケースもある。

 1947年に臣籍降下した11宮家の当主にカムバックしていただいたり、養子ができるようにするなどの方法がある。できるだけの手段を講じるのが先だ。すべての手を尽くしたうえで、駄目なら仕方がない。

 11宮家の復帰には、60年間一般の中で生活してきたので違和感があるというが、異様な意見だ。菊栄親睦会という昭和天皇のご親族が集まる会がある。旧宮さま、元宮さまとの付き合いは深い。

 むしろ愛子さまの夫になった人が、突然「陛下」と呼ばれる方が違和感が強いのではないか。

毎日新聞 2006年1月3日 19時58分(最終更新時間 1月4日 0時12分)
小泉総理大臣の私的諮問機関である「皇室典範に関する有識者会議」は女性天皇・女系天皇を容認し、小泉総理大臣もその報告書を元に皇室典範改正法案を提出しようとしているそうですが、当事者である皇族の意見をもっと良く聴くべきではないでしょうか?長い間続いてきた良き伝統を、拙速な議論で潰して良いものでしょうか?女性天皇・女系天皇を容認する皇室典範改正法案を提出するのなら、小泉総理大臣には是非得意の解散総選挙でもやって民意を問うて欲しいものです。

首相官邸 皇室典範に関する有識者会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/05(木) 02:17:34|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

ウヨサヨ判定

面白いサイトを見つけました。

ウヨサヨ判定
http://uyosayo.com/

21問の質問に答えると、右翼か左翼か判定してくれるそうです(笑)。
私の結果は以下の通り。
あなたは右翼です。

日本のことをいつも気にかけている生真面目な人です。
日本はこの先どうなるのだろうか、とか、日本人はいったいどうなってしまうのか、といったことをいつも心配している憂国の士です。

そんなあなたは仕事にもきっと生真面目に取り組んでいて、職場での評価も高いでしょう。これからもその真面目さを大切にしてください。

けれども心配ばっかりしていると胃に穴が開いてしまいます。
たまには遊びに出かけてみて、ストレス発散することが大切ですよ!
うーん、私は右翼なのかぁ。私はただ日本が好きなだけなのだが・・・。それにしても、本来、右翼(いわゆる保守)左翼(いわゆる革新)も思想と手段は違えど、自分の国をより良くするという目標は一緒のはず。それなのに、日本には本当の右翼のイメージを貶めるエセ右翼(街宣右翼)や他国の利益を図る売国左翼のなんと多いことか・・・。困ったものです。

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/05(木) 00:45:05|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食事をする時の姿勢

庶民的な君主として親しまれている余は、時々立ち食い蕎麦や立ち食いカレーを食す。1月1日も新宿駅の地下にある某立ち食いカレー店でカレーを食してきた(悲)。

ところで、前々から気になっているのことなのだが、立ち食い蕎麦や立ち食いカレーを利用する人は大抵姿勢が悪い。カウンターに肘を着いていたり、俯いて猫背になっているのだ。大の大人が悪い姿勢で食事をする。実に貧相な光景だと思う。

これは別に立ち食い蕎麦、立ち食いカレーに限ったことではない。どんなに偉い人が着飾っていても、食事をする時の姿勢が悪いと興醒めである。

食事をする時の姿勢には気を付けたいものである。

テーマ:日本のルールとマナー、常識と非常識。 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/03(火) 00:22:41|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本は核兵器を保有していません

日本は世界で唯一、核兵器による攻撃を受けた国です。これにより、約20万人が死亡しました。核兵器は恐ろしい兵器です。

ところで、世界にはこの恐ろしい核兵器を大量に保有している国があります。アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国、イスラエル、インド、パキスタン、北朝鮮。特に、日本のすぐ近くにあるロシア、中国、北朝鮮の核兵器は日本の安全保障にとって非常に脅威です。

日本は核兵器を保有していません。ですから、日本は外国から核兵器による攻撃を受けても反撃することができません。日本は弱い国です。日本はこんな国です。

・日本はたくさんの原子力発電所を保有しています。
・日本はノーベル賞科学者を保有しています。
・日本はたくさんの資金を保有しています。
・日本は高性能なスーパーコンピューターを保有しています。
・日本は宇宙ロケット開発技術を保有しています。
・日本は静かな潜水艦を建造する能力を保有しています。
・日本は毎年たくさんの地震が発生します。
・日本はなんでも秘密にします。
・日本は「普段は」おとなしい国です。

日本は核兵器を保有していません。
日本は弱い国です。
日本をいじめないで下さい。

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/02(月) 20:45:34|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

初詣

2006年1月1日付 ブログブルクタイムズ紙新春特別号
本日は1月1日日曜日。2006年(平成18年)の幕開けです。公爵殿下は夕方、東京浅草にある浅草寺へ初詣をするためにお出ましになられました。浅草寺への途上、公爵殿下は小さな諏訪神社の社を見つけられ、先にこの社に参拝をされました。その後、浅草寺に参拝され、今年一年の無病息災を祈って帰途につきました。
と言う訳で、本日は近所の諏訪神社と浅草寺にお参りしてきました。

元々初詣は浅草寺にする予定だったのですが、その途上、小さな諏訪神社を見つけました。今の時期、初詣をするほとんどの人は有名な浅草寺を目指していて、町中にあるこの小さな諏訪神社は素通りされていました。神様にこういうのも失礼ですが、なんだか可哀想になったので、今回の初詣はここにすることにしました。ただ、たくさんの人がお参りする浅草寺よりも、人の少ないこの諏訪神社の方が神様の覚えもめでたくなるだろうという下心もありましたけど(笑)。

その後、雷門、仲見世通りを通り、線香を焚いて煙を浴び、水で手を清めてから浅草寺にお参りしました。昨年は16時頃に並んで、お参りできたのが18時頃だったのですが、今日は19時頃に並んだためか、それほど混雑せず、スムーズにお参りできました。途中、仲見世通りのお店に朝丘雪路が来ていて、そこだけ混雑しておりました。

浅草寺からの帰りに「おみくじ」をひきました。
結果は「」。
今年はやっかいなことになりそうです・・・。

<公爵の独り言>
先に他の神様をお参りしたことに腹を立てているのでしょうか?
でも、神様がそんな短気なことじゃいけないと思いますが・・・。

テーマ:新年のあいさつ - ジャンル:ブログ

  1. 2006/01/01(日) 22:32:40|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年一般参賀

今年も皇居にて新年一般参賀が行われます。

<一般参賀の概要>
日時:1月2日
参入門:皇居正門(二重橋)
退出門:坂下門、桔梗門、乾門

<お出ましの予定>
第1回 10:10頃 天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、他成年の皇族方
第2回 11:00頃 天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、他成年の皇族方
第3回 11:50頃 天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下
第4回 12:40頃 天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下
第5回 13:30頃 天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下
第6回 14:20頃 天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下
第7回 15:20頃 天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下

天皇皇后両陛下をはじめ、皇族方を直接見ることの出来る数少ない機会です。興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?新年一般参賀に関する詳しい情報、注意事項については、以下のWebサイトでご確認下さい。

宮内庁ホームページ 新年一般参賀(平成18年)
http://www.kunaicho.go.jp/17/d17-02-01.html

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/01/01(日) 09:25:57|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。