西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チベット問題と人権団体

チベットは1950年に中国人民解放軍に侵略され、チベット自治区とされました。その際、中国人民解放軍はチベット族を大量虐殺したそうです。そして中国人民解放軍は多くのチベット族に対して強制妊娠中絶不妊手術断種を行い、チベットへ漢民族を大量に移住させ、民族浄化を行おうとしたそうです(過去形ではなく、現在進行形とも言われております)。

中国政府は今回のチベットにおける暴動を武力で弾圧し、チベット族を殺害/強制連行しています。そして、チベットと海外との電話連絡を不通にさせ、インターネット経由の情報配信を規制し、報道機関による取材も規制しています。それに加えて、暴動を目撃した日本人旅行者に対して、見たことを口外するなと脅しを掛けているそうです。ここまで情報を隠蔽すると言うことは、そうとう酷いことがチベット族に対して行われているであろうことは想像に難くありません。

このような情勢の中、日頃声高に人権を説く日本の人権団体がおとなしいのはどうしてなのでしょうか? 日本の隣国でチベット族の人権が現在進行形で蹂躙されているというのに、日本の人権団体が中国政府を非難する声明を出したとは寡聞にして聞きません。もしそういう団体があったのなら是非教えて頂きたい。日本の人権団体は、外国で外国人の人権が蹂躙されていることには興味がないのでしょうか? 実に不思議ですね。

<公爵の独り言>
強制妊娠中絶、不妊手術、断種・・・。恐ろしいことです・・・。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/03/18(火) 20:57:50|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金盾 | ホーム | 中国の血塗られた歴史>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1062-64fee18c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。