西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英国王室御用達

英国王室御用達のブランド」という言葉を聞きますが、英国王室御用達とは
どのようなものかちょっと調べてみました。

英国王室御用達とは、御用達許可証(ロイヤルワラント:Royal Warrant)を発行
された企業、製品のことを指します。

御用達許可証を発行できるのは、現在は以下の4人です。

 ・女王エリザベス2世(Her Majesty The Queen)
 ・王配エディンバラ公(His Royal Highness The Duke of Edinburgh)
 ・エリザベス皇太后(Her Majesty Queen Elizabeth The Queen Mother)
 ・チャールズ皇太子(His Royal Highness The Prince of Wales)

英国王室御用達の認定を受けるためには、英国王室に3年間製品を無料提供
して、王室御用達委員会で品質が認められる必要があるそうです。

英国王室御用達に認定されると、その製品に英国王室御用達を表す紋章を
付けることができます。この紋章は、英国王室御用達に認定した人の紋章と
なっており、製品によっては複数の紋章が付けられます。

現在、英国王室御用達の企業は英国内で約900社あり、その品目は約1100個
あるそうです。一度御用達の認定を受けると半永久的に有効であるそうです。
但し、英国王室御用達の企業、製品が他社に売却された場合は認定を取り消
されるそうです。

英国王室御用達ブランドについては、以下のサイトにて確認できます。

The Royal Warrant Holders Association
http://www.royalwarrant.org/

<公爵の独り言>
我が公国でも公爵家御用達認定をしようかな? 無料提供プリーズ!(笑)
  1. 2005/05/03(火) 02:43:10|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<宮内庁御用達 | ホーム | 北朝鮮ミサイル発射>>

コメント

Queen Motherは崩御なされました。
  1. 2005/05/03(火) 10:38:54 |
  2. URL |
  3. dzlfox #79D/WHSg
  4. [ 編集]

dzlfox様
ええ!そうなんですか!不覚でした。
私も記事を書きながら、ずいぶん長生きだな~って思っていました。
  1. 2005/05/03(火) 10:47:37 |
  2. URL |
  3. 公爵 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/445-00bbb28c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Royal Warrant

Ladies and Gentlemen,The Royal Warrant(The British Royal Warrant) is an admitted brand by British Royal Household. Now the Royal Warrant is issuable by only four members of British Royal Household. ・Her Majesty The Queen ・His Royal Highness The Duke o
  1. 2005/05/03(火) 06:20:55 |
  2. The County of Mangrove
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。