西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

崩御、薨御、薨去、卒去、逝去、死去

本日、三笠宮家の寛仁親王殿下が「薨去」されましたが、マスコミの報道では「逝去」と言う言葉を用いております。しかしこれは正しくありません! 正しくは「薨去」です。天皇皇后両陛下や皇族方がお亡くなりになった場合には、以下の用語を用います。

崩御(ほうぎょ)
天皇、皇帝、国王、太皇太后、皇太后、皇后、その他君主等に用いられます。

薨御(こうぎょ)
皇太子や大臣に用いられます。

薨去(こうきょ)
皇族の内の皇太子妃や親王や内親王、或いは、位階が三位(正三位・従三位)以上の者に用いられます。外国の皇太子等元首に近い者の死についても同様の表記を用いられる場合があります。

卒去(そっきょ、しゅっきょ)
皇族の内の王や女王、或いは、位階が四位(正四位・従四位)・五位(正五位・従五位)以上の者に用いられます。

逝去(せいきょ)
誰にでも用いられます(番外編)。

死去(しきょ)
誰にでも用いられます(番外編)。

間違えないように注意しましょう。

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/06/06(水) 22:40:53|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寛仁親王邸における一般記帳者の弔問記帳 | ホーム | 三笠宮家の寛仁親王殿下が薨去>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/1508-59b8c3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。