西ブログブルク公国

皇室、華族、王侯貴族、政治経済、時計、万年筆、トミカ、トイガン、家庭菜園、糠漬けの話題など、何でもありのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

欧州君主国での日本皇族の序列

我が連合公国の筆頭公国である「サウスアイランド公国」の掲示板において面白い議論が続いています。議論の発端は、iTATi氏の以下の質問でありました。

話題:各君主国の序列について
[1] iTATi  2005 10/19(水) 15:00:56
欧州の各君主国には序列が存在し、日本国の場合、各君主国での結婚式に於いて皇族の座る場所が末席か末席に近いとされていると聞いた事がありますが、本当の所は如何なのでしょう?
ああ、聞いた話では第一位はイギリスであるとか。

[2] iTATi  2005 10/19(水) 15:13:49
先ほど思い出したので書き込ませて頂きます。
確か、タイ王国が上位5位以内に入っている事や、
欧州各君主国への貢献度、また歩んで来た歴史によって序列が決まるとも聞きました。
これに対し、以下のコメントのやり取りがありました。なお、文中のハンドルネーム「サウスアイランド公」及び「公爵」は私のことです。
[3] サウスアイランド公  2005 10/20(木) 00:13:50

iTATi様
初めまして。我がサウスアイランド公国へようこそ。歓迎致します。ところで、ご質問の件ですが、

ブログブルク公国 「世界唯一のエンペラー」
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/139595.html

ブログブルク公国 国賓の序列
http://blogs.dion.ne.jp/duke/archives/702214.html

をご覧下さいませ。少なくとも、現在、世界で唯一「皇帝」の称号を使えるのは日本の天皇のみです。皇族が各国の儀典に参列する場合は天皇の名代として参列します。「皇帝」の名代である皇族が末席であるわけがありません。また、各国の王族は「His/Her Royal Highness」と言う敬称で呼ばれますが、皇族は「His/Her Imperial Highness」と言う敬称で呼ばれます。この敬称が使われるのは現在は日本の皇族のみです。このことからも、日本の皇族の序列は高いと言えるでしょう。

[4] iTATi  2005 11/19(土) 08:30:03

ども、返信遅れてすみません。

皇帝と名乗れるか否かで欧州王族序列の上位に立てるとは思えませんが。(欧州は何だかんだ言って人種差別が凄いですから)

人種差別に於いてはゴッホの絵の値段や、日本人がフランスで宝石を買う時のエピソード(絵画の値段を意味も無く上げたのは日本人とか、日本人はフランスで価値の高い宝石が買えない等)からすると分かり易いかも知れませんが…

紹介して下さいました世界唯一のエンペラー。
確かに天皇と言う単語は、欧米での皇帝に当るようですが、それは飽く迄も天皇と言う単語から見た時であって、欧州に於ける貢献(欧州に於ける序列は、欧州での貢献度を指すと仮定)とは関り無いのではと私は思います。つまり、序列に対する敬称ではなく、天皇は欧州でのエンペラーに当る存在であると言う意味での敬称ではないのかと…
あと、紹介される前に国賓の序列を見ていましたが、あれは飽く迄も米国での序列であり、欧州での序列には当らないのではと私は思います。

[5] 公爵  2005 11/19(土) 10:37:12

iTATi様
階級社会においては、タイトル(称号)や面子というものが重要です。そういう社会において、キングとエンペラーどちらが上位かと言えば、間違いなくエンペラーでしょう。そうでなければ、自らのヒエラルヒーの否定に繋がります。ですから、欧州の王侯が内心、欧州以外の皇帝、王侯を蔑んでいても、表立っては口に出来ないと思われます。

[6] 公爵  2005 11/19(土) 10:40:08

私はそもそも天皇を欧州の君主と比較すること自体がナンセンスだと思います。とはいえ、外交上序列は存在するでしょう。天皇は皇帝ではなく天皇。でも英語表記では世界唯一のエンペラー。そのエンペラーを外国がどう扱うか。その国良識が問われると思います。

[7] 西京子  2005 11/20(日) 14:44:27

公爵さま、iTATiさま。
横レス失礼します。

英国国王ジョージ六世の戴冠式の際に、先帝陛下の御名代として派遣された皇弟、秩父宮雍仁親王殿下が各国皇族の先頭をきって入場されたはずです。
戦後になると、旧敵国ということで、一段低い待遇を受けた時代もあったようですが。

確かに皇帝云々の問題はありますが、天皇陛下は東洋で唯一、ガーター勲章を受ける方でおられますし、一目置かれているのは確かなのではないでしょうか。
今のところ、西京子様が具体的な事例を出して下さいましたので、少なくとも「一目おかれれる存在ではある」と言えます。

でも私は、皇族の称号、皇室の歴史、皇室の血筋、日本の国力、日本の人口、日本の国際的貢献度のどれをとっても他の君主国一族より低い位置付けにはならないと思います。

皆様はどう思いますか?

<公爵の独り言>
西京子様、具体的な事例の紹介、ありがとうございました。感謝いたします。

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

  1. 2005/11/20(日) 19:52:51|
  2. 天皇・皇室・皇族・華族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<語られなかった皇族たちの真実 | ホーム | 連合公国アクセス状況(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://westblogburg.blog37.fc2.com/tb.php/654-a607687c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君主の席次に関するメモ

ブログブルク公国で、国際的な舞台での君主間の席次(序列)についての記事がありました。席次に関してa.t.r.に有用と思われる一連のやりとりがありました。そのやりとりはGary Holtzman氏の序列に関する質問に答えたもので、その質問が君主だけでなく継嗣や王族にも触れて
  1. 2005/11/23(水) 00:04:16 |
  2. Ineffabilis!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。