西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の公爵家御料農場

本日は公爵家御料農場の現状をお知らせ致します。



公爵家御料農場の全景です。往事と比べてかなり寂しくなってしまいました。紫蘇はエアコン室外機の熱風により全滅してしまいました。万能ネギは収穫し尽くして、最後には細くなって枯れました。クレソンは元々の株は全て枯れ、茎から増えた株が残っているだけです。この御料農場の惨状の原因は、エアコン室外機の熱風と、8月、9月は多忙だったため、水遣りを忘れたことによる水不足であると考えられます。

しかしこの御料農場、見方によっては中世ヨーロッパの三圃制の農場に見えますね。そうそう、これは元々三圃制のモデル農場を目指していたので、これで良いのです!決して失敗により作物を枯らしてしまったのではないのです!連合公国の君主たる公爵が失敗などするはずはないのです!(言っていて虚しくなってきました・・・)



これは元々は万能ネギを植えていたプランター(プランターA)です。現在はクレソンを植えています。スーパーで売られているモノと違ってかなり小振りです。最近はこまめに水を遣っていますが、これから大きくなってくれるのでしょうか?



クレソンを植えていたプランター(プランターB)です。クレソンの元株が枯れた後は、増えた株を隣のプランターに移植しました。現在は、卵の殻や落ち葉、米のとぎ汁などを混ぜて地力回復中。次の耕作時期を待ちます・・・。



紫蘇を植えていたプランター(プランターC)です。現在は、卵の殻や落ち葉、米のとぎ汁などを混ぜて地力回復中。次の耕作時期を待ちます・・・。

<公爵の独り言>
次は何を植えようかな。やはネギが手間いらずでいいかな?


  1. 2005/09/27(火) 17:38:03|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地方巡幸(20050928) | ホーム | 糠床バックアップ取得>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/546-e71e667b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。