西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラチナ万年筆#3776

私の愛用している万年筆を紹介致します。

プラチナ万年筆 #3776
プラチナ万年筆 #3776(Platinum #3776)プラチナ万年筆 #3776(Platinum #3776)プラチナ万年筆 #3776(Platinum #3776)
メーカー名:プラチナ万年筆(Platinum)
モデル名:#3776
ニブ(ペン先)の材質:14K
ニブ(ペン先)の太さ:細
購入時期:中学生時代(1988年頃)

この万年筆は、「プラチナ万年筆」のベストセラーモデル「#3776」です。「#3776」は「プラチナ万年筆」が日本一の万年筆を目指して作ったモデルで、そのために日本一富士山にちなんだ部分が随所に見受けられます。モデル名の「#3776」は富士山の標高「3,776m」を表しており、ペン先を軸の方から見ると富士山の模様が刻まれています。なお、ドイツの高級万年筆「モンブラン」の名称もアルプスの最高峰「モンブラン」に由来するそうです。

私は小学生の頃から「プラチナ万年筆」の「ポケット」を愛用しておりましたが、中学生の頃に文房具屋でこの「#3776」を一目見て気に入り、小遣いをはたいて購入しました。落ち着いた雰囲気のシンプルなデザインで、それまで愛用していた「ポケット」と比べると大きなペン先もいかにも万年筆っぽくて好きでした。

#3776」は私のパートナーとして、常に私の胸ポケットに刺さっておりましたが、高校生の頃に誤ってペン先を露出した状態で舗装道路に落としてしまい、ペン先を傷めてしまいました。画像を見るとわかると思いますが、数ミリほどペン先がずれてしまい、本来ペン先の裏側にあって、見えるはずのない黒い部品のようなものが見えています。書き味も少し違和感を感じるようになったので文房具屋に持って行ったのですが修理不能と言われたため、主役の座を「ポケット」に譲って引退となりました。

なお、この中学生の頃に購入した「#3776」は事故により引退となりましたが、大学生の頃に購入した「#3776」はつい最近まで現役で活躍しました。

<公爵の独り言>
プラチナ万年筆のインクカートリッジにはステンレスボールが入っていて、万年筆を振るとカチカチと音がします。そしてこのカチカチ音で大体のインク残量がわかります。私はこのカチカチ音が結構好きで、プラチナ万年筆を使い続けている理由のひとつになっています。

サウスアイランド公国 公爵の愛用品(万年筆)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/pen/pen.html

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/03(金) 12:00:29|
  2. 万年筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラチナ万年筆#3776 | ホーム | トミカ:TOYOTA CELICA>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1205-58642db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。