西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地方巡幸(20050526)

2005年5月26日付 サウスアイランドタイムズ紙
公爵殿下は5月26日、ご静養を兼ねて地方巡幸(ドライブとも言う)を行いました。神奈川県の江ノ島では魚介類に舌鼓を打たれ、埼玉県富士見市では水田の稲の生長を眺めておられました。公爵殿下の御料車が通過する街道には、公爵殿下の姿を一目見ようと多くの市民が詰め掛け、小旗を振って歓迎し、公爵殿下も笑顔で手を振って応えておられました(嘘です)。
と言うわけで、ブログの更新もコメントもサボってドライブをしておりました。
5月26日木曜日朝に出発し、同日夕方に帰着しました。

今回の地方巡幸ルート
・浅草(出発)
・花水レストハウス(休憩、散歩)
・江ノ島(散歩、食事)
・埼玉富士見(散歩)
・浅草(帰着、食事)

当初は例によって城ヶ島で食事をしようと計画しておりましたが、空腹に耐えかねて江ノ島での食事に変更しました。江ノ島は今まで何度か訪れていますが、江ノ島神社の参道を歩いたのはこれが初めてです。

今回2ヶ所で食事をしましたが、率直に言って「不満」でした。最初に入った料理屋で定食を食べましたが、まずご飯がマズイ。芯が残り、それでいてご飯粒が崩れている。味噌汁も自分で作った方がよっぽど旨い。イカの丸焼きも、何故か最初から生姜ダレが付けられていて、イカ本来の味が良く分からない状態。サザエの壷焼きはあまり味がしない。漬け物もいまいち。結局、残してしまいました。

しかしそれでは腹が満たされないので、もう1件の料理屋に寄り、サザエの刺身とイカの刺身を食べました。しかしこれも失敗。サザエの刺身は、歯ごたえこそ良いものの味がしない。イカの刺身は、新鮮さのかけらもない真っ白なイカで、これも味がしない。

一体なんなんだ?(怒)

結局、ここでも残してしまいました。なお、私は食べ物の好き嫌いは無く(悪食とも言う)、よほどのことがない限りなんでも残さず食べる方ですが、今回ばかりは耐えられませんでした。観光地の料理はこんなものなのでしょうか?期待していただけに残念です。

とは言え、もしかすると私の味覚が異常かもしれないと思ったので、浅草に帰着してから行きつけの店で食事をしたところ、これはちゃんと旨みを感じることができました。

次回はもっと時間を掛けて江ノ島を散策する予定ですので、その時には頑張って旨い店を見つけようと思います。また、この記事ご覧の方、江ノ島の旨い店をご存じでしたら是非教えて下さい。

今回の御料車
車種:ダイハツ ブーン
排気量:1,000cc
走行距離:231km
燃費:14.71km/L

今回のBGM
・MAX 「MAXIMUM」
・原由子 「MOTHER」

<公爵の独り言>
なんだか愚痴ばかりで申し訳ありません。料理はともかく、江ノ島はなかなか
良いところなので次回ゆっくり見て回りたいと思いました。
あと、そろそろ「行幸」、「巡幸」ではなく「行幸啓」、「巡幸啓」にしたいですね。
でもそれはまだまだ先になりそう・・・orz。
  1. 2005/05/27(金) 01:11:20|
  2. 行幸・巡幸・視察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<今日の公爵家御料農場 | ホーム | 天皇皇后両陛下北欧へ(BlogPet)>>

コメント

公爵さま
江ノ島といえば
幼いころ行った思い出があります
水族館へいって海の人魚といわれるおおきないきもののホルマリン漬けをみて
「人魚に見えないなああ」
とおもったわたしです
おみやげは確かとっても黄色な口にくわえて噛んでぶーぶーならす
うみほおずきだったとおもいます
  しゅがー
  1. 2005/05/27(金) 02:13:46 |
  2. URL |
  3. sugar #79D/WHSg
  4. [ 編集]

しゅがー様
私も子供の頃、親に連れられて江ノ島海岸に行ったことがあります。
凄く混んでいた記憶しかありません。
夏になると海の家とかたくさんあってなかなか楽しいですね。
今度はじっくり時間を掛けて散策したいと思っています。
  1. 2005/05/28(土) 00:30:31 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

江ノ島と申しますと、水族館がございます。そこには、先帝の研究されていた、ヒドロ関係の展示コーナーもあったはず。君主としての表敬訪問はされなかったのですか?もっとも、新装してからは行ってないので、分かりませんが、一掃されたとも考えにくいので・・・。皇室の方は、基本的に歴史関係は専門とされないそうで、現皇太子のオックスフォードでの、水上交通史が、異彩を放っているようですね。
  1. 2005/05/28(土) 20:59:46 |
  2. URL |
  3. repo #79D/WHSg
  4. [ 編集]

repo様
しゅがー様のコメントでも水族館が出てきましたが、結構メジャーなんですね。
次回是非表敬訪問したいと思います。
>皇室の方は、基本的に歴史関係は専門とされないそうで
たしかに生物系(特に魚介)を専門にする方が多いですね。
清子内親王殿下は鳥類が専門でしたっけ?
  1. 2005/05/28(土) 21:13:52 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

昭和天皇はヒドロとかの分類学、今上天皇は、ハゼか何かですね。秋篠宮は、なまず。内親王は、鳥ですね。歴史関係は、物議をかもすということで、あまりふさわしいとは、言われないようです。
やはり、かつての西洋の王侯や、富豪たちのように、博物学や、生物学、分類学といったものが、相応しい教養なのでしょうか。基本的に、お金もかかったそうですし・・・。そういえば、江ノ島といえばシラス。佃島の漁民も、白魚を徳川宗家(例の元日本郵船副社長)に献上しているようですが、公爵家への、季節の献上は如何なるものが?
  1. 2005/05/28(土) 22:21:30 |
  2. URL |
  3. repo #79D/WHSg
  4. [ 編集]

repo様
>江ノ島といえばシラス。
そうそう、釜揚げシラスは食べました。これはなかなか美味しかったです。今回の地方巡幸では、釜揚げシラスを食べながら定食を待つ間が一番幸せだったかもしれません・・・。
>公爵家への、季節の献上は如何なるものが?
春先には本国(実家)からツワブキ、アオサ(青海苔)が届きます。不定期に豚味噌(豚肉を焼いて味噌漬にしたもの)や貝味噌(サザエ、松葉貝、トコブシ等を煮たものを粒味噌に漬け込んだもの)が届きます。
本国にいれば普通に食しているものですが、なかなか東京では食べられません。こういうものが一番嬉しいですね。
  1. 2005/05/28(土) 22:43:52 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

>秋篠宮は、なまず。
なんか研究者と研究対象が似たもの同士ですね(ヒゲ)。
不敬ですが、対面している姿を想像してニヤニヤしてしまいました。
  1. 2005/05/28(土) 22:48:55 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/416-387b599a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。