西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

公爵殿下結婚へ!?

2006年3月30日付 ブログブルクスポーツ紙朝刊 第1面
公爵殿下結婚へ!?
連合公国を統べる我らが偉大なる公爵殿下は、昨日3月29日午後、従姉妹の結婚披露宴出席の為、東京都内の明治記念館へお出ましになられました。その後、都内某ホテルで催された二次会においてはカラオケを披露され、アメリカからの賓客へ英語で簡単なスピーチを行う一幕もありました。なお、公爵殿下ご自身のご結婚については、まだまだ先になるとの見方が有力です。
紛らわしいタイトルですが(笑)、昨日は従姉妹の結婚披露宴出席の為に明治記念館へ行って参りました。服装はもちろん礼服。昼間の披露宴だったので、モーニングに頸飾、飾帯、勲章を佩用し・・・というのは冗談で(笑)、あまり目立たないように普通の略礼服(ブラックスーツ)で出席しました。スリーピースのブラックスーツに白いシャツ、白いネクタイを結んで、日本の慶事におけるフォーマルっぽさを演出。白いポケットチーフは「スリーピーク」ではなく、軽く「パッフド」で挿して少し華やかさを演出。そして、腕時計は着用せずに、懐中時計をベストのポケットに入れ、ベストのボタンに鎖を提げてアクセントにしました。靴は黒のプレーン・トウの革底(レザーソール)。こんな服装で出席しましたが、年配の出席者以外は普通のスーツが多かったです・・・。

ところで、この従姉妹の結婚、新郎はアメリカ人と言う国際結婚だったので、アメリカからの招待客も30人近くおりました。ですので、披露宴も通訳付きでした。なお、新郎の服装は、最初は紋付袴、お色直し後は普通の三つボタンのスーツ。その他のアメリカ人招待客の服装は、ほとんどが普通のスーツか普段着でした。日米の出席者の服装の違いは、お国柄なのかもしれませんね。

披露宴の後は、都内某ホテルに移動して二次会でした。二次会はなんと「カラオケ大会」。そこで日米の出席者が入り乱れてカラオケを熱唱し、最後にはみんなで踊って解散となりました。なかなか面白い披露宴・二次会だったと思います。

従姉妹はここ15年くらいアメリカで生活しており、アメリカで生涯の伴侶と出会いました。そしてこれからの新しい人生もアメリカで送ることになりますが、新郎と力を合わせて、幸せな家庭を築いて欲しいと思います。

<公爵の独り言>
余の結婚はいつになるのやら・・・。
我が公国では現在、公妃を募集中です!
我こそはと思う女性の方、是非ご応募下さい!

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2006/03/30(木) 21:42:57|
  2. 公妃募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東宮

東宮(とうぐう)」とは、皇太子を指す言葉です。本来は皇太子の御所(宮殿)を指す言葉ですが、皇太子自身の事も指すようになったそうです。しかし現在、この言葉が皇太子の御所を指して使われることは稀で、皇太子自身の事を指すことが多く、そのため皇太子の御所は「東宮御所」と呼ばれています。

また「春宮(とうぐう/はるのみや)」も皇太子を意味する言葉ですが、これも本来は皇太子付きの役所である「春宮坊」を指す言葉です。

皇太子を指す言葉として「東宮」や「春宮」と言った方角や季節を表す言葉が使われる理由は、古代中国の「五行説」や「」の影響であると言われております。「」や「」という文字は若さを意味しており、「これからの人物」であるという意味が含まれていると言われております。

また、皇太子の御所(宮殿)が皇居(宮殿、宮城、御所)の東にあったため「東宮」と呼ばれるようになったという説もあります。

<公爵の独り言>
現在の「皇太子殿下」、「皇太子妃殿下」、「皇太子家」のことを「東宮殿下」、「東宮妃殿下」、「東宮家」と呼ぶ人を時々見かけますね。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/03/25(土) 19:14:22|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王JAPAN優勝!

王貞治監督率いる日本代表チーム(王JAPAN)は本日、ワールドベースボールクラシック(WBC:World Baseball Classic)決勝戦にて対戦相手のキューバ代表チームに10対6で勝利し、WBC初代優勝(世界一!)の栄冠を手にしました!

私もテレビで観戦しておりましたが、日本代表チームは1回表で4点を取った後、じわりじわりとキューバ代表チームに点差を詰められ、最後まで楽観できない試合でした。それ故、見ごたえも抜群でした。

審判の誤審疑惑や、某国代表チームによる相手国チームへの敬意を欠いた行為問題などもありましたが、まずは日本代表選手およびWBC参加各国代表選手の健闘を讃えたいと思います。

<公爵の独り言>
王侯貴族の話題を扱うこのブログで、WBC優勝を扱った理由・・・。日本代表チームの「王貞治」監督は、「世界の王」ですから!(笑)。苗字も「」だし、タイトルも「世界のホームラン王」。正に「王の中の王」(笑)。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/21(火) 21:26:21|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地方行幸(20060318)

2006年3月18日付 ブログブルクタイムズ紙夕刊 第1面
公爵殿下青梅行幸
連合公国を統べる我らが偉大なる公爵殿下は、本日3月18日、侍従2名を伴って東京都青梅市にある吉野梅郷「青梅市梅の公園」にお出ましになられました。日中は公爵殿下のお出ましを祝福するかのように暖かい日が差し、絶好の観光日和でしたが、梅はまだ一分咲きの状態でした。公爵殿下は公園内を散策して梅の花をご観賞され、春の風情を感じておられました。
と言う訳で、本日は東京都青梅市にある吉野梅郷「青梅市梅の公園」に行って参りました。今回は職場の同僚と一緒です。立川で集合して弁当を買い、同僚の車で移動しました。

さて、今回のメインである梅の開花状況についてですが、公園の東側は見頃、その他は一分咲きと言う状態でした。これから4月にかけて見頃になると思われます。開花状況についてはこんな感じでしたが、それでも色々な種類の梅が植えられており、なかなか見ごたえがありました。観光客も多く、年配の方々から若いカップルまで数多くいました。

あと、公園近辺の売店では青梅、奥多摩の名物である「梅干し」、「山葵」、「こんにゃく」、「うど」などが売っておりました。また、「梅の盆栽」なども低価格で販売しておりました。

なかなか春の雰囲気が楽しめた一日でした。

吉野梅郷「青梅市梅の公園」
開園時間:午前9時~午後5時
入園料:1人1回200円(小学生以下は無料)

青梅市観光協会
http://www.omekanko.gr.jp/

青梅市ホームページ
http://www.city.ome.tokyo.jp/

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2006/03/18(土) 21:00:20|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛国心

日本人が日本のことを愛する。

これはごく普通のことだと思います。

中国人が中国を愛する。
韓国人が韓国を愛する。
北朝鮮人が北朝鮮を愛する。


これもごく普通のことで、何も問題ないと思います。

自分の国を愛し、誇りに思うこと。

これは当然のことで、他国から批判されるべきことではありません。しかし、

外国を貶め、批判し、敵視することによって成立する愛国心

は間違っていると思います。日本の近くには、

間違った愛国心を煽る国と地域

が合計3つ程ありますが、我々日本人はそれを反面教師として、そうならないように注意する必要があると思います。あと、日本人の中には、

日本人なのに日本人の愛国心を否定する人

がいるようですが、これも間違っていると思います。まぁ、こういう蝙蝠みたいな人は、結局は敵からも味方からも嫌われるんですけどね。

右翼(保守)でも左翼(革新)でもいいのです。
自分の国を愛し、もっと良い国にしたいと思う、愛国心があれば。


こう思う今日この頃です。

テーマ:ナショナリズム - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/03/18(土) 01:32:10|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

糠床メンテナンス

昨日から糠床を冬眠から起こす作業をしていますが、やはり肝心の糠が足りないと発酵が進まないので、先程、糠を買ってきました。ついでに、「鰯の削り節」も購入。糠と一緒に糠床に投入し、混ぜ込みました。

さて、昨日から糠、ぬかみそからし、鰯の削り節と色々投入して混ぜ込んでおりますが、水分をほとんど追加していないことに気付きました。道理で糠床が固い訳です・・・。そこで、自分で飲むために買ってきた発泡酒(本当は生ビールがよいのですが・・・)を糠床に流し込みました。きっと明日は良い感じの糠床になってくれるでしょう。

<公爵の独り言>
糠床は塩分と水分のバランスが重要です。

テーマ:ご飯のお供 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/03/17(金) 23:13:04|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蕪の糠漬け(結果)

昨日漬けた糠漬け。5個漬けたのですが、夜中に1個つまみ食いしました。短い時間しか漬けていませんが、

薄味だけど、こりゃイケル!

ってな感じで、漬かり上がりにかなり期待を持たせる味でした。しかし先程、2個取り出して食べてみたのですが、それほど味わいがありませんでした。の味は良くするのですが、糠漬けっぽさがあまりない状態です。糠床の調子がまだ回復していないのでしょう・・・。これから足し糠を買ってきて、投入する予定です。

<公爵の独り言>
早く旨い糠漬けが食べたいものです。

テーマ:手づくりにチャレンジ! - ジャンル:グルメ

  1. 2006/03/17(金) 21:50:02|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・糠床始動

今日の昼から糠床の「湯船ぷかぷか」を行いましたが・・・、

途中で寝てしまい、夜まで湯船に放置してましたorz。

せっかく温めたのに、湯の温度が下がり、かえって糠床の温度が下がってしまったのではないかと心配しながら糠床をかき混ぜてみました。・・・温かい!良い感じです。昼過ぎまでは、もったり・べったりして隙間のない手触りだったのが、少し改善したようです。温度が上がって、糠床の活動が始まったのかもしれません。

しかしまだまだ序の口。再度「湯船ぷかぷか」を行うべく、足し糠をして、かき混ぜ。そこでちょっと糠床の味見をしたところ、

かなりしょっぱい!

やはり前回、塩を入れすぎたようです。どうりで腐ったり黴びたりしないわけです。もう少し塩分を下げないと行けません。そこで足し糠が必要なのですが、我が公爵家の足し糠の在庫を確認すると、かなり在庫が少なくなっております。私は当初、今ある足し糠をこの先2、3回分の足し糠に使おうと思っていました。しかし、今、足し糠を全力投入した方が、糠床自体の復活が早まることは明白・・・。まぁ、足し糠を買ってくれば解決する問題なのですが、今日これから買いに行くのも面倒・・・。どうしようか迷っていたところ、私の心の中でトルメキア王国辺境派遣軍司令官クシャナ殿下(参考:風の谷のナウシカ)が叫びました(笑)。

今使わずに何時使うのだ!行けー!

クシャナ殿下のご命令に従い、私は手持ちの足し糠を糠床に全力投入。ついでに「ぬかみそからし」も糠床に投入。かき混ぜた後、糠床の味見をすると、なかなか良い感じ。さすがクシャナ殿下の采配です(笑)。赫赫たる戦果が期待できそうです。現在、糠床は湯船に浮いています。夜中に蕪を漬けて、明日の朝食で食す予定です。

<公爵の独り言>
腐ってやがる!まだ早すぎたんだ!
とならないように注意が必要ですね(笑)。

テーマ:手づくりにチャレンジ! - ジャンル:グルメ

  1. 2006/03/16(木) 20:33:21|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

糠床始動!

久しぶりに糠漬けの話題です。

冬になってからあまり糠漬けをしなくなり、糠床の管理が杜撰になりました。その結果、一度は糠床が変質し、すわ滅亡かと思われたのですが、すんでの所で回復。その後は、大量の塩を投入して長期保管体制に入っておりました。

しかし、最近は温かくなり、そろそろ糠床を目覚めさせても良い頃だと思い、糠床に足し糠をしてかき混ぜました。久しぶりの糠床の感触は・・・もっさりと重く・・・糠床の生気が感じられません・・・。腕が痛くなるほどかき混ぜたのですが、かなり温度も冷たい感じです。塩を入れすぎて、有益な菌も減ってしまったのかも知れません。

そこで我が公爵家恒例の糠床復活法「湯船ぷかぷか」を実施。現在、糠床は湯船に浮いています(笑)。これから「湯船→まぜまぜ」のインターバルを何回か繰り返し、糠床を温めたところで蕪を漬けたいと思います。

<公爵の独り言>
さて、今年も糠漬けを一杯漬けますか!

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/03/16(木) 12:10:43|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇族の誕生日

現在も御生存されている皇族の誕生日を一覧にしました。
但し、婚姻等により皇籍を離れた方は除外しております。
年齢は平成18年3月14日現在で計算しております。

------------------------------------------------------------
●天皇陛下(お名前:明仁)
 続柄:昭和天皇第1皇男子
 誕生日:昭和8年(1933年)12月23日
 年齢:72歳

○皇后陛下(お名前:美智子)
 続柄:正田英三郎第1女子
 誕生日:昭和9年(1934年)10月20日
 年齢:71歳
------------------------------------------------------------
●皇太子殿下(徳仁親王殿下)
 続柄:今上天皇第1皇男子
 誕生日:昭和35年(1960年)2月23日
 年齢:46歳

○皇太子妃殿下(皇太子妃雅子殿下)
 続柄:小和田恆第1女子
 誕生日:昭和38年(1963年)12月9日
 年齢:42歳

○敬宮殿下(愛子内親王殿下)
 続柄:皇太子(徳仁親王)第1女子
 誕生日:平成13年(2001年)12月1日
 年齢:4歳
------------------------------------------------------------
●秋篠宮殿下(文仁親王殿下)
 続柄:今上天皇第2皇男子
 誕生日:昭和40年(1965年)11月30日
 年齢:40歳

○秋篠宮妃殿下(文仁親王妃紀子殿下)
 続柄:川嶋辰彦第1女子
 誕生日:昭和41年(1966年)9月11日
 年齢:39歳

○眞子内親王殿下
 続柄:秋篠宮(文仁親王)第1女子
 誕生日:平成3年(1991年)10月23日
 年齢:14歳

○佳子内親王殿下
 続柄:秋篠宮(文仁親王)第2女子
 誕生日:平成6年(1994年)12月29日
 年齢:11歳
------------------------------------------------------------
●常陸宮殿下(正仁親王殿下)
 続柄:昭和天皇第2皇男子
 誕生日:昭和10年(1935年)11月28日
 年齢:70歳

○常陸宮妃殿下(正仁親王妃華子殿下)
 続柄:津軽義孝伯爵第4女子(実父:徳川義恕男爵)
 誕生日:昭和15年7月19日
 年齢:65歳
------------------------------------------------------------
●三笠宮殿下(崇仁親王殿下)
 続柄:大正天皇第4皇男子
 誕生日:大正4年(1915年)12月2日
 年齢:90歳

○三笠宮妃殿下(崇仁親王妃百合子殿下)
 続柄:高木正得子爵第2女子
 誕生日:大正12年(1923年)6月4日
 年齢:82歳
------------------------------------------------------------
●寛仁親王殿下
 続柄:三笠宮(崇仁親王)第1男子
 誕生日:昭和21年(1946年)1月5日
 年齢:60歳

○寛仁親王妃信子殿下
 続柄:麻生太賀吉第3女子
 誕生日:昭和30年(1955年)4月9日
 年齢:50歳

○彬子女王殿下
 続柄:寛仁親王第1女子
 誕生日:昭和56年(1981年)12月20日
 年齢:24歳

○瑶子女王殿下
 続柄:寛仁親王第2女子
 誕生日:昭和58年(1983年)10月25日
 年齢:22歳
------------------------------------------------------------
●桂宮殿下(宜仁親王殿下)
 続柄:三笠宮(崇仁親王)第2男子
 誕生日:昭和23年(1948年)2月11日
 年齢:58歳
------------------------------------------------------------
○高円宮妃殿下(憲仁親王妃久子殿下)
 続柄:鳥取滋治郎第1女子
 誕生日:昭和28年(1953年)7月10日
 年齢:52歳

○承子女王殿下
 続柄:高円宮(憲仁親王)第1女子
 誕生日:昭和61年(1986年)3月8日
 年齢:20歳
 
○典子女王殿下
 続柄:高円宮(憲仁親王)第2女子
 誕生日:昭和63年(1988年)7月22日
 年齢:17歳

○絢子女王殿下
 続柄:高円宮(憲仁親王)第3女子
 誕生日:平成2年(1990年)9月15日
 年齢:15歳
------------------------------------------------------------

<公爵の独り言>
こうしてみると、本当に皇族男子って少ないですね・・・。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/03/14(火) 22:09:29|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。