西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チョコレート

明日2月14日は「バレンタインデー」。「バレンタインデー」と言えば「チョコレート」。今でこそチョコレートは誰でも口に出来る「食べ物」ですが、かつては王侯貴族が嗜む「飲み物」でした。

元々は中央アメリカ及びメキシコ南部で栽培され、飲用されていたカカオが大航海時代にコロンブスによってスペインに持ち込まれ、スペインに広く普及しました。その後、スペイン王女アンヌ・ドートリッシュがフランス国王ルイ十三世に嫁いだ時にフランス宮廷に持ち込まれ、フランス上流階級にチョコレートが広まったそうです。また、チョコレートには媚薬効果があるとされたことも持てはやされた理由のひとつのようです。

なお、19世紀中頃までチョコレートと言えば「飲み物」、今で言う「ココア」で、固形のチョコレートが登場したのは1847年になってからとのことです。

あと、蛇足ですが、ベルギー王室御用達のチョコレートブランド「ゴディバ」の名前の由来は以下の通りです。興味があったらご覧下さい。

西ブログブルク公国
ゴディバ
http://westblogburg.blog37.fc2.com/blog-date-20050905.html

<公爵の独り言>
さて、明日は何個献上されるかな?(笑)

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2008/02/13(水) 19:48:10|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JUVENIAの時計(17) | ホーム | ブルボン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1055-21790e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。