西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トミカ:TOYOTA CELSIOR

我が公国が保有するトミカを紹介します。

TOYOTA CELSIOR(3rd/F30)
トヨタ セルシオ(3代目/F30系)
TOMICA SPECIAL MODEL(特別仕様トミカ) 6

TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)

セルシオ」はかつてトヨタが販売していた高級乗用車です。元々北米市場でレクサスブランドの「レクサスLS」として販売していた乗用車ですが、日本でトヨタブランドの「セルシオ」として販売、その後、日本でもレクサスブランドに戻されて、現在は「レクサスLS」として販売されています。レクサスブランドでもトヨタブランドでもフラッグシップカー(最高級車)として扱われている大型高級乗用車です。

このトミカは3代目セルシオ(F30)です。ただ、通常品ではなく「特別仕様トミカ」と呼ばれるモデルです。ちょっと見えにくいかも知れませんが、リヤのトラックリッド右側と、左右のCピラーの下付近に金文字で「Special Model」と書かれています。しかしこの「特別仕様トミカ」、通常品との違いは「Special Model」と書かれていることと、ボディカラーが通常品にはないダークグリーンであることだけであるように思えます。以下は通常品のトミカです。

TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)

大した違いはないですよね。せめて、サンルーフを付けたり、Cピラーにエンブレムを付けたり、テールランプをブレーキランプとウインカーで塗り分けたりしたら、通常品との差別化が出来たのではないかと思います。もうちょっと頑張って欲しいところです。

<公爵の独り言>
セルシオ」は「レクサスLS」になってしまいましたが、「セルシオ」で築き上げた高い信頼性とネームバリューを捨てるのは勿体ない気がしますね。かつては「セルシオ」に「レクサス」のエンブレムを付けて「レクサス風」にするのが流行ったそうですが、その内「レクサス」を「セルシオ風」にするのが流行るかも知れませんね(笑)。

サウスアイランド公国 公爵の御料車(トミカ)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/tomica/tomica.html

テーマ:トミカとプラレールの世界! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/29(金) 20:48:52|
  2. トミカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トミカ:NISSAN SKYLINE 2000 TURBO RS-X/KDR30 | ホーム | トミカ:TOYOTA CROWN MAJESTA>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1160-03d75649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。