西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君主の渾名(4)

君主の諡名(しごう:おくり名)、渾名の特集です。

<バイエルン公>
・ヴェルフェン家
 ハインリヒ9世(黒公)
 ハインリヒ10世(尊大公)
 ハインリヒ12世(獅子公)

<オーストリア公>
・バーベンベルク家
 フリードリヒ2世(喧嘩公)

<ブランデンブルク辺境伯>
・アスカン家
 アルブレヒト1世(熊公)

<ブランデンブルク選帝侯>
・ホーエンツォレルン家
 フリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)

<プロイセン国王>
・ホーエンツォレルン家
 フリードリヒ2世(大王)

<ロシア皇帝>
・リューリク家
 イヴァン4世(雷帝)
・ロマノフ家
 ピョートル1世(大帝)

<公爵の独り言>
この手の諡名、渾名は死後に付けられると思うのですが、「肥満」、「禿頭」、
「吃音」、「単純」と君主の諡名の割に妙なものもあります。君主の特徴を表した
ものだとは思いますが、なんだか可哀想ですね。
妙な諡名を付けられないような生涯を送りたいものです。

サウスアイランド公ヒデ3世は死後にどんな諡名を付けられるのか・・・。
ちょっと不安です。
  1. 2005/04/22(金) 16:46:52|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<君主の渾名(5)番外編 | ホーム | 君主の渾名(3)>>

コメント

>サウスアイランド公ヒデ3世は死後にどんな諡名を付けられるのか・・・。
糠漬公とかいかがでしょう(^^)
  1. 2005/04/23(土) 21:07:52 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
>糠漬公
ぶわっはっは!「The Pickles Maker」って感じですか。
  1. 2005/04/23(土) 21:24:23 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

渾名を持つ君主は確かに多いですね。今思い浮かんだだけでも
バイエルン国王ルートヴィヒ2世(童貞王)やフランス国王ルイ13世(正義王)、
同じくフランス国王ルイ15世(最愛王)、ロシア皇帝アレクサンドル2世(解放皇帝)、
そしてこれは自称ですが清の乾隆帝は十の遠征を成功させたことから自らを
「十全老人」と称しました。私が考えた連合公国公爵ヒデ3世殿下にふさわしい
渾名は・・・・・・・・・・・愛日公ですかね(笑)
  1. 2005/11/16(水) 00:49:12 |
  2. URL |
  3. PPPP #79D/WHSg
  4. [ 編集]

PPPP様
これはこれはお久しゅう。ようこそ参られた。
>渾名を持つ君主は確かに多いですね。
そうそう、フランス国王なんかほとんど何かしらの渾名が付いていたような気がします。
>愛日公
ありがとうございます。「愚公」とかじゃなくて良かった(笑)。
  1. 2005/11/16(水) 07:41:58 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/356-095ac53c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。