西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トミカ:NISSAN CEDRIC

我が公国が保有するトミカを紹介します。

NISSAN CEDRIC(7th/Y31
日産 セドリック(7代目/Y31型)
TOMICAトミカ) 赤箱 13

NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)
NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)
NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)
NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)
NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)NISSAN CEDRIC(日産 セドリック)

日産「セドリック」はかつて日産が販売していた高級車です。この「セドリック」と言う車名の由来は、フランシス・ホジソン・バーネットの小説「小公子」の主人公「セドリック」に由来しているそうです。なかなか高貴な名前ですね。

このトミカ7代目セドリック(Y31型)をモデルにした「赤箱」の「日本製」です。通常品のため、それなりにデフォルメされていますが、実車の雰囲気が良く出ていると思います。ウィンドウガラスの着色をあえて薄くしたのでしょうか? そのおかげで横から見た時にサイドウィンドウが目立たなくなり、ピラーレスハードトップらしい雰囲気がより強調された感じがします。これはイイですね。ドアミラーがちゃんと付いているのもポイント高いです。ただ、テールランプが着色されていないのは残念です。

セドリック」は姉妹車の「グロリア」と共に「セド・グロ」と呼ばれて親しまれておりましたが、現在は「セド・グロ」共に販売中止となり、「フーガ」が後継車種となっています。「セド・グロ」は長い間日本の代表的高級車として君臨してきただけに、販売中止となったことが非常に残念です。「フェアレディZ」や「GT-R」が復活したように、いつの日か「セド・グロ」が復活することを願っております。

<公爵の独り言>
セドリックは430型(5代目)とY30型(6代目)が好きです。

サウスアイランド公国 公爵の御料車(トミカ
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/tomica/tomica.html

テーマ:トミカとプラレールの世界! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/24(木) 22:47:30|
  2. トミカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界の君主国が保有するマトボッククリ・コレクション | ホーム | トミカ:TOYOTA SOARER>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1118-69ce99a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。