西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天皇皇后両陛下が人形浄瑠璃文楽を御鑑賞

昨日11月17日、天皇皇后両陛下は大阪市中央区の国立文楽劇場を御訪問され、人形浄瑠璃文楽を御鑑賞されました。

Yahoo!ニュース -時事通信- 11月17日18時32分
両陛下、文楽を鑑賞=雨の中、歓迎の子らを心配
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000157-jij-soci
 即位20年を機に関西を訪問中の天皇皇后両陛下は17日午後、大阪市中央区の国立文楽劇場を訪れ、人形浄瑠璃文楽を鑑賞された。
 演目は、平安時代の陰陽師安倍晴明が父の保名と白狐「葛の葉」との間に生まれたとの伝説を基にした「芦屋道満大内鑑 葛の葉子別れの段」。観客とともに盛んな拍手を送っていた。
 同日午前には、大阪市立東洋陶磁美術館を視察。中国などの陶磁器を見て回り、天皇陛下は「どういう人が持っていたんですか」などと質問していた。
 沿道では雨の中、多くの子供たちがかっぱを着るなどして歓迎した。両陛下は、風邪を引かないだろうかと心配していたという。
Yahoo!ニュース -産経新聞- 11月17日19時12分
文楽の人形遣いに拍手 大阪ご訪問の天皇皇后両陛下
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000604-san-soci
 大阪府を訪問している天皇皇后両陛下は17日、国立文楽劇場(大阪市中央区)で、文楽「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」の一幕「葛の葉子別れの段」を鑑賞された。

 両陛下が入場されると、観客から大きな拍手が送られた。作品は、数奇な出会いを経た夫婦と、そこに生まれた子供との情愛を描いた作品。人形が派手な立ち回りを行うシーンも多く、両陛下はさかんに説明者に質問しながら本場大阪での文楽鑑賞を楽しまれた。

 また、大阪府の小河保之副知事は同日の日程終了後の記者会見で、子供が新型インフルエンザに感染したため公務を自粛している橋下徹知事について、子供の熱が下がったことを両陛下に伝えたところ、両陛下から「よかったですね」とのお言葉があったことを明らかにした。
Yahoo!ニュース -毎日新聞- 11月17日19時21分
天皇皇后両陛下>大阪で人形浄瑠璃文楽を鑑賞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000087-mai-soci
 天皇、皇后両陛下は17日、大阪市中央区の国立文楽劇場を訪れ、人形浄瑠璃文楽「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」の「葛の葉子別れの段」を鑑賞した。大夫の語りと三味線で組み立てられた義太夫節に聴き入り、繊細な人形の動きを楽しんだ。

 大阪府によると、雨の中、約2500人が沿道で両陛下を歓迎した。宮内庁によると、両陛下は傘を差したり雨具を着て並んでいる子どもたちを見て、「風邪をひかないでしょうかね」と心配したという。
新型インフルエンザが流行しつつあるこの時期に、この寒さの中の御公務。天皇皇后両陛下の健康が心配になるところ。そんな中、子供達に温かいお言葉を掛け、子供達の健康状態をお気に掛けられる天皇皇后両陛下。なんと慈愛に満ちていることでしょう! こういうお人柄だからこそ、天皇皇后両陛下は多くの日本人に慕われているのだと思います。

天皇陛下御即位二十年奉祝委員会

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/11/18(水) 01:45:12|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<皇太子殿下が「農業担い手サミット」に御出席 | ホーム | 天皇皇后両陛下が東洋陶磁美術館を御訪問>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1415-4186dbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。