西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スイスが外国人犯罪者の国外追放を決定!

スイスで強盗や強姦などの重罪を犯した外国人犯罪者を例外なく国外追放する憲法改正案が国民投票で承認されたそうです。

Yahoo!ニュース -時事通信- 11月29日(月)22時57分
EU平手打ち」「人権違反」=外国人犯罪者「追放」に批判―欧メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101129-00000183-jij-int
 【ジュネーブ時事】スイスで28日、強盗や強姦(ごうかん)など重罪を犯した外国人犯罪者を例外なく国外追放する憲法改正案が国民投票で承認されたことに対し、欧州主要メディアは29日、「国際人権法違反」(南ドイツ新聞)などと、批判的な論調を相次いで展開した。
 ベルギーのルソワール紙(電子版)は「スイスが欧州連合(EU)に平手打ち」と強調。スイスEUが出入国審査の撤廃を取り決めた協定を締結していることを指摘し、「人の自由な移動を認める協定に完全に抵触している」と批判した。
 南ドイツ新聞(同)は「スイスは(人道問題で)壊滅的なサインを世界に発した」と指摘。独有力紙ターゲスツァイトゥングも「スイスEU外国人恐怖症が一段と広がりを見せている」と論評し、今回の投票結果が外国人への差別助長につながるとの強い懸念を示した。
 一方で、フランスやイタリアでは辛辣(しんらつ)な批判は比較的少なく、少数民族ロマの国外送還に肯定的な両国とドイツなどの反応は対照的となっている。
一体何が問題なのでしょうか? 反対する国は外国に犯罪者を輸出して、迷惑掛けて知らんぷりですか? 自由な移動もあくまで法的に問題ない人に限るのは当然でしょう! 人権がどうのこうのと言うけれど、外国人犯罪によって生命や財産を侵害された人の人権はどうするの? スイスの判断は当然だと思います。むしろ、例外なく死刑でも良いくらいだと思います。

権利は義務を守る人だけに与えられるべきです。

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/11/30(火) 01:02:52|
  2. 愛国・憂国・国際情勢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オマーン国王即位40年式典 | ホーム | 天皇皇后両陛下ご臨席の式典で携帯電話着信音!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1460-20754969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。