西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スルスル・ヌラヌラ

万年筆マニアの世界では、インクの出が良く、スムーズで滑らかな書き味のことを「スルスルヌラヌラ」と表現するそうです(私も今日初めて知りました!)。

なお、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「万年筆」のトピックによると、この「スルスルヌラヌラ」と言う言葉は、作家の山口瞳が「万年筆売場にて」というエッセイ(『変奇館の春』所収)で初めて使った表現であるそうです。

また、この「スルスルヌラヌラ」に関するエピソードについては、以下のブログにて詳しく書かれているので、興味のある方はご覧下さい。

Nameless Here Forever More U´Å`U
ヌラヌラの初出
http://d.hatena.ne.jp/gkmond/20080813/p1

<公爵の独り言>
先日入手したプラチナ万年筆(ペン先:18KWG中字)の書き味は正に「スルスルヌラヌラ」な感じでした。確かに良い書き味なのですが、細字に慣れた私には、中字の太さが合いません・・・。

サウスアイランド公国 公爵の愛用品(万年筆
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/pen/pen.html

プラチナ萬年筆株式会社
http://www.platinum-pen.co.jp/

テーマ:男の小物 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2009/06/07(日) 20:40:20|
  2. 万年筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パリ市がダライ・ラマ14世にパリ名誉市民の称号を授与 | ホーム | 万年筆のペン先と書き味>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1271-ec1524a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。