西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トミカ:NISSAN SILVIA

我が公国が保有するトミカを紹介します。

NISSAN SILVIA(5th/S13)
日産 シルビア(5代目/S13型)
TOMICA EVENT MODEL(トミカ・イベントモデル) 14

NISSAN SILVIA(日産 シルビア)NISSAN SILVIA(日産 シルビア)
NISSAN SILVIA(日産 シルビア)NISSAN SILVIA(日産 シルビア)
NISSAN SILVIA(日産 シルビア)NISSAN SILVIA(日産 シルビア)
NISSAN SILVIA(日産 シルビア)NISSAN SILVIA(日産 シルビア)
NISSAN SILVIA(日産 シルビア)NISSAN SILVIA(日産 シルビア)

シルビア」は、かつて「デートカー」として一世を風靡した日産のスポーツクーペです。現在でも「ドリフト」用の乗用車として「レーサー」や「走り屋」に人気があるようです。私事ですが、かつて私の友人もシルビアに乗っていました。ただ、2年程で廃車にしていた記憶があります・・・。

このトミカはボディサイドに青文字で「TOMICA EVENT MODEL」と書いてある通り、「イベントモデル」と呼ばれる通常品より少しだけ作りが丁寧なモデルです。中国製です。以下に通常品のシルビアの画像を載せておきますが、このイベントモデル、通常品と比べるとかなり良くできています。

NISSAN SILVIA(日産 シルビア)NISSAN SILVIA(日産 シルビア)

注目すべきは塗装。同じツートンカラーでも通常品は単に2色に塗り分けただけですが、このイベントモデルの場合は塗り分けの境界線に黒いラインが引かれています。これがアクセントになってデザインを引き締めている感じがして良い感じです。また、ウインカーとブレーキランプの塗り分けこそ無いものの、テールランプが着色されているのはポイントが高いです。これは良くできたモデルだと思います。そう言えば、不思議とドアミラー付きのトミカにははずれがありません。製造メーカーであるタカラトミーもドアミラー付きのトミカは気合いを入れて作っているのかも知れませんね。

あと余談ですが、「シルビア」には「180SX(ワンエイティSX)」と言う姉妹車がありますが、「シルビア」のフロントと「180SX(ワンエイティSX)」のボディを合体させた「シルエイティ(Sileighty)」と言う改造車があるそうです。また逆に「180SX(ワンエイティSX)」のフロントと「シルビア」のボディを合体させた「ワンビア」と言う改造車もあるそうです。なお、「シルエイティ」は日産系のディーラーで製造・販売されたことがあるそうです(!)。また、「シルエイティ」はトミカでも「頭文字D(イニシャルD)セット」としてモデル化されているそうです。

サウスアイランド公国 公爵の御料車(トミカ)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/tomica/tomica.html

テーマ:トミカとプラレールの世界! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/08(月) 23:45:30|
  2. トミカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | ホーム | トミカ:NISSAN SILVIA>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1251-77cb9f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。