西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラチナ万年筆プレジデント使用9ヶ月レビュー

私が現在愛用している万年筆プラチナ万年筆プレジデントです。

プラチナ万年筆 プレジデント
プラチナ万年筆 プレジデント(Platinum President)プラチナ万年筆 プレジデント(Platinum President)プラチナ万年筆 プレジデント(Platinum President)
メーカー名:プラチナ万年筆(Platinum)
モデル名:プレジデント(President)
ニブ(ペン先)の材質:18K
ニブ(ペン先)の太さ:細字
購入時期:2008年9月14日

この万年筆を使い始めて9ヶ月目経ったので、新品購入時には分からなかった使用感などについてちょっとレビューしてみたいと思います。私はこのプレジデントを使う前は、10年近くプラチナ万年筆#3776を愛用しておりました。

プラチナ万年筆 #3776
プラチナ万年筆 #3776(Platinum #3776)プラチナ万年筆 #3776(Platinum #3776)プラチナ万年筆 #3776(Platinum #3776)
メーカー名:プラチナ万年筆(Platinum)
モデル名:#3776
ニブ(ペン先)の材質:14K
ニブ(ペン先)の太さ:極細
購入時期:大学生時代(1995年頃)

#3776からプレジデントに移行した直後は、#3776よりも軸が太いプレジデントに違和感を感じておりましたが、9ヶ月も使うとプレジデントの太さに慣れて、逆に#3776が細く、物足りなく感じてしまいます(ちょっと女性の気持ちが分かりましたw)。また、プレジデントのデザインも#3776に比べて美しく、キャップと首軸に追加された金色の装飾リングが黒い軸に映えて良いアクセントとなっています。書き味もなかなか。もう#3776には戻れないと言った感じです。プレジデントは実用品として、完成度が高い万年筆だと思います。

ただ、強いて言えば2つだけ不満があります。

ペン先の形状・デザインについては、プレジデントよりも#3776の方が大振りで、いかにも万年筆っぽくてカッコイイと思います。個人的な願望ですが、プレジデントに18Kで作った#3776タイプのペン先を組み込んだらかなり満足度が高い万年筆になるのではないかと思います(プラチナ万年筆さん、作ってくれませんかね? あと、ペン先のハート穴は現行のハート形じゃなくて丸形で!)。

あと、これは個体差なのかも知れませんが、私のプレジデント(細字)は、インクフローが少し渋い感じがします。細かい字を書くのならちょうど良いのかも知れませんが、もうちょっとインクフローを良すると万年筆らしい滑らかな書き味が出てくるのではないかと思います。まぁ、これはペンクリニック等で調整して貰えば何とかなると思いますけどね。

プラチナ万年筆プレジデント、良い万年筆だと思います。お勧めです。これから万年筆を使い始める方にも、既に万年筆を愛用している方にも満足して頂ける万年筆だと思います。

サウスアイランド公国 公爵の愛用品(万年筆)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/pen/pen.html

プラチナ萬年筆株式会社
http://www.platinum-pen.co.jp/

テーマ:男の小物 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2009/06/30(火) 02:52:25|
  2. 万年筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<プラチナ万年筆シープ | ホーム | プラチナ万年筆#3776修理(結果)>>

コメント

今晩は、「大日本国民愛国義勇軍」です。(変な名前ですみません……)
先日公爵陛下よりの「よかったらこれからも見に来て、コメント下さい。」との有り難き御言葉を頂きましたので、又コメントさせて頂きます。
俺の様な日常の筆記具をボールペンで済ませている愚民には万年筆の事は良く存じませんが、同じように見えても何かと違う物なんですね。
俺なんかみたいに「字が書ければ何でも良い」とか思ってるタイプの人間には些細なことでも、こだわりを持ってる方々には大きな違いなのでしょう。
>まぁ、これはペンクリニック等で調整して貰えば何とかなると思いますけどね。
「ペンクリニック」と言うことは、ペンのお医者さんの様なものなんですよね?
そんな物があるとは知りませんでした。
万年筆と言うのも中々奥が深い世界なんですねぇ……
俺がその世界に足を踏み入れることは恐らく無いと思われますが、もしそのようなことが有った時の為に「プラチナ万年筆」の「プレシデント」と言う名前は覚えておきます。

それでは、失礼致します。

追伸
失礼ですが、公爵陛下のお年は御幾つなのでしょうか?
万年筆のコーナーに有った「大学生時代に購入(1995年頃)」「中学生時代に購入(1988年頃)」などの文面から考えて30代後半位でありますか?
  1. 2009/06/30(火) 21:33:06 |
  2. URL |
  3. 大日本国民愛国義勇軍 #-
  4. [ 編集]

大日本国民愛国義勇軍様
こんばんは。
>「大日本国民愛国義勇軍」です。(変な名前ですみません……)
いえいえ。こちらこそ「公爵」などという変な名前ですみません(笑)。

ここ最近、このブログで万年筆の話題を取り上げていますが、私もそれほど沢山の万年筆を持っている訳でもないし、プラチナ万年筆以外の万年筆を使ったことがないので、そんなに詳しい訳ではありませんし、違いの分かるおとこでもありません。それに万年筆を使い始めたきっかけは、小学校の時に先生が使っていて格好良く見えたから。ただそれだけ。そして祖父母からお古の万年筆を貰って、以降ずっと万年筆を使うようになった感じですね。そして、昔からシャツのポケットに万年筆を挿してきたので、今では万年筆を挿し忘れると刀を忘れた武士のように落ち着かない気持ちになります(笑)。
  1. 2009/07/01(水) 00:00:46 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

あと、プラチナ万年筆を愛用しているのも、他社と比較していいとかそんなものでもなく、最初に祖父母から譲って貰ったお古の万年筆がプラチナ万年筆だったので、以降、ずっとプラチナ万年筆を愛用し続けている感じです。同じメーカーの万年筆ならば同じインクカートリッジを使い続けられますからね。でも気に入っていますよ。日本のメーカーですし。もし他のメーカーの万年筆を買うのなら、まずは日本のメーカーである「パイロット万年筆」の「カスタム」シリーズか「セーラー万年筆」の「プロフィット」シリーズが欲しいですね。日本の万年筆はかなり評価が高いようですし、日本を愛する私としては、まずは日本製を愛用して、その良さを世界にアピールしたいところです(笑)。
  1. 2009/07/01(水) 00:02:01 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

大日本国民愛国義勇軍さんも万年筆を1本、いかがですか? 1,000円出せばデスクペンが買えますし、5,000円位出せば金ペン(ペン先が18Kとか14Kで出来た万年筆)が買えますよ。とは言え、世の中ボールペン主流ですからね。でも、ラブレターなんかは万年筆の方が映えるかも知れませんよ(笑)。

あと、ペンクリニックは私もまだ利用したことがないのですが、万年筆メーカーの人が百貨店などの催し物場で時々開催しているそうです。そこに自分の万年筆を持ち込んで、修理して貰ったり、インクの出方を調整して貰うことが出来るそうです。私も今度利用してみたいと思っています。

最後に、
>失礼ですが、公爵陛下のお年は御幾つなのでしょうか?
>30代後半位でありますか?
私のことを「永遠の中年」と呼ぶ人がいますが、ここでは30代中頃とだけ答えておきましょう。あと、私は「陛下」の敬称で呼ばれるほどの身分ではないので、今後は「殿下」の敬称で呼んで頂けると嬉しく思います。

では、長々と失礼しました。またのお越しをお待ちしております。
  1. 2009/07/01(水) 00:15:04 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1278-d5270691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。