西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国は日本の国連安保理常任理事国入りに反対!

中国は日本の国連安保理常任理事国入りに反対しています。

MSN産経ニュース -2008.4.15 00:46-
中国、また日本の常任理入り支持せず
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080415/chn0804150046000-n1.htm
 国連と同安全保障理事会の改革に関する日中外務省局長級協議が14日、北京で開かれ、日本が安保理常任理事国入りへの中国側の積極的な姿勢を求めたのに対し、中国側は「途上国の利益を重視すべきだ」などと従来の見解を表明、日本への支持を示さなかった。

 中国は1月に行った中印首脳会談の際の共同文書で、インドの常任理事国入りを支持。5月に予定される中国の胡錦濤国家主席の訪日を控え、日本に対しても支持表明を期待する声が日本側で高まっているが、中国側は現時点で支持する考えがないことを示した。

 日本の常任理事国入りについては米国、英国、フランス、ロシアの4常任理事国がこれまで支持を表明。常任5カ国の中では唯一、中国だけが支持を表明していない。(共同)
毒ギョーザ事件、チベット人権問題と日本の福田政権は世界中の世論に逆らって中国に甘い対応をしておりますが、中国はそれに対して全く感謝しておりません。それに、中国は昔からメンツを大切にする国と言われておりますが、大体、メンツを大切にする国というのは、自分のメンツが大切なだけで、相手のメンツに配慮することは全くありません。日本は中国に完全にナメられています。日本がどんなに譲歩しても、中国が日本を敵視することを止めることはないのです。いい加減、中国に甘い顔をするのは止めるべきではないでしょうか?

日本の国益に反する言動をする国に対しては援助を減らし、日本の国益に沿う言動をする国に対しては援助を増やす。逆らっても従っても結果が同じでは誰も言うことを聞いてはくれません。反日国には制裁を科し、親日国に手厚い援助をすべきです! そして、日本の味方になれば利益になることを知らしめ、親日国を増やす。それが外交と言うものです。当たり前のことを当たり前にするべきだと思います。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/04/17(木) 22:31:22|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金盾によるWebサイトブロック状態確認 | ホーム | 一葉桜まつり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1083-e4775f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。