西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロイヤルの語源

英語で「王の」、「王立の」を意味するロイヤル(Royal)
これの語源は、フランス語で「」を意味するロワ(Roi)の派生語で、
王の」、「王立の」を意味するロワイヤル(Royal/Royale)である。

<公爵の独り言>
7年ぶりにフランス語の辞書を引きました(笑)。
本件、あまり自信がないので、間違っていたらご指摘下さい。
  1. 2005/03/14(月) 03:30:11|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<日本国害務省 | ホーム | 英国紳士と傘(BlogPet)>>

コメント

正確には中フランス語Middle Frenchですね。
  1. 2005/03/15(火) 18:53:38 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
>中フランス語Middle French
フランスで使われた言語は、
ラテン語以前、ラテン語(書き言葉・話し言葉)、ガロ・ロマン、
古期フランス語、中期フランス語、近代フランス語、現代フランス語
に分類され、royal/royaleは中期フランス語ということですね。
  1. 2005/03/16(水) 13:33:46 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/327-ac82e4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。