西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブルターニュ公国

かつてフランスには、フランス王国以外に複数の君主国が存在しておりました。
その中のひとつに、フランス北西部のブルターニュ半島一帯を支配していた
ブルターニュ公国があります。

ブルターニュは元々ケルト系アルモリカ人が住む土地でしたが、古代ローマの
カエサルによって征服され、ローマ領ガリアのアルモリカ地方となりました。
4、5世紀頃になって、ローマ帝国の支配が後退すると、ブリテン島西部に住んで
いたケルト人がゲルマン系アングロ・サクソン人に追われてこの半島に移住し、
ブリテン島から来たケルト人」が住む地域ということで「ブルターニュ」と
呼ばれるようになったそうです。

中世初期、ブルターニュには3つの王国が分立しましたが、それらが統一されて
ブルターニュ公国になったそうです。ブルターニュ公国は形式上フランク王国に
臣従はしていましたが、実質的には独立的な地域でした。その後フランク王国が
分裂し、西フランク王国、フランス王国となった後も、独立した地位を保っていま
した。

また、地理的にブリテン島のイングランド王国に近かったため、ブルターニュの
支配について度々イングランド王国の介入を受け、英仏百年戦争においては
ブルターニュ公国の支配権を巡ってブルターニュ継承戦争が起こっています。

それでも独立を保ってきたブルターニュ公国も、フランス王国に併合される時
が来ます。

ブルターニュ公国最後の君主アンヌ(女性君主だったので女公と呼ばれる)が
ブルターニュ公に即位すると、フランス国王シャルル8世はブルターニュ公国に
侵攻。アンヌ女公はハプスブルク家のマクシミリアンと結婚していましたが、
シャルル8世はこれを無効とし、自身との結婚を強制しました。アンヌ女公と
シャルル8世の間には4人の子供が生まれましたが、いずれも夭折しています。

シャルル8世の死後もアンヌ女公の受難は続き、フランス国王ルイ12世と再婚
することを余儀なくされました。アンヌ女公とルイ12世の間には2人の娘が生ま
れました。その後アンヌ女公は死去します。

アンヌ女公の次女であるルネはフェラーラ公(モデナ公)エルコレ2世に嫁ぎま
した。そしてアンヌ女公の長女であるクロードは皇太子である王族フランソワ
(後のフランス国王フランソワ1世)と結婚し、1532年、ブルターニュ公国は
フランス王国に併合されました。

なお、フランス王国によるブルターニュ公国併合後、フランス皇太子は代々

ブルターニュ公(Duc de Bretagne)

の称号を名乗るようになったそうです。
イギリス皇太子がプリンス・オブ・ウェールズ(Prince of Wales)を名乗るのと
同じ感覚なのかもしれませんね。

フランス・ブルターニュ地方の歴史・文化・生活については、以下のブログに
詳しく記事がありますので、興味がありましたら是非ご覧下さい。
ブルターニュ在住の日本人の方が書いています。

うるわしのブルターニュ
http://bretagne.air-nifty.com/anne_de_bretagne/

今でもブルターニュはケルト系の文化を色濃く残しており、ゲルマン系が支配して
いたフランス中央部とはちょっと違うみたいです。

<公爵の独り言>
かなり強引な併合に見えますが、ブルターニュ公国の公位継承者がフランス王国
の王妃になったので、ブルターニュ公位が王冠にマージされたと言えるかもしれま
せん。そのように仕向けたフランス王家、恐るべし。
  1. 2005/04/24(日) 22:40:39|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<JUVENIAの時計(3) | ホーム | 新ローマ法王就任ミサ>>

コメント

私は余り中世フランスに詳しくないですが、フランス国王の長子がDuc de Bretagneとなったのは、フランソワ一世の長男が1532年までだったような気がします。
その後、ルイ14世の長子の長子の長子がDuc de Bretagneとなり、その死後は弟がDuc de Bretagneとなっただけだと思います。
ちなみに、1349年に以降、国王のheir apparentの称号はDauphin de Viennois(ドーファン・ド・ヴィエノワ)、略してDauphinです。ヴァロワ朝初期にはDuc de Normandie だったことがありました。
  1. 2005/04/25(月) 00:13:56 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

爵位についてははっきり知りませんが、歴史についてはアルモリカ人やケルト人という言い方には納得できかねますし、ブルターニュの歴史は複雑なので、ここでは説明できません。
  1. 2005/04/25(月) 19:29:00 |
  2. URL |
  3. 三紗 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
なるほど。代々名乗ったわけではないのですね。
  1. 2005/04/26(火) 00:22:28 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

三紗様
専門家の仰ることはひと味違いますね。脱帽です。
  1. 2005/04/26(火) 00:44:27 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

実に遺憾です。
  1. 2005/04/26(火) 01:46:59 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/350-e5557a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。