西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビル・ゲイツ

米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長が、イギリス王室から名誉ナイト称号
を授与されることになったそうです。

BBC NEWS 「Knighthood for Microsoft's Gates」
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/3428673.stm

ゲイツ会長が行ってきた慈善活動がイギリス王室に評価され、この度の
称号授与となったそうです。

なお、今回授与される「名誉ナイト称号」は、英文の記事を見ると、
As an American citizen he cannot use the title "Sir" but will be entitled to put the letters KBE after his name.
とあるので、

KBE(大英勲章第2位)
Knight Commander of the Order of the British Empire


であるようです。大英勲章の種類については、以下の記事を参考にして下さい。

大英勲章
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/58753.html


3月3日追記
なお、上記大英勲章名に「Honorary」が付く場合は「名誉大英勲章」となり、主に英国籍を持たない外国人に与えられる。この場合、Sirの称号は使用できない。
ということなので、ビル・ゲイツはSirの称号は使えません。

<公爵の独り言>
Mr.Bill GatesBill Gates,KBE となるんですね。
でも、ビル・ゲイツはある意味コンピュータ業界の「帝王」ですから、
ナイト」の称号を貰って喜んでいるかどうかは微妙ですね(笑)。
  1. 2005/03/03(木) 01:16:39|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<子沢山 | ホーム | 珈琲と紅茶>>

コメント

公爵さま
うちのブログ333回目の祝福のお言葉
一等初めにくださって
ありがとう存じます
いつもみていてくださって
ありがとうございます
いままでも荒らしのときなど
公爵さまの雄姿にはうれしかったと同時に感動いたしました
このようなすばらしい方がうちのブログに
来てくださることを誇りにおもいます
これからも助言をおねがいいたします
  ちびまる商会より
  1. 2005/03/03(木) 09:02:49 |
  2. URL |
  3. sugar #79D/WHSg
  4. [ 編集]

しゅがー様
いつも楽しくブログを拝見しております。
なかなか「荒らし」が去らないようですが、気を落とさず頑張って下さい。
これからも宜しくお願い致します。
  1. 2005/03/03(木) 11:58:11 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

引用されておられる英語部分には:
アメリカ市民なので'Sir'は使えないが、'KBE'を名前の後ろにつけることができる。
とかかれています。
これは名誉岸号全般におけるルールです。
なので、Sir Williamにはなりません。
  1. 2005/03/03(木) 20:26:09 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
アメリカにいる時は「Sir」を付けられないが、イギリスにいる間は
「Sir」を付けてもOKというわけではないのですか?
  1. 2005/03/03(木) 20:29:28 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

違います。
名誉騎士号はあくまで「名誉」称号なので、正式な騎士号もしくは正式な騎士団員ではありません。
したがって、彼が英国滞在中であっても、'Sir'はつきません。
英国籍に帰化すれば、正式に叙任される事となり、それによって'Sir'をつける事が許されます。
  1. 2005/03/03(木) 20:49:35 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
なるほど!そういうことなんですか。
ということは、CBEのエリック・クラプトン、OBEのデビット・ベッカム、
MBEのビートルズ(のメンバー)は英国籍だから「Sir」がつくけど、
KBEの川本信彦(本田技研工業株式会社前社長)やMBEの真田広之は
英国籍を持っていないから、名前の後ろに「KBE」とか「MBE」を付加
できるけど「Sir」は付けられない、ということなんですね。
うーん、まだまだ理解が足りませんでした・・・。
  1. 2005/03/03(木) 20:57:45 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

まぁ、CBE, OBE, MBEの人らには、'Sir'はつきませんが…
大筋では、英国籍であるかどうかが、上記の話のポイントです。
  1. 2005/03/03(木) 22:06:26 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
>まぁ、CBE, OBE, MBEの人らには、'Sir'はつきませんが…
そうですね。かつて自分で説明記事を書いていて間違ってしまいました。
お恥ずかしい・・・。
最近、頭があまり冴えていないので・・・(元々冴えてない?)。
  1. 2005/03/03(木) 22:28:48 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

突っ込まれるまえに補足しておきます。
The Order of the British Empire(と確かSt Michael and St Georgeも)UK国籍だけでなく、英連邦君主国(要するにエリザベス二世を君主とする国)の臣民にも与えられます。
ただし、オーストラリア・カナダ並びにニュージーランドにはそれぞれ独自の勲章があるので、そっちの方を最近は与えられがちなようですが。
  1. 2005/03/06(日) 00:10:37 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
補足ありがとうございます。
  1. 2005/03/06(日) 17:51:51 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/339-5824e3d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。