西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トミカ:TOYOTA CELSIOR

我が公国が保有するトミカを紹介します。

TOYOTA CELSIOR(3rd/F30)
トヨタ セルシオ(3代目/F30系)
TOMICA LOTTO 6 TOKYO AUTO SALON(トミカくじ6 東京オートサロン

TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)

セルシオ」はかつてトヨタが販売していた高級乗用車です。元々北米市場でレクサスブランドの「レクサスLS」として販売していた乗用車ですが、日本でトヨタブランドの「セルシオ」として販売、その後、日本でもレクサスブランドに戻されて、現在は「レクサスLS」として販売されています。レクサスブランドでもトヨタブランドでもフラッグシップカー(最高級車)として扱われている大型高級乗用車です。

このトミカは3代目セルシオ(F30)です。ただ、通常品ではなく「トミカくじ」と呼ばれるモデルの「東京オートサロン」モデルです。そのため、「東京オートサロン」に出品される本物の乗用車が特別にあつらえられているように、このトミカも特別にあつらえてる感じがします。通常品トミカや特別仕様トミカと比べてもその差は歴然としています。

3代目セルシオ(F30) 通常品トミカ
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)

3代目セルシオ(F30) 特別仕様トミカ
TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)TOYOTA CELSIOR(トヨタ セルシオ)

まず目に付くのがヘッドランプ。通常品などは単に銀色に塗ってあるだけですが、このモデルの場合はプラスチック部品をはめ込んでいます。また、銀色のモールがボディ全周に引かれ、黒いボディをより引き締めた感じにしております。サイドウィンドウの周囲を銀色に塗ってあるのもイイ感じです。ホイールも通常品ではないスポーティーなものが用いられています。そして注目はテールランプ。通常、テールランプは着色されても1色しか塗られず、ブレーキランプとウインカーが塗り分けされるのは稀なのですが、このモデルはちゃんと塗り分けされています。これはポイント高いです! ただ、クリアテール風ではなく、ブレーキランプは赤、ウインカーは黄色で塗り分けてくれれば最高だったのにと残念に思います。

この「3代目セルシオ(トミカくじ6・東京オートサロンモデル)」は、トミカシリーズのセルシオでは最高の出来だと思います。

<公爵の独り言>
セルシオ」は「レクサスLS」になってしまいましたが、「セルシオ」で築き上げた高い信頼性とネームバリューを捨てるのは勿体ない気がしますね。かつては「セルシオ」に「レクサス」のエンブレムを付けて「レクサス風」にするのが流行ったそうですが、その内「レクサス」を「セルシオ風」にするのが流行るかも知れませんね(笑)。

サウスアイランド公国 公爵の御料車(トミカ)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/tomica/tomica.html

テーマ:トミカとプラレールの世界! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/09/07(日) 16:15:02|
  2. トミカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドアミラー付きトミカ | ホーム | トミカ:MAZDA COSMO LIMITED ROTARY>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1178-31793be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。