西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スウェーデン王妃が児童ポルノの規制強化を求める

スウェーデン王国シルビア王妃がストックホルムの王宮で読売新聞記者との単独会見に応じ、日本の児童ポルノ規制強化(児童ポルノの所持禁止)を求めるコメントを出したそうです。

YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2009年6月10日
児童ポルノ、日本も「所持」禁止を
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20090610ok01.htm
スウェーデン王妃と単独会見

 スウェーデンシルビア王妃は、ストックホルムの王宮で読売新聞と会見し、世界的に深刻化している児童ポルノ問題について、「各国政府や民間団体、企業の連携の強化が重要」との認識を示した。

 特に、日本の児童ポルノ対策に関し、個人がパソコンなどを通じて入手する「所持」の禁止など規制強化を求めた。

 スウェーデンをはじめ欧米諸国では、児童ポルノの「所持」禁止が主流だ。日本でも「所持」の禁止を盛り込んだ児童買春・児童ポルノ禁止法改正案が与党から国会に提出されている。シルビア王妃は「所持の禁止は児童ポルノ対策に大きな意味を持つ。法改正を心から希望します」と述べた。

 シルビア王妃は、「児童の性的搾取に反対する世界会議」に出席するなど、この問題に対する発言や活動を熱心に続けてきた。最初の世界会議がストックホルムで開かれた1996年当時と比べ、インターネットの普及などで、児童ポルノや人身売買などの被害が深刻化していると指摘。対策として、児童買春に反対する旅行・観光業界の行動規範や、違法な児童ポルノサイト閲覧を遮断する「ブロッキング」などの重要性を強調した。

 今年は国連の「子どもの権利条約」採択から20年という節目の年でもある。「私たちは児童ポルノ問題から目を背けるわけにはいきません。問題解決に向けて、戦い続けるしかないのです。市民一人ひとりがこの問題に関心を持ち、問題のある画像や行為を見つけたら通報するなど、恐れずに行動してほしい」。また、「性的虐待の犠牲になった子どもを社会的に支援していくことも大切です」と語った。
<公爵の独り言>
確かに児童は良くありませんね。せめて生徒になってから・・・。
いや、すみません。冗談ですって(笑)。

テーマ:性犯罪・わいせつ事件 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/06/11(木) 01:12:13|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連合公国で蕎麦が大ブーム! | ホーム | 中国で全パソコンに検閲ソフト義務化!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1274-a369a77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。