西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニューヨークの恋人

昨年の年末、テレビで見た映画「ニューヨークの恋人」(原題:Kate & Leopold)がとても気に入ったのでDVDを購入しました。

19世紀にイギリスから花嫁をさがしにニューヨークに来たイギリス貴族オルバニー公爵レオポルドがタイムスリップして21世紀のニューヨークにやってきて、キャリアウーマンのケイトと出会って結ばれるラブストーリーです。
<主なキャスト>
ケイト・マッケイ:メグ・ライアン
オルバニー公爵レオポルド:ヒュー・ジャックマン
スチュアート:リーヴ・シュレイバー
チャーリー:ブレッキン・メイヤー
ダーシー:ナターシャ・リオン
J.J.:ブラッドリー・ウィットフォード
オーティス:フィリップ・ボスコ
ミラード叔父:パクストン・ホワイトヘッド
グレッチェン:ステファニー・サンディス
パトリス:シャーロット・アヤナ
スポルディング・グレイ
さて、ストーリーについてはDVDなどをご覧頂くことにして、王侯貴族の話題を扱うこのブログらしく、この映画の主人公であるオルバニー公爵にスポットを当てて話をしたいと思います。

まず、オルバニー公爵の名前と称号についてですが、タイムスリップしてすぐにスチュアート(オルバニー公爵を19世紀から連れてきた人物)が開いて確認していた「貴族事典」によると、
Leopold, Third Duke of Albany
第三代オルバニー公爵レオポルド
と書かれています。また、オルバニー公爵のフルネームについてですが、黒人女性警官に名前を尋ねられて、
Leopold Alexis Elijah Walker Thomas Gareth Mountbatten
レオポルド・アレクシス・イライジャ・ウォーカー・トマス・ギャレット・マウントバッテン
と名乗っています。イギリス貴族らしくとても長いですね。

あと、オルバニー公爵レオポルドの家系についてですが、先祖代々生粋のイギリス貴族ではなく、ハノーヴァー朝時代(ドイツのハノーヴァー王国との同君連合時代)またはサクス=コーバーグ=ゴータ朝時代(ヴィクトリア女王の王配アルバート公はドイツのサクス=コーバーグ=ゴータ家出身)にイギリス渡ってきたドイツ系イギリス人ではないかと考えられます。公爵家としてはまだ「第三代」と比較的新しく、イギリス人には珍しい「レオポルド」という名前、フルネームの家名「マウントバッテン」。「マウントバッテン家」はドイツの「バッテンベルク家」の家名をイギリス風にしたものですし、時代もヴィクトリア朝の頃なので、この推測はほぼ当たっているのではないかと思います。

ドイツ系イギリス貴族でありながら、両親と兄に先立たれ、財産も乏しくなり、叔父に金のために貴賤結婚を強制される。よく考えると、オルバニー公爵レオポルドの境遇はちょっとかわいそうですね。まぁ、ハッピーエンドで良かったといったところでしょうか。

なお、この映画の「オルバニー公爵レオポルド」は架空の人物ですが、「オルバニー公爵レオポルド」は実在します。実在の「オルバニー公爵レオポルド」はイギリス貴族(王族)で、イギリスのヴィクトリア女王と王配アルバート公の四男です。
<フルネーム>
Leopold George Duncan Albert
レオポルド・ジョージ・ダンカン・アルバート

<称号>
・1853年4月7日~1881年5月24日
 His Royal Highness The Prince Leopold
・1881年5月24日~1884年3月28日
 His Royal Highness The Duke of Albany
 (Earl of Clarence、Baron Arklow)
 
<勲章>
KG:Knight of the Garter (1869)
KT:Knight of the Thistle (1871)
GCMG:Knight Grand Cross of the Order of St. Michael and St. George
GCSI:Knight Grand Commander of the Order of the Star of India
<公爵の独り言>
今年の恋はオルバニー公爵路線で行くか?(笑)

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2008/01/21(月) 00:02:06|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<王妃の敬称 | ホーム | キングサイズ(煙草)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1020-c72f7cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。