西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラチナ万年筆シープ

私の愛用している万年筆を紹介致します。

プラチナ万年筆 シープ
プラチナ万年筆 シープ(Platinum Sheep)プラチナ万年筆 シープ(Platinum Sheep)プラチナ万年筆 シープ(Platinum Sheep)
メーカー名:プラチナ万年筆(Platinum)
モデル名:シープSheep
ニブ(ペン先)の材質:Pt. ALLOY(プラチナ合金)
ニブ(ペン先)の太さ:不明
キャップの閉め方:勘合式(はめ込み式)
インク補充方法:カートリッジ式
購入時期:Yahoo!オークションにて2009年6月29日に落札
備考:軸は革巻

この万年筆は「プラチナ万年筆」の「シープSheep)」です。この万年筆の特徴は軸とペン先にあります。万年筆の軸には「シープSheep)」=「」の名の通り、「羊革」が巻かれております。しかも巻いた羊革の継ぎ目が全く分からない見事な出来映えです。そしてもう一つの特徴であるペン先には「Pt. ALLOY」の刻印。つまりこのペン先は「プラチナ合金」で出来ているのです。まさに「プラチナ万年筆」です! また、首軸には銀色に輝く菱形の象嵌が施されております。なかなかオシャレで珍しい万年筆だと思います。

それにしても、プラチナ合金製のペン先は初めてです。なんかもったいなくて使えないかも・・・と思いましたが、万年筆は使ってナンボの実用品! しっかり使って、近い内に使用感をレビューしたいと思います。

ただちょっと心配なのが革巻きの軸。濡らしたり、湿気に当てたり、逆に乾燥させたり、直射日光に当てたりしたら、羊革が劣化したりしないでしょうか? あまり革製品の手入れに詳しくないので、ご存じの方がいらっしゃいましたら手入れ方法を教えて頂けると幸いです。

サウスアイランド公国 公爵の愛用品(万年筆)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/pen/pen.html

プラチナ萬年筆株式会社
http://www.platinum-pen.co.jp/

テーマ:男の小物 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2009/07/04(土) 01:57:00|
  2. 万年筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラチナ万年筆リビエール | ホーム | プラチナ万年筆プレジデント使用9ヶ月レビュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1279-374fb00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。