西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

建国記念の日(紀元節)

本日2月11日は「建国記念の日」です。太平洋戦争終戦までは「紀元節」と呼ばれておりました。日本書紀にある神武天皇が即位したとされる日が「辛酉年春正月、庚辰朔」、この日付をグレゴリオ暦に当てはめると「紀元前660年2月11日」となるため、2月11日が「建国記念の日(紀元節)」と定められたそうです。

ところで、何故「建国記念日」ではなく「建国記念の日」と呼ぶのかご存じですか? それは、以下のような経緯があったためです。
【明治5年(1872年)】
紀元節」制定。

【昭和23年(1948年)】
祝日に関する法律」によって「紀元節」廃止。

【昭和32年(1957年)】
自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が国会に提出。しかし当時野党第一党であった「日本社会党」が、この「建国記念日」の制定を「戦前回帰、保守反動の最たるもの」と非難・反対。

【昭和41年(1966年)】
建国記念日」と言う名称に「」を挿入して「建国記念の日」とすることで、「建国されたという事象そのものを記念する日」であるとも解釈できるようにして日本社会党も妥協。昭和41年(1966年)6月25日、「建国記念の日」を定める祝日法改正案成立。
そう、本来「建国記念日」と呼ぶべきものを「建国記念の日」と呼ぶことになったのは「日本社会党」がごねたためだったのです。それどころか、どこの国にも存在するその国の成り立ちを示す重要な記念日である「建国記念日」の制定自体に反対していた・・・。全く今も昔も左翼というのはろくなことをしませんね。

私は基本的に愛国者であるならば右翼(保守)でも左翼(革新)でも良いと考えおります。右翼(保守)も左翼(革新)も、

日本を愛し、郷土を愛し、日本の発展を願う

と言う目的は一緒のはず。ただ考え方と手段が違うだけ。だから同じ日本人ならば、右翼左翼も日本の発展のために大いに議論を戦わせて、この国をより良い方向に導いて欲しいと思う。しかし一部の右翼(街宣右翼?)や左翼(サヨク?)は、

別の国を愛し、別の国の郷土を愛し、別の国の発展を願う

ように見えてならない。まぁ、今日は記念すべき国の祝日。だから、右翼(街宣右翼?)や左翼(サヨク?)がどこの国の工作で動いているなんて無粋なことはここでは言いませんから安心して下さい。中国(中華人民共和国)、韓国(大韓民国)、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)。おっと、言っちゃった!(笑)。

今日は折しも「建国記念の日(紀元節)」。日本の成り立ちと歴史、そして未来のことをちょっと考えてみませんか?

<公爵の独り言>
よく勘違いされますが、私は右翼じゃありませんよ。

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/11(月) 00:01:26|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アマリリス | ホーム | 鶴の湯温泉行幸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1052-f986bb29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。