西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

糠床メンテナンス(20101204)

数ヶ月放置していた糠床を久しぶりに混ぜました。我が公爵家の糠床は、分が高いせいか、糠床菌が放置に馴れたせいか、結構長い間放置しても腐りません。尤も、放置を見越して敢えて分を高くしているのですが・・・。

糠床の表面はやや白っぽくなっていましたが、表面を厚さ3cm位大胆に削り取ると、中は濃い黄土色で、糠床の良い香り香りがします。ちゃんと生きていました! 糠床を掘り進めると、古漬け状態になったキュウリが2本出てきました。これは近い内に食卓に上げようと思います。

糠、、鷹の爪(唐辛子)、煮干しエビオス錠を糠床に投入して混ぜ混ぜ。エビオス錠はビール酵母由来の錠剤で、私も普段健康のために服用しているのですが、糠床に良いと言われております。非加熱の生ビールなども良いそうです。

ところで、今日はスーパーで「熟成糠床」と言う直ぐに野菜を漬けられる状態の糠床を買って来ました。我が家の糠床に混ぜようと思ったのですが、今日は止めておきました。我が家の糠床が野菜を漬けられる位元気になってから少しずつ混ぜる予定です。ちょっと弱っている我が家の糠床に元気な新しい糠床を大量に混ぜると、我が家の糠床が新しい糠床に負けてしまいそうな気がするからです。良いタイミングで程よく混ぜれば、より味が深まると思います。

なお、我が公爵家の糠床は以下のサイトで見ることが出来ます。

サウスアイランド公国 3式糠漬製造器11型(動物性蛋白質無し)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/nuka11/photo1.html

サウスアイランド公国 3式糠漬製造器12型(動物性蛋白質有り)
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/nuka12/photo1.html

<公爵の独り言>
なお、糠床はある程度暖かくないと微生物の活動が鈍くなり、漬かりが悪くなるので、一般的に冬は糠漬けに不向きであると言われております。でも、我が公爵家では糠床を風呂に浮かべて温めて、冬でも使用します。こんな風に(笑)。

糠床

テーマ:漬け物 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/12/04(土) 22:24:39|
  2. 糠漬け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネトウヨ | ホーム | 天皇陛下の蝋人形が無許可で制作され騒ぎに!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1469-1ab842e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。