西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男爵夫人は日本人

英国の男爵夫人の称号を持つ日本人がいる。

彼女の名は、マークス寿子(Toshiko Lady Marks of Broughton)。
現在は秀明大学教授である。
http://www.shumei-u.ac.jp/ccc/ccc003.html

マークス寿子は、1936年に東京で生まれ、早稲田大学政経学部卒。
都立大学大学院博士課程修了した後、1971年、ロンドン大学LSE研究員
として渡英した。

そして1976年、英国一のスーパーマーケットチェーン「マークス・アンド・スペンサー」
の3代目当主であるマイケル・マークス男爵(Lord Marks of Broughton)と結婚し、
英国の男爵夫人となった。

しかし1985年に協議離婚。
離婚後も英国籍と男爵夫人の称号は認められているそうです。
(英国では離婚後も旦那の家名、称号を名乗ってもいいのかな?)

現在は、秀明大学教授となり、年に数回、日英間を往復し、執筆・講演活動
などを行っている。

<マークス寿子の主な著作>
 ・英国貴族になった私
 ・大人の国イギリスと子どもの国日本
 ・ゆとりの国イギリスと成金の国日本
 ・男たちよ 全面降伏か
 ・爆弾的英語教育改革論
 ・戦勝国イギリスへ日本の言い分
 ・ふにゃふにゃになった日本人―しつけを忘れた父親と甘やかすだけの母親
 ・とんでもない母親と情ない男の国日本
 ・自信のない女がブランド物を持ち歩く
 ・生まれ変わっても女がいい国って、ホント?
 ・イギリス歳時記―粋な話 無粋な話
 ・イギリスの智慧
 ・イギリス式 おしゃれな生き方
 ・女の身勝手 男の出番
 ・「ゆりかごから墓場まで」の夢醒めて―私が体験した英国の社会福祉・老人問題
 ・イギリスが教えてくれた大人のおしゃれ
 ・不安な国日本―福祉の国イギリスから見ると

・・・ちょっと、英国に肩入れしすぎの感がありますが、日本国籍ではなく
英国籍の男爵夫人ですから仕方ありませんね。

<公爵の独り言>
微妙に田嶋陽子とテイストが似ていますね。
  1. 2005/01/24(月) 18:10:47|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<糠床復活 | ホーム | モノクル>>

コメント

「厳密に言えば」Toshiko Lady Marks of Broughtonというのは称号というよりも、一般人が離婚後も夫の姓を名乗っているのと同じ、と見なされます。
Diana, Princess of WalesもSarah, Duchess of Yorkなどと原理は同じです。
#以前テレビで見たことがありますが、そのコメント具合に苦笑した覚えがあります。
  1. 2005/01/24(月) 20:23:06 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
なるほど。ありがとうございます。
それにしてもマークス寿子、結構テレビとかにも出ているようですね。
マークス寿子の言動についてネットで調べると、結構賛否両論ある
みたいですね。
  1. 2005/01/25(火) 10:36:32 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

公爵さま
昨日
うちのしまちゃんが亡くなりました
やはり
あたたかいからだがなくなるのは
哀しいですね
  ちびまる商会ちびまる社長しまじろう部長さよちゃん社長補佐
  1. 2005/01/25(火) 19:28:45 |
  2. URL |
  3. しゅがー #79D/WHSg
  4. [ 編集]

しゅがー様
ご愁傷様です。謹んでお悔やみ申し上げます・・・。
  1. 2005/01/25(火) 22:49:03 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

公爵さま
あたたかいおことば
ありがとうございます
しまちゃんはきっともう次に生まれる準備をしているとおもいます
  しゅがー(ちびまる商会)より
  1. 2005/01/26(水) 22:15:20 |
  2. URL |
  3. しゅがー #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/196-3764821d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本物の考える力 生きる力 勉強法 (3)

著者: マークス 寿子タイトル: 本物の考える力生きる力勉強法―あなたは「この方法論」が実践できるか!社会生活を送っている中で、どうしても避けられないものの一つに、他人からの”誤解”というものがある。本書では、この”誤解”に関して示唆に富ん公爵さまあたたかい
  1. 2005/05/01(日) 22:22:33 |
  2. 主観的 書評ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。