西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京都議会議員選挙

明日、7月12日(日曜日)は、東京都議会議員選挙の投票日です。今は便利な世の中で、候補者(政党)の情報はインターネットで検索すればいくらでも手に入ります。良い実績、悪い実績、良い噂、悪い噂、判断基準となるあらゆる情報が手に入ります。有権者の皆さん、候補者(政党)の前歴をチェックして、必ず投票に行きましょう!

東京都選挙管理委員会
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/

我々有権者は、普段は政治に関わることもなく、政治による福利を享受しております。それが可能なのは、我々有権者が主権者として選挙権を持っているからに他なりません。これを持っているからこそ、有権者が毎日、政治運動に明け暮れなくても、政治が有権者に配慮するのです。

かつて王侯貴族が平時において贅沢をしても多少許されたのは、いざ戦いとなった時には真っ先に戦場に出陣し、率先して国を護るノブレス・オブリージュ(高貴なる者の義務)を負っていたためです。戦うべき時に全力で戦うからこそ、普段の平和を享受できるのです。

選挙は一種の戦いです。毎日の平和は、この戦いによって得られていると言っても過言ではありません。ですから、この戦いに参加し、犠牲(時間や手間)を払わない者には、毎日の平和と政治による福利を享受する権利はないと私は考えます。自分の支持する候補者が当選しても落選しても、戦いに参加したことが政治に対する圧力となります。選挙こそ「参加することに意義がある」行事の最たる物でしょう!

明日の平和と福利を享受するためには、今戦わなければならないのです。さぁ有権者の皆さん、明日は投票用紙を持って、投票所へ行きましょう!

<公爵の独り言>
選挙の投票率を上げて本気で民意を反映したければ、選挙の投票日は土曜日、日曜日、月曜日の3日間設けるべきだと私は思います。また、投票も当選させたい候補者名を書くプラスの投票と、落選させたい候補者の名前を書くマイナスの投票があると、もっと民意が反映出来ると思います。さらに、有権者一人にプラス投票10票、マイナス投票10票を持たせて、候補者に配分して投票出来れば、かなり正確な民意を反映出来ると思います。どうですかね?

テーマ:2009東京都議選 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/07/11(土) 12:52:44|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京都議会議員選挙投票日 | ホーム | プラチナ万年筆ポケット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1283-27002eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。