西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベルギーの極貧王子が死亡

ベルギー極貧王子ことベルトラン・ド・メロード王子(Prince Bertrand de Merode)が死亡したそうです。

IBTimes(アイビータイムズ) 2009年11月10日 23:33
ベルギー極貧王子死亡
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/091110/44130.html
 ベルギーの王子ベルトラン・ド・メロードがオステンデのアパートで死亡しているのが発見された。死亡の原因はまだ不明。この王子は若いころから貧困生活をしており病院にも何度か入院していた。

 ベルトラン王子は1952年にベルギー貴族ド・メロード家に生まれた。国王アルベルト一世は1930年にド・メロード家に皇室の称号を与えており、王家とド・メロード家は現在まで非常に近しい関係にある。

 しかし変わり者のベルトラン王子は城を飛び出し道端で生活するようになった。家族からの援助もプライドがゆるさないと断っていた。

 王子はオステンデの市長の部屋に木製のピストルをもって入り込んだり、ナチュラリストとしてブレデーンにヌーディストビーチを確保したりと話題につきなかった。

 また今年王子が結婚したいとしていたガーナ人の美女は金の密輸入で逮捕され、さらにこの美女は男性であることが発覚した。
ベルトラン・ド・メロード王子はなかなか破天荒な人物だったようですね(笑)。ここまで非日常的だと、映画化されてもおかしくなさそうですね(笑)。

ところで、ベルギー貴族ド・メロード家について、インターネット上のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の英語版とフランス語版で調べてみると、ド・メロード家ベルギー貴族の中でも最も重要な家系であり、ヨーロッパ中の重要な貴族家系と関係があるとの表記がありました。ド・メロード家はかなり有力な貴族のようです。そして、上記の記事で、
国王アルベルト一世は1930年にド・メロード家に皇室の称号を与えており、王家とド・メロード家は現在まで非常に近しい関係にある。
とありますが、これはベルギー王室がド・メロード家プリンス(Prince)の称号を与えたことを指しているようです。そのため、ド・メロード家の一員であるベルトラン・ド・メロードプリンス(Prince)の称号で呼ばれているようです。

ですから、記事本文のように「ベルギーの王子ベルトラン・ド・メロード」と表記するよりも、「ベルギー貴族プリンスベルトラン・ド・メロード」と表記した方が正確だと思います。

それにしても、「プリンス(Prince)」をそのまま「王子」と訳すと違和感を感じますね。記事を見た時はベルギー王室の王子が極貧なのかと思ってしまいました・・・。

The Belgian Monarchy(ベルギー王室公式Webサイト)
http://www.monarchie.be/

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2009/11/11(水) 08:17:09|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天皇陛下がペルーのガルシア大統領と会見 | ホーム | 警視庁が東京都心を厳戒警備!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1399-020b6dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。