西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国産

最近は単に「国産」と書かれていても、どこの国で生産されたものだかわかりませんね。もしかすると中国の「国産」かも知れませんし、韓国の「国産」かも知れません。まぁ、そんなアホな詭弁を弄する業者はいないと思いたいですが・・・。これからは単に「国産」と表記するのではなく、「日本国産」、「Made in Japan」とはっきりと表記した方が良いかも知れませんね。

<公爵の独り言>
国産」を名乗っても良い基準の厳格化を求めます。

スポンサーサイト

テーマ:食の安全 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/17(日) 05:01:26|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Eska(8)

我が公爵家が保有する時計を紹介します。
最近新たにオークションで落札したEskaエスカ)の手巻き腕時計です。

Eska(エスカ)Eska(エスカ)Eska(エスカ)Eska(エスカ)
ブランド名:Eskaエスカ
モデル名:不明
生産国:スイス
ムーブメント:手巻き
購入日:平成20年(2008)1月14日

例によって、私の好きな薄型、ケース直付けメッシュブレス仕様です。この時計、一見、普通のバーインデックスのように見えますが、よく見ると、12時、3時、6時、9時のインデックスは銀色で立体的なアプライドインデックスになっていて、他の時刻を示すインデックスは黒いペイントになっているのです。ちょっと変わっていますよね。

<公爵の独り言>
これでEskaは合計8本保有となりました。

公爵の愛用品(腕時計
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/watch/w_watch.html

公爵の愛用品(懐中時計
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/watch/p_watch.html

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/02/16(土) 03:46:32|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UNIVERSAL GENEVE(7)

最近新たにオークションで落札したUNIVERSAL GENEVEユニバーサル・ジュネーブ)の腕時計です。

UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)UNIVERSAL GENEVE(ユニバーサル・ジュネーブ)
UNIVERSAL GENEVE(スイス)
モデル名不明(手巻き)
平成20年(2008)1月26日購入

例によって、私の好きな薄型、ケース直付けメッシュブレス仕様です。バーインデックスのシンプルな文字盤です。こういうシンプルな時計はいいですね。

<公爵の独り言>
これでUNIVERSAL GENEVEは合計7本保有となりました。

公爵の愛用品(腕時計
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/watch/w_watch.html

公爵の愛用品(懐中時計
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/watch/p_watch.html

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/02/15(金) 17:37:15|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JUVENIAの時計(17)

最近新たにオークションで購入したJUVENIAジュベニア)の時計

JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)JUVENIA(ジュベニア)
JUVENIA(スイス)
モデル名不明(手巻き)
平成20年(2008)1月15日購入

例によって薄型の手巻き、ケース直付けメッシュブレス仕様です。しかも、文字盤にもメッシュブレスと同じような模様が入っているなかなかのデザインです。まさに私好みの時計なのですが、ただひとつ難点が・・・。この時計、実は「レディース」なんです。オークションで入札する時に確認を怠り、メンズと間違えて入札/落札してしまいました。でも、デザインは気に入っています。やっぱりJUVENIA(ジュベニア)は素晴らしいですね。

<公爵の独り言>
これでJUVENIAは合計17本保有となりました。

公爵の愛用品(懐中時計
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/watch/p_watch.html

公爵の愛用品(腕時計
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/watch/w_watch.html

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/02/14(木) 19:01:30|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョコレート

明日2月14日は「バレンタインデー」。「バレンタインデー」と言えば「チョコレート」。今でこそチョコレートは誰でも口に出来る「食べ物」ですが、かつては王侯貴族が嗜む「飲み物」でした。

元々は中央アメリカ及びメキシコ南部で栽培され、飲用されていたカカオが大航海時代にコロンブスによってスペインに持ち込まれ、スペインに広く普及しました。その後、スペイン王女アンヌ・ドートリッシュがフランス国王ルイ十三世に嫁いだ時にフランス宮廷に持ち込まれ、フランス上流階級にチョコレートが広まったそうです。また、チョコレートには媚薬効果があるとされたことも持てはやされた理由のひとつのようです。

なお、19世紀中頃までチョコレートと言えば「飲み物」、今で言う「ココア」で、固形のチョコレートが登場したのは1847年になってからとのことです。

あと、蛇足ですが、ベルギー王室御用達のチョコレートブランド「ゴディバ」の名前の由来は以下の通りです。興味があったらご覧下さい。

西ブログブルク公国
ゴディバ
http://westblogburg.blog37.fc2.com/blog-date-20050905.html

<公爵の独り言>
さて、明日は何個献上されるかな?(笑)

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2008/02/13(水) 19:48:10|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルボン

大手菓子メーカーの「株式会社ブルボン」。社名/ブランド名になっている「ブルボン」は、フランスの「ブルボン王朝」をイメージしたものと言われております。しかし、命名者が既に亡くなっているので、真相は不明のようです。

ブルボンホームページ
http://www.bourbon.co.jp/

<公爵の独り言>
今日は小ネタばかりですみません・・・。

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/02/12(火) 19:34:03|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アマリリス

小学生の頃、一度は耳にしたことがある楽曲「アマリリス」。この楽曲を作曲したのは、ブルボン朝フランスの国王「ルイ十三世」と言われています。

<公爵の独り言>
今日は小ネタです。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/12(火) 16:39:56|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建国記念の日(紀元節)

本日2月11日は「建国記念の日」です。太平洋戦争終戦までは「紀元節」と呼ばれておりました。日本書紀にある神武天皇が即位したとされる日が「辛酉年春正月、庚辰朔」、この日付をグレゴリオ暦に当てはめると「紀元前660年2月11日」となるため、2月11日が「建国記念の日(紀元節)」と定められたそうです。

ところで、何故「建国記念日」ではなく「建国記念の日」と呼ぶのかご存じですか? それは、以下のような経緯があったためです。
【明治5年(1872年)】
紀元節」制定。

【昭和23年(1948年)】
祝日に関する法律」によって「紀元節」廃止。

【昭和32年(1957年)】
自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が国会に提出。しかし当時野党第一党であった「日本社会党」が、この「建国記念日」の制定を「戦前回帰、保守反動の最たるもの」と非難・反対。

【昭和41年(1966年)】
建国記念日」と言う名称に「」を挿入して「建国記念の日」とすることで、「建国されたという事象そのものを記念する日」であるとも解釈できるようにして日本社会党も妥協。昭和41年(1966年)6月25日、「建国記念の日」を定める祝日法改正案成立。
そう、本来「建国記念日」と呼ぶべきものを「建国記念の日」と呼ぶことになったのは「日本社会党」がごねたためだったのです。それどころか、どこの国にも存在するその国の成り立ちを示す重要な記念日である「建国記念日」の制定自体に反対していた・・・。全く今も昔も左翼というのはろくなことをしませんね。

私は基本的に愛国者であるならば右翼(保守)でも左翼(革新)でも良いと考えおります。右翼(保守)も左翼(革新)も、

日本を愛し、郷土を愛し、日本の発展を願う

と言う目的は一緒のはず。ただ考え方と手段が違うだけ。だから同じ日本人ならば、右翼左翼も日本の発展のために大いに議論を戦わせて、この国をより良い方向に導いて欲しいと思う。しかし一部の右翼(街宣右翼?)や左翼(サヨク?)は、

別の国を愛し、別の国の郷土を愛し、別の国の発展を願う

ように見えてならない。まぁ、今日は記念すべき国の祝日。だから、右翼(街宣右翼?)や左翼(サヨク?)がどこの国の工作で動いているなんて無粋なことはここでは言いませんから安心して下さい。中国(中華人民共和国)、韓国(大韓民国)、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)。おっと、言っちゃった!(笑)。

今日は折しも「建国記念の日(紀元節)」。日本の成り立ちと歴史、そして未来のことをちょっと考えてみませんか?

<公爵の独り言>
よく勘違いされますが、私は右翼じゃありませんよ。

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/11(月) 00:01:26|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶴の湯温泉行幸

久しぶりに行幸に出かけてきました。
相変わらず「行幸啓」ではなく「行幸」です(涙)。

昨日2月9日土曜日に、北海道勇払郡安平町にある「鶴の湯温泉」に行ってきました。国道36号線の千歳付近に看板があるので以前から気になっていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。しかし、北海道にいるのもあと数ヶ月となりましたし、ようやく仕事も一段落して休みが取れたので行ってみました。

鶴の湯温泉は北海道内で2番目に古い、明治初期から続く由緒ある温泉です。その名前は、傷ついた鶴がこの沢に舞い降りて水浴びをし、傷を癒していたことに由来するそうです。

最近の温泉施設はスーパー銭湯のように新しく、そして設備が整ったところが多いので、鶴の湯温泉もそんな感じだと勝手に想像して御料車を走らせましたが、着いた場所は

鄙びた感じの一軒の温泉宿でした。

昭和の温泉宿といった感じです。駐車場もそんなに広くはありません。でもそれが良い味を出しています。宿の前には大きな池が広がっています。今は一面雪景色ですが、夏には見事な蓮が見られるそうです。

お風呂は、露天風呂はありませんが、大きな窓から外の景色を眺めることができます。お湯は源泉を加温しての掛け流しのようです。薄い焦げ茶色に濁ったお湯が湯船に注がれています。弱アルカリ性なのか、つるつるぬるぬるします。なかなかイイ感じのお湯です。風呂上がりに体を休める休憩室もあります。

鄙びた温泉宿。風呂もそんなに広くはありませんが、日常に疲れた体を休めるには良いのではないでしょうか? なお、入湯料は400円。宿泊は1泊2食付きで6,300円とのことです。北海道にいる間、また行ってみようと思います。

テーマ:湯巡り♪ - ジャンル:旅行

  1. 2008/02/10(日) 21:38:39|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バトル・ロイヤル

プロレスなどで良く行われる「バトル・ロイヤル(Battle Royal)」。「バトル・ロイヤル」とは、3人以上の対戦者が自分または自分達以外はすべて敵という状況の中で入り乱れて戦い、最後まで生き残った者が勝者となる試合形式です。この試合形式は、古代ローマの剣闘士の試合の頃から存在していた伝統あるもので、まさに「真の王者を決める戦い」と言えるでしょう。

また、プロレスには通常の「バトル・ロイヤル」とは逆に、勝った者から退場し、一番弱い者が残る「逆バトル・ロイヤル」というものも存在するそうです(笑)。一番弱い者として晒し者にされるため、「バトル・ロイヤル」よりも緊張感が漲るとか(笑)。

なお、漫画、映画にもなった有名な小説「バトル・ロワイヤル(Battle Royale)」は、元々英語である「バトル・ロイヤル(Battle Royal)」をフランス語読みにしたものです。当然意味は同じです。

<公爵の独り言>
まんまり王侯貴族と関係ないかな・・・?

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/02/10(日) 19:49:52|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮廷と法廷

どうでもいい話ですが、「宮廷」と「法廷」、どちらも英語にすると「Court」なんですね。お呼ばれするならば同じ「Court」でも「法廷」ではなく「宮廷」にお呼ばれしたいものですね。

<公爵の独り言>
確かに、昔は「宮廷」も「法廷」も君主の御前で開かれたと言う意味では一緒ですね。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/10(日) 03:06:43|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王侯貴族公式Webサイト情報の追加

我が連合公国で確認している世界各国の王侯貴族公式Webサイト情報の追加です。

滿洲國臨時政府
http://www.manchukuo.org/
満州国臨時政府(復興に向けて活動中?)の公式Webサイトです。

日本語版満洲国臨時政府非公式ウェブサイト
http://www.adachi.ne.jp/users/ddt/manju/mtg_Ujp.html
満州国臨時政府(復興に向けて活動中?)の日本語版非公式Webサイトです。

皇室
http://royal.manchukuo.org/
満州国皇室(復興に向けて活動中?)の公式Webサイトです。

The Royal Warrant Holders Association
http://www.royalwarrant.org/
英国王室御用達許可証保有者組合(?)の公式Webサイトです。英国王室御用達ブランドが掲載されています。

His Majesty King Abdullah II
http://www.kingabdullah.jo/
ヨルダン・ハシェミット王国アブドラ二世国王の公式Webサイトです。

The Office of King Hussein I of Jordan
http://www.kinghussein.gov.jo/
ヨルダン・ハシェミット王国フセイン一世前国王(故人)の公式Webサイトです。

Her Majesty Queen Noor
http://www.noor.gov.jo/
ヨルダン・ハシェミット王国ノア王妃(フセイン一世前国王の4人目の王妃)の公式Webサイトです。

その他、過去に紹介した王侯貴族の公式Webサイトは、下記のサイトに纏めてあります。よかったらご覧下さい。お役に立てると幸いです。

サウスアイランド公国 王侯貴族公式Webサイト
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/link/link2.html

<公爵の独り言>
他にご存じの王侯貴族公式サイトがありましたらご一報下さると幸いです。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/09(土) 04:59:27|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サッカー日本代表危機!

未だに「中国産毒餃子」の原因と対策も発表されていない中、2月17日から23日かけて中国・重慶で開催されるサッカー東アジア選手権に参加する日本代表に危機が訪れています。

スポニチ Sponichi Annex ニュース 2008年02月08日
日本「中国ギョーザ」体当たりだ!
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2008/02/08/01.html
 中国・重慶で開催される東アジア選手権(17~23日)に参加する日本代表は、現地に水以外の食材は持ち込まないことを決めた。ジーコ監督時代はほとんどの海外遠征にシェフを帯同させ、重慶などで行われた04年アジア杯も同様だった。オシム監督になってからは現地の食事でまかなう“郷に入っては郷に従え”の方針に代わったが、岡田監督もシェフを帯同させない“オシム流”を踏襲することになった。

 日本では中国製ギョーザ中毒事件の影響で中国食品への不信感が高まっているが、日本協会関係者は事前の現地調査で、ホテル内の食事は問題なしと判断。日本から水しか持ち込まないことを決めた。現地ではスポンサー主催の食事会などが開かれる予定だが、同じ関係者は「ギョーザも食べます。岡田監督にも聞いてみます」と話していた。
時事ドットコム 2008/02/08-16:45
ギョーザも食べて親善大使に=川淵会長、日本代表に注文-サッカー
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008020800659
 日本サッカー協会の川淵三郎会長は、中国での東アジア選手権に臨む日本代表について「行くことによって日中関係を向上させてほしい」と話し、勝利とともに親善大使の役割を果たすよう注文を付けた。
 同会長が懸念するのは、4年前のアジア・カップで地元スタンドから反日的なブーイングが起こり、政治問題に発展した事態。「選手には当時優勝した時のように、泰然自若として毅然(きぜん)とした態度を取ってほしい」と語った。その一方で中国製ギョーザ中毒事件の影響も気に掛け、「パーティーでギョーザが出たら、できるだけ食べるように指示した」とも。同行するスタッフが、何かと気を使う遠征になりそうだ。
いくら「郷に入っては郷に従え」、「シェフを帯同させないオシム流」とは言え、状況が違います。選手の健康と生命の安全を考慮しない首脳陣に怒りを覚えます。日本代表選手の選手生命を縮めることにならないか心配です。それにしても、日本サッカー協会は日本代表の監督や選手のことをどう考えているのでしょうか? 現首脳陣の一掃が必要かもしれませんね。

財団法人日本サッカー協会 公式サイト
http://www.jfa.or.jp/

<公爵の独り言>
日本サッカー協会は一体何を考えているんですかね?
岡田監督も選手もいい迷惑ですね。

テーマ:中国産食品・製品 - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/08(金) 17:14:14|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まず隗より始めよ!

未だに「中国産毒餃子」の原因と対策も発表されていない中、日本サッカー協会(JFA)の小倉純二副会長が馬鹿な発言をしております。

nikkansports.com 2008年2月8日9時4分
サッカー日本代表ニュース
岡田監督がギョーザ食べる日中友好計画?
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/p-sc-tp2-20080208-318260.html
岡田監督がギョーザを食べて「日中友好」の架け橋になる。日本は17日から中国で東アジア選手権に出場。「中国製ギョーザ中毒事件」で日中関係が揺れているが、東アジア連盟副会長でもある日本協会の小倉純二副会長は「連盟のパーティーにギョーザを出して、岡田監督に食べてもらう。日本人が安全なギョーザを食べれば、日中の関係もよくなるはず」と仰天計画を明かした。
デイリースポーツonline 2008年2月8日
岡ちゃんお願い!!ギョーザ食べて!!
http://www.daily.co.jp/soccer/2008/02/08/0000829557.shtml
 ギョーザ中毒事件が混迷を深める中で、日本サッカー協会の幹部は7日、中国・重慶で開催される東アジア選手権(17日開幕)で、日中友好と“ギョーザ復権”のため、日本代表の岡田武史監督(51)を担ぎ出すプランを明かした。

 同選手権には、北京から日本大使館の関係者も駆けつける予定だったが「現時点では事件の影響で忙しく、来られそうもない」と協会幹部。日中友好の発展を望まない人間の仕業という見方もあるだけに表情を曇らせた。

 大会期間中には重慶で東アジア連盟主催のパーティーが開催される。その席上で「岡田監督の了承が得られれば、ギョーザを食べてもらいたい。日中友好のための大会で(悪者になっている)ギョーザのイメージアップにもなるのでは」と語った。
小倉純二副会長は岡田監督を殺す気ですか? 岡田監督の体調に異変が起きたらどう責任を取る気ですか? そんなに餃子を食べて日中友好に勤しみたいなら、岡田監督に食べさせるのではなく、小倉純二副会長自身が食べるべきでしょう! あなたの大好きな中国の諺にもありますよね。「まず隗より始めよ!」と。とにかく、この発言は日本サッカー協会副会長として著しく適性を欠いた発言です。私は小倉純二氏の更迭を求めたい。

財団法人日本サッカー協会 公式サイト
http://www.jfa.or.jp/

<公爵の独り言>
こんな馬鹿な話ってあるんですね。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/02/08(金) 12:02:17|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和天皇とカメラマン

ここ数日、礼装に関する記事を続けて書いたので、それに関するエピソードをひとつ紹介します。

戦前、天皇陛下の写真を撮影する時には、カメラマンはモーニングコートを着用することが義務付けられていたそうです。ある時、カメラマンが大元帥の大礼服を着用した昭和天皇の写真を撮ろうとしました。その時、昭和天皇は、着慣れないモーニングコートを着用して緊張した面持ちのカメラマンに思わずにっこりと微笑みかけ、笑顔で写真に収まったことがありました。ところがその写真、検閲により発禁となってしまったそうです。発禁となった理由は、

神は笑わない!

とのこと。戦前、天皇陛下は現人神とされていたため、このような処分になったそうです。人前で笑うことも許されない天皇陛下。窮屈な時代だったのではないでしょうか・・・。

<公爵の独り言>
最近、礼装関係の話題が続いたので・・・。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/07(木) 17:37:37|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

礼装における昼夜の境界線

礼装(フォーマルウェア)を着る時の昼夜の境界線(ボーダーライン)は、

午後6時(18時)

となっております。これを「ビフォアシックス」、「アフターシックス」と言います。「午後6時」を境に、「ビフォアシックス」ならば昼間の礼装、「アフターシックス」ならば夜間の礼装となりますので注意しましょう。

テーマ:セレブスタイル - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/02/07(木) 13:56:59|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

礼装の区分

男性の礼装には以下のように三種類の区分があります。

モスト・フォーマル】(正礼装)
 昼間:モーニングコート
 夜間:燕尾服

セミ・フォーマル】(準礼装)
 昼間:ディレクターズ・スーツ
 夜間:タキシード

イン・フォーマル】(略礼装)
 昼夜:ブラックスーツ

TPOにあわせた服装を選びましょう。

テーマ:セレブスタイル - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/02/07(木) 00:06:03|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結果よりも過程!

私は、物事の結果よりもそれに至る過程(プロセス)の方が大切だと思うし、興味があります。
結果を残せればベストですが、やはり結果よりも過程です!

なお、私は子供好きです♪

<公爵の独り言>
最近、欲求不満気味です・・・。

テーマ:愛のかたち - ジャンル:恋愛

  1. 2008/02/06(水) 22:45:32|
  2. 公妃募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラック・タイ

ブラック・タイ」とは、夜の礼装である「タキシード」を意味する言葉です。タキシードを着用する時に「黒い蝶ネクタイ」を用いることからこのように呼ばれています。ですから、晩餐会、パーティー等の招待状に「ブラック・タイ」でとドレスコードの指定があった場合は「タキシード」で出席しましょう。間違っても「スーツに黒いネクタイ」で出席してはいけません。目立つこと請け合いです。

<公爵の独り言>
ホワイト・タイ」の記事を書いたついでに書いてみました。

テーマ:セレブスタイル - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/02/06(水) 20:42:24|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホワイト・タイ

ホワイト・タイ」とは、夜の正礼装である「燕尾服」を意味する言葉です。燕尾服を着用する時に「白い蝶ネクタイ」を用いることからこのように呼ばれています。ですから、晩餐会、パーティー等の招待状に「ホワイト・タイ」でとドレスコードの指定があった場合は「燕尾服」で出席しましょう。間違っても「スーツに白いネクタイ」で出席してはいけません。目立つこと請け合いです。

<公爵の独り言>
ホワイト・タイ」指定は、一般ではほとんど無いかも知れませんね。

テーマ:セレブスタイル - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/02/06(水) 13:29:18|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【再掲】日中記者交換協定

最近、テレビ、新聞で「中国産毒餃子」についての報道が盛んにされていますが、なぜか「BSE」の時と比べると追及の仕方が甘いと思いませんか? これには理由があって、日本と中国の間には「日中記者交換協定」という協定があって、中国に不利な報道が出来ないようになっているのです。そこで、この機会に「日中記者交換協定」について皆様に知って頂きたく、以前、このブログに掲載した「日中記者交換協定」についての記事を再掲しますのでご覧下さい。

2006年6月12日拙ブログ掲載「日中記者交換協定」
ここ数年、日本と中国の間で様々な問題が発生しています。

・靖国神社参拝問題
・反日デモ
・大使館破壊
・領事館車両破壊
・大使館員自殺
・東シナ海ガス田問題
・尖閣諸島領有問題
・沖ノ鳥島問題
・中国潜水艦領海侵犯問題
・歴史問題
・旧日本軍遺棄化学兵器問題
・中国人密入国
・中国人不法滞在
・中国人犯罪


すぐ思い当たる物だけでもこれだけあります。しかしこれだけ問題がありながら、何故か日本のマスコミは中国を強く糾弾する報道をすることができません。なんか変だと思いませんか? 実は、日本と中国の間には「日中記者交換協定」という協定があります。この協定のために日本のマスコミは中国に不利な報道ができないのです。「日中記者交換協定」とは一体何なのか? インターネット上のフリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」から「日中記者交換協定」に関するトピックを転載させて頂きます。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日中記者交換協定
日中記者交換協定(にっちゅうきしゃこうかんきょうてい)は、日本と中国の間で取り交わされた、日中双方の記者を相互に常駐させる取り決めのこと。

1964年の協定

1964年4月19日、当時LT貿易を扱っていた高碕達之助事務所と廖承志事務所は、その会談において、日中双方の新聞記者交換と、貿易連絡所の相互設置に関する事項を取り決めた。会談の代表者は、松村謙三・衆議院議員と廖承志・中日友好協会会長。この会談には、日本側から竹山祐太郎、岡崎嘉平太、古井喜実、大久保任晴が参加し、中国側から孫平化、王暁雲が参加した。記者交換に関する取り決めの内容は次の通り。

一 廖承志氏と松村謙三氏との会談の結果にもとづき、日中双方は新聞記者の交換を決定した。
二 記者交換に関する具体的な事務は、入国手続きを含めて廖承志事務所と高碕事務所を窓口として連絡し、処理する。
三 交換する新聞記者の人数は、それぞれ八人以内とし、一新聞社または通信社、放送局、テレビ局につき、一人の記者を派遣することを原則とする。必要な場合、双方は、各自の状況にもとづき、八人の枠の中で適切な訂正を加えることができる。
四 第一回の新聞記者の派遣は、一九六四年六月末に実現することをめどとする。
五 双方は、同時に新聞記者を交換する。
六 双方の新聞記者の相手国における一回の滞在期間は、一年以内とする。
七 双方は、相手方新聞記者の安全を保護するものとする。
八 双方は、相手側新聞記者の取材活動に便宜を与えるものとする。
九 双方の記者は駐在国の外国新聞記者に対する管理規定を順守するとともに、駐在国が外国新聞記者に与えるのと同じ待遇を受けるものとする。
十 双方は、相手側新聞記者の通信の自由を保障する。
十一 双方が本取り決めを実施する中で問題に出あった場合、廖承志事務所と高碕事務所が話し合いによって解決する。
十二 本会談メモは、中国文と日本文によって作成され、両国文は同等の効力をもつものとする。廖承志事務所と高碕事務所は、それぞれ中国文と日本文の本会談メモを一部ずつ保有する。

付属文書

かねて周首相と松村氏との間に意見一致をみた両国友好親善に関する基本五原則、すなわち両国は政治の体制を異にするけれども互いに相手の立ち場を尊重して、相侵さないという原則を松村・廖承志会談において確認し、この原則のもとに記者交換を行なうものである。

1968年の修正

1968年3月6日、「日中覚書貿易会談コミュニケ」(日本日中覚書貿易事務所代表・中国中日備忘録貿易弁事処代表の会談コミュニケ)が発表され、LT貿易に替わり覚書貿易が制度化された。この会談は、同年2月8日から3月6日までの間、松村謙三が派遣した日本日中覚書貿易事務所代表の古井喜実、岡崎嘉平太、田川誠一と中国中日備忘録貿易弁事処代表の劉希文、王暁雲、孫平化により、北京で行われた。コミュニケの内容は、次の通り。

 双方は、日中両国は近隣であり、両国国民の間には伝統的な友情があると考え、日中両国国民の友好関係を増進し、両国関係の正常化を促進することは、日中両国国民の共通の願望にかなっているばかりでなく、アジアと世界の平和を守ることにも有益であると認めた。
 中国側は、われわれの間の関係を含む中日関係に存在する障害は、アメリカ帝国主義と日本当局の推し進めている中国敵視政策によってもたらされたものであると指摘した。
 日本側は、中国側の立場に対して深い理解を示し、今後このような障害を排除し、日中関係の正常化を促進するために更に努力をはらうことを表明した。
 中国側は、中日関係における政治三原則と政治経済不可分の原則を堅持することを重ねて強調した。日本側は、これに同意した。双方は、政治経済不可分の原則とは、政治と経済は切りはなすことが出来ず、互いに関連し、促進しあうものであり、政治関係の改善こそ経済関係の発展に役立つものであるとの考えであることを認めた。
 双方は、政治三原則と政治経済不可分の原則は、日中関係において遵守されるべき原則であり、われわれの間の関係における政治的基礎であると一致して確認し、上記の原則を遵守し、この政治的基礎を確保するためにひとつづき努力をはらう旨の決意を表明した。
 双方は、一九六八年度覚書貿易事項について取りきめを行なった。

また、同日、先に交わされた記者交換に関する取り決めの修正も合意された。修正内容は次の通り。

 一 双方は、記者交換に関するメモにもとづいて行われた新聞記者の相互交換は双方が一九六八年三月六日に発表した会談コミュニケに示された原則を遵守し、日中両国民の相互理解と友好関係の増進に役立つべきものであると一致して確認した。

 二 双方は、記者交換に関する第三項に規定されている新聞記者交換の人数をそれぞれ八名以内からそれぞれ五名以内に改めることに一致して同意した。

 三 この取りきめ事項は記者交換に関するメモに対する補足と修正条項となるものとし、同等の効力を有する。

 四 この取りきめ事項は日本文、中国文によって作成され、両国文同等の効力を有する。日本日中覚書貿易事務所と中国中日備忘録貿易弁事処はそれぞれ日本文、中国文の本取りきめ事項を一部ずつ保有する。

この修正内容のうち、「会談コミュニケに示された原則」とは、会談コミュニケの中の「政治三原則と政治経済不可分の原則」を指す。「政治三原則」とは、1958年8月に訪中した社会党の佐多忠隆・参議院議員に対し、廖承志(当時、全国人民代表大会常務委員会委員)が周恩来・総理、陳毅・外交部長の代理として示した公式見解以来、中国側がたびたび主張してきた日中間の外交原則である。1960年8月27日に発表された「周恩来中国首相の対日貿易3原則に関する談話」によれば、「政治三原則」とは次のような内容である。

(前略)これまでわれわれがのべてきた政治三原則を堅持するもので三原則は決して日本政府に対する過酷な要求ではなく、非常に公正なものである。すなわち、第一に、日本政府は中国を敵視してはならないことである。なぜなら、中国政府は決して日本を敵視していないし、さらに、日本の存在を認めており、日本人民の発展をみてよろこんでいるからである。もし双方が話し合いをすすめるとすれば、当然日本政府を相手方とするものである。だが、日本政府は中国に対しこのような態度では臨んでいない。かれらは新中国の存在を認めず、これとは逆に、新中国を敵視し、台湾を承認し、台湾が中国を代表するとのべている。また日本政府は新中国政府を会談の相手方にしようとはしていない。第二は米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しないことである。米国で今後大統領が民主党から当選するにせよ、また共和党から当選するにせよ、すべて「二つの中国」をつくることをたくらむであろう。香港にある台湾系の新聞の報道によると、共和党の「二つの中国」をつくるたくらみは消極的で、待つて見ていようとするものであり、一方、民主党が政権をとれば、「二つの中国」をつくるたくらみが積極的であり、主動的であろうとのべている。これはある程度道理にかなっていると思う。米国がこのように行ない、日本がこれに追随すれば、われわれはもちろん反対である。第三は中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げないことである。(後略)

すなわち、

1. 日本政府は中国を敵視してはならない
2. 米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しない
3. 中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない

の3点の遵守が取り決められた。

この政治三原則と政経不可分の原則に基づいて日中記者交換を維持しようとするもので、当時日本新聞協会と中国新聞工作者協会との間で交渉が進められているにも関わらず、対中関係を改善しようとする政府・自民党によって頭ごしに決められたという側面がある。日本側は記者を北京に派遣するにあたって、中国の意に反する報道を行わないことを約束したものであり、当時北京に常駐記者をおいていた朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、NHKなどや、今後北京に常駐を希望する報道各社にもこの文書を承認することが要求された。以上の条文を厳守しない場合は中国に支社を置き記者を常駐させることを禁じられた。

日中常駐記者交換に関する覚書

1972年9月29日、「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」(日中共同声明)が発表され、日中両国間の国交は正常化した。以後、日中関係は大きく進展する。1974年1月5日には両国政府間で日中貿易協定が結ばれ、同日には「日中常駐記者交換に関する覚書」(日中常駐記者交換覚書)も交わされた。
日本のマスコミはこの「日中記者交換協定」のために中国を糾弾する報道ができないのです。実に日本を馬鹿にした協定です。それにしても、こんな状態で公正な報道が出来るのでしょうか? 公正な報道が出来ないのに中国に支社を作ったり、中国に記者を常駐させる必要があるのでしょうか? 一方的に中国の要求を書き連ねただけの、こんな馬鹿げた協定は改正するか破棄して、公正な報道をして欲しいものです。

<公爵の独り言>
明らかにおかしな「日中記者交換協定」。そろそろスポンサーや視聴者も、マスコミに対して意見を言うべきではないかと思います。日本に不利な報道しかできない報道機関はいらないと・・・。

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/06(水) 00:17:54|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連合公国遷都のお知らせ

Picture

皆様ご機嫌いかがでしょうか? 連合公国サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国フォトランド公国リバーサイド公国)を統べる公爵でございます。本日は皆様にお知らせがあります。

我が連合公国は2006年12月から現在までの約1年間ほど北海道に首都を置いて参りましたが、2008年4月または5月に、かつて首都を置いていた帝都東京に再び遷都することとなりました。遷都日程と遷都場所については変更される可能性がありますが、北海道を離れることは決定事項です。

親愛なる北海道の皆様、大変お世話になりました。皆様のことは一生忘れません。皆様のご健康と益々のご活躍、ご発展を祈っております。

これからも連合公国を宜しくお願い致します。

2008年2月5日 公爵

- GOD SAVE THE DUKE -

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

  1. 2008/02/05(火) 20:58:01|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宗教?

私は宗教に関してあまりこだわりがありません。
他人に迷惑を掛けない範囲で好きな宗教を信仰すれば良いと思います。
それだけです。
ただ、そんな私にもひとつだけこだわりがあります。

観音様を拝むことは大好きです!(特に御開帳された観音様♪)

<公爵の独り言>
最近ご無沙汰です。誰か拝ませて下さい(笑)。

テーマ:ちょこっとエッチ - ジャンル:恋愛

  1. 2008/02/05(火) 10:33:57|
  2. 公妃募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルクハット

皆さんよくご存知の「シルクハット」。そう、よく手品師が鳩を出したりするあの帽子のことです。「シルクハット」は、燕尾服およびモーニングコート着用時に用いる、第一正礼装用のフォーマルな帽子です。

この帽子、日本では一般的に「シルクハット(silk hat)」と呼ばれておりますが、正式には「トップハット(top hat、top-hat)」と呼ぶそうです。元々「トップハット」はビーバーの毛皮を用いて作られていたそうです。しかしビーバーが乱獲のため絶滅の危機に瀕したため、その代用として「シルク(絹)」が用いられるようになったそうです。そのため、特に「シルク(絹)」で作られた「トップハット」が特に「シルクハット」と呼ばれるようになり、日本ではその形状の帽子のことを「シルクハット」と呼ぶようになったようです。

<公爵の独り言>
トップハットを着用する機会なんてほとんどないですね・・・。

テーマ:帽子/ハット・キャップ・ビーニー他 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2008/02/05(火) 04:10:26|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満州国臨時政府?

かつて大日本帝国が中国東北部に築いた国家「満州国」は1932年に建国された。清朝最後の皇帝「宣統帝」であった「愛新親覚羅溥儀」が執政となり、1934年に皇帝「康徳帝」として即位した。「康徳帝」即位後は、国号を「満州帝国」とも称した「満州国」。しかし1945年に大日本帝国が連合国に無条件降伏したため「満州国」は崩壊した・・・。

ところが、「満州国」が崩壊してから半世紀以上経過しましたが、未だに「満州国」再建を夢見る人たちが「満州国臨時政府」とか作って活動しているようです。

滿洲國臨時政府(中国語、日本語ページ有)
The Official Website of the Manchukuo Temporary Government
http://www.manchukuo.org/

日本語版満洲国臨時政府非公式ウェブサイト
The UN-Official Website of the Manchukuo Temporary Government
http://www.adachi.ne.jp/users/ddt/manju/mtg_Ujp.html

皇室(満州国皇室公式Webサイト、中国語)
The Official Website of The Imperial Family of Manchukuo
http://royal.manchukuo.org/

まぁ、ここまでは面白いネタだと思ってこの記事を書いていたのですが、英語版の記事を執筆するために英語翻訳をしていて、あることに気付きました。

【重要】この記事の執筆で気付いたこと!

中華民国および中華人民共和国は「満州国」を正当な国家と見なしておらず、そのため、かつて「満州国」があった地域のことを「東北」、「東北部」、「東北地方」などと呼び、「満州」、「満州国」と言う名称を使わないようにしているようです。そのためかどうかわかりませんが、英語翻訳サイト(Excite翻訳)で「満州国」、「Manchukuo(満州国の英語表記)」を翻訳すると、いずれも変な翻訳になります。

Excite翻訳
http://www.excite.co.jp/world/english/

<日本語→英語>
満州国 → Full state country
<英語→日本語>
Manchukuo → Manchukuo
<英語→日本語>
Manchurian country → Manchurian国
なお、別の英語翻訳サイト(Yahoo!翻訳)の場合は、若干意味のわかる翻訳結果となりました。

Yahoo!翻訳
http://honyaku.yahoo.co.jp/transtext

<日本語→英語>
満州国 → Manchurian country
<英語→日本語>
Manchukuo → Manchukuo
<英語→日本語>
Manchurian country → 満州人国
中国からの圧力なのか、単にサービス事業者が中国に媚びた、もとい配慮したのかわかりませんが、中国によるインターネットの情報統制、検閲は着々と進んでいるようです・・・。満州国臨時政府ネタを書こうとしたら、思わぬ現象に遭遇してしまいました。

<公爵の独り言>
頑張れ、満州国!

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/04(月) 01:05:18|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

メイド・イン・チャイナ

中国産製品の毒性が世間を騒がせておりますが、こんなことはかなり前からわかっていたことです。なぜならば、元々中国産製品にはその旨が明記されているからです。

Made in China
    ↓
メイド・イン・チャイナ
    ↓
冥土に行っちゃいな!


しかも、この符号は日本人にしかわかりません!
まさに日本人をターゲットにした「死のメッセージ」と言えるでしょう!
怖いですね。

<公爵の独り言>
ネタのつもりで書きましたが、あまり笑えませんね・・・。

テーマ:中国産食品・製品 - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/03(日) 17:57:22|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英皇太子北京五輪参加拒否!

1月28日、イギリスのチャールズ皇太子(HRH The Prince of Wales)は北京オリンピックの開会式およびその他催しへの参加拒否を表明しました。

Voice Of INDIA 2008年1月29日
英皇太子、北京五輪出席せず。中国のチベット政策に抗議
1月28日、ロンドン:英国のチャールズ皇太子が、夏の北京オリンピックの開会式に出席することを拒否している。英テレグラフ紙によると、チャールズ皇太子は、チベットにおける人権侵害に抗議する運動組織「フリーチベット」に、北京オリンピックに出席しない意向を伝えた。フリーチベットは、オリンピックによって中国の人権侵害の歴史があいまいになるのを防ぐために、団結に協力するよう皇太子に対して呼びかけていた。

皇太子の第2私設秘書クライブ・アルダートン氏がフリーチベットに出した書簡によると、皇太子は長い間チベットに特別な関心をもっており、ダライ・ラマとも何度か会見しているという。

書簡には、皇太子は「北京オリンピックの開会式に出席しない」とあるが、王室関係者は、皇太子は開会式だけでなく、北京オリンピックのいかなる催しにも出席しないと口を揃えている。

フリーチベットは、皇太子の決断を歓迎している。フリーチベットは皇太子の北京オリンピック不参加表明をきかっけに、各界の大物にも呼応するよう求めていく意向だ。

テレグラフ紙によると、皇太子は、長い間中国人にはよい印象をもっておらず、97年の香港返還式典に出席した皇太子が、日記で中国政府高官を「いかめしく、古めかしい蝋人形」と書いていたことも明らかになっている。

王室関係者によると、「皇太子が北京オリンピックに出席しないことが即、皇太子が中国に対する興味がなくなったことを意味するわけではない」、「皇太子の中国に対する気遣いは、中国政府との共同都市開発計画などの慈善事業をみれば分かる」としている。

ダライ・ラマは、チベットの精神的指導者であり、1959年に中国の支配に対して蜂起して以来、インドで亡命生活を送っている。皇太子は、ダライ・ラマの支持者であると言われている。
北京オリンピック開会まであと数ヶ月しかないのにまだまだ課題山積みのようですね。大丈夫なんでしょうか?

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp/

The Website of The Office of His Holiness the 14th Dalai Lama
(ダライ・ラマ法王庁 公式サイト)
http://www.dalailama.com/

The Official Website of the Central Tibetan Administration
(チベット亡命政府の公式HP)
http://www.tibet.net/

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/03(日) 07:04:08|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RSS設定変更

連合公国を構成する全ブログ(東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国)のRSS設定が正しくなかったので、設定を変更しました。それにより、「フィードメーター」も正常に作動するようになりました(左のサイドバーをご覧下さい)。連合公国のブログをRSSでご覧になろうとした皆様、大変ご迷惑をお掛けしました。

テーマ:ブログパーツ - ジャンル:ブログ

  1. 2008/02/03(日) 03:52:08|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国産毒餃子

最近新聞、テレビで大評判の「中国産毒餃子」。多くのブログで取り上げているのでここではあまり詳しくは語りませんが、日本人と食べ物について、「2ちゃんねる」で面白いコピペを見つけたので紹介しておきます(微妙に違うものが3つあります)。

コピペ1
六カ国協議で日本がトイレに席を立ったあとの会話。

中国  「日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」

韓国  「独島を占拠しても怒らない」

ロシア 「北方領土を返さなくても怒らない」

北朝鮮 「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」

米国  「よせ、それはもうおれがやってみた」

5カ国  「一体どうすれば‥」

中韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、俺らの国の国民にビザ免除に動いてくれてるし‥」

北露  「ふーむ‥」

米国  「あ、でも、牛肉に脊柱を入れたら、日本国民が激怒したな‥」

その他 「それはおまえ怒るよ」
コピペ2
六カ国協議で日本がトイレに席を立ったあとの会話。

日本  「すまん。トイレ逝ってくる」

米露韓中北「いってらー」

中国  「(ヒソヒソ)日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」

韓国  「独島を占拠しても怒らない」

ロシア 「北方領土を返さなくても怒らない」

北朝鮮 「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」

米国  「よせ、それはもうおれがやってみた」

米露韓中北  「一体どうすれば…(途方にくれる)」

中韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、逆にビザ免除に動いてくれてるし‥」

北露  「ふーむ…」

米国   「・・・あ、でも、牛肉に脊柱にいれたら、 日本国民が激怒したな‥」

露韓中北 「それは、おまい怒るよ」

中国  「野菜に農薬てんこ盛りしたら怒ったぞ?」

韓国  「生ゴミ餃子も怒った」

米国  「寄生虫の卵を食い物に入れて輸出しあってる奴はちょっと黙れ」

ロシア 「・・・あいつ、食い物以外じゃ怒らねーんじゃねーの?」

米韓中北 「あ!」
コピペ3
六カ国協議で日本がトイレに席を立ったあとの会話。

中国   「日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」

韓国   「独島を占拠しても怒らない」

ロシア  「北方領土を返さなくても怒らない」

北朝鮮  「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」

米国   「よせ、それはもうおれがやってみた」

米露韓中北「一体どうすれば…(途方にくれる)」

中・韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、逆にビザ免除に動いてくれてるし‥」

北・露  「ふーむ…」

(ここでオーストラリアが登場)

豪州   「まいったまいった。捕鯨船ちょっと追い回したらジャップ大激怒」

米露韓中北「まじ?!その程度のことで?」

米国   「・・・あ、でも、牛肉に脊柱にいれたら、日本国民が激怒したな‥」

露韓中北 「それは、おまい怒るよ」

中国   「野菜に毒(農薬?)盛ったら怒ったぞ?」

韓国   「生ゴミ餃子も怒った」

米国   「寄生虫の卵を食い物に入れて輸出しあってる奴はちょっと黙れ」

北朝鮮  「そういえば、万博が弁当持込不可にしたら、国民が激怒したと聞いたな‥首相まで出てくる騒ぎになったとか‥」

ロシア  「あいつら、食い物以外じゃ怒らねーんじゃねーの?」

米韓中北豪「あ!」
上記のコピペ、冗談のようですが、結構的を射ているのではないでしょうか? 大抵のことなら我を殺して我慢する日本人でも、「食べ物」のことについては激怒。中国は日本に対して取り返しの付かない失敗をしたのではないでしょうか? お金を払って毒物を食べさせられる・・・。ふざけていますね!

今までは日本国内で大きな事故はありませんでしたが、前々から中国産の食べ物、商品の安全性については問題が提起されておりました。以下にその一例を紹介します。

アサヒ・コム 2007年05月09日23時59分
中国製医薬品とペットフードから毒性物質 100人死亡
 中国外務省などは8日、パナマ向けに輸出された薬用甘味料のグリセリンと、米国とカナダへ輸出されたペットフードにそれぞれ毒性物質が混入していたと発表した。6日付米ニューヨーク・タイムズ紙はパナマで100人の死亡が確認されたと報道。同省の姜瑜副報道局長は8日の会見で「グリセリンの代わりに医薬品には使用できない化学薬品が使われた」と述べ、因果関係を認めた。

 ニューヨーク・タイムズ紙などによると、パナマで昨年、内臓の機能低下などの不調を訴えた多数の患者が原因不明で死亡。患者らが服用したかぜ薬の原料として「グリセリン」と表示があったが、パナマ政府の依頼で米食品医薬品局(FDA)が調査したところ、ジエチレングリコールが含まれていたことが判明した。

 ジエチレングリコールはグリセリンと比べて格段に安価。江蘇省にある化学薬品会社がグリセリンに混ぜて製造し、スペインや中国の貿易会社を通じて輸出されたという。

 同紙によると、パナマでは365人の死亡報告があり、うちこれまでに100人の死因がジエチレングリコールと確認されているという。同紙は昨年判明したパナマと中国の例は製造元が中国企業と確認できたが、確認できなかった「有毒甘味料」による被害が過去にハイチやバングラデシュ、アルゼンチン、ナイジェリア、インドでもあったと報じている。

 一方、中国の国家品質監督検査検疫総局は8日、江蘇省と山東省の2社が製造して北米に輸出されたペットフードからも、樹脂などに使われるメラミンが違法に添加されていたと発表した。

 米国とカナダでは今年3月、これらのペットフードを食べた数百匹の犬と猫が原因不明で死亡。FDAが中国側に調査を依頼していた。同総局は2社の責任者らを立件する方針。

 同総局はさらに、179社の食料品輸出企業について緊急立ち入り検査をしたほか、粉ミルクやめん類など12種類の小麦製品のサンプル調査も実施。いずれも異状はなかったという。
Yahoo!ニュース - TBS系 2007年5月25日 11:44
中国製土鍋から鉛とカドミウム検出
 札幌で販売された中国製の土鍋から、調理中に鉛とカドミウムが漏れ出し、鍋を輸入した新潟県の業者が在庫の一部を回収していたことがわかりました。問題の鍋はこれまでにおよそ2万2000個が流通しています。

 今年1月、札幌に住む男性が購入したばかりの土鍋で鶏肉を煮ていたところ、鍋の縁に銀色の付着物を見つけました。

 土鍋を販売した札幌の量販店「ニトリ」と北海道立消費生活センターが、それぞれ鍋で水を沸騰させて調べたところ、鉛とカドミウムが検出されました。ニトリの検査結果では、鉛は食品衛生法の基準を下回っていたということです。

 「指で触ったらピカピカ反射していたので、アクではないと思い食べなかった」(土鍋を使用した男性)

 この土鍋は新潟県の陶磁器業者「ホリシン」が中国から2万2000個輸入し、3年前から全国で販売されていました。

 ホリシンは、販売店に在庫として残っていたおよそ300個を自主回収しましたが、検出された鉛が基準値以下だとして、既に販売した鍋は回収しないと話しています。(25日11:44)
これでも中国産の食材を食べたり利用したいと思いますか? この状態で中国産の食材を提供する食品事業者がいたらその神経を疑いますね。

中国産は絶対に不買すべきですね!
原産国、加工国、生産国をちゃんと確認して買いましょう!
やはり国産が一番!


<公爵の独り言>
北京オリンピックは大丈夫なんでしょうか?

テーマ:中国産食品・製品 - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/02(土) 19:00:28|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロイセン四重奏曲

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの作曲した弦楽四重奏曲、
弦楽四重奏曲第44番変ロ長調
弦楽四重奏曲第45番ハ長調
弦楽四重奏曲第46番変ホ長調
弦楽四重奏曲第47番嬰へ短調
弦楽四重奏曲第48番ヘ長調
弦楽四重奏曲第49番ニ長調
は、別名、
弦楽四重奏曲第44番変ロ長調 = プロイセン四重奏曲第1番
弦楽四重奏曲第45番ハ長調  = プロイセン四重奏曲第2番
弦楽四重奏曲第46番変ホ長調 = プロイセン四重奏曲第3番
弦楽四重奏曲第47番嬰へ短調 = プロイセン四重奏曲第4番
弦楽四重奏曲第48番ヘ長調  = プロイセン四重奏曲第5番
弦楽四重奏曲第49番ニ長調  = プロイセン四重奏曲第6番
と呼ばれており、これらの楽曲を総称して「プロイセン四重奏曲(プロシア四重奏曲)」の名で知られています。これらの楽曲が「プロイセン四重奏曲」と呼ばれるのは、これらの楽曲が「プロイセン王(プロシア王)フリードリヒ・ヴィルヘルム二世」に献呈されたことに由来しております。

以前、このブログでも紹介しましたが、モーツァルトも「フリードリヒ・ヴィルヘルム二世」に弦楽四重奏曲を献呈しており、それらの楽曲は「プロイセン王四重奏曲」と呼ばれています。このように、「フリードリヒ・ヴィルヘルム二世」はかなり音楽に理解のある君主だったようです。

なお、「フリードリヒ・ヴィルヘルム二世」は「プロイセン王フリードリヒ二世(フリードリヒ大王)」の甥で、「フリードリヒ二世(フリードリヒ大王)」に子供がいなかったので、その死後、甥である「フリードリヒ・ヴィルヘルム二世」がプロイセン王になったそうです。

<公爵の独り言>
ハイドンの「プロイセン四重奏曲」とモーツァルトの「プロイセン王四重奏曲」。なんか紛らわしいですね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/02(土) 17:36:18|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。