西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランキンセンス(乳香)

最近、フランキンセンスにはまっています。以前、アラブ・チャリティ・バザーでオマーン産のフランキンセンスを買ったのがきっかけです。

フランキンセンスはムクロジ目カンラン科ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂で、乳香オリバナムとも呼ばれています。乳香と言う名前からミルクのような香りを連想するかも知れませんが、少し柑橘系の、酸味のあるさっぱりとした香りがします。乳香と呼ばれるのは、樹木を傷付けると出てくる樹脂が空気に触れて固化し、乳白色の涙滴状の塊になるためだそうです。

主な産地は中東のオマーンやソマリア、インド。フランキンセンスはかなり古くから愛されているようで、イエス・キリストが誕生した時、東方の三博士が捧げた3つの贈り物とは黄金、没薬、そして乳香と言われております。また、かつては非常に高価で、同じ重さの金と同じ価値があったと言われております。

フランキンセンスの香りを抽出したエッセンシャルオイルもあるようですが、私は樹脂を炭の上で焚いて楽しんでいます。炭はエジプトカフェで水煙草用のものを買い、フランキンセンスはamazonなどの通販で買っております。焚いた後も香りが残っていて、帰宅するとほのかに良い香りがします。

フランキンセンス、我が公爵家御用達にしたいと思います。

<公爵の独り言>
先日はフランキンセンスを焚きすぎて警報機が鳴りました(笑)。

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/04/19(木) 00:42:42|
  2. 非公式談話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京マルイから部品が・・・届かない! | ホーム | コルト・ガバメントのマガジン落下>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1496-8898b13b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。