西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

隅田川花火大会(20060729)

2006年7月30日付 連合公国日報朝刊第1面
昨日7月29日、連合公国を統べる我らが親愛なる公爵殿下は、東京浅草の夏の風物詩である隅田川花火大会を視察されました。公爵殿下は夏らしく甚平をお召しになり、涼しげな様子で花火をご観覧されました。
と言う訳で、昨夜は隅田川花火大会を観てきました。さすがは名の知れた花火大会、沢山の人が観覧に来ておりました。あまりに人が多いので、ちょっと観ただけで帰りました。来年は浴衣の女の子と一緒に観に行きたいものです。

隅田川花火大会
http://www.kanko-sumida.com/hanabi_top_page.html

<公爵の独り言>
今年の夏も独りだったか・・・。

スポンサーサイト

テーマ:東京 下町 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/07/30(日) 00:47:40|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ペチコート同盟

ペチコート」とは、スカートの下に装着する女性用の下着のようなものです。19世紀以前では女性用のスカート状ドレスのこと自体をペチコートと呼んだそうです。そして、かつてこのペチコートの名を冠した「ペチコート同盟」と言う同盟が有りました。勘違いする人が出てくる前に一応言っておきますが、これは

ペチコート愛好家の団体ではありません。

ペチコート同盟とは、プロイセン国王フリードリヒ二世(所謂フリードリヒ大王)に対抗するためにオーストリア・ハプスブルク家当主マリア・テレジアロシア女帝エリザベータフランス国王ルイ十五世の愛妾ポンパドール夫人(ポンパドール侯爵夫人)と結んだ同盟です。女性3人が中心となって結んだ同盟だったので、「ペチコート同盟」または「3枚のペチコート」と呼ばれています。ペチコート同盟は以下のように結ばれ、瓦解していきました。

<起>
オーストリア・ハプスブルク家当主マリア・テレジアは、神聖ローマ皇帝カール六世の長女でした。カール六世には男子がいなかったので、長女のマリア・テレジアにオーストリア・ハプスブルク家の所領と神聖ローマ皇帝位を継承させようとしました。しかしカール六世の死後、周辺国がこの相続に異議を唱えてオーストリア継承戦争(1740年~1748年)が勃発。プロイセン国王フリードリヒ二世はこの機に乗じてオーストリア・ハプスブルク家の所領であったシュレジェン(シレジア)を占領。その後、オーストリア継承戦争は終結し、マリア・テレジアはオーストリア・ハプスブルク家の所領を継承、マリア・テレジアの夫であるロートリンゲン公フランツ・シュテファンは神聖ローマ皇帝フランツ一世として即位しました。しかしプロイセン王国に奪われたシュレジェンは戻って来ませんでした。

<承>
マリア・テレジアはシュレジェンの奪回を目指し、プロイセン王国との報復戦争を準備し始めました。その手始めとして、プロイセン王国の東側の大国ロシア帝国の女帝エリザベータと同盟を結びました。そして今度はプロイセン王国の西側の大国フランス王国の国王ルイ十五世の愛妾ポンパドール夫人(ポンパドール侯爵夫人)に接近し、7年掛けて同盟を結びました。この同盟において、マリア・テレジアの末娘マリー・アントワネットがフランス王太子(後のルイ十六世)が婚約しております。フランス王国は先のオーストリア継承戦争でも介入し、オーストリア・ハプスブルク家とは犬猿の仲でした。長い間対立してたオーストリア・ハプスブルク家とフランス・ブルボン家のこの同盟は世間を驚かせ、「外交革命」と呼ばれました。こうしてマリア・テレジアはプロイセン王国を三方から包囲することに成功。これに驚いたフリードリヒ二世はイギリス王国と同盟を結び、オーストリアに対して先制攻撃を仕掛けました。七年戦争(1756年~1763年)の勃発です。

<転>
オーストリア・ハプスブルク家、ロシア帝国、フランス王国の三方から包囲されたプロイセン王国は苦戦を強いられました。ベルリンを2度も占領され、フリードリヒ二世は自殺を考える位追いつめられました。しかしその時、ペチコート同盟の一角であるロシア女帝エリザベータが急死。そしてその後を継いでロシア皇帝になったのはフリードリヒ二世の信奉者ピョートル三世。これによりロシア帝国はプロイセン王国との戦争を中止し、フリードリヒ二世は首の皮一枚で助かりました。

<結>
ペチコート同盟の一角を担うフランス王国は、イギリス王国と海外の植民地において戦争を繰り広げ、プロイセン王国との戦争どころではなくなってきました。またプロイセン王国の同盟国イギリス王国も同様にフランス王国との植民地戦争でプロイセン王国に構っていられなくなりました。また、オーストリア・ハプスブルク家はオスマン帝国の脅威に晒され始めました。そのため、両陣営とも戦争の継続が困難となったので停戦し、講和条約を結びました。これにより、プロイセン王国によるシュレジェン領有が確定してしまいました。

マリア・テレジアはペチコート同盟の初期の目的であったシュレジェン奪還は果たせませんでした。しかしオーストリア・ハプスブルク家の広大な所領をほぼ守りきり、オーストリア・ハプスブルク家をヨーロッパの列強に押し上げることに成功しました。女性を怒らせると恐いですね・・・。

<公爵の独り言>
マリア・テレジアはこんな大戦争をしながら、男子5人、女子11人の合計16人の子供を産んでいます。凄いものですね。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/07/23(日) 16:50:45|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルマル同盟

カルマル同盟とは、北欧のデンマーク王国、ノルウェー王国、スウェーデン王国の3王国で構成された国家連合(同君連合)です。1397年にデンマーク王母マルグレーテ(マルグレーテ一世)によって、デンマーク王国を盟主として締結されました。現在のスウェーデン王国のカルマルで締結されたので、カルマル同盟と呼ばれています。

カルマル同盟はバルト海、北海を支配して北欧の超大国として繁栄しましたが、その繁栄は長くは続きませんでした。カルマル同盟は、実質的にはデンマーク王国がノルウェー王国、スウェーデン王国を同君連合という形で支配するものでした。そのため、スウェーデン王国ではカルマル同盟締結当初からデンマーク王国に対して独立を求める反乱が起こっていました。そして1520年にはデンマーク国王クリスチャン二世がスウェーデン独立派の有力者数百名を虐殺するという事態に発展しました(ストックホルムの血浴)。これにより同盟関係は破綻し、スウェーデン貴族グスタフ・ヴァーサが蜂起して独立戦争が勃発。1523年にスウェーデン王国は独立し、カルマル同盟から離脱。グスタフ・ヴァーサはスウェーデン国王グスタフ一世となりました。

このように北欧3王国の同君連合は126年間で終了しましたが、カルマル同盟はまだ続きます。カルマル同盟からスウェーデン王国が離脱した後、デンマーク王国はノルウェー王国の支配を強化し、カルマル同盟はデンマーク王国とノルウェー王国の同君連合(デンマーク=ノルウェー二重王国)という形で存続し続けました。しかしデンマーク=ノルウェー二重王国はナポレオン戦争の敗戦国となり、1814年、キール条約によってデンマーク=ノルウェー二重王国はノルウェー王国をスウェーデン王国に割譲。スウェーデン王国とノルウェー王国の同君連合(スウェーデン=ノルウェー二重王国)が構成され、これにより417年間続いたカルマル同盟は完全に消滅しました。

なお、スウェーデン王国とノルウェー王国の同君連合(スウェーデン=ノルウェー二重王国)は1905年に解消され、ノルウェー王国はデンマーク王国からホーコン王子を国王として迎え、新憲法のもと立憲君主制の新生ノルウェー王国を樹立しました。

<公爵の独り言>
デンマーク王国って凄い強国だったんですね。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/07/23(日) 08:43:01|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海賊(私掠船)

最近、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」が公開されていますが、皆さんもうご覧になりましたか? 私はまだ観ていません。前作の「パイレーツ・オブ・カリビアン - 呪われた海賊たち」もまだ観ていません。今回はパイレーツ即ち海賊についてちょっと説明したいと思います。

海賊と言うと、自分勝手に船を襲っているアウトローと思われがちですが、実は各国の君主(国家)から許可証(私掠許可証、私拿捕許可証)を得て海賊をしていることがあります。簡単に説明すると、敵国の海上交通を遮断して経済的打撃を与えるために、昔は海賊を行う許可証を君主(国家)が個人に与えていたのです。そして戦利品の半分は君主(国家)に献上され、半分は報酬として海賊に与えられました(報酬の分配率は地域と時代により違いが有ると思います・・・)。このような海賊は、私掠船とか私拿捕船と呼ばれています。もちろん、君主(国家)の許可無しで行う海賊は只の海賊行為なので、処罰の対象になります。

ところで、上記の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」や東京ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」と、カリブ海と言えば海賊と言う位海賊で有名です。これは大航海時代に新大陸(アメリカ大陸)に進出したスペイン王国が、新大陸で産出する金塊や銀塊などをカリブ海沿岸の港から船団を組んでスペイン王国に輸送していたことに起因します。当時のスペイン王国は、新大陸の金銀財宝(主に銀)で大変な国力を誇っていました。そして折しもヨーロッパは宗教改革の時代に突入し、旧教(カトリック)側のスペイン王国(君主:フェリペ二世)と、新教(プロテスタント)側のイングランド王国(君主:エリザベス一世)は対立を深めていました。また、スペイン王国の属州だったネーデルラント(君主:オラニエ公ウィレム(ウィレム一世)、後のオランダ王国)も、新教(プロテスタント)を弾圧するスペイン王国に反発し、独立運動を行っていました。そしてイングランド王国とネーデルラントは私掠許可証を出して海賊行為を許可し、スペイン王国の海上交通の破壊を行いました。その舞台となったのがカリブ海だったのです。

イングランド王国の有名な私掠船船長にフランシス・ドレーク船長がいます。ドレーク船長はゴールデン・ハインド号を旗艦とする5隻の船団でスペイン船団に対して私掠活動を行い、莫大な戦利品を獲得、それをエリザベス一世に献上しました。その金額は30万ポンド以上と言われ、同時の国庫収入よりも多かったと言われています。ドレーク船長はこの功績によりエリザベス一世からナイトの称号を授与され、海軍中将に任命されました。またドレーク船長はその後、イングランド艦隊副司令に任命され、スペイン無敵艦隊(アルマダ)との海戦ではイングランド艦隊の実質的な指揮を執り、スペイン無敵艦隊を壊滅させました。

ネーデルラントでは海乞食(ゼーゴイセン)と呼ばれる海上で反スペイン活動を行う集団がいました。この海乞食が主に私掠活動とスペイン支配地の攻撃を行っていました。有名処では、ルーメイ・ウィレム・ファン・デル・マルク伯爵率いる24隻の海乞食がオラニエ公ウィレムの蜂起に呼応してスペイン支配の都市を占領しています。

その他、君主(国家)によって私掠船が認められたケースとしては、

・ナポレオン戦争におけるフランス私掠船
 →交戦国・中立国の船団を略奪して大陸封鎖令を支援

・アメリカ南北戦争における南部連合政府私掠船
 →圧倒的に優勢な北部政府海軍により鎮圧され失敗

がありますが、1856年のパリ宣言でヨーロッパ列強は私掠船の利用を放棄しました。さらに1907年のハーグ平和会議で武装した商船は軍艦として登録されるべきことが国際法として規定され、アメリカ合衆国を含む諸国もそれに従い、私掠船の慣習は消滅したそうです。なお、第一次世界大戦で「最後の海賊」と呼ばれたフェリックス・フォン・ルックナー伯爵が指揮して通商破壊戦を行った帆船ゼーアドラー号は、歴としたドイツ帝国海軍所属の仮装巡洋艦ですので私掠船ではありません。

最後に、カリブ海は多くの海賊が出没する危険な海域でしたが、それ以外にも危険がありました。カリブ海はハリケーンが発生する海域です。そのため、ハリケーンに遭遇して沈没するスペイン船も多く、現在でも積み荷の財宝と一緒に引き上げられて話題になったりします。嵐の後の海岸には、金貨や銀貨などが打ち上げられることがあるそうです。

<公爵の独り言>
そういえば昔「パイレーツ」と言う女性グループがありましたね。

テーマ:パイレーツ・オブ・カリビアン - ジャンル:映画

  1. 2006/07/23(日) 03:52:46|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英国の公領、伯爵家の公式Webサイト

英国の公領、伯爵家の公式Webサイトをいくつか見つけたので紹介します。

コーンウォール公領公式Webサイト(英国王室)
The Duchy of Cornwall
http://www.duchyofcornwall.org/

ランカスター公領公式Webサイト(英国王室)
The Duchy of Lancaster
http://www.duchyoflancaster.org.uk/

マウントバッテン伯爵家公式Webサイト
Broadlands
http://www.broadlands.net/

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/07/22(土) 17:47:22|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連合公国の英語表記について

私が夏風邪でダウンし掛けていた7月20日(木)、サウスアイランド連合公国直訴メール送信ページから以下のような直訴メールを受信しました。

件名:英語
はじめまして
ちげと申します
いきなり質問(意見?)ですが
サウスアイランド連合公国の英語での表記が
The United Duchies of Southislandになっていますよね。
"Duchies"はDuchyの複数形だろうと思いますが
Duchy自体の意味は『大公国』なので
今のままでは、サウスアイランド連合公国ではなく
サウスアイランド連合大公国になってしまうのではないでしょうか。
したがって、サウスアイランド連合公国は
公国の意味の"principality"を使って
The United Principalities of Southisland
と表すのではないかと思います
連合公国自体が造語のようなのでなんとも言えないんですが・・・。

本当に浅はかな知識なので99.9999%
今のままでいいと思うんですが、念のため・・・。
余に直訴するとは、大した度胸をしておる(冗談です)。

まぁ、冗談はこの位にして、なかなか良い質問だと思うので、今日は連合公国の英語表記についてちょっと説明をしたいと思います。

まず、公国を意味する英語は2つあり、公国を統治する君主の称号(英語表記)によってその名が変わります。以下のその例を示します。

Dukeの称号を持つ君主が統治する公国→Duchy
 ・The Duke of Saxony(サクソニア公)
  →The Duchy of Saxony(サクソニア公国)

 ・The Duke of Anhalt(アンハルト公)
  →The Duchy of Anhalt(アンハルト公国)

Princeの称号を持つ君主が統治する公国→Principality
 ・The Prince of Monaco(モナコ公)
  →The Principality of Monaco(モナコ公国)

 ・The Prince of Liechtenstein(リヒテンシュタイン公)
  →The Principality of Liechtenstein(リヒテンシュタイン公国)

私は君主の称号としてDukeを使っておりますので、私の統治する国の英語表記はDuchyとなります。なお、大公国の英語表記はGrand Duchyで、その君主の称号は大公、英語表記はGrand Dukeとなります。

・The Grand Duke of Luxembourg(ルクセンブルク大公)
 →The Grand Duchy of Luxembourg(ルクセンブルク大公国)

・The Grand Duke of Baden(バーデン大公)
 →The Grand Duchy of Baden(バーデン大公国)

そして、「Duchies」はご推察の通り、「Duchy」の複数形です。以前は統一主権国家として単数形の「Duchy」を使ったのですが、主権を持った複数の公国による国家連合という意味合いで複数形の「Duchies」を使用しております。アメリカ合衆国(United States of America)みたいなものですね。ですので、サウスアイランド連合公国の英語表記は、

The United Duchies of Southisland

としております。とは言え、私も英語は素人なので間違いがあるかも知れません。もし他に何か指摘、疑問、質問等ございましたら遠慮無くお申し出下さい。宜しくお願い致します。

<公爵の独り言>
ちげ様どうもありがとございました。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/07/22(土) 17:19:23|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公爵殿下夏風邪を召される!

2006年7月19日付 公国経済新聞 夕刊 公爵動向欄
公爵殿下夏風邪を召される!
連合公国政府報道官は本日夕方、連合公国を統べる我らが親愛なる公爵殿下が夏風邪を召されたと発表した。執務室の空調の冷気に当たり過ぎたためと思われるとのこと。自慰侍医の談話によると、数日前より喉の痛みを訴え、今日は咳、鼻水、頭痛、発熱の症状が見られるとのこと。連合公国の臣民として、公爵殿下の一日も早い快気を願うものである。
と言う訳で、体調がかなり悪いです。とは言え、色々事情があって仕事を休む訳にも行かず、時折ハスキーボイスになりながら仕事をしております。今日は早めに就寝して、体調の回復に努めます・・・。

皆様も夏風邪には気を付けましょう。

<公爵の独り言>
私の快気を願う記帳を受け付けます(笑)。ご記帳はコメント欄にどうぞ!(笑)

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/07/19(水) 21:02:40|
  2. 健康管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ダイエット状況報告(20060718)

最近、健康管理カテゴリの記事を全然書いていませんでしたが、決して「三日坊主」で終わってしまった訳ではありません。ちゃんとウォーキングも続けておりますし、筋トレも追加で始めました。また、日々の食事にも注意して食べ過ぎないように心掛けております。とりあえず今日は、ウォーキングを始めた2006年6月20日から2006年7月18日までの状況を報告します。本日までの体重推移とトレーニングメニューは以下の通りです。
●2006/06/20 体重:87.0kg
 ・ウォーキング:1時間45分

●2006/06/21 体重:87.0kg
 ・ウォーキング:1時間15分

●2006/06/22 体重:87.0kg
 ・ウォーキング:1時間10分

●2006/06/23 体重:88.5kg
 ・ウォーキング:1時間00分

●2006/06/24 体重:89.0kg
 ・ウォーキング:1時間00分

●2006/06/26 体重:88.0kg
 ・ウォーキング:1時間25分

●2006/06/27 体重:86.5kg
 ・ウォーキング:0時間35分

●2006/06/28 体重:87.5kg
 ・ウォーキング:1時間15分

●2006/06/29 体重:88.0kg
 ・ウォーキング:1時間20分

●2006/07/01 体重:88.5kg
 ・腕立:5回
 ・背筋:30回
 ・腹筋:200回
 ・背筋:70回
 ・腕立:5回

●2006/07/02 体重:89.0kg
 ・友人の引越:09:30~20:30
 ・ウォーキング:0時間35分

●2006/07/03 体重:88.0kg
 ・ウォーキング:0時間35分
 ・腹筋:210回
 ・背筋:100回
 ・腕立:10回

●2006/07/04 体重:88.0kg
 ・ウォーキング:0時間30分
 ・腹筋:250回
 ・背筋:120回
 ・腕立:15回

●2006/07/05 体重:88.5kg
 ・腹筋:300回
 ・背筋:100回
 ・腕立:20回

●2006/07/06 体重:87.5kg
 ・ウォーキング:1時間15分
 ・腹筋:300回
 ・背筋:50回
 ・腕立:20回

●2006/07/08 体重:88.0kg

●2006/07/09 体重:88.0kg
 ・鎌倉鶴岡八幡宮参拝
 ・横須賀三笠公園散策

●2006/07/10 体重:88.5kg

●2006/07/11 体重:87.5kg
 ・ウォーキング:1時間05分
 ・腕立:25回

●2006/07/13 体重:88.5kg
 ・腹筋:500回
 ・背筋:100回
 ・腕立:5回
 ・腕立:5回
 ・腕立:5回
 ・腕立:1回

●2006/07/15 体重:87.5kg
 ・腕立:15回
 ・腕立:10回
 ・腹筋:500回
 ・背筋:100回
 ・腹筋:300回
 ・腹筋:300回

●2006/07/16 体重:87.5kg
 ・ウォーキング:1時間00分
 ・腹筋:500回
 ・背筋:100回
 ・腕立:20回
 ・腕立:10回

●2006/07/17 体重:87.0kg
 ・腕立:20回

●2006/07/18 体重:85.5kg
 ・腕立:20回
 ・腕立:20回
 ・腹筋:500回
 ・腹筋:50回
 ・背筋:100回
 ・ストレッチ
こんな感じで、ほぼ毎日トレーニングは行っております。しかし、まだ目立った体重減少は有りませんが、下っ腹が少し引っ込み、ズボンのベルトが少し緩くなりました。あと、心なしか体が軽くなった気がします。また、当初は5回でダウンしていた腕立て伏せも、連続で20回は出来るようになりました。

なかなかイイ感じです。

このままトレーニングと食事の節制を継続し、今年中にアンダー80kgを目指したいと思います。これからも時々状況を報告します。

<公爵の独り言>
スリムになって、これ以上モテたら困るぜ! な~んてね。

テーマ:日々の記録(体重入り) - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/07/19(水) 02:39:46|
  2. 健康管理
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

トラックバックスパム

連合公国は昨日7月17日、大量のトラックバックスパムを受けました。トラックバックスパムの件数は以下の通りです(多い順に掲載)。

西ブログブルク公国(The Duchy of West Blogburg)
 1114件(FC2 BLOG)

マングローブ公国(The Duchy of Mangrove)
 82件(FC2 BLOG)

東ブログブルク公国(The Duchy of East Blogburg)
 10件(KDDI DION LOVELOG)

連合公国のブログはトラックバックを承認制にしてあるので実害はあまりありませんが、メールチェックをする度に膨大な量の「お知らせメール」が届きます。困ったものです。

連合公国に対してトラックバックスパムを送ってくる人物は、私に恨みでもあるのでしょうか? それとも、連合公国の存在を疎ましく思う国家や団体の陰謀でしょうか? このように大量のトラックバックスパムを送ることは、

我が連合公国に対するサイバーテロです!

私は連合公国の君主として、このトラックバックスパムを放置するつもりはありません。トラックバックスパムへの効果的な報復方法をご存じの方がいましたら、是非お教え頂きたいと思います。なお、連合公国の全ブログにおいて半角英数時のみのトラックバックを受付拒否にしました。悪しからずご了承下さい。

テーマ:きょうのできごと - ジャンル:ブログ

  1. 2006/07/18(火) 00:50:17|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

青年会議所(JC)

青年会議所(略称JC)とは、主に自営業者(青年実業家:20歳以上40歳未満)による社会貢献のための団体です。これもロータリークラブライオンズクラブと同様に国際的な組織で、各地域に支部があります。日本での活動は1949年に始まったそうです。社団法人日本青年会議所のWebサイトに青年会議所に関する説明がありますので紹介致します(日本青年会議所は日本における青年会議所の統括組織です)。

社団法人日本青年会議所
http://www.jaycee.or.jp/
青年会議所(JC)とは…?
日本全国720の地域に約40,000人の『修練』『奉仕』『友情』という三信条のもと、率先して行動する仲間がいます。
半世紀以上も前から時代は変われど『明るい豊かな社会』の実現を目指す指導者たらんとする青年団体、それが青年会議所(JC)です。

メンバーは…
国籍・人種・性別・職業・宗教の区別無く、20歳から40歳までの志の高い青年経済人によって構成されております。

青年会議所の始まりは…
1949年『日本はこの先どうなるのだ!?』という今以上に混沌とした戦後の時代背景の中、全国各地で志ある若者たちが立ち上がり、青年会議所運動は始まりました。そして1951年、全国各地で活動していた青年会議所が集まり日本青年会議所(日本JC)を創設。以来、日本の青年会議所運動の枢軸として各地の青年会議所と連携し活動を展開しております。

世界中に広がる青年会議所
日本青年会議所は国際青年会議所(JCI:Junior chamber International)の一員です。国際青年会議所は世界112カ国・27万人以上、OBは250万人以上という組織です。
アメリカ42代大統領ビル・クリントン、第7代国連事務総長コフィー・アナン、フランス第5代首相ジャック・シラクも青年会議所のOBです。

その他多くのメンバー・OBが世界中にいます。くわしくは

http://www.jci.cc/members/enews.php?lang_id=1&info_id=6062&sidebar_id=3000

をごらんください。
ふむふむ。国際青年会議所OBにはアメリカ合衆国元大統領ビル・クリントンや国連事務総長コフィー・アナンがいるのか・・・。

ろくな団体じゃないな!

すみません。冗談です(笑)。フランス大統領ジャック・シラクもOBですし、上記のサイトを見ると、元アメリカ合衆国大統領の名前が沢山あります。それに中曽根康弘元総理や小渕恵三元総理、森喜朗元総理、麻生太郎外務大臣、モナコ公アルベール2世殿下もOBなので、結構な団体(?)だと思います(一応フォローしておきます)。冗談はさておき、活動内容は、地域経済振興のためのイベント企画・実行等を行っているようです。また、日本青年会議所のWebサイトをみると、「皇室典範改正」について言及しているところが興味深いです。

社団法人日本青年会議所
社団法人日本青年会議所の皇室典範改正に対する取り組み

http://www06.jaycee.or.jp/2006/modules/tinycontent8/

地域経済振興のためにも、頑張って頂きたいものです。

<参考リンク>
社団法人日本青年会議所
http://www.jaycee.or.jp/

Junior Chamber International
http://www.jci.cc/

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/07/17(月) 19:18:23|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ライオンズクラブ

まず最初に申し上げておきますが、

西武ライオンズを応援する団体ではありません(笑)。
ライオンズマンションとも関係有りません(笑)。

冗談はさておき、この団体もロータリークラブと同様に、社会貢献を目的に設立された団体です。この団体も世界的な団体で、世界中の各都市に支部のようなものがあります。京都ライオンズクラブのWebサイトに分かりやすい説明がありますので紹介致します。

京都ライオンズクラブ
http://www.kyoto-lions.gr.jp/
ライオンズクラブは1917年にアメリカ、シカゴ市で誕生。メルビン・ジョーンズ氏により創始されました。現在では世界197の国、又は領域にわたり広く組織されている国際クラブで、131万人余の会員を擁する世界最大の奉仕団体です。わが国では1952年東京において最初のクラブが結成され、その後年々発展を続け現在3415クラブ、12万3千人余の会員が所属し、「We Serve(我々は奉仕する)」をモットーとして活動に参加しております。
実際の活動内容については、Japan Lions Clubs(日本ライオンズクラブ)のWebサイトに説明がありましたので紹介致します。

Japan Lions Clubs
http://www.japan-lionsclubs.jp/
主要奉仕活動
1983年から7年間にわたって国際協会の主要国際奉仕活動として取り上げられてきた「薬物乱用防止」(1993年から青少年指導)と「糖尿病教育」に代わって、1991年7月から1996年6月まで、「視力ファースト」が取り上げられることになった。

盲人その他視力障害者への援助は、長年の間、多くのライオンズクラブおよび地区にとって主要な奉仕活動であったが、このプログラムは「視力ファースト」と称して、LCIFをパートナーとし、失明予防国際機関および世界保健機関(WHO)などと密接に協力して、国際的な奉仕活動をするものであった。
視力ファーストの資金獲得運動を「視力ファースト・キャンペーン」(CSF)と呼び、各地区、クラブなどの努力が実り、目標額である1億3千万ドルを達成することができた。視力ファースト・プログラムは世界的に実施され、日本ライオンズもアイ・ヘルス・プログラム(1995-98)を実施し、大々的に緑内障、糖尿病による失明予防の啓蒙を行なった。
なお、「青少年指導」、「糖尿病教育」とともに、以下の主要奉仕活動は、国際協会の経常的な奉仕活動として継続されている。

◇ 青少年指導奉仕
Youth Outreach

麻薬・覚醒剤などの薬物およびアルコールによる害毒に関する青少年のための教育プログラムを企画・推進するとともに、青少年の健全な成長を図る。

◇ 糖尿病教育奉仕
Diabetes Awareness Services

糖尿病の危険に対する人々の認識を深めるため、ライオンズは、教育と早期発見に重点を置いている。無料検診を伴った講演会、セミナーはその事業の一例である。

◇ 視力保護盲人福祉奉仕
Sight Conservation and Work with the Blind

幼児緑内障検診所、アイバンク、リハビリテーション・センターの設置。盲学生のための作業場設置と就職斡旋。盲導犬その他歩行補助器具の供与。図書館、レクリエーション施設のスポンサー。

◇ 聴力保護言語障害者福祉奉仕
Hearing and Speech Action and Work with the Deaf

聴力検診、各種リハビリテーション施設の設置と補聴器具の供与。騒音公害の問題は最大の関心事である。

◇ 環境保全奉仕
Environmental Services

大気、水質、土壌などの汚染の追放を目的とした地域社会活動計画の推進。環境改善のための立法措置の支援。

◇ レオクラブ・プログラム
 Leo Club Program

レオクラブの目的は、地域社会の青少年にリーダーシップをはぐくみ、経験を積む機会を与えることにある。各レオクラブはライオンズクラブによってスポンサーされ、1名のライオンズクラブ会員がレオ顧問に任命され、指導に当たる。

◇ YEプログラム
Youth Exchange Program

青少年の国際的なホーム・ステイを行うライオンズクラブのYE(青少年交換)は青少年の視野を広め、国際的理解と友情を促進している。

◇ ライオネスクラブ・プログラム
Lioness Club Program

ライオネスクラブ・プログラムは、世界各地の女性に、所属クラブを通して恵まれない人々に奉仕する機会を与える。ライオンズクラブ会員の夫人その他奉仕に関心を持つ女性たちは、ライオンズクラブ会員と同様に多種多様の奉仕事業に携わっている(男性の入会も可)。

◇ 国際関係プログラム
International Relations Program

国際親善。相互援助。各種交換計画。国際連合の人道主義的目的への支援。
社会人によるノブレス・オブリージュのための団体と言ったところでしょうか? 世の中には社会奉仕をする団体が沢山あるものですね。これからも頑張って欲しいものです。

<参考リンク>
ライオンズクラブ国際協会
http://www.lionsclubs.org/JA/

Japan Lions Clubs
http://www.japan-lionsclubs.jp/

京都ライオンズクラブ
http://www.kyoto-lions.gr.jp/

ライオンズクラブの総合サイト -ライオンナビ-
http://www.lionsclub.ne.jp/

<公爵の独り言>
私は出来る範囲で無理せず社会貢献したいと思います。

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/07/17(月) 17:27:09|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ロータリークラブ

まず最初に申し上げておきますが、

ロリータクラブ

ではありません(笑)。冗談はさておき、駅前の広場や公園などに「○○ロータリークラブ」といった石碑や看板が掛かっているのを見たことがありませんか? ロータリークラブとは主に自営業者による社会奉仕をするための団体です。ロータリークラブは世界的な団体で、世界中の各都市に支部のようなものがあります。帯広南ロータリークラブのWebサイトに分かりやすい説明がありますので紹介致します。

帯広南ロータリークラブ
http://www.obihirominami-rc.jp/
ロータリークラブとはどの様な団体?
ひと言でいえば奉仕クラブ組織ですが、自分の職業を通じて世界の人々へ奉仕することに主眼がおかれています。

ロータリーとは「人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した実業人および専門職業人が世界的に結び合った団体である」と定義され、またロータリークラブとは「奉仕の理想を各人の個人生活、職業生活および社会生活実践の基盤とすることに同意した、実業人や専門職業人によって構成されたクラブ」と定義されています。

何か難しそうですが、実際は会員同士の親睦を深め、自己啓発を進めながら、自分の職業を生かして世界や地域に奉仕していくことを目指しています。

ロータリーの発祥と現在の規模
シカゴという大都会の中で孤独と疎外感に悩むポール・ハリスという青年弁護士が、1905年2月23日、3人の仲間とともに「実業人が友愛の気持ちをもって親しみ合い、仕事のうえでの知り合いの輪を広げていくために定期的に集まる会をつくる」というアイディアからロータリーが生まれました。

現在では全世界の168の国と32,462のロータリークラブがあり、1,209,790人(2005年12月公式発表)のロータリアンがおられます。

日本では各都道府県に2,326のクラブがあり、101,133人のロータリアンが活動しています。

ロータリーではどのような活動しているのか
次の4つの奉仕活動が中心となって活動されています。

・クラブ奉仕
会員相互の親睦を深め、和気あいあいとした協力体制を作ります。また、クラブ全体の運営・調和を図る役割もあります。

・職業奉仕
すべてのロータリアンが各自職場での代表でありロータリーの理想の模範を示し、その理想を分かち合うように勧めることを目的とします。これを端的に表したのが有名な四つのテストです。

 ●四つのテスト
 【言行はこれに照らしてから】
  1.真実かどうか
  2.みんなに公平か
  3.好意と友情を深めるか
  4.みんなのためになるかどうか

・社会奉仕
地域社会の中でその社会が欲しているものを探しだし、そのニーズに対して適切な奉仕活動を行います。

・国際奉仕
ロータリーが世界平和と各国間の理解のために強力な力となっている分野です。青少年留学生の派遣や受入れ、世界各地の災害などへの援助など世界的な社会奉仕活動を行っており、世界中からポリオをなくすためのワクチンや医師を提供するポリオプラスは日本が提唱し世界的に推進されているプログラムです。

例会と卓話
ロータリークラブは通常毎週1回例会を開催します。

その例会では、クラブとしての活動報告や連絡事項の伝達などがありますが、その後半に「卓話」という会員や有識者による30分間の講演があります。この卓話はロータリークラブの最大の特徴ですが、貴重な自己研鑽の材料となります。
この他にも親睦を深めるための家族会や同好会活動があります。
自営業者がノブレス・オブリージュを実践するための団体と言ったところでしょうか? 意外と身近なところにも会員がいるかも知れませんね。頑張って頂きたいものです。

<参考リンク>
Rotary International(英語)
http://www.rotary.org/

Rotary International(日本語)
http://www.rotary.org/languages/japanese/

ROTARY JAPAN
http://www.rotary.or.jp/

東京紀尾井町ロータリークラブ
http://www.kioicho-rc.jp/

大阪北梅田ロータリークラブ
http://www.kita-umeda2660rc.org/

明石北ロータリークラブ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~madamada/

京都洛西ロータリークラブ
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/raku_sai/

帯広南ロータリークラブ
http://www.obihirominami-rc.jp/

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/07/17(月) 16:57:58|
  2. ノブレス・オブリージュ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

フランス革命記念日

昨日7月14日は「フランス革命記念日」です。日本では「パリ祭」の名で知られています。1789年7月14日、政治犯を収容していたパリのバスチーユ牢獄をパリ市民が攻撃し、フランス革命が始まりました。そしてフランス国王ルイ十六世とその王妃マリー・アントワネットは、後の裁判で有罪となり、ギロチン(断頭台)の露と消えたのです。

民意を無視した圧政を敷くと、必ずその反動が起こります。為政者は歴史によく学び、民意に沿った政を行って欲しいものです(もちろん、民意は誘導しても構いませんが・・・)。

<公爵の独り言>
余も革命が起きないような統治を行わなければ・・・。

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/07/15(土) 20:12:30|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手巻きと自動巻き(2)

これから書くことは、私の勝手な妄想です。

機械式時計には手巻きと自動巻きがありますが、世界の王侯貴族、大富豪、その他セレブと呼ばれる人々(以下纏めてセレブと表記する)が使うのは手巻きが圧倒的に多いのではないかと思います。

理由その1 伝統と格式
伝統と格式を重んじるセレブは、歴史の浅い自動巻きよりも、懐中時計時代からの歴史を誇る手巻きをより好むのでは無いかと思われます。

理由その2 薄くて軽くてエレガント
手巻きムーブメントは自動巻きムーブメントと比べて薄くて軽いのが特徴です。箸より重い物を持ったことがセレブにとっては、薄くて軽く、そしてエレガントであることは重要な要素だと思います。

理由その3 ゼンマイの巻き上げ
セレブは自分で腕時計のゼンマイを巻くことはしないでしょう。恐らく執事やお付きの人がゼンマイを巻き上げることになると思います。手巻きムーブメントの場合は、執事やお付きの人が「ジーコ、ジーコ」とすました顔して竜頭でゼンマイを巻き上げて、ご主人様にお渡ししていることでしょう。しかし自動巻きムーブメントの場合はそうは行きません。執事やお付きの人が「シャカシャカ」と必死の形相で腕時計を振り回し、ゼンマイを巻き上げなければなりません。これはあまりエレガントな所作とは言えませんね。

理由その4 運動量
セレブは日常生活での運動量が少ないと思われるので、自動巻きでは十分なゼンマイ巻き上げを期待出来ないと思われます。

でも、実際のところはどうなんでしょうね?
セレブの方、是非教えて下さい。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/07/15(土) 16:31:51|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

手巻きと自動巻き(1)

機械式腕時計には手巻きと自動巻きがあります。この記事では、その違いを簡単に説明します。

●手巻き
手巻きは、手で竜頭を巻いてゼンマイを巻き上げる方式です。一度巻き上げると最大40時間位動作しますが、1日1回、大体同じ時間に巻き上げた方が精度が安定すると言われています。また、自動巻きと比べてムーブメントが薄いので、ドレスウォッチ等に使われることが多いです。なお、手巻きの腕時計は、マニュアルワインディング(Manual Winding)、ハンドワインディング(Hand Winding)と呼ばれることもあります。

●自動巻き
自動巻きは、時計内部のムーブメントに取り付けられた「ローター」という錘が腕の動きで回転することによって自動的にゼンマイを巻き上げる方式です。自動巻きの腕時計は、大抵文字板に「Automatic」と表記されています。手巻きの機能も付いている物も多く、手でゼンマイを巻き上げることも可能です。ゼンマイは一度巻き上げると最大40時間位動作しますが、自動巻きの場合はローターが回転するたびにゼンマイは巻き上げられるので、毎日使用するとずっと動き続けます。しかし、使用する人の運動量が少なくて巻き上げが足りなかったりすると早く止まったりします。また、2日くらい放置すると止まってしまうのが欠点です。ムーブメントの厚さについては、自動巻きのムーブメントは上記の通りローターという錘が付いているので、手巻きムーブメントに比べて厚くなっています。

大きな違いはこんなところです。

<公爵の独り言>
私はエレガントな薄型の手巻きが好きです。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/07/15(土) 15:33:19|
  2. 時計
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

SEIKO メカニカル(SARB001)

我が公爵家が保有する時計を紹介します。
これはSEIKO(セイコー)のメカニカル(SARB001)です。

SEIKO(セイコー)SEIKO(セイコー)SEIKO(セイコー)SEIKO(セイコー)
SEIKO(日本)
メカニカル(SARB001)
平成18年(2006)7月10日購入

セイコーは昨年頃から、SPIRIT(スピリット)等のメカニカル(機械式)腕時計をリリースしておりますが、この腕時計は今年の6月に発売になったばかりの新作です。昔懐かしいカットガラス風防と、涼しげなブルーのグラデーション文字板に惚れて買ってしまいました。

この時計、値段の割になかなか良いスペックを持っています。セイコーの比較的廉価な自動巻き腕時計の場合、手巻き機能がないことが多いのですが、この時計は手巻き可能です。そして竜頭も手巻きしやすいようにちょっと大きめです。あと、ハック機能(秒針停止機能)も付いているので、時刻をぴったり合わせることが出来ます。また、秒針が秒のインデックスにちゃんと届いていることも時計本来の機能がきちんとしている印象を受けます。ブレスはステンレスの5連無垢ブレスで、フィット感はまずまず。バックルはプッシュ式で着脱しやすく良い感じです。防水は日常生活用強化防水(10気圧)で申し分有りません。ただ、シースルーバックの裏側から見えるムーブメントはあまり面白味がありません。そこだけがちょっと残念です。

久しぶりに購入したセイコーの腕時計。久しぶりにワクワクするセイコーに出会えました。この時計は、私の夏の定番となることでしょう。大切に使いたいと思います。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/07/12(水) 01:59:37|
  2. 時計
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

神奈川行幸(20060709)

2006年7月10日付 連合公国日報朝刊第1面
連合公国を統べる我らが親愛なる公爵殿下は、昨日7月9日日曜日、妹君殿下を伴って神奈川行幸にお出ましになられました。公爵殿下がお立ち寄りになられた場所は以下の通り。

<今回の行幸地>
・江ノ島
・花水レストハウス
・鎌倉(鶴岡八幡宮)
・七里ヶ浜(モアナマカイ珊瑚礁)
・横須賀(三笠公園)
・埼玉

公爵殿下が鎌倉の鶴岡八幡宮に参拝された際、一部の記者から「この参拝は公式参拝なのか? それともか私的参拝なのか? お賽銭は公国の公費を支出しているのか?」と言った質問が飛び出し、物議を醸す場面もありました(これは冗談です)。また横須賀では日本共産党によるデモ行進に遭遇し、御料車の走行が妨げられるというハプニングもありました。横須賀の三笠公園においては、公爵殿下は記念艦三笠に乗艦され、艦内の追悼室や艦内神社で黙祷を捧げ、日本を護るために犠牲になった方々のご冥福を祈っておられました。
と言う訳で、今回は妹が「鎌倉に行きたい!」とうるさいので、家族サービスと言うことでドライブに行ってきました。出発は7月9日日曜日の午前1時過ぎ、帰着は同日の午後11時半過ぎでした。

1.江ノ島
先ずは東京から江ノ島を目指しました。夜の内に移動して、早朝には到着。近くのファミリーレストランで夜食兼朝食。レストラン内の大画面液晶テレビでサッカーワールドカップの試合を少し見る。その後江ノ島に移動して、駐車場でしばし仮眠。

2.鎌倉
鎌倉では、鶴岡八幡宮に参拝。鎌倉幕府の第三代将軍源実朝が暗殺された大銀杏を見る。参拝後、お神籤を引くと「大凶」が出る。軽くショックを受けて、開運御守りを購入。その後付近を散策。源氏池近くの売店で「ところてん」を食べて涼を取る。その後、太鼓橋付近の池の石垣で蛇を発見。これだけでも珍しいのに、目の前で蛇が脱皮を開始。一部始終を携帯のデジカメで撮影。蛇は綺麗に脱皮して石垣の隙間に消えた。その後は、鎌倉彫の店と骨董店、パン屋をひやかす。和菓子屋で水羊羹と麩饅頭を賞味。実に美味。

3.七里ヶ浜
妹のお勧めのレストラン「モアナマカイ珊瑚礁」で昼食。カレーを食す。なかなか旨い。ハワイアン風のレストランで、ウェイトレスの女の子がなかなか可愛かった。また行きたい。

4.横須賀
当初観音崎に行く予定だったが、途中で大渋滞に遭遇。横須賀まで来てみて渋滞の原因判明。原因は、「日本共産党その他関連団体によるデモ行進」。増税反対と憲法九条死守についてシュプレヒコールを上げている。現在進行形で日本の安全保障が北朝鮮、韓国、中国によって脅かされている今、ちょっとは空気を読めよ、日本共産党と思いつつじっと我慢。1km進むのに40分近くかかり、時間の都合で観音崎行きは断念、三笠公園へ。三笠公園では夢中になって記念艦三笠を携帯のデジカメで撮影。miniSDが一杯になり、本体メモリも使って50枚近い写真を撮影。三笠艦内にも入り、各所を見学。追悼室と艦内神社では、日本の為に殉じた方々の献花代にでもと少額ながら浄財を寄進。その後、艦を降りて売店でアイスクリームを買って妹と食べていると、東郷平八郎元帥の銅像によじ登って写真を撮ろうとする馬鹿を発見。その馬鹿はすぐに公園の管理者に注意を受けて、銅像を降りた。戦艦三笠の30センチ主砲をぶち込んでやりたい気分だった。

5.埼玉
横須賀から東京に戻ったあと、意味もなく昔住んでいた埼玉へ。街道沿いのレストランで夕食。その後、若かりし頃アルバイトをしていた居酒屋へ。しかし閉店し、今はもう営業していない。そこで偶然にもアルバイト時代の先輩(女性)に遭遇。ちょっとだけ話をして別れる。その後東京へ戻り、妹を家に送り届けて帰宅。

今回の地方行幸はこんな感じでした。鶴岡八幡宮のお神籤で「大凶」を引いたせいか、なかなか波乱に満ちた行幸でした。あと、次回は妹ではない女性を伴って、「行幸」ではなく「行幸啓」としたいものです。

なお、今回の神奈川巡幸において撮影した写真の一部を、

フォトランド公国
http://i-bbs.sijex.net/imageBoard.jsp?id=duke

にて公開しております。鎌倉の鶴岡八幡宮で撮影した蛇の脱皮や、横須賀の三笠公園で撮影した記念艦三笠の写真があります。よかったらご覧下さい。

<今回の御料車>
車種:ホンダ フィット
排気量:1,300cc
走行距離:330km
燃費:11.18km/L

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/07/11(火) 00:59:32|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

オムツ着用

天皇皇后両陛下や皇族方が使用する御料車の運転手は、乗務中、トイレに行くことが出来ないので、

オムツを着用している

と言う噂を聞いたことがあります。プロの運転手ならば、日頃から規則正しい生活を心掛け、食事量、水分量、食事の時間、用便の時間を上手くコントロールしていると思いますので、真偽の程は分かりません。

テーマ:お役立ち情報 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/07/08(土) 17:51:00|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日産グロリア

今は無き日産の高級車グロリア(GLORIA)。この自動車の誕生には、今上陛下と深い関わりがあります。

グロリアは、1959年(昭和34年)にプリンス自動車(1966年8月1日に日産自動車と合併:日産自動車による事実上の吸収合併)から発売されました。この年は、皇太子明仁親王殿下(今上陛下)と皇太子妃美智子妃殿下(皇后陛下)がご成婚された年でした。これを記念して、ラテン語で「栄光」を意味する「グロリア」の名が付けられたと言われております。そして同年、グロリアは皇太子明仁親王殿下(今上陛下)にも納入されたそうです。なお、皇室の御料車「プリンスロイヤル」はこのグロリアをモデルに設計したと言われております。

また、グロリアを発売した自動車メーカー「プリンス自動車」自体も今上陛下と深い関わりがあります。プリンス自動車の前身は航空機メーカーの「立川飛行機」と「中島飛行機」で、戦後、自動車メーカー「富士精密工業」となりました。そして1952年(昭和27年)、皇太子明仁親王殿下(今上陛下)の立太子礼が行われたことを記念して、社名を「プリンス自動車工業」にしたと言われております。

このように、今上陛下とグロリア、プリンス自動車は非常に深い関係があった訳ですが、最近はその関係も希薄になっている感じがします。プリンス自動車は日産に吸収され、日産はフランスのルノーの傘下になり、グロリアは製造中止となってしまい、御料車も日産のプリンスロイヤルからトヨタのセンチュリーロイヤルに変更される。プリンス自動車時代から今上陛下とご縁があった日産が、グロリアの製造を中止したことと、プリンスロイヤルに代わる御料車の開発を断ったことが残念でなりません。

<公爵の独り言>
プリンスがプリンスのグロリアに乗っていた訳ですね(笑)。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/07/08(土) 17:37:07|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御料車の写真

御料車の写真を沢山掲載しているサイトがありますのでご紹介致します。

Imperial Suite
http://homepage2.nifty.com/backyard1/vipcars_index.html

今までの御料車プリンスロイヤル他、御料車として利用された自動車の写真が沢山掲載されております。また、御料車に掲げられる旗(天皇旗、皇后旗、皇太子旗、親王旗など)についても解説があります。これを見ると、その御料車に誰が乗車されているかのヒントになると思います。お勧めです。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/07/08(土) 13:44:48|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御料車お披露目

天皇皇后両陛下の新御料車「センチュリーロイヤル」が昨日7月7日、納入されたそうです。

Yahoo!ニュース 7月7日(金)10時42分 -共同通信-
新御料車お披露目 デビューは8月15日に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060707-00000045-kyodo-soci
 国会開会式や国賓の送迎など皇室の重要行事に使われ、天皇、皇后両陛下の「足」となる新たな「御料車(ごりょうしゃ)」センチュリーロイヤル(トヨタ自動車)1台が宮内庁に納入され、7日、皇居内で披露された。デビューは8月15日の全国戦没者追悼式となる予定。
 全長約6メートル、幅約2メートル、車高約1・8メートルで、8人乗りのリムジン。和紙や天然木、座席のウールなど車内に天然素材がふんだんに使われている。低燃費、低公害を実現したという。
 これまで活躍してきた旧御料車のプリンスロイヤル5台は3-4年で順次入れ替え、今回納入された車も含め計4台の新御料車を購入する。
センチュリーはトヨタの最高級車種で、後席の居住性が重視されたショーファードリブンカー(運転手が運転し、オーナーは後席に座る車)です。価格は1,113万円(センチュリーロイヤルの価格は5,250万円)。

トヨタ自動車 センチュリー
http://toyota.jp/century/index.html

私も以前、センチュリーの後席に乗ったことがありますが、確かに乗り心地が良く、その価格に納得した記憶があります(お台場にあるトヨタのショールームで乗りましたw)。

センチュリーの凄いところは、その安全性です。センチュリーに搭載されているV型12気筒エンジンのエンジン制御システムは二重化されており、片側6気筒が故障しても走り続けることが出来るようになっています。そしてエンジンに燃料を供給するフューエルポンプも二重化されており、エンジンを始動させる度に切り替えられ、片方のフューエルポンプが故障しても、もう片方の正常なフューエルポンプで燃料を供給出来るようになっています。このようなセンチュリーの御料車バージョン「センチュリーロイヤル」。きっと天皇皇后両陛下の良き足となってくれることでしょう。

なお、今まで使ってきた御料車「プリンスロイヤル」は、これから「センチュリーロイヤル」と交代されて引退となりますが、デビューから30年近く使用され、老朽化のため製造メーカーの日産から使用を控えるように言われていたそうです。皇室の物持ちの良さには驚きです。「プリンスロイヤル」・・・今までご苦労様でした。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/07/08(土) 13:10:08|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

神奈川行幸(予定)

2006年7月6日付 連合公国日報夕刊第1面
本日夕方の連合公国政府報道官の発表によると、連合公国を統べる我らが親愛なる公爵殿下は、来る7月9日日曜日、神奈川行幸にお出ましになられるとのことです。お立ち寄りになる予定の場所は以下の通りです。

・江ノ島
・鎌倉(鶴岡八幡宮)
・城ヶ島
・観音崎
・横須賀(三笠公園)

なお、この行幸には女性が伴うとのことですが、その女性が誰であるかはについては未だ明らかになっておりません。
と言う訳で、久しぶりにドライブに行く予定です。え? 誰と行くのかって? それは後日ここで明らかにします。お楽しみに。

テーマ:旅行の計画 - ジャンル:旅行

  1. 2006/07/06(木) 21:07:07|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

侵略される日本

日本は隣国から侵略されつつある。今週は正にその縮図であった。

●7月2日日曜日 中国による排他的経済水域侵入(尖閣諸島周辺)
 NIKKEI NET 2006年7月2日(日)
 尖閣諸島近海に中国調査船、「事前通報なし」と外務省が抗議
 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060703NT001Y31102072006.html
 第11管区海上保安本部(那覇)の巡視船は2日午前5時50分ごろ、尖閣諸島・魚釣島南西約24キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で中国の海洋調査船「東方紅2号」(3、235トン)が航行しているのを発見、調査を中止するよう警告した。外務省は同日、東京の中国大使館に「事前通報がない」と抗議したが、大使館は「事実関係を確認する」と回答するにとどまった。

 日中間でEEZ境界が画定していない海域があるが、そこで海洋調査をする場合は事前通報することで合意済み。

 同保安本部によると、尖閣諸島付近の中国調査船による無断調査は2年ぶり。巡視船は現場海域で「日本EEZ内での事前通報のない調査は認められない。直ちに調査を中止せよ」と中国語と英語で警告。東方紅2号は応答せず、北西方向へ航行しながら海水採取などを続け、3日未明にEEZ外に出た。同船はいったん日中境界線付近から約4キロ付近まで北上。4回目の調査を終えた午後8時ごろ、日本側EEZ内を東に向け航行を再開した。巡視船は追跡して監視、警告を続けた。
●7月5日水曜日 韓国による排他的経済水域侵入(竹島周辺)
 NIKKEI NET 2006年7月5日(水)
 韓国調査船が竹島領海に侵入・政府、対抗調査の方針
 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060705AT3S0500A05072006.html
 日本政府は5日午前、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺海域で、韓国の海洋調査船が日本側主張の排他的経済水域(EEZ)や竹島の領海に侵入したことを確認した。韓国政府は「海流調査のため」としている。外務省は同日、鹿取克章外務報道官名で談話を発表し、4月に中止した海上保安庁による海洋調査を「適切な時期に実施する」として対抗措置をとる方針を明らかにした。

 韓国政府も調査開始を認めた。調査は1日程度で終了する予定としている。鹿取外務報道官談話は「日韓双方のEEZの主張が重複する海域及び竹島領海で海流調査を開始したことは極めて遺憾であり、直ちに中止を求める」と要求。谷内正太郎外務次官は5日午前、外務省に羅鍾一駐日韓国大使を呼び、海流調査に踏み切ったことに厳重抗議した。羅大使は「適法であり、正当な主権行為だ。中止要請は受け入れられない」と述べた。
●7月5日水曜日 北朝鮮による弾道ミサイル発射(日本海)
 NIKKEI NET 2006年7月5日(水)
 北朝鮮7発発射、安保理が緊急協議へ
 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060705AT3S0501Y05072006.html
 北朝鮮は5日、断続的に7発のミサイルを発射した。すべて日本海に落下し、1発は長距離弾道ミサイル「テポドン2号」とみられる。政府は北朝鮮を厳しく批判、貨客船「万景峰号」の入港禁止など九項目の制裁措置を決めた。日米両政府の要請を受け、国連安全保障理事会は5日に緊急の非公式会合を開く。国際社会の自制要求を無視したミサイル発射の強行により、朝鮮半島情勢は緊迫した局面を迎えた。

 防衛庁などによると、発射時間は午前3時30分ごろ、同4時ごろ、同5時ごろ、同7時10分ごろ、同7時30分ごろ、同8時20分ごろと午後5時20分ごろの7回。

 発射場所は「テポドン2号」とみられる3発目が日本海側の咸鏡北道花台郡の舞水端里(ムスダンリ)の発射実験場で、残りは南東部の江原道安辺郡キテリョンとしている。落下推定地点は「ロシア沿海州南方の日本海」で、日本領海内への落下は確認していない。
これらの記事を読むと、アジアの平和を乱しているのが特定アジア(旧名称:極東三馬鹿:中国、韓国、北朝鮮)であることがよく分かる。それにしても、日本も随分と舐められたものである。そろそろ断固とした決意の元、毅然とした対応をする必要が有るのではないだろうか?

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/07/06(木) 01:44:04|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーセージの糠漬け(結果)

昨日(7月4日)の夜に漬けたソーセージの糠漬け。昨夜は眠ってしまい、味見が出来なかったので、今日の夜取り出して食べてみました。

味は、少し塩味が濃くなり、少し旨みが増した感じ。可もなく不可もなくと言ったところです。もっと美味しくなるかと思ったのですが、ちょっと期待はずれでした。

テーマ:自作料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/07/05(水) 23:53:37|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平和団体/市民団体

今日、北朝鮮がミサイルを発射しましたが、平和団体/市民団体が北朝鮮に対して抗議したという話は全く聞きませんね。そう言えば、平和団体/市民団体は自衛隊やアメリカ軍の活動にはいつも抗議するのに、

中国、韓国、北朝鮮の軍事活動には抗議しませんね。

何か変ですね。一体何処の国の人なのでしょうか? こう言う人、近くにいませんか? 注意しましょう。

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/07/05(水) 21:48:26|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

韓国は北朝鮮の支援国

韓国は北朝鮮にとって最大の支援国である。韓国は「太陽政策」の名の下に、北朝鮮に莫大な援助を行い、便宜を図ってきた。そして韓国は北朝鮮の核開発を容認してきただけでなく、

韓国が北朝鮮と統一した暁には、韓国も核保有国になる!

と本気で考えていた国家である。北朝鮮がここまで増長し、暴走した原因は、韓国の北朝鮮支援であることは間違いのない事実である。

韓国は北朝鮮のミサイル開発における最大の支援国である。

忘れてはならない。

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/07/05(水) 20:55:41|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

中国は六ヶ国協議の議長国

本日、北朝鮮がミサイル7発を日本海に発射した。現在まで、朝鮮半島の非核化と安定のために「六ヶ国協議」と言うモノが開かれてきた。しかし結局「六ヶ国協議」は北朝鮮を増長させるだけで、全く無意味であったことが本日はっきりと分かった。ところで、

六ヶ国協議の議長国は中国

であるが、今まで一体何処で何をしていたのであろうか? 中国は六ヶ国協議の議長国でありながら参加国の意見の取り纏めも出来ず、子分である北朝鮮を抑えることも出来ないという無能ぶりを発揮し、このような事態を引き起こした。北朝鮮の暴走を許した議長国中国の責任は重大である。

中国は六ヶ国協議参加国に謝罪すべきであろう。

それにしても、六ヶ国協議の取り纏めすらまともに出来ない中国が、国連安全保障理事会の常任理事国でいるとは実に滑稽である。今回の件で中国の国際的信用と威信は地に落ちたと言えるであろう。中国はそろそろ分を弁えた行動をしないと、世界から相手にされなくなるであろう。

北朝鮮の暴走を許したのは中国!

忘れてはならない。

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/07/05(水) 20:24:32|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

北朝鮮ミサイル発射!

本日7月5日未明、北朝鮮がミサイルを6発発射。いずれも日本海に落下した。6発のミサイルの中には、北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2」も含まれていたと言われている。そして北朝鮮は7月5日夕方、7発目のミサイルを発射した。

北朝鮮は2002年(平成14年)9月17日に発表した「日朝平壌宣言」において、ミサイル発射モラトリアムを宣言していた。参考のため、外務省Webサイトから日朝平壌宣言の本文を引用する。

外務省Webサイト 日朝平壌宣言
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_koi/n_korea_02/sengen.html
 小泉純一郎日本国総理大臣と金正日朝鮮民主主義人民共和国国防委員長は、2002年9月17日、平壌で出会い会談を行った。
 両首脳は、日朝間の不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、実りある政治、経済、文化的関係を樹立することが、双方の基本利益に合致するとともに、地域の平和と安定に大きく寄与するものとなるとの共通の認識を確認した。

1.双方は、この宣言に示された精神及び基本原則に従い、国交正常化を早期に実現させるため、あらゆる努力を傾注することとし、そのために2002年10月中に日朝国交正常化交渉を再開することとした。
 双方は、相互の信頼関係に基づき、国交正常化の実現に至る過程においても、日朝間に存在する諸問題に誠意をもって取り組む強い決意を表明した。

2.日本側は、過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した。
 双方は、日本側が朝鮮民主主義人民共和国側に対して、国交正常化の後、双方が適切と考える期間にわたり、無償資金協力、低金利の長期借款供与及び国際機関を通じた人道主義的支援等の経済協力を実施し、また、民間経済活動を支援する見地から国際協力銀行等による融資、信用供与等が実施されることが、この宣言の精神に合致するとの基本認識の下、国交正常化交渉において、経済協力の具体的な規模と内容を誠実に協議することとした。
 双方は、国交正常化を実現するにあたっては、1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則に従い、国交正常化交渉においてこれを具体的に協議することとした。
 双方は、在日朝鮮人の地位に関する問題及び文化財の問題については、国交正常化交渉において誠実に協議することとした。

3.双方は、国際法を遵守し、互いの安全を脅かす行動をとらないことを確認した。また、日本国民の生命と安全にかかわる懸案問題については、朝鮮民主主義人民共和国側は、日朝が不正常な関係にある中で生じたこのような遺憾な問題が今後再び生じることがないよう適切な措置をとることを確認した。

4.双方は、北東アジア地域の平和と安定を維持、強化するため、互いに協力していくことを確認した。
 双方は、この地域の関係各国の間に、相互の信頼に基づく協力関係が構築されることの重要性を確認するとともに、この地域の関係国間の関係が正常化されるにつれ、地域の信頼醸成を図るための枠組みを整備していくことが重要であるとの認識を一にした。
 双方は、朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守することを確認した。また、双方は、核問題及びミサイル問題を含む安全保障上の諸問題に関し、関係諸国間の対話を促進し、問題解決を図ることの必要性を確認した。
 朝鮮民主主義人民共和国側は、この宣言の精神に従い、ミサイル発射のモラトリアムを2003年以降も更に延長していく意向を表明した。

 双方は、安全保障にかかわる問題について協議を行っていくこととした。
しかし北朝鮮は昨年頃「シルクワーム」と呼ばれる「短距離地対艦ミサイル」を発射した。普通ならばこれだけでも日朝平壌宣言違反であるが、日朝平壌宣言で言うところのミサイルとは、長距離または中距離射程の弾道ミサイルのことであり、短距離射程の対艦ミサイルは対象外なのだろうと、当時はうやむやになった記憶がある。しかし今回は「長距離弾道ミサイル」である「テポドン2」を発射している。これは日朝平壌宣言違反であることは明らかであり、国家間の約束事を反故にした重大な問題である。

今の状態は、いつ戦争が起きていてもおかしくない状況である。日本政府には、国民の生命と財産を守るために必要な措置を迅速に行って頂きたいと思う。そして国民は、政府および与野党議員の言動をしっかりとチェックし、次回の選挙に反映するべきであると思う。

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/07/05(水) 20:09:17|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ソーセージの糠漬け

今日、糠床をかき混ぜながら、何か漬ける物が無いかと考えていたところ、先日、DION月月倶楽部で当選した「ドイツグルメセット」の「フランクフルト・ソーセージの瓶詰め」が残っていたことを思い出し、それを糠漬けにしてみることにしました。

基本的に生肉や生魚は野菜用の糠床とは別の糠床に漬けるようにしておりますが、今回は既に加熱調理済みのソーセージなので、野菜用の糠床にそのまま漬けてみました。その数3本。とりあえず、3時間位漬けて味見をしてみます。結果は後ほどレポートします。お楽しみに♪

<公爵の独り言>
久しぶりの実験的糠漬けです。どんな味になるのか楽しみですね。

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/07/04(火) 21:33:13|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

検閲のお知らせ

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? サウスアイランド連合公国サウスアイランド連合公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国フォトランド公国)を統べる公爵でございます。本日は連合公国における「言論の自由」について重要なお知らせがあります。

今まで連合公国は「言論の自由」を尊重してコメント及びトラックバックを無制限に受け入れ、記事に関係ないコメントスパムやトラックバックスパムを随時削除して対応して参りました。ところが最近、連合公国を構成する東ブログブルク公国において大量のトラックバックスパムを受けました。1日に受けたトラックバックスパムの数、およそ200件。これほどの件数になると削除するのも大変ですし、記事に関連する有益なトラックバックがスパムに埋もれてしまいます。これはとても残念なことです。

そこで連合公国は、その対策としてトラックバックの「検閲」を行うこととしました。今後は連合公国へのトラックバックは全て承認制とし、君主である私が適切なトラックバックと判断したモノのみ掲載を許可することとします。そしてトラックバックスパムが減少したと判断された場合は、トラックバックの「検閲廃止」を検討致します。なお、コメントについてはこれまで通り「検閲無し」の無制限と致します。しかしコメントスパムが多くなった場合には、コメントの「検閲」も検討致します。

誠に遺憾なお知らせではございますが、聡明なる皆様のご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2006年7月3日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

テーマ:ぼやき - ジャンル:ブログ

  1. 2006/07/03(月) 22:54:20|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。