西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トミカ:HONDA PRELUDE

我が公国が保有するトミカを紹介します。

HONDA PRELUDE(3rd)
ホンダ プレリュード(3代目)
TOMICAトミカ) 赤箱 54

HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)
HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)
HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)
HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)
HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)HONDA PRELUDE(ホンダ プレリュード)

プレリュード」はホンダが販売していたスペシャルティカーです。プレリュードは1978年の販売当初から日本車初の電動サンルーフ、ABS、4WS、ATTS、Sマチック等、最新技術/最新装備を搭載し、以降、プレリュードは常に挑戦的かつ革新的にその時代の最新技術や最新装備を一番に取り入れて行く姿勢を貫いていたそうです。そのためプレリュードは最新装備とスタイリッシュさで人気を博し、特に3代目プレリュードはデートカートして一世を風靡したそうです。しかし徐々にRVやミニバンの人気が高くなり、スペシャルティカーの人気が下火になったため、プレリュードは2001年に5代目を最後に製造終了となってしまいました。残念なことです。

さて、このトミカは最も人気を博したと言われる3代目プレリュードをモデルにした「赤箱」の日本製です。ちょうどバブルの頃に製造されたためでしょうか、トミカでは省略されることが多いドアミラーがちゃんと付いております。また、ボディと同色に塗り潰されてしまうことが多いテールランプもプラスチック部品がはめ込まれており、なかなか手の込んだ作りをしております。リヤのトランクリッド辺りの仕上げが少し雑な感じですが、通常品の割には、良くできたモデルだと思います。あと、サンルーフも再現出来ていれば申し分ないモデルだと思います。

<公爵の独り言>
運転席から助手席のシートを倒すことが出来たという噂がありますが、本当でしょうか? なんかイロイロなことに利用出来そうな・・・(笑)。

サウスアイランド公国 公爵の御料車(トミカ
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/tomica/tomica.html

テーマ:トミカとプラレールの世界! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/11/03(月) 19:40:39|
  2. トミカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トミカ:HONDA PRELUDE | ホーム | トミカ:DAIHATSU COPEN>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1229-83a28fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。