西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連合公国の統治状況について

Picture

皆様お久しぶりでございます。連合公国サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国マングローブ公国アラバ公国ネイヴァルランド公国フォトランド公国リバーサイド公国)を統べる公爵ヒデ三世でございます。約1ヶ月あまりこの「西ブログブルク公国」を留守にしておりました。私が不在の間、公国の宰相を務める「ラビット子爵」が私の代わりに公国の統治を行っていたようですが、やはり代理の域を超えることはできませんね。

お気付きの方もいると思いますが、私はこの「西ブログブルク公国」の統治から離れている間、「西ブログブルク公国」と同君連合を組んでいる「アラバ公国」の統治に力を入れておりました。

アラバ公国
UNIX、RDBMS、NETWORK等、ITに関する話題と技術メモ。
http://margrave.seesaa.net/

まぁ、世界史風に言うなれば、普段オーストリアのウィーンにいるハプスブルク家の神聖ローマ皇帝が、ちょっと帝都ウィーンを離れてハンガリー王としてハンガリーの統治に力を入れたり、ベーメン王としてベーメンの統治に力を入れていたりしていた、と言った感じでしょうか?

アラバ公国」は2007年1月から2008年1月までの約1年間、1件の記事も投稿しないという、完全に統治を放棄された状態でした。所謂「放置プレイ」というヤツです(笑)。これは、私がその間、IT業界から離れていたためなのですが、しかし今年4月からIT業界に復帰する可能性が濃厚となり、そのため、今年2月から昔の感覚を取り戻す意味も含めて記事の投稿を再開したと言う次第です。その甲斐あって「アラバ公国」の訪問者数は記事投稿再開前の2008年1月と比べると約1.5倍くらいに増えました。ユニークアクセスで約150件/1日、ページビューで約300件/1日。訪問者のほとんどが法人(*.co.jp)か大学(*.ac.jp)です。まだまだインターネット上の辺境にある弱小国ですが、小粒でも役に立つブログに成長させたいと思っております。

と言う訳で、もう暫くの間、この「西ブログブルク公国」を留守にします。留守は宰相「ラビット子爵」に任せておきますので、かわいがってあげて下さい(笑)。宜しくお願い致します。

<公爵の独り言>
連合公国」が解体しないよう、各公国をきちんと統治することはなかなか大変です・・・。そろそろ「ネイヴァルランド公国」もきちんと統治しないと革命が起きるかも知れません(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

  1. 2008/05/21(水) 21:26:23|
  2. 公国統治情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。