西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トミカ:TOYOTA CROWN

我が公国が保有するトミカを紹介します。

TOYOTA CROWN(12th/S180)
トヨタ クラウン(12代目/S180系)
TOMICA LOTTO 6(トミカくじ6) 東京オートサロン

TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)
TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)
TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)
TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)
TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)

トヨタを代表する高級車「クラウン」です。現在最新のクラウンは13代目で「S200」と言う形式名で呼ばれますが、この12代目クラウンは「S180」と言う形式名で呼ばれております。また、この12代目クラウン(S180)は「静から動への変革」をテーマに「全てをゼロから発想するクルマ造り」を行って主要コンポーネットを新設計したため、別名「ZERO CROWN(ゼロ・クラウン)」と呼ばれております。

このトミカは通常品ではなく、「トミカくじ」の「東京オートサロン」モデルです。ですので、ノーマルのクラウンではなく、トヨタ系の自動車チューナーである「トヨタテクノクラフト」のモータースポーツブランド「TRD(Toyota Racing Development)」がチューニングした12代目クラウン(S180)がモデルになっています。普通の12代目クラウン(S180)は以下のような感じです。

TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)TOYOTA CROWN(トヨタ クラウン)

通常品のヘッドランプは単に銀色に塗ってあるだけですが、このモデルのヘッドランプは着色したプラスチック部品を埋め込んでおります。また、ホイールも通常品とは違うスポーティな感じのするものが用いられております。あと、ちょっとした違いですが、通常品はCピラーにクラウンエンブレムが描かれていますが、このモデルには描かれておりません。通常品と比べると、このTRDチューニング12代目クラウン(S180)モデルは、全体的にスポーティーな感じに仕上がっていることがわかると思います。トミカとしての出来はなかなか良いと思います。

ただ、最後に一言言わせて頂くと、最近のクラウンは安全性重視のためか、ボディはハードトップ仕様が無くなってセダン仕様ばかりになり、デザインも全体的に丸っこくなって、スタイリッシュさが無くなった感じがします。また、クラウンの特徴とも言うべき横長テールランプも無くなってしまい、実に残念に思います。最新の13代目クラウン(S200)のテールランプは若干横長になりましたが、形状が気持ち悪いですね。あれならまだこの12代目クラウン(S180)の方がマシだと思います。

サウスアイランド公国 公爵の御料車(トミカ
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/tomica/tomica.html

テーマ:トミカとプラレールの世界! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/09/08(月) 21:04:09|
  2. トミカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トミカ:ROLLS-ROYCE PHANTOM VI | ホーム | ドアミラー付きトミカ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1180-a3742098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。