西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福田総理はリーダー失格!

福田総理北京五輪開会式前に日本選手団を激励した記事がインターネット上に出ておりますが、あまりに腹が立ったので私の意見を述べさせて頂きます。

「せいぜい頑張って」 五輪代表を首相流?激励
産経新聞 8月9日8時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080809-00000093-san-pol
 福田康夫首相は8日、北京五輪開会式を前に日本選手団を激励するため選手村を訪問、あいさつした。

 ただ、「まあ、頑張ってください。せいぜい頑張ってください」とか「私はね、日本国民のためにメダルをいくつ取ってくれなきゃ困るなんてこと言いません。余計なプレッシャーかけちゃいけないと思って自制しているんです」などと、しばらく鳴りを潜めていた軽口を連発させた。とどめは「今年は、みんな旅行にも行かないで、家でテレビの前で一生懸命見ようということのようだ。ガソリンが高いせいもちょっとあるんだけどね」。

 華やかな会場で心が緩んだのか、首相本人は終始笑顔だったが、選手たちの心境はいかに。(北京 酒井充)
ちょっとこれはないですよね。日本のリーダーである総理大臣が日本選手団を激励するのに「せいぜい頑張って」はないですよね。「せいぜい頑張って」という言い方には「大して期待していない」というニュアンスがあります。言った方にどのような意図があるかわかりませんが、言われた方は確実にネガティブな印象を受ける言葉です。なぜこれから競技に参加する選手を勇気付け、奮起させる言葉が掛けられないのか・・・。福田総理のリーダーとしての資質の無さを改めて感じました。

内閣総理大臣福田康夫君、君はもう辞めた方がいいんじゃないかね?

<公爵の独り言>
すみません。今日は沸点がちょっと低くて、つい熱くなってしまいました・・・。

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/08/09(土) 22:57:36|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Answer×Answer(20080810) | ホーム | Answer×Answer(20080809)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1145-997c92b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。