西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本革シート

高級自動車の上級グレードになると、「本革シート」という装備があります。
確かに素材としては高級な部類に入りますが、本革シートの自動車で王侯貴族
を送迎すると、失礼になるかも知れません・・・。

本革シートは、耐水性に優れた素材で、布のように汚れが染み込みません。
そのため、馬車の時代から、主に御者台の素材として使用されてきました。
革張りのシートでなければ、風雨や汚れに耐えることが出来なかったためです。
そして貴族は、屋根付きの箱の中で布張りのシートに座っていたそうです。

そのため、現在でも運転手(ショーファー)付きの自動車は布張りシートが
主流です。前席が革張りの場合がありますが、後席は布張りです。
要は、主人は布張り使用人は革張りなのです。

とは言え、例外もあり、屋根のないオープンカー等は革張りの方が良いと
言われております(汚れやすいから)。

なお、天皇陛下がお召しになる御料車のシートは西陣織と言われております。

本革だからイイ!とは一概には言えないものですね。

<公爵の独り言>
耐久性がないモノにお金を掛けるのが本当の贅沢なのかも知れません。
でも、私は頑丈なモノが大好きです・・・orz。
  1. 2004/12/05(日) 07:08:26|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お風呂パート2 | ホーム | 総督>>

コメント

ふむ・・・革の丈夫さを思い知った次第であります。
  1. 2004/12/05(日) 22:45:47 |
  2. URL |
  3. say_say_say/ #79D/WHSg
  4. [ 編集]

say_say_say/様
丈夫とは言え、時々クリームを塗ったりしないとひび割れたり
するそうですし、手入れはそれなりに大変そうです。
  1. 2004/12/06(月) 07:14:26 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/173-071aecf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。