西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラチナ万年筆ポケット

私の愛用している万年筆を紹介致します。

プラチナ万年筆 ポケット
プラチナ万年筆 ポケット(Platinum Pocket)プラチナ万年筆 ポケット(Platinum Pocket)プラチナ万年筆 ポケット(Platinum Pocket)
メーカー名:プラチナ万年筆Platinum
モデル名:ポケットPocket
ニブ(ペン先)の材質:22K
ニブ(ペン先)の太さ:中字
キャップの閉め方:勘合式(はめ込み式)
インク補充方法:カートリッジ式
購入時期:Yahoo!オークションにて2009年7月27日に落札

この万年筆は「プラチナ万年筆」の「ポケットPocket)」です。普通の万年筆は、軸が長く、シャツの浅いポケットには入りづらいものですが、この「ポケット」は文字通りポケットにもすんなり入るポケットサイズの万年筆です。しかも、一見、かなりコンパクトな万年筆に見えますが、キャップを外して軸の後ろに挿せば、筆記するのに十分な長さになる優れものです。私はこの「ポケット」が大好きで、今回入手したこの「ポケット」以外に、4本の「ポケット」を持っています。

さて、一見、何の変哲もないこの「ポケット」を今回わざわざYahoo!オークションで落札した理由は、ペン先が珍しかったからです。通常、万年筆のペン先は、「14K」または「18K」で出来ていることが多いのですが、この万年筆のペン先は「22K」で出来ているのです。現在、「18K」以上のペン先を使っている万年筆は、私の知る限りではセーラー万年筆が販売している「21K」のペン先の万年筆だけです。まぁ、万年筆のペン先の場合、単に金の含有量が多ければ多いほど良いという訳ではありませんが、ジュエリーでよく使われる「18K」よりも金の含有量が多い「22K」ともなると、何か、

その辺の万年筆とは違うのだよ!

とちょっと威張りたくなります(笑)。ただ、書き味は、「22K」だから特別と言うこともなく、まぁ、普通でした。書き味はペン先の材質よりも、ペン先の形状によって変わります。私の場合、この「ポケット」の形状のペン先とは相性が良いみたいで、この形状のペン先ならば「ステンレス」でも「14K」でも「18K」でも安定した心地よい書き味に感じます。このプラチナ万年筆「ポケット」、夏のクールビズ期間、胸ポケットに挿して愛用しようと思います。

サウスアイランド公国 公爵の愛用品(万年筆)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/pen/pen.html

プラチナ萬年筆株式会社
http://www.platinum-pen.co.jp/

テーマ:男の小物 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2009/08/01(土) 21:47:46|
  2. 万年筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラチナ万年筆黒軸 | ホーム | 西ブログブルク公国(FC2BLOG)の凍結が解除!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1290-e90ff22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。