西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英国の伯爵

以前「爵位の成り立ち」で、カロリング朝フランク王国の伯(Graf)が後の伯爵(Count、英国ではEarl)になったと書きましたが、説明が足りませんでした。

英国の伯爵Earlの起源はGrafではありません。

英国における伯爵Earlは、アングロ・サクソン時代に地方の行政・司法・軍事等の権力を
王からゆだねられた貴族のエアルドルマン(Ealdorman)に由来するそうです。

このように成り立ちが違うため、大陸系の伯爵はCount、英国の伯爵はEarlとなっております。
  1. 2004/09/27(月) 00:17:16|
  2. 王侯貴族・ローマ法王
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アクセスカウンター | ホーム | こうさぎ職務怠慢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/6-3f9504a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。