西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トミカ:TOYOTA CROWN MAJESTA

我が公国が保有するトミカを紹介します。

TOYOTA CROWN MAJESTA(1st/S140
トヨタ クラウン マジェスタ(初代/S140系)
TOMICAトミカ) 赤箱 55

TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)
TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)
TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)
TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)
TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)

初代「クラウン・マジェスタ」はクラウンの上位車種で、当時日産が市場投入した高級乗用車「シーマ」の競合車種としてトヨタが市場に投入した高級乗用車です。姉妹車としてスポーティーセダン「アリスト(ARISTO)」がありましたが、現在はレクサスブランドに移行して「レクサスGS」となっております。

当時のクラウン・マジェスタの上級グレードは、

・V型8気筒4000ccエンジン
・電子制御エアサスペンション
・ABS(タイヤのロック防止)
・TRC(タイヤの空転防止)
・エアバッグ
・デジタル式スピードメーター
・エレクトロマルチビジョン(カーナビ/テレビ)
・ヘッドアップディスプレイ(フロントガラスに速度情報などを表示)

と言った先進的機能を満載した贅沢な仕様の乗用車でした。なお、当時はセルシオとクラウンの間に位置する乗用車でしたが、セルシオがレクサスブランドに移行してからは、トヨタブランドにおけるフラッグシップカー(最高級車)となっております(ショーファードリブンカーであるセンチュリーを除くパーソナルセダンでは)。

このトミカS140系と呼ばれる初代クラウン・マジェスタです。比較的新しい「赤箱」の「中国製」です。我が公国ではコレと同じ「赤箱」の「日本製」を既に保有しているのですが、日本製と中国製の比較のために購入してみました。以下は日本製のクラウン・マジェスタです。ちょっと見比べてみて下さい。

TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)

TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)TOYOTA CROWN MAJESTA(トヨタ クラウン マジェスタ)

相違点としては、ボディの色が日本製はやや黄色がかったアイボリーホワイトなのに対し、中国製は普通の白に見えます。ただこの相違は、中国製はほぼ未開封状態だったのに対し、日本製は私が長期間デスクに飾っていたために発生した色あせの可能性があります。また、日本製はボディとドアの隙間が小さく、あまり目立ちませんが、中国製は隙間が大きい感じがします。ぱっと見でわかる違いはそんなところでしょうか。

その他このトミカに関する所感としては、ボディはホワイトを基調としてたツートンカラーに着色されています。当時の流行っぽくてイイ感じです。また、テールランプには赤く着色したプラスチック部品をはめ込んでいます。窓ガラスも薄く着色したものが用いられており、プライバシーガラスのような雰囲気を出しております。なかなか良い出来だと思います。あと、Cピラーにクラウンエンブレム、リヤに「V8」のエンブレムがあればもっと良い感じになりますね。

そういえばこの初代クラウン・マジェスタ(S140)、実家の近くに住んでいた建設会社の社長が乗っていました。クラウン・ロイヤルサルーンG(S130)からの乗り換えでした。ちなみにこの社長の息子はクラウン・ロイヤルサルーンG(S120)、奥さんはクラウン・ロイヤルサルーン(S110)に乗っていたのを覚えています。

重厚なスタイルでハイテク満載だったこの初代クラウン・マジェスタは、当時大学生だった私にとって、将来このような乗用車に乗りたいと思っていたあこがれの車でした。なお、私が一番好きなクラウン・マジェスタは、S170系と呼ばれる3代目です。

サウスアイランド公国 公爵の御料車(トミカ
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/tomica/tomica.html

テーマ:トミカとプラレールの世界! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/29(金) 20:42:42|
  2. トミカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トミカ:TOYOTA CROWN MAJESTA | ホーム | トミカ:BMW 320i>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1158-dfc36791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。