西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オバマ大統領にノーベル平和賞

アメリカオバマ大統領ノーベル平和賞が贈られるそうです。

CNN.co.jp 2009.10.09 18:01
ノーベル平和賞バラク・オバマ大統領
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200910090021.html
ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、今年のノーベル平和賞を、バラク・オバマ大統領氏に授与すると発表した。

バラク・オバマ大統領氏には賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億2700万円)が贈られる。授賞式は12月10日、ストックホルムで行われる。
Yahoo!ニュース -ロイター- 10月9日19時24分
ノーベル平和賞オバマ大統領、核兵器削減への取り組みで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091009-00000876-reu-int
 [オスロ 9日 ロイター] ノルウェー・ノーベル賞委員会は9日、2009年のノーベル平和賞米国バラク・オバマ大統領に授与すると発表した。
 同委員会は、大統領が世界平和への取り組みや世界の核兵器保有量の削減に向けた提唱を通じ、「より良い未来への希望」を世界に与えたとして、大統領の取り組みを評価した。
 オバマ氏は米国初の黒人大統領として今年1月の就任以来、軍縮を呼び掛けるほか、中東和平交渉の再開に向けて取り組んできた。
 同委員会は「オバマ氏ほど、世界の注目を集め、人々により良い未来への希望を与えた人物は非常に稀だ」と表明した。
 賞金は1000万スウェーデンクローナ(約140万ドル)。
 授賞式は12月10日に当地で開かれる予定。
時事ドットコム 2009/10/09 20:48
中東和平推進を後押し=オバマ米大統領の平和賞受賞
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200910/2009100900864&rel=y&g=int
【エルサレム時事】今年のノーベル平和賞がオバマ米大統領に贈られることが決まった背景に、「世界で最も解決困難」とも指摘される中東和平を推進させようとの狙いがあるのは確実だ。現時点で同大統領の仲介努力は奏功していないが、和平機運の醸成に一定の効果を発揮するとみられる。
 コソボ、アチェなど各地での紛争仲介の手腕が評価され、2008年の同賞を受賞したアハティサーリ前フィンランド大統領は9日、米CNNテレビに対し、「オバマ氏が取り組むべき最大の課題は中東和平で、授賞はこれを後押しする狙いがある」と指摘した。和平問題当事者のイスラエル、パレスチナ自治政府も授賞を歓迎する姿勢を示した。
 中東和平をめぐっては、イスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)が相互承認に踏み切った1993年のオスロ合意を受け、翌94年にイスラエルのラビン首相とペレス外相、PLOのアラファト議長(いずれも当時)が受賞した例がある。
 これも和平推進への期待を込めたものだったが、その後、ラビン氏が95年にイスラエル極右青年に暗殺されるなどし、和平への期待はしぼんでいった。
47NEWS(よんななニュース) -共同通信- 2009/10/10 01:09
オバマ氏にノーベル平和賞 「核なき世界」へ努力
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100901000705.html
 【ロンドン共同】ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、2009年のノーベル平和賞をバラク・オバマ米大統領(48)に授与すると発表した。同委員会は「核兵器なき世界」の実現に向けたオバマ氏の構想と努力を特に高く評価。国際協調主義や気候変動問題での建設的役割に加え、「世界に将来への希望を与えた」ことを授賞理由に挙げた。

 オバマ氏は大統領就任から9カ月足らずでの栄誉。核廃絶の理想実現に向けた努力は緒に就いたばかり。実績が少ない段階での極めてまれな授賞決定には、歴史的高まりを見せる国際社会の機運を後押しし、核兵器が国の安全保障をもたらすとの発想の転換を促す狙いがある。

 オバマ氏は授賞決定を受けホワイトハウスで、声明を発表し、平和賞を「21世紀の課題に向けた行動への要請」ととらえ、受け入れる意向を表明。核廃絶の取り組みは「1人の指導者や1カ国では達成できない」と述べ、世界各国の協力を呼び掛けた。

 現職国家首脳の受賞は2000年に朝鮮半島の南北和解への貢献を理由に受賞した当時の韓国大統領の故金大中氏以来。

 オバマ氏は昨年11月の大統領選で、国際社会の反対を押し切り開戦に踏み切ったイラク戦争など一国主義の外交や核軍縮に後ろ向きだったブッシュ前政権の政策転換を掲げ、黒人として米国で初の大統領に当選。

 今年4月にはチェコ・プラハでの演説で広島と長崎への原爆投下を念頭に「核兵器を使用した唯一の核保有国として行動する道義的責任がある」と述べ、核廃絶に向けた包括的構想を提唱。6月にはカイロで米国とイスラム社会の「疑念と不和の連鎖を断ち切らねばならない」と訴えた。

 核保有五大国の首脳が一堂に会した9月の国連安全保障理事会の首脳級会合では「核兵器なき世界」に向けた取り組みをうたった決議案採択を主導し全会一致で採択、核廃絶への歩を進めた。

 現職の米大統領では、1906年に日露戦争の講和調停でセオドア・ルーズベルト、国際連盟創設で19年に受賞したウィルソンに続き90年ぶり。02年にはカーター元大統領が受賞、07年にゴア元副大統領も賞を受けた。

 授賞式は12月10日にオスロで行われ、賞金1千万スウェーデンクローナ(約1億2700万円)が贈られる。大統領側近によると授賞式にはオバマ氏自身が出席する見通し。
中国新聞 2009/10/10
オバマ氏の平和賞に広島喜び
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910100036.html
 核兵器廃絶に取り組むオバマ米大統領のノーベル平和賞受賞が決まった9日、被爆地広島に驚きと歓迎の声が広がった。祝福ムードのなかで被爆者たちは、原爆投下国で核超大国のリーダーが受賞を機に、「核なき世界」の実現に向けた行動を加速させるよう期待し、注目している。

 広島県被団協の坪井直理事長(84)は「素晴らしい。予想外だ」と喜び、「核兵器に固執してきた世界の潮流を転換させたのはオバマさんの手腕。受賞を機に廃絶への機運が盛り上がる」。もう一つの県被団協の金子一士理事長(83)も「廃絶への展望が大きく開けた。ぜひ広島を訪れ、被爆地の声を聞いてほしい」と期待を寄せる。

 中国新聞に連載中の「ひろしま国 10代がつくる平和新聞」ジュニアライターで、昨年秋から「おいでよオバマさんプロジェクト」を紙面で展開したメンバーの一人、広島市立己斐中2年の井口優香さん(14)は「平和賞の影響力は強いと思う。廃絶への後押しになるのでは」と話した。

 一方、元共同通信ワシントン支局長の大島寛・広島修道大教授(61)は「核大国の大統領が核兵器廃絶を唱えたことは画期的だが、実績があるわけではない。今後、核兵器のない世界へ、どう行動するかが問われる」と指摘。「上院による包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准実現などが当面の試金石になる」と注目している。
47NEWS(よんななニュース) -共同通信- 2009/10/09 22:58
「なぜ、オバマ?」 戦火のアフガン、疑問の声
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100901001027.html
 【カブール共同】オバマ米大統領へのノーベル平和賞授賞決定の報に、6万人を超える米軍が展開し、戦火が続くアフガニスタンの人々からは9日、「なぜ、オバマ?」と疑問視する声が上がった。反政府武装勢力タリバンは「“戦争賞”を授与すべきだ」と指摘した。

 カブールで自動車販売業を営むナジール・カリサダさん(27)は「賞をもらうのは結構だが、とにかくアフガンに平和をもたらしてほしい」と冷ややかに話した。

 タリバンのムジャヒド報道官は、共同通信の電話取材に対し「世界中で起きている戦争で、オバマがどこかに平和をもたらしたのか。オバマには“戦争賞”を授与するべきだ」と述べた。

 国連アフガン支援団(UNAMA)によると、今年1~6月に自爆テロや空爆で死亡したアフガンの民間人は1013人。2001年の米軍によるタリバン政権への攻撃開始以来最悪のペースで、うち約30%は米英などの多国籍部隊などによる攻撃の犠牲だった。

 今回の平和賞にはアフガンの女性人権活動家シマ・サマルさんが候補者の一人と報じられていただけに「彼女の方がはるかにふさわしい」という声も多かった。
オバマ大統領、何かしましたっけ? ノーベル平和賞って、何でしたっけ? ノーベル平和賞は政治家ではなく、長年に渡って地道に人道活動をしている人に贈らないと意味がないと思います。はっきり言って、選考委員の見識を疑いますね。

テーマ:オバマ大統領・政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/10/10(土) 02:13:33|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<天皇陛下即位20年お祝い記帳 | ホーム | EXILEが天皇陛下御即位20年奉祝曲!>>

コメント

オバマ大統領にノーベル平和賞、ですか・・・。
彼が僅かでも平和に貢献したとは自分も到底思えませんねえ。
勿論、これから何らかの行動を起こして世界平和に貢献される可能性が無いとは言いませんが、
少なくとも現段階でかのノーベル賞が授与される対象になっているとは絶対に思いません。

オバマ氏への授与は勿論、そもそも「ノーベル平和賞」と言う物自体の存在を自分は疑いますね。
「平和」と言うのはあくまで主観的な要素の強いものであり、科学や数学などのように、一元的に「この人の功績は立派だ」「この人は駄目だ」と決め付けられるものでは有りません。
「正義の反対に有る物は別の正義」と言う諺(?)の様なものがあったと記憶しておりますが、全くその通りですね。
欧米中心主義で回っている現在の国際社会から見れば「危険分子」「反平和的」な中東のテロ組織だって、中東社会からすれば「侵略者」を追い払うべく戦っている「平和の使者」に写るかも知れません。
欧米中心社会からすれば「絶対的正義」であり「世界平和の実現者」たる米国だって、中東から見れば単なる侵略者であります。

この様に、「平和」とはあくまでもどの立場に立つかによって正反対になる事もしばしば有り得る多元的なものなのです。

その「平和」へ誰がどれだけ貢献したかなどを決め付け相乗を授与すると言う行為自体、ナンセンス(死語?)な事だと言わざるを得ませんね。

それでは、本日は失礼申し上げます。
尚、今回のコメントに書いた文章は、愛国義勇軍HP内のコンテンツである短編コラム「秋水」に掲載予定の文章を、一部改変して投稿いたしましました。
  1. 2009/10/11(日) 16:37:55 |
  2. URL |
  3. 大日本国民愛国義勇軍 #-
  4. [ 編集]

大日本国民愛国義勇軍様
オバマ大統領へのノーベル平和賞授与は、実績はないけれど、ノーベル平和賞受賞者なんだから、国際紛争の解決に軍事力を使ってくれるなよと言う圧力を掛けることが目的ではないかと言われております。効果があるとは思えませんが・・・。
  1. 2009/10/13(火) 12:05:10 |
  2. URL |
  3. 公爵 #y8j/9w2E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1319-59b84906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。