西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クシャナ殿下

久しぶりに「風の谷のナウシカ」のDVDを見ました。
登場人物の中で私が特に好きなのはトルメキア王女「クシャナ殿下」です。
映画版「風の谷のナウシカ」でもなかなか素敵なキャラクターですが、
劇画版「風の谷のナウシカ」では際立っているので、ちょっと紹介致します。

<クシャナ殿下のプロフィール>
-------------------------------------------------------------------
身分:トルメキア王国 第4王女(異母兄が3人いる)

職位:トルメキア王国 第3軍 軍団長

父親:トルメキア国王「ヴ王」

母親:「クシャナ殿下は先王の血を引く唯一のお方」との記述があるので、
   母親は前トルメキア国王の王女だと思われます。
   よって、ヴ王は王家傍系からの入り婿であると考えられます。
   そのためヴ王は、王家直系の血を引くクシャナ殿下を亡き者にしようと、
   「心を狂わせる毒」を盛ったらしいのですが、母親がクシャナ殿下の代わり
   にその杯を受けて、気が狂ってしまったそうです。かわいそうな方です。

備考:映画版と違って、ちゃんと手足はあります。
-------------------------------------------------------------------

<クシャナ殿下ってどんな人?>
-------------------------------------------------------------------
・カリスマ性があり、軍の幹部だけでなく一般兵卒から高い支持がある。

・ヴ王からクシャナ殿下暗殺の命を受けた参謀クロトワまでも味方にしてしまう。

・戦場では甲冑を身に纏い、自ら軍の先頭に立って指揮する。

・戦術に巧みで、金色の甲冑に白いマントを着用しているので、
 敵から「白い魔女」と恐れられる。

・戦況が劣勢でも、部下を捨てて自分だけ逃げたりしない。

・負傷者の救助を忘れない。

・戦場で戦死した将兵を弔うために、自分の長い髪を切って手向ける。

・部下と苦労することを厭わない。
-------------------------------------------------------------------

クシャナ殿下は、ヴ王の死後、トルメキア王国の「代王」に就き、
戦争で疲弊したトルメキア王国を再興し、「トルメキア中興の祖」と
称えられたそうです。

あなたも劇画版「風の谷のナウシカ」で、
クシャナ殿下のカリスマ性に触れてみませんか?

<公爵の独り言>
クシャナ殿下みたいな上司が欲しいです。
クシャナ殿下!万歳!
  1. 2004/12/09(木) 03:04:32|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<経済制裁 | ホーム | 有名人の爵位>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/162-3226867f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トルメキア社辺境派遣軍PMクシャナ殿下

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」にて、ちょっと面白いコピペを発見したのでご紹介致します。宮崎駿のアニメ映画「風の谷のナウシカ」のパロディーです。<ミト> 姫様だ! <クロトワ> 聞け! トルメキア社辺境派遣軍PMクシャナ殿下のお言葉だ! <クシャナ>
  1. 2008/06/06(金) 22:20:08 |
  2. アラバ公国
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。