西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッドバロン

レッドバロン・・・オートバイの販売グループのことではありません(笑)。

かつて、レッドバロン(赤い男爵)と呼ばれた戦闘機乗りがいました。
彼の名は、マンフレッド・フォン・リヒトホーフェン男爵(Manfred von Richthofen)。
第一次世界大戦時、ドイツ空軍のエースパイロットとして名を馳せた人物です。
名前にフォンが付く通り、ユンカー出身の男爵です。
(ちゃんと、フォン・リヒトホーフェンと呼ばなければいけませんね)

フォン・リヒトホーフェンは1892年に家族の所有する領地で生まれ、ユンカーの
例に漏れず士官学校に入り、騎兵将校となった。その後、航空隊を志願して、
戦闘機パイロットになりました。

第一次世界大戦時、ドイツの主力戦闘機は三葉機(翼が3段ある)の
フォッカーDr-1。フォン・リヒトホーフェンの乗機は、真っ赤に塗装されていた
そうです。フォン・リヒトホーフェンはこの機を操り、騎士道的に正々堂々、
真っ正面から戦いを挑んで80機もの敵機を撃墜したそうです。
そして国民的英雄となり、敵からは赤い機体から「赤い男爵」、「赤い悪魔
と恐れられたそうです。

しかし、あまりに有名になりすぎて、戦争後半になると撃墜された場合の国民の
士気低下を恐れた軍当局の命令で出撃をかなり減らされたそうです。
フォン・リヒトホーフェンはそんな軍当局の方針に反対し、出撃を続け、1918年
4月21日、イギリス空軍のカナダ人パイロット、ロイ・ブラウンに撃墜されて戦死
しました。享年25歳。
彼の騎士道的な戦い方は敵味方双方から賞賛されており、イギリス軍地区で
撃墜されたフォン・リヒトホーフェンをイギリス軍は栄誉礼をもって葬ったそうです。

なお、フォン・リヒトホーフェンの活躍は今でも人気で、映画にもされています。

<公爵の独り言>
ガンダムのことはよくわかりませんが、「シャア」の元祖ですかね?

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2005/01/06(木) 00:47:44|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:9
<<バロン西 | ホーム | ユンカー>>

コメント

赤い彗星、ですな。
あと「レッドバロン」に「マッハバロン」とか・・・
いかんorz
  1. 2005/01/06(木) 08:58:26 |
  2. URL |
  3. say_say_say/ #79D/WHSg
  4. [ 編集]

say_say_say/様
ロボットアニメですね(googleで調べましたw)。
  1. 2005/01/06(木) 09:47:02 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

ちなみに、オートバイ販売グループの株式会社レッドバロンは、
旧社名をヤマハオートセンター株式会社と言うそうです。
ヤマハの系列だったんですね。納得!
  1. 2005/01/06(木) 09:48:59 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

赤い男爵
かっこよすぎー
ほれてしまひそふ・・・
  しゅがー(ちびまる商会)より
  1. 2005/01/06(木) 10:15:54 |
  2. URL |
  3. sugar #79D/WHSg
  4. [ 編集]

しゅがー様
第一次世界大戦までは貴族出身の軍人が多かったためか、
騎士道的戦闘もまだまだあったようです。
後日、それにまつわるお話もいくつかUPします。お楽しみに。
  1. 2005/01/06(木) 10:23:15 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

おおう!赤い男爵!!
これぞ「素晴らしきヒコーキ野郎」や「紅の豚」の世界やなあ。
空中戦は基本的に一対一、騎士道的戦闘になりやすい戦場だものね。
そういう意味ではガンダムは戦闘機からMSに変わっただけ。
その騎士道的趣味を極限まで昇華したロボットファンタジーが
「FFS(ファイブスターストーリーズ)」かなりお勧め。
公は読んだ事あるかしらん?
  1. 2005/01/06(木) 15:22:00 |
  2. URL |
  3. 宣伝相 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

宣伝相殿
うーむ。
ロボットものはあまり見たり読んだりしたことが無い故、よくわからぬ。
  1. 2005/01/06(木) 18:24:08 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

公爵様、深夜に大変失礼いたします。昨日はありがとうございました。  私のブログにおいて公爵様の記事を載せることが出来ました。深く御礼申し上げます。トラックバックの件ですが、私はPCビギナーのためトラックバックできないでおります。今後、PC操作が上手くなりましたら公爵様のサイトへリンクさせていただきます。それまで、お待ちください。
また、次なる記事の提案なのですが第二次大戦にドイツ軍で大活躍しました戦車兵のエース ミハイル・ビットマンはいかがでしょうか?        今後も公爵様のご活躍をきたいしております。よろしくお願いします。 
  1. 2006/03/12(日) 01:46:13 |
  2. URL |
  3. 高岳紺葉 #-
  4. [ 編集]

高岳紺葉様
すみません。一応、このブログは王侯貴族関係の話題を扱うブログなので、ミハイル・ビットマンについては、他の軍事関係のブログに譲ることとします。
  1. 2006/03/12(日) 16:12:07 |
  2. URL |
  3. 公爵 #OhvsE88k
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/243-f327cc6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レッドバロン

レッドバロン・・・オートバイの販売グループのことではありません(笑)。かつて、レッドバロン(赤い男爵)と呼ばれた戦闘機乗りがいました。彼の名は、マンフレッド・フォン・リヒトホーフェン男爵(Manfred von Richthofen)。第一次世界大戦時、ドイツ空軍のエースパイロ
  1. 2006/06/11(日) 08:23:54 |
  2. シトロエンBXと洋物あれこれ

レッドバロン

レッドバロンの情報サイトです。
  1. 2007/03/03(土) 23:01:50 |
  2. レッドバロン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。